会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home このガイドさんに会いたい100人プロジェクト
文字サイズ 小 中 大

「このガイドさんに会いたい100人」プロジェクト

東京都 山梨県

この人とだから、できること、分かること
自然観察/野生動物/イルカ/鯨/海洋生態
連絡先
帝京科学大学 アニマルサイエンス学科
〒405-0018 山梨県山梨市上神内川1150-1 TEL 0553-23-1240 (代表)
http://www.ntu.ac.jp/research/kyoin/seimei/animal/morik.html

このガイドさんを推薦します
森さんの本業は鯨類の研究です。研究者として一流の森さんですが、私が存じ上げている、小笠原における活動の一番の特徴は、環境教育や観光とご自信の研究とを結びつけて展開されていることです。そのためには、リサーチャーとエンターテイナーの両方の感覚が必要で、森さんはその両方の感覚を兼ね備え、ホエールウォッチングの教育的・観光的・保全活動的位置づけを確立してくださっていると思います。 (JES事務局注:このメッセージは小笠原ホエールウォッチング協会で活動していた頃のものです)(インタープリテーション協会代表・小林毅)
本人からのメッセージ
各種研究や情報収集で得られた鯨類の知見を基に、体験を重視したプログラム構成を心がけています。フィールドで得られた貴重な経験とウイットに富んだおしゃべり(人はそれをオヤジギャグと呼ぶが・・・)で、小笠原の素晴らしいフィールドと最新の鯨類学の世界へご案内します。依頼者(グループ)の年齢層や目的に応じたエコツアーの企画やコーディネイト、ガイド派遣も実施しています。(JES事務局注:このメッセージは小笠原ホエールウォッチング協会で活動していた頃のものです)

こんなところを案内しています

碧く澄んだ海でイルカと泳ぐ。大海原に響くクジラの息吹を感じる。1年を通じて小笠原ではそんな体験ができます。冬から春にかけてはザトウクジラが、夏から秋を中心にマッコウクジラが、そして1年中ミナミハンドウイルカとハシナガイルカがみなさんを迎えてくれます。
PH1_13-004.jpg
でも、相手は野生動物。時には出逢えない日もあります。そんな日でも心配ご無用、亜熱帯の小笠原の自然がみなさんを迎えてくれます。

 

PH2_13-004.jpg

 


ガイドさんについて

プロフィール
森恭一(もりきょういち)

資格など
Japan Ecotourism Society NPO法人日本エコツーリズム協会(JES) ホームへ戻る
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイビル4F
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081 E-mail:ecojapan@alles.or.jp
(c) 2006 JES *ホームページ内に掲載されている写真及びイラストの無断転載を禁止します。
ページトップへ