会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home このガイドさんに会いたい100人プロジェクト
文字サイズ 小 中 大

「このガイドさんに会いたい100人」プロジェクト

東京都 小笠原

この人とだから、できること、分かること
鯨/イルカ/ダイビング/星空
連絡先
シートピア
〒100-2101 東京都小笠原村父島字東町シートピア TEL: 04998-2-2714 FAX:04998-2-3465
http://www.d7.dion.ne.jp/~seatopia
seatopia@d7.dion.ne.jp

このガイドさんを推薦します
筒井さんは島生まれの島育ちのガイドです。現在小笠原で活躍するガイドさんの人数は多いのですが、島生まれの人は5,6人程度しかいないと思います。島っこの若手のホープとして人気急上昇中です。彼は若いだけでなく小笠原ホエールウォッチング協会で実施しているイルカ調査でも中心的な役割を担っています。船の上からイルカを一目みるだけで誰だかわかってしまうというスゴイ人です。ほんとに驚きます! 彼のガイドによってイルカや小笠原が更に好きになり、リピーターになられる方も多くいらっしゃるそうです。 (ピッキオ 楠部真也)
本人からのメッセージ
私の所属している「イルカ調査隊」は2003年から活動を始め現在では100頭以上のミナミハンドウイルカの固体識別がされました。調査で得られた結果は皆様の目に届くように島の全てのドルフィンスイムの業者さんに配られ、プログラムの一部として利用していただいています。小笠原に来る機会がありましたら是非一度、小笠原のイルカたちに会いに海に出てみてはいかがでしょうか??

こんなところを案内しています

太平洋の真ん中に浮かぶ小さな島々、小笠原列島。大陸と一度も接したことがないこの島には多くの固有動植物が見られ「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。この島の周辺海域には昔から数多くの鯨類が見られ、彼ら(イルカ・鯨)と小笠原の歴史、発展は切っても切れない関係にあります。「捕る」から「撮る」へ 「味る」から「観る」へ 移り変わった小笠原をご覧ください。

PH1_13-003.jpg

ガイドさんについて

プロフィール
筒井浩俊(つついひろとし)1979年 小笠原では数少ない純粋の島っ子。中学の頃から家業の民宿権ガイドサービスを手伝う。主にマリンスポーツ(ダイビング、ドルフィンスイム)のガイドとして活動。海の生物全般に興味を持ち今日もカメラ片手にフィールドへ。今は小笠原ホエールウォッチング協会の「イルカ調査隊」に所属し小笠原に住むミナミハンドウイルカの生態を調査中。

資格など
Japan Ecotourism Society NPO法人日本エコツーリズム協会(JES) ホームへ戻る
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイビル4F
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081 E-mail:ecojapan@alles.or.jp
(c) 2006 JES *ホームページ内に掲載されている写真及びイラストの無断転載を禁止します。
ページトップへ