会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home このガイドさんに会いたい100人プロジェクト
文字サイズ 小 中 大

「このガイドさんに会いたい100人」プロジェクト

北海道 釧路湿原、霧多布湿原、根室、知床

この人とだから、できること、分かること
自然観察/トレッキング/湿原/花/虫/野生動物
連絡先
エコポックル
〒085-0804 北海道釧路市白樺台4-8-8 TEL:090-5220-9779 FAX:0154-91-1644
http://www15.plala.or.jp/ecopokkuru/index.html
mojyatononnko@hotmail.com

このガイドさんを推薦します
本人からのメッセージ
北海道の先住民族、アイヌの人達の伝統的な考え方に“世の中にある全てのものには役割が与えられて存在する(アイヌ モシッタ ヤクサクペ シネプカ シサム)”こんな言い伝えがあります。自然を大切にし共に生きてきた彼らに学ぶべき事の一つで、私の好きなアイヌ語です。ガイド中、目に付く草、木、虫などを相手にどんな役割があるのかしらと、ガイドとお客様共に驚いたり、感心したり、悩んだり、じぃーんときたり、豊かな自然の恵みはこんなところにもあるのです。

こんなところを案内しています

子どもの頃湿原は谷地(やち)とか湿地(しっち)とか呼ばれ危ないから行かないように、あんな所何もないと聞かされていました。ところが歩いてみると気持ちがいい~、ロマンもある、不思議さと恵みが一杯に詰まった美しいところでした。湿原を渡る心地よい風が頬を撫で、群生するスゲ類をゆり動かすように通り抜けるのです。ワタスゲが揺れカンゾウの澄色が大地を染める日が幾日もあるのです。雪原での丹頂は雪よりも白いのです。道東の豊かな自然の中で腹一杯の感動を味わってみませんか。

PH1_01-004.jpeg

日本一広い、釧路湿原へようこそ!

PH2_01-004.jpeg

丹頂たちの優雅な昼食会

ガイドさんについて

プロフィール
岩間喜美子(いわまきみこ)生まれも育ちも釧路市。自然との関わりは18歳から始めた山登り、今は山歩きで野鳥や草花を楽しむ。2002年春 、NPO釧路湿原やちの会入会。釧路湿原をフィールドに活動。2003年、北海道アウトドアガイド資格取得 霧多布湿原の案内も始める。2005年春、自然ガイド エコポックルを立ち上げる。女性ガイドを中心としたきめ細かで、ゆったりとした安全なガイドサービスを提供したく起業、活動の場を道東エリア全域に広げる。

資格など
北海道公認アウトドアガイド、プロジェクトワイルド エデュケーター
Japan Ecotourism Society NPO法人日本エコツーリズム協会(JES) ホームへ戻る
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイビル4F
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081 E-mail:ecojapan@alles.or.jp
(c) 2006 JES *ホームページ内に掲載されている写真及びイラストの無断転載を禁止します。
ページトップへ