会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home このガイドさんに会いたい100人プロジェクト
文字サイズ 小 中 大

「このガイドさんに会いたい100人」プロジェクト

東京都 小笠原諸島父島及び周辺の島々

この人とだから、できること、分かること
トレッキング/自然観察/シーカヤック/鯨/イルカ
連絡先
自然体験ガイド・ソルマル
〒100-2101 東京都小笠原村父島字東町 TEL&FAX: 04998-2-3773
http://www.ogasawara.or.jp/solmar
solmar@ogasawara.or.jp

このガイドさんを推薦します
金子さんは小笠原諸島においてNPOの環境保全や調査研究活動に積極的に取り組んでいると共に、それらの活動から得た情報をエコツアーに活かしています。また、収益の3%を小笠原の自然環境の調査・保全に取り組む団体に寄付しており、地域全体の自然環境保全やエコツーリズム発展にも大きく貢献しています。さらに、1991年より小笠原諸島でガイド活動をしており、地域に根ざすトップエコツアーガイドとしてのけん引役を果たしています。 (小笠原ホエールウォッチング協会・一木重夫)
本人からのメッセージ
小笠原の魅力に取り付かれ、父島に移り住んだのは1989年。初めて小笠原の自然に出逢ったときの感動を、より多くの方と分かち合いたくてガイドとなりました。特にシーカヤックでクジラと遭遇したときの衝撃は、私の人生観を大きく変えました。また、山で目の当たりにする小笠原特有の生態系にも心を奪われます。海から山まで、大きなクジラから小さな花まで、小笠原の魅力を広く体感してもらいたいです。

こんなところを案内しています

東京から南へ1,000km。亜熱帯の島小笠原は、太平洋にぽつんと浮かぶ海洋島で、独特の進化を遂げた動植物の楽園です。小笠原でしか見られない固有種の多さは、「東洋のガラパゴス」と称され、生態系そのものが貴重な財産です。また、周辺の海域はどこまでも蒼く澄み、世界的にも屈指のクジラ・イルカの多い海として知られています。東京から25時間の船旅で、あなたも別世界へどうぞ!。

 

PH1_13-001.jpg太平洋へ漕ぎ出せば、どこまでも蒼く透き通った海に吸い込まれそうになる。

 

PH2_13-001.jpg父島南端の断崖絶壁千尋岩(通称ハートロック)へは、約2時間の山歩きで到達。眼下に南島を見下ろせる。

ガイドさんについて

プロフィール
金子タカシ(かねこたかし)1968年、埼玉県出身。高校卒業後、陸上自衛官やカメラマンアシスタントなどをしていたが、都会生活から脱出すべく1989年に小笠原父島へ。アルバイトをしながら2年後にシーカヤックガイドとして活動を始める。2004年に独立し、自然体験ガイド・ソルマル設立。ガイドの傍ら地元NPOの活動にも参加し、小笠原の希少な自然環境の調査・保全に積極的に関わり、最新情報を取り入れたツアープログラムを展開。

資格など
Japan Ecotourism Society NPO法人日本エコツーリズム協会(JES) ホームへ戻る
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイ・ケイビル4F
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081 E-mail:ecojapan@alles.or.jp
(c) 2006 JES *ホームページ内に掲載されている写真及びイラストの無断転載を禁止します。
ページトップへ