会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home イベント 学生シンポジウム 第7回全国エコツーリズム学生シンポジウム
文字サイズ 小 中 大

第7回全国エコツーリズム学生シンポジウム ★終了★

7th National Ecotourism Symposium for Students


6th Student 20141129 02


テーマ「人×自然」


■告知フライヤー(pdf)■
7th Student A


第7回を迎える今年は「人×自然」をメインテーマにしました。
古くから人の手が加えられて保全されてきた里山里海などの自然、人の手が加わらなかったために守られてきた原生自然。私たちの周りには様々な自然があります。
成熟した社会の中で私たちはそうした自然とどう向き合うべきか。エコツーリズムの枠組みを通じて全国の学生と一緒に考えていきませんか。

【開催概要】
日 時:2015年12月6日(日) 10:00~17:30 (終了後交流会を予定)
会 場:東京大学本郷キャンパス 弥生講堂一条ホール
    (東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内)

【プログラム】
09:30 開場・受付
10:00 開会・基調講演「里山里海とエコツーリズム(仮)」
    藻谷浩介氏・山田桂一郎氏
11:10 研究発表(発表10分程×4組、質疑、講評)
12:20 お昼休憩
13:20 ポスターセッション
14:30 研究発表(発表10分程×4組、質疑、講評)
16:35 ワークショップ
17:00 全体講評
17:30 閉会
17:50 交流会(希望者)

ワークショップ
基調講演や研究発表の内容を踏まえて行います。ファシリテーター一人を含む6~8人のグループ分けを行い、議題について話し合います。

 

★10月23日更新

研究発表者 発表


テーマ:国境を越えたエコツーリズム
発表1
阿蘇の火山と共に生きる人々の暮らしと今後の訪日観光のあり方
岡田 善貴、甲斐 正子
(東海大学経営学観光ビジネス学科 エコツーリズム研究室 3年)

発表2
中国内モンゴル草原観光に関する研究
田 鴿、任 大欣
(久留米大学比較文化研究科 2年、久留米大学比較文化研究所)


テーマ:エコツアーへの新しいアプローチ
発表3
火打山・焼山におけるライチョウ発見日の特徴にみる発見率の高い調査エコツアーの検討
小川結衣
(筑波大学生命環境学群生物資源学類 自然地域計画研究室)

発表4
エコツアーをより濃密な体験へ~エコツーリズムにおける民泊活用の提案~
橋本果奈
(滋賀県立大学 環境科学部環境生態学科 4年)

テーマ:学生にできることは何か
発表5
学生×地域住民=無限の可能性~群馬県片品村 での 域学連携実践 ~
石井夢乃、内山見澪
(高崎経済大学 地域政策学部 観光政策学科 片岡美喜ゼミナール3年)

発表6
楽山人塾~地域資源を活用するための学生と名栗住民との協働
松本茉莉花、石川千尋
(駿河台大学現代文化学部平井ゼミ3年)

発表7
学生インターンシップによる地域活性化-富山県南砺市の利賀村での活性化提案-
古海沙織、上野彰子
(相模女子大学学芸学部英語文化コミュニケーション学科九里研究室3年)

発表8
風評被害の克服におけるエコツーリズムの意義 福島県北塩原村を舞台とするエコツアーの実践を通じて
小川豪、関根早耶加
(立教大学観光学部観光学科 橋本研究室3年、文教大学国際学部国際観光学科 海津研究室3年)



・会場外観
Student forHP201503

・前回のポスターセッションの様子
Student forHP201502

・前回のワークショップの様子
Student forHP201504


【研究発表・ポスターセッション発表者募集概要】
■募集要項
エコツーリズムにまつわる発表をしてくださる方を募集します。
ゼミやサークル、個人研究など論文としてまとまっていなくても結構です。門戸は広く、ユニークな研究をお待ちしています!

■発表のキーワード例■
環境保全、生物多様性、コミュニティベースドツーリズム、国立公園、モニタリング、環境教育、地域振興、地産地消、インバウンド、ホスピタリティ、国際協力・観光振興…etc

■申込資格
大学・専門学校等、学生であること。
留学生や海外で学んでいる学生の発表も歓迎です。

■申込方法
エントリーシートをダウンロードし、内容をご記入の上e-mailまたはFAX、郵送にてお申込ください。
>>エントリーシート(Word)<<

■締 切
9月30日(水)必着

■交通費
研究発表者に限り国内での実費交通費は主催者が負担します。(上限規定あり)
※研究発表部門に応募された方でも、ポスターセッション部門になる可能性がありますので、ご了承ください。発表形態については10月19日(月)以降に連絡いたします。

【基調講演】
「里山里海とエコツーリズム(仮)」
 ◎山田桂一郎氏(JTIC. SWISS代表、日本エコツーリズム協会理事、内閣府、国土交通省、農林水産省認定 観光カリスマ)
 共著『知られざる日本の地域力』
 ◎藻谷 浩介氏(日本総合研究所主席研究員、地域エコノミスト)
 著書『デフレの正体』
 共著『里山資本主義』


【お申込・お問合】
NPO法人日本エコツーリズム協会事務局まで E-mailまたはFAXにて、氏名、所属、学年、電話、 E-mailアドレス、交流会参加有無、本シンポジウムを知ったきっかけをご記入の上、お申込ください。
日本エコツーリズム協会
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
Tel: 03-5437-3080
Fax: 03-5437-3081
e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください   
 
主催:第7回全国エコツーリズム学生シンポジウム実行委員会
協賛:日本航空株式会社
jal logo
後援(予定):環境省・観光庁・農林水産省・文部科学省   
協力:東京大学

★このシンポジウムは、企画・運営・進行等ほぼすべてを日本エコツーリズム協会の学生部会が行っています。学生部会ではメンバーを随時募集しています。居住地域は問いません。お気軽にお問合わせください。
学生部会ブログ: http://ameblo.jp/jesstudents/
学生部会facebook: http://www.facebook.com/jes.students

 
ページトップへ