会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home イベント 学生シンポジウム 第3回 全国エコツーリズム学生シンポジウム
文字サイズ 小 中 大

~未来につなげる!世界に広げる!私たちのエコツーリズム!~
【終了しました】



 第3回目となる今回は、「日本の未来につなげるエコツーリズム!」を大きなテーマに研究発表や講演を行います。
 震災からの復興や少子・高齢化、環境問題などに直面している日本で、エコツーリズムはどう活かされるのでしょうか?シンポジウムでは、より多くの学生にエコツーリズムを知ってもらうと同時に、学生同士の交流、ネットワークづくりを目指します。
 エコツーリズムを一緒に楽しく学び、考えを伝え合う絶好の機会です。みなさまの参加を、お待ちしております!!

学生シンポジウム20100129
(第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム・研究発表の様子)


◆開催概要  聴講者募集!            

基調講演: 「ニッポンの未来につなげるエコツーリズム(仮)」
山田桂一郎氏(JTIC.SWISS代表、観光カリスマ、日本エコツーリズム協会理事、和歌山大学産学連携・研究支援センター客員教授)

発表内容(敬称略)
【研究発表】
<地域>
『磐梯山周辺の3町村におけるエコツーリズムとまちづくり ~世界ジオパーク認定にむけて~』
皆藤祐貴、大津五郎 (高崎経済大学地域政策学部観光政策学科片岡ゼミナール3年)
『2009年奄美大島における皆既日食前後の地域住民の意識調査』
川元美咲 (和歌山大学観光学研究科1年)
『佐賀県鹿島市における有明海を活かしたエコツーリズムの評価分析と提言』
五十嵐翼 (長野大学環境ツーリズム学部環境ツーリズム学科地域環境学ゼミ4年)

<観光>
『マスツーリズムの限界と新たな観光導入の必要性~猪苗代町を事例として~』
阿部哲弥、王盛、川端智美、八巻恵里奈 (高崎経済大学地域政策学部観光政策学科片岡ゼミナール3年)
『タイにおける環境、人にやさしいツアーの現状』
小林範子 (神戸大学国際文化学部4年)

<復興>
『個人がツアーを作る時代へ~リディラバという可能性 三宅島復興ツアーの事例から~』
漆原一起、安部敏樹 ((漆原)東京大学法学部4年、(安部)東京大学教養学部広域科学科専攻修士1年)
『被災地におけるエコツーリズムによる地域活性化について』
野澤優介 (文教大学大学院国際協力学研究科修士課程1年)
『学生×企業(電力会社)による新しいエコツーリズム』
澤渡麻帆、茂野良一、安藤拓也、飯塚咲、向坂佑介((澤渡・飯塚)明治学院大学法学部3年、(茂野)早稲田大学教育学部4年、(安藤)早稲田大学理工学部4年、(向坂)京都大学理工学部修士1年)


【ポスターセッション】
『富山の薬の伝統を産業観光にどう活かすか』
宮崎紘乃、田原梢子、堀倫恵、石神陽子 (富山国際大学現代社会学部現代社会学科観光専攻斎藤ゼミ3年)
『人と自然の共生を考えるジオツーリズム -子供たちに地球の記憶と人の歴史を語り継ぐ-』
織田加寿代、磯野弘貴、濱田あすか(愛媛大学法文学部人文学科観光まちづくりコース)
『まつさかをあるく―松阪駅前活性化(景観整備)計画』
竹内梓 (大阪芸術大学芸術学部環境デザイン学科4年)
『茅ケ崎市におけるエコツーリズムの提案』
大内亜津美、伊香翔、城田沙織、藤田裕之、小林洋介、新井大祐、近藤雄太、竹内砂織、付静賓(フ・セイヒン)、四家千代子、今野史香、中澤詩乃、性佑洪(ホン・ソンウ)
(文教大学国際学部国際観光学科海津ゼミナール3年)
『訪日旅行市場(インバウンド)における富裕層誘致戦略について』
米田晶(和歌山大学 観光学研究科1年)
『福島県猪苗代町におけるスポーツツーリズムの発展と東日本大震災後の課題』
長孝亮、山田哲大、熊澤香澄、松村実紀(高崎経済大学3年)


【日 時】 2011年11月19日(土) 10:00~18:00
(交流会 18:30~20:00)                                       
【会 場】 東京大学 本郷キャンパス
※会場が「農学部3号館4階大会議室」から「弥生講堂」に変更になりました。
(南北線『東大前』徒歩1分、大江戸線『本郷三丁目』徒歩15分)


大きな地図で見る


【参加費】 無料
【交流会参加費】 学生1,000円、一般2,000円 (マイ箸・マイ皿・マイカップの持参大歓迎)
※交流会は先着100名様限定とさせて頂きます。

【お申込】 NPO法人日本エコツーリズム協会事務局まで、E-mailまたはFAXにて、氏名、所属、電話、E-mail、交流会参加の有無をご記入の上、お申込ください。

【主 催】 第3回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
【協 賛】 JAL
【後 援】 環境省・観光庁(予定)
【協 力】 東京大学、やまとごころ.jp

 
プログラム                                     
■10:00~11:00 開場・受付
■10:00~11:00 学生によるポスターセッション
■11:00~11:50 開会
 基調講演「ニッポンの未来につなげるエコツーリズム(仮)」
 山田桂一郎(JTIC.SWISS代表、観光カリスマ、日本エコツーリズム協会理事、和歌山大学産学連携・研究支援センター客員教授)
  
■13:00~17:30 学生による研究発表(1人10分×3名、講評、質疑)×3テーマ
※ワークショップ
■17:30~18:00 全体講評・学生からの提言・閉会
■18:30~20:00 交流会

※当日は6~8人程のグループをつくり、会場参加型ワークショップを行う予定です(学生以外の方も参加可能)。


20110129stu_400_08.jpg
(第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム・ポスターセッションの様子)


◆発表内容等について(内容詳細は上記参照のこと)

★発表テーマ、キーワード例★
■環境保全: 生物多様性・モニタリング・ガイドライン・国立公園・環境教育
■地域振興: 食・文化・宝探し・グリーンツーリズム・国際協力・民俗・地産地消・
■観光振興: インバウンド・海外の地域振興・世界遺産・温泉・ホスピタリティ・ヘルスツーリズム・観光産業
⇒エントリー審査の結果、「復興」をテーマにしたものがありましたので、カテゴリーを「観光」「地域」「復興」に変更しました。

【シンポジウムのお知らせ(pdf)】
>> お知らせ(表)<<
>> お知らせ(裏)<<



 20110129stu_400_04.jpg
(第2回全国エコツーリズム学生シンポジウム・交流会の様子)


【過去開催】
第2回 全国エコツーリズム学生シンポジウム(2011年1月東京開催)
第1回 全国エコツーリズム学生シンポジウム(2009年11月東京開催)

 
ページトップへ