カレンダー

<< 2017年11月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

ちょっとした話 エコツーリズムアンケート

テーマ: 書籍
2014年10月14日|

8月25日に「第10回・2013年度エコツーリズムに関する消費者ニーズ調査」を発表し、発売開始しました。
9月27日(土)、9月28日(日)有明のビッグサイトで行われたツーリズムEXPOで販売してみました。

何と2日で予定数です。
9月17日(水)、朝日新聞がこのアンケートについて記事を書いたことも奏功していますが、エコツーリズムに深く興味を持たれている人は増えているという事ではないでしょうか?

内容の概要はニュースリリースご覧ください。
【エコツーリズムに特化した調査報告書 発行】

10th needs 180


購入を希望する方は下記にご連絡ください。

日本エコツーリズム協会
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@に変えて送信してください。

 

ハワイはエコーツーリズムの宝庫!! まずはワイメアバレーから(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2014年10月13日|

毎週メルマガ「ちぐさランダム」をハワイから発信して16年になる今岡千草です。
このたび日本エコーツーリズム協会より、ハワイの自然をご紹介する機会をいただき、オアフ島を中心に今後少しずつご紹介していければと思っています。

今回は最近行って楽しかったノースショアのワイメアバレーについて。

Hawaii 20141013 ecotourismwaimeaheiau

ここはハワイの自然・歴史・文化が学べる場所で、駐車場に入るとすぐに見えるのが、ヘイアウという古代ハワイアンの祭壇
1470年代に作られたハレ・オ・ロノ・ヘイアウ(Hale O Lono Heiau)跡はハワイの四神のうちの1つ、収穫/天候/薬や農業の神「ロノ」を祭っています。辺りは神聖な祭壇に入ることが禁じられている「カプ」と呼ばれるタブーの場所で、特にここの石を持ち出すと、たたりで病気になったり、災難にあうと言われており、実際にあった怖い話も語り伝えられています。

ヘイアウのあるこの辺りは、古代よりハワイアンにとって神聖な場所であり、ハワイを統一したカメハメハ大王が、1795年最高司祭ヘヴァヘヴァ(Hewahewa)にこの地を任せたという歴史も残っていて、ハワイ語で聖なる水(acred water)という意味を持つ「ワイメア」と呼ばれてきました。

今では、150エーカーの土地に世界各国の植物が五千種類ほど、たとえばジンジャーやヘリコニア、ハイビスカスなどハワイ種やトロピカルの珍しい植物などが、広い公園に植えられています。2011年ユネスコ世界遺産に登録された小笠原諸島の植物コレクションもあるのです。

Hawaii 20141013 ecotourismwaimeafalls

この公園の目玉は、一番奥にある13.7メートルの落差をもつワイメア滝です。この滝は、乾季には水が少なくがっかりさせられることもありますが、今回は水量も多く滝つぼで多くの人が楽しそうに水遊びをしていました。ライフガードがいて、ライフベストの無料貸し出しもあり、また着替え室も用意され、この滝で遊ぶのがここのアトラクションの1つにもなっています。ただし、野ブタの尿から発生する「レプトスピラ症(Leptospirosis)」のバクテリアがいる可能性もあり、ここで泳ぐのは「自己責任」。この水を飲まないこと、体に切り傷がある場合は入らないこと、目の中に水をいれないことなど十分な注意が必要です。

また珍しい鳥も多く見られますが、毎年1月にワイアラエ・カントリークラブで行われるソニーオープンのロゴマーク「アラエ・ウラ」と呼ばれる絶滅危惧種指定の水鳥に入口の池で遭遇できれば超ラッキー。

Hawaii 20141013 ecotourismhikingcourse

舗装された道を滝まで往復1時間ほど歩く5.6キロの散策コースは、大きな樹木が多く日陰も適度で、車椅子やベビーカーでも行くことができます。有料のシャトルも用意され、英語ですが運転手やオーディオによる歴史や植物の説明もあります。フラやハワイアン文化・クラフト、レイ・メイキングのクラスも広い園内で開催され、素朴で自然密着型の植物公園として、ぜひ立ち寄っていただきたい所です。ただし蚊が多いので蚊対策をお忘れなく。

今岡千草 http://chigusa.imaokas.com/

 

行ってきました!バードウォッチングツアー(マレーシア)

テーマ: エコツアー体験記
2014年10月12日|

行ってきました!バードウォッチングツアー

マレーシア・ランカウイ島でバードウォッチングツアーに参加しました。
朝7時30分、ホテル前に集合、ブーゲンビリアの花が満開で気持ちのいい朝です。

Malaysia20141012 IMG 5560

Malaysia20141012 IMG 5970

朝ごはんはお弁当を持たせてくれました。新聞で包んであってかわいいですね。

Malaysia20141012 IMG 5561

まずは見晴しの良いバードウォッチングポイントへ。

ecotour ma bird

ここでカワセミの仲間のヤマショウビンや、ハチクイの仲間、日本でもおなじみのサギ類を見る事ができました。やはりこちらの鳥は色がカラフルで素敵ですね。 鳥の名前が分からなくても参加者全員にガイドさんが持っている野鳥のイラストが入った厚手のファイルをくれるので安心です。

Malaysia20141012 IMG 5565

車で山の上の方へ移動し、次は有名なオオサイチョウをめざします。

Malaysia20141012 IMG 7141

Malaysia20141012 IMG 5576

ecotour ma bird 02

道路を歩いていると、ふっと上の方から「ばっさばっさ」という音が聞こえ、上を向くとなんとシワコブサイチョウという頭から尾っぽまでの体長が1mもある鳥が飛んでいくところを見ることができました!あんな迫力のある鳥のはばたき音は初めてで、その大きさを実感しました。なんでもサイチョウの仲間は木のうろに巣をつくり夫婦で子どもを育てるそうです。メスが卵を温めている間、オスが餌を取ってきてメスに与えるので、もしオスが死んでしまうと、メスも卵も死んでしまうそうです。野生の世界は厳しいですね。 遠くの黒い点がサイチョウですが、写真では厳しいですね。。。

Malaysia20141012 IMG 6020

他にもカザリオウチュウという尾羽の長い美しい鳥にも出会えました。なんでもこの鳥はサルの移動にくっついて行動するとのこと。サルが移動することで虫が飛び、それを捕まえるのだそうです。こんな話を聞くことができるのもエコツアーならではですよね。

Malaysia20141012 IMG 6016

途中では、野鳥だけでなくサルにも出会えました。マングローブツアーで見たサルとは別の種類で、もっとシャイなので人間から餌をもらおうと近寄ってはこないそうで、木の枝に気持ちよさそうに4匹くらいで寝そべっている姿を見ることができました。ちょうどチラシに使われている下の写真のように体は黒っぽいグレーで目の周りが白く、こっちを気にしながらくつろいでいる様子はとてもかわいらしかったです。

Malaysia20141012 IMG 7155

このバードウォッチングツアーはDev's Adventure Toursという事業者さんで、他にもカヤックや自転車を使ったツアーを行っています。 http://langkawi-nature.com/

 

岐阜の下呂市小坂町、これからますます良いシーズン!(岐阜県)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年10月11日| NPO法人 飛騨小坂200滝

昨今は御嶽山の噴火で日々報道されていますがこちら下呂市小坂町は御嶽の麓にありながらもなんとか被害は少なく済んでいます。
しかし山の向こうの長野県では多くの犠牲者や観光産業、農産業などへの副次的な影響も発生しているという事で胸を痛めています。火山活動の早期収束を願うばかりです。

hida 20141011 02

小坂の滝めぐりシンボル“巌立(がんだて)”は御嶽山の溶岩流でできている

小坂の滝めぐりは岐阜県の飛騨地方、下呂市小坂町に点在する大小さまざまな滝(その数なんと216箇所!)を様々なコースを設定してガイド付きで歩いたり、装備に身を包んで沢登したり、様々なエコツアープログラムを体験できます。

hida 20141011 04

小坂の沢登

これからの季節にお勧めなのがもちろん紅葉×滝めぐり!小坂の紅葉は例年10月中旬から11月初旬にかけてが見ごろです。

hida 20141011 05

落ち葉舞う溶岩台地

hida 20141011 03

紅葉の三ツ滝遊歩道(昨年11月6日の写真)

秋を越えると12月頃から積雪が始まります。1月には待ちに待った【雪と氷の世界】が始まります。滝めぐりにはシーズンオフはありませんよ~!

hida 20141011 01

かんじきを履いて氷瀑へGO!

(NPO法人 飛騨小坂200滝 http://www.osaka-taki.com/

 

マレーシア・ランカウイ島でマングローブツアーに行ってきました!(マレーシア)

テーマ: エコツアー体験記
2014年10月10日|

マレーシア・ランカウイ島でマングローブツアーに行ってきました!

20数年前は寒村だったマレーシアのランカウイ島。政府が国策として観光の推進に力を入れ、今は年間340万人が訪れています。全島がユネスコの定めるジオパークに登録され、2015年までに世界トップ10に入る自然一体型のエコ・デスティネーションに入ることを目指しています。

その観光を牽引してきたのがマングローブツアーやバードウォッチングなどのエコツアー。ランカウイ島には政府によって認定されたネイチャーガイドがたくさん活躍しています。
今回は5月にマングローブツアーに参加したご報告を紹介します。

船着き場からボートに乗って出発です!時間は昼食を含んで4時間、お値段は160リンギット(日本円でおよそ5千円)。

ecotour ma 20141010 01

ボートに乗って、両岸のマングローブを眺めながらキリム川を遡上していきます。 ガイドは、アユさん。ランカウイ島ではガイドを行う際には州政府が定める資格試験を受けてガイドができるようになります。

ecotour ma 20141010 02

ボートで川をのぼっていくと、まず私達を迎えてくれたのはランカウイ島を象徴する鳥であるワシ。頭と胸が白いかわいらしいワシです。

アユさんのツアーではワシへの餌付けは行っていませんが、他のツアーでは今も餌付けが行われていました。こうやって近くでワシを見ることができるのも餌付けを行っている、または行っていた人がいるからですよね。餌付けの問題はランカウイだけでなく日本でも問題になっている地域があります。地域の関係者の間で話し合って共通のルールのもとツアーが行われるといいと思いました。

ecotour ma 20141010 03

ecotour ma 20141010 04

さらに川を遡り、次はコウモリの住む洞窟を訪れるのですが、だんだんと岩場が目立つようになってきました。

ecotour ma 20141010 05

岩場にトカゲの赤ちゃんを発見!すごいカモフラージュですね。

ecotour ma 20141010 06 01

上陸して洞窟までのトレイルを歩いて行きます。

ecotour ma 20141010 07

トレイルの途中でゴムの木の葉っぱから、ゴムの素となる白い液体を見せてくれました。なんでもこの白い液体を1滴でも飲み物などに入れるとすっごいお腹を壊すそうです。なんという破壊力。。。

洞窟の中には鍾乳石がたくさんあり、ふっと懐中電灯の明かりを上に向けると天井には一面にコウモリが!!!
ガイドさんからは上を見上げる時に口を開けないようにと注意がありました。口を開けているとコウモリの糞が落ちてくるので気をつけてということでした。この洞窟にはおよそ2000~3000くらいのコウモリが生息しているとのこと。コウモリの糞は畑の肥料にとても良いそうで高値で売られるそうです。

ecotour ma 20141010 08

再びボートに乗っていくと岸部にはカニクイザルの群れが物ほしそうにこちらを見ています。よく見るとお腹に赤ちゃんが!かわいいですね~。ゆったりとした時間の流れがマングローブの森の懐の深さを感じさせてくれます。

ecotour ma 20141010 09

最後は水上レストランでランチ!

ecotour ma 20141010 10

ecotour ma 20141010 11

マレーシアは基本、ご飯を真ん中に色々なおかずを取ってご飯と一緒に食べます。お野菜も豊富で女性にはとてもうれしいですね。味はアジアな感じで食べやすく美味しいです!

今回のマングローブツアーでは、マングローブやワシ、サル、コウモリ、カニ、魚など多様な野生動植物をガイドさんの解説付きで見ることができました。とても見所が多く、東南アジアの亜熱帯の森を感じられ、動物好きの私としては大満足のツアーでした。観光客の受入の体制も空港に到着した時からツアー事業者のデスクがあるなど、日本よりもビジネスとして確立されている部分を見る事ができました。
ただ一方で餌やりなど、生態系を保全するための地域共通のルールなどの課題もあることが分かりました。地域の中で情報交換や話し合う場が持てればいいなと思います。







 

【イベント情報】10月25・26日は休暇村伊良湖へ行こう!(愛知県)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年10月09日| 一般財団法人 休暇村協会

【イベント情報】10月25・26日は休暇村伊良湖へ行こう!

みなさま、こんにちは。
休暇村、広報・メディアプランニング課の繁田です。

通りを歩いていると、キンモクセイの香りが秋の風にのってふわりと香り、少しセンチメンタルになる今日この頃です。
さて、本日は愛知県渥美半島の先端にある休暇村伊良湖のイベント情報のご紹介です!
昭和41年に開業した休暇村伊良湖。 敷地内には愛知県が整備した園地や屋外プールなどがありましたが、老朽化のため、昨年末にプールを撤去しました。

撤去後に新たに開発を始めたのが、公園の整備。
砂丘やオアシス、海浜性植物など、渥美半島にかつて存在していた原風景を再生しようと、2017年度までの5年間で、園内49haの内湧水地一帯の5haがきれいに生まれ変わる予定です。

kyuukamura irako 01

公園の新名称には、1,396点の一般公募の中から、砂の感触や水の音を的確に表現した「いらごさららパーク」が選ばれました。
今回のイベントは、整備中の公園内から「花の広場、砂の広場、水の広場」の3エリアを先に公開するオープン記念イベント。10月25日・26日の2日間で、砂絵の工作や宝探しゲーム、サンドアートなどのイベントの他、ご当地アイドルが来場します♪
休暇村では昼食営業を行い、25日はランチバイキング、26日は地元三河湾名物の「大あさり定食(下図/1,540円・込)」など、丼ものメニューを提供します!

kyuukamura irako 02

是非、たくさんの方のご来場をお待ちしております~\(^^)/
詳しくはこちら


また、休暇村伊良湖では、オープンを記念した宿泊プラン「見においでん いらごさららパーク リニューアルプラン」を下記のとおり実施します。
期日 10月24日(金)~10月31日(金)※25日(土)は除く
料金 通常 2名1室利用 1名1泊2食 10,080円を7,980円でご提供します。

~*広報・メディアプランニング課 繁田朋佳*~

kyuukamura irako 03

 

世界遺産、ガラパゴス諸島から(エクアドル)

テーマ: 地域情報(海外)
2014年10月08日|

エクアドルのガラパゴス諸島、「名前は聞いたことある」という方も多いのでは。

今回は、ガラパゴス諸島のサンタ・クルス島から、日常の風景をお届けします。

PelicanBay-01

ガラパゴス諸島で一番大きな町があるサンタ・クルス島の海岸沿いのメインストリートはチャールズ・ダーウィン通りといいます。通りのほぼ中央に漁師の港ペリカン・ベイがあります。

PelicanBay-00

ペリカン・ベイはアカマングローブのブッシュに囲まれていて、ブッシュはペリカンの繁殖地になっています。

PelicanBay-03

漁を終えて港に戻ってくるとペリカン・ベイは漁師の直営する魚市場に早替わりします。魚をさばき始めるとお客さんよりも先に集まるのが隣のブッシュに棲むペリカンたちです。

PelicanBay-04

ペリカンに負けまいとガラパゴス・アシカも参戦、すきあれば獲物にありつきたいと魚を狙っています。

PelicanBay-07

これはビックリ!IUCNのレッドリストで絶滅危惧種に登録されているイワカモメ(ヨウガンカモメ)まで市場に現れました。数の少ない固有種が自然に目の前に見られるガラパゴスは、恐らく人間も共存している動物仲間なのでしょう。

PelicanBay-08

ダーウィン通りにはウミイグアナがのんびりと日向ぼっこをしています。ガラパゴスで暮らしている人々にも動物たちは共存している仲間です。自然と社会がバランスよく存在しているガラパゴス諸島の魅力は現地に滞在して初めて実感ができます。

文責:株式会社アートツアー 波形克則 
★ガラパゴスを楽しんできてください! http://www.galapagos.co.jp/




 

休暇村南阿蘇 ユニークなお部屋も旅の楽しみ(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年10月07日| 一般財団法人 休暇村協会

休暇村南阿蘇 ユニークなお部屋も旅の楽しみ
行ってきました、熊本県・休暇村南阿蘇。

 mg 5819

休暇村南阿蘇は、阿蘇くじゅう国立公園内に位置し、客室やロビーから見える阿蘇五岳のひとつ、根子岳に圧倒されます。
ここには面白い部屋がありまして、まずひとつが「バードウォッチングルーム」。窓の外には水場と巣箱があり、室内には双眼鏡が用意されています。
お部屋でくつろぎながら野鳥を観察することができます。
園地には約60種類の野鳥がいるらしく、バーダーの方でなくても、ホッと癒される素敵な部屋でした。

dscn3445

続きまして、「くまモンルーム」。

dscn3468

この部屋は愛嬌があるくまモンがお出迎え。
カーテン、布団、時計など部屋中くまモンがいっぱい。
一緒に座ると、くまモンから人間味を感じます。

dscn3477

洋室のくまモンルームは熊本県内のホテルに幾つかありますが、和室のくまモンルームは珍しいそうです。
こんなユニークなお部屋に泊まるのも、旅の楽しみですね。

【企画課・野口新之介】

 

秋の里山を楽しもう!「飛騨里山サイクリング」(岐阜県)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年10月06日|

秋の里山を楽しもう!「飛騨里山サイクリング」

人気ツアーの「飛騨里山サイクリング」催行中!
秋のぽかぽか陽気の中、里山をのんびりとサイクリング。
時には外国人との国際交流も楽しめます。

gifu tyuraboshi 20141006 01

紅葉が映えるこの町ではこんな綺麗な風景の中サイクリングができます。

gifu tyuraboshi 20141006 02

この秋は是非、飛騨の人と風景に癒されに来て下さい!

gifu tyuraboshi 20141006 03

詳細はSATOYAMA EXPERIENCEからご覧ください。
http://satoyama-experience.com/jp/

 

大岩リトリート“ヨガ&写仏”-ココロもカラダも美しく-(富山県)

テーマ: エコツアー情報
2014年10月05日| 澤井 俊哉

4月から7月まで月一で催行してきた【大岩リトリート“ヨガ&写仏”-ココロもカラダも美しく-】が、ご要望に応え、秋も!

2014 07 26 L 22

今年、富山県上市町に誕生した、新しいリラクゼーション・プログラム【大岩リトリート“ヨガ&写仏”-ココロもカラダも美しく-】

ヒーリング&パワースポットとして知られる大岩山日石寺。
ここでのヨガと写仏は、あなたのカラダもココロも癒してくれます。
写仏された不動明王は、護摩祈祷の後、特別な「お守り」となって、お手元に届きます。
リフレッシュ・タイムは、築90年をこえる門前旅館大岩館にて、特製リフレッシュランチをお楽しみください。

2013 05 05 R 55

※催行日:2014年10月18日18(土)
※会場:大岩山日石寺、大岩館、親水公園(予定) 
     (富山県中新川郡上市町大岩)
※料金:6,000円⇒特別価格5,000円
※定員(最少催行人数):20名(2名)
※女性を中心に人気の滝行も散策時に体験できます(希望者のみ/別料金)

【詳細お知らせ】 pdfでひらきます。

2014 07 26 L 42

『特別な時間を、特別な空間で過ごす“贅沢”が、ここにあります』

お問い合わせ・お申し込みは、上市町観光協会まで。
〒930-0314 富山県上市町若杉3-3(上市駅構内)
tel: (076)472-1515
e-mail:  このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
WEBSITE:http://www.kamiichi.jp/

2014 04 19 L 28

 
«最初717273747576777879最後»

78 / 79 ページ
ページトップへ