会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home このガイドさんに会いたい100人プロジェクト
文字サイズ 小 中 大

「このガイドさんに会いたい100人」プロジェクト

京都府 京都、滋賀の山々

この人とだから、できること、分かること
自然観察/樹木/山野草/野生動物/里山/クラフト
連絡先
北桑の森
〒601-0542 京都市右京区京北田貫町イカミ谷23 TEL&FAX: 0771-54-0937
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/itsumi/
i_itsumi@mac.com

このガイドさんを推薦します
京都でも知られた陶芸家でもある伊藤五美氏のガイドは、芸術家らしく感性に訴え、五感を生き生きさせてくれる。一緒に歩くと木々の陰でじっと私たちの様子を見守る動物の気配、昨夜雪原で戯れて思いっきり遊んでいた子狐たちの様子、夜中の採餌中に偶然に出くわしてしまって双方でびっくりしてオロオロした狐と狸の狼狽振り等、普段一人では見えない森の生き物の生きづかいが見えてくるから不思議である。休憩時、沸かしたコーヒーをすすりながら自然への思いを語る、ひげをたくわえた優しい笑顔はピカイチである。 (都嵯峨芸術大学教授・真板昭夫)
本人からのメッセージ
はじめて芦生の森に行ったのが中学1年の夏、今だにあの時の感動が忘れられない森。人間がいかにちっぽけな生き物であるかを教えてくれた森。日陰でひっそりと咲いているかのように見える山野草が他の植物を押しのけてでも子孫を残そうと頑張っている森。植物の名前を覚えることより、その植物が関わっている空気や水や昆虫たちを五感で感じてください。そうすれば、自然はもっと沢山のことをあなたに教えてくれます。

こんなところを案内しています

京都府中部に位置する芦生や片波の森は、ブナ類やその他の落葉広葉樹とアシウスギ(裏杉の亜種)の混生する天然林が数多く残る地域で、860種以上の植物が確認されています。ツキノワグマ、ニホンカモシカ等の大型ほ乳動物やオオサンショウウオ、ハコネサンショウウオ、ヒダサンショウウオ、ナガレヒキガエル等の両生類も数多く棲息しており、府内でも自然度の高い地域として注目されている場所です。

 


 

PH1_26-001.jpg

 

 

 

 

PH2_26-001.jpg
由良川源流域/巨大芦生杉の群落

 

 

 

ガイドさんについて

プロフィール
伊藤五美(いとういつみ)昭和31年京都生まれ。本職:陶芸家(日本工芸会、正会員)、昭和57年京都府北桑田郡京北町に移り住む(現在・京都市右京区京北)。平成10年京都大学芦生研究林・ガイド養成講座修了、ガイドに認定される。平成12年京北自然観察インストラクター連絡会、ガイドに認定される。平成15年北桑の森、ガイドウォークを始める。 

資格など
Japan Ecotourism Society NPO法人日本エコツーリズム協会(JES) ホームへ戻る
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイビル4F
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081 E-mail:ecojapan@alles.or.jp
(c) 2006 JES *ホームページ内に掲載されている写真及びイラストの無断転載を禁止します。
ページトップへ