会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home このガイドさんに会いたい100人プロジェクト
文字サイズ 小 中 大

「このガイドさんに会いたい100人」プロジェクト

東京都 奥多摩

この人とだから、できること、分かること
自然観察/野生動物/野鳥
連絡先
かもしかの会東京
〒190-0022 東京都立川市錦町2-1-22 エコロジーセンター内 TEL: 042-528-6595 FAX:042-528-6596
http://www.ces-net.jp/PAGES/kamo.html

このガイドさんを推薦します
小さい頃からのナチュラリスト。野鳥や哺乳類、パーマカルチャーなどを語らせたら天下一品。背が高くてスリムな彼は、人前に立つとすぐに指導者(ガイド)としての雰囲気が漂います。一言でいうと格好いい! 格好だけでなく、内容や考え方を含めて今後のインタープリテーション、エコツーリズム・ガイドの中心人物となっていくことでしょう。私が保証する?その彼のガイドぶりを今からずっと追いかけて体験していくことをお勧めしたいです。 (インタープリテーション協会代表・小林毅)
本人からのメッセージ
奥多摩をフィールドに、仕事としている自然公園でのインタープリターとしての活動や奥多摩地域での動物・鳥類調査の活動を生かしてプログラムを提供しています。参加者に動物をただ「見せる」のではなく、「自ら見つけられるようになる」ことをねらいに関わるようにしています。まずは動物たちが暮らすフィールドに身を置いて、同じ生き物としての視点を大切にしてほしいと思います。

こんなところを案内しています

奥多摩は都民の飲料水をまかなう多摩川の水源林にもなっており、都市近郊にありながら豊かな自然が残っています.標高300~2000mまでの森の中ではツキノワグマ・イノシシ・ニホンジカ・ニホンカモシカ・ニホンザルなどの大型野生動物を始めとした約40種類以上のほ乳類が野生の状態で暮らしています。

 

PH1_13-007.jpg生き物を見せるのではなく「見つけ方」をお伝えできればと思います。

 

PH2_13-007.jpg東京の奥座敷「奥多摩」には清らかな水を生み出す豊かな森があります。

ガイドさんについて

プロフィール
田畑伊織(たばたいおり)学生時代から野生動物・鳥類の調査、観察会、子ども自然教室の指導などのボランティア活動を実践。現在は自然教育研究センターに所属し、東京都奥多摩湖畔にある自然公園「山のふるさと村」ビジターセンターのチーフインタープリターでの活動をメインに、環境教育活動の企画・指導・運営、指導者の育成にあたる。

資格など
Japan Ecotourism Society NPO法人日本エコツーリズム協会(JES) ホームへ戻る
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイビル4F
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081 E-mail:ecojapan@alles.or.jp
(c) 2006 JES *ホームページ内に掲載されている写真及びイラストの無断転載を禁止します。
ページトップへ