会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home イベント 全国エコツーリズム大会 バックナンバー 全国エコツーリズム大会inてしかが(2012年度)
文字サイズ 小 中 大

全国エコツーリズム大会inてしかが(2012年度)

「全国エコツーリズム大会inてしかが」(北海道) 開催 
★終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました★


alt



北海道東部に位置する弟子屈町は世界有数の透明度を誇る摩周湖や、今なお噴煙をたなびかせる硫黄山、日本最大のカルデラ湖の屈斜路湖など、類まれな地域資源を抱え、たくさんの観光客で賑わいました。

年間数百万人と言われた観光客も約70万人にまで減少、同様に76万泊だった宿泊数も30万人を切るようになりました。

地域人口の減少による域内経済の縮小、さらには観光収入に大きく依存してきた地域でありながらその観光の縮小。マスツーリズムに翻弄された一時代の終焉を迎え、エコツーリズムへのシフトを進め持続可能な地域としてどう作っていくのか。

本大会を通じて、こうした課題に立ち向かいます。

【開催期間】
2012年10月15日(月)、16日(火)、17日(水)の3日間

【会  場】

(1)開会式・基調講演・トークセッション・交流会
川湯観光ホテル ラピュタ(北海道弟子屈町川湯温泉1-2-30)

(2)エクスカーション 
⇒弟子屈町内

(3)特別講演会 
釧路圏摩周観光文化センター(北海道弟子屈町摩周3-3-1)

(5)分科会 
川湯観光ホテル ラピュタ(北海道弟子屈町川湯温泉1-2-30)

【主  催】

てしかがえこまち推進協議会

【共  催】

NPO法人日本エコツーリズム協会(JES)

【主  管】

てしかがえこまち推進協議会エコツーリズム推進部会

【後  援】(予定)

環境省・国土交通省・農林水産省・文部科学省・北海道・釧路湿原・阿寒・摩周観光圏協議会・釧路観光連盟・ひがし北海道観光事業開発協議会・弟子屈町商工会・JA摩周湖農業協同組合・(社)摩周湖観光協会・弟子屈町教育委員会・弟子屈町振興公社・弟子屈町自治会連合会・てしかが郷土研究会・社団法人日本旅行業協会、社団法人全国旅行業協会、社団法人日本観光振興協会・自然公園財団(財)・阿寒国立公園川湯地域運営協会・北海道新聞・釧路新聞・読売新聞・日本経済新聞・毎日新聞・朝日新聞・NHK釧路放送局・HBC釧路放送局・HTB釧路支社・エフエムくしろ

【大会テーマ】

エコツーリズムによる地域づくり ~てしかがスタイルのエコツーリズムとは~

【参加対象】

(1)NPO法人日本エコツーリズム協会会員

(2)本大会の主旨に賛同する団体・個人等

【参加者数】

(1)シンポジウム 300人

(2)交流会 100人

(3)エクスカーション  150人

(4)特別講演  500人

(5)分科会 150人

【参加費】

◎一般 6,000円/人 ・ JES会員 5,000円/人 ・ 学生 3,000円/人 ・ 町民 無料

(基調講演・トークセッション資料代、交流会費、特別講演、分科会を含みます)

※交流会のみの参加は3,000円、特別講演のみの参加は1,000円

【エクスカーション参加費】

10月16日のエコツアーに参加いただくには参加費が必要となります。

【お申込・お問合せ】

〒088-3465 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-3-16 株式会社 ツーリズムてしかが

電話:015-483-2101 Fax:015-483-3520 
e-mail: :e-tabi(at)tourism-teshikaga.co.jp  ※(at)を@に変えてください。




alt


alt

エクスカーション、分科会の内容などは「全国エコツーリズム大会inてしかが」公式サイトにてご覧いただけます。



alt



 
ページトップへ