カレンダー

<< 2017年11月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

滋賀報知新聞知事を囲んだ『新春座談会』記事

テーマ: メディア
2017年01月16日| Administrator

滋賀報知新聞知事を囲んだ『新春座談会』記事

 

001

吉見精二

日本エコツーリズム協会理事

滋賀県の地方紙「滋賀報知新聞」の特別号の企画記事を紹介します。

知事を囲んだ『新春座談会』の記事です。

 

滋賀県も「観光立県元年」を唱えられ、これから様々な取組みが期待

されています。これは、滋賀報知新聞の時を得たタイムリーな企画で

す。このことから、滋賀の観光の未来像が語り合われ新しい観光の取

組みのスタートにつながれば良いなあと思います。わたくしも、その

場の一人として発言させてもらっています。その内容をお知らせして

おきます。(僭越ですが、私の発言を抜粋させていただきます~聞き

まとめは主催者です~)

 

⇒発言録

【ブランド力】

司会今後、観光をさらに伸ばすために、滋賀のブランド力やイメー

ジをどう高めればいいでしょうか。

<吉見>各都道府県のアンテナショップは、東京の銀座・有楽町・

日本橋に集中して激戦区になっているんです。その中で、滋賀県が日

本橋に一つの建物全部を借りて情報発信拠点を設けられるのは素晴ら

しいですね。その際には、ぜひほかのアンテナショップと交流を深め

ていただきたい。江戸時代なら知事は大名です。参勤交代で江戸には

大名屋敷(情報発信拠点)が建ち並び、諸侯同士が交流して交易が生

まれ、文化を持ち帰ったからです。また北海道と東北八県は連合して

香港に出店したり、新潟県はロシア極東のウラジオストクやハバロフ

スクに力を入れたりしていますが、このような大胆な将来設計に努め

てほしいですね。

 

【滋賀ならではの観光】

司会「滋賀ならでの観光」は何だと考えられますか。

<吉見>従来型の観光は、食べる、見る、泊まるという「あご・足

・枕」でした。これからの観光は、暮らしぶりを取り上げて、隠され

た地域の魅力を引き出していく形です。そこで大事なのは観光地域づ

くり組織の日本版DNO(注2)。県もいち早く県版DMOの登録をさ

れましたが、重要なのは着地型・滞在型観光のコンテンツ(情報の内

容)づくりです。着地型・滞在型とは、まち歩きやエコツアーを地域の

人がガイドして、地域まるごと誇りを持って売る観光です。そうなると

田舎が残る滋賀県では古民家や農家民泊が必要になってきます。これが

外国人に受けるわけですよ。これからは、エコツーリズムに取り組む視

点も大事です。

 

【インバウンド強化】

司会増加傾向が続く外国人観光客への「おもてなし」をどうすべきな

のでしょう。

<吉見>日本はいつまでも富士山、箱根、東京、大阪といったゴールデン

ルートに頼っていてはダメです。現在、日本に来られて爆買されているア

ジア系の人たちに加えて、滞在型の欧米や豪州などの外国人旅行者のニー

ズは今後、田舎体験やビワイチといった体験型にニーズが変わってきます。

やはり質の高いインバウンドを追求すべきです。

国の調査では、一昨年の訪日外国人の都道府県別訪問率は奈良県が五・二%、

京都府二四%、東京五二%ですが、滋賀県は〇・七%にすぎません。琵琶湖

をアピールするなら、まずブランドイメージをつくることです。今よく外国

人が来くるのが高島市の針江です。インターネットを使ってピンスポットで

来ます。今まで目立たなかった滋賀がこれから売れる時代です。

 

DMOづくり、まとめ】

司会新しい観光地経営のための地域づくりとして多様な関係者が協働しなが

ら戦略を練る組織、DMOが注目されていますね。

<吉見>今の観光市場は

有名観光地にばかりに人が流れています。それを地方にまで恩恵があるもの

にするには、DMOしかありません。地域住民も行政も従来の観光事業者や

観光協会も枠を超えて、フラットな関係で地域を盛り上げていく組織をつく

らないといけません。人と人、内と外をつないだりするわけですから、最初

はお金になりません。どうしても行政の手厚い支援がいります。DMOを触

発する意味でも首長には明確な(DMOの)イメージを語っていただきたいですね。

 

全文は、こちらのデジタル版から

http://www.shigahochi.co.jp/info.php?type=article&id=A0022717

 

「ユガテの森で山林の整備とミニ門松づくり」(埼玉県飯能市)

テーマ: エコツアー体験記
2017年01月12日| Administrator

エコツーリズムのまち 飯能からエコツアーのレポートをいただきました!

 

エコツアー「ユガテの森で山林の整備とミニ門松づくり」(埼玉県飯能市)

 

 ユガテの森で山林の整備をしながら、冬の風物詩である「ミニ門松」をつく

るエコツアー。門松に使う材料は、ユガテの森の恵みをいただき、参加者は葉

や木の実などを飾り付け、思い思いの門松をつくりました。昼食は、みんなで

鍋を囲んで「ずりあげうどん」で体がポカポカ。うどんを食べながら、参加者

同士の会話も弾みます。環境の保全を考えながら、お正月を迎える準備もでき

たエコツアーでした。 飯能では、「門松づくり」を始め、「クリスマスリー

づくり」、「ひなめぐり」、「お茶摘み」など季節の風物詩が楽しめるエコ

ツアーも充実しています。

詳しくは、「エコツーリズムのまち・飯能(URLhttp://hanno-eco.com/)」

ホームページをご覧ください。

image001

 

白神から冬のお便り

テーマ: 地域情報(国内)
2017年01月06日| Administrator

白神マタギ舎様から季節のお便りをいただきました!

 

今年のマタギ舎は、昨年好評だった「みんなでツアー」を企画します。

第一弾は2月ぐらいに計画いたします。

詳細は後ほどHPでご紹介いたします。

 

P1010921

寒い日、川からの水蒸気が木について凍結したものです。

朝日が当たるとキラキラと宝石のようです。

なんとなく、神々しい、めでたい感じがします。

 

P1063214

例年は正月も雪かきが欠かせないのが普通なのですが、

今年はとても穏やかなお正月で、のんびり過ごせました。

以前の小さい目屋ダムでは、水面が全面結氷したものですが

この暖かさと、面積が広いのでまだまだ氷結していません。

 

P3111421

今年は日本では、私たち鳥の年だそうです。

海外まで旅する渡鳥たちには、鳥インフルエンザが流行しているようです。

私(クマタカ)など、年中白神山地から出ない鳥(留鳥)にはあまり影響はないようです。

 PB303040

私たちは夏はシベリアなどで子育てをしてきました。

向こうはあまり寒いので、日本に越冬に来て、今は津軽ダムにいます。

旅の途中で悪い病気にかかり、弱った仲間が日本で倒れてしまうこともあります。

もし弱っているカモや白鳥を見つけたら、触らず環境省などに届けてください。

鳥にしても人間にしても健康第一、今年も元気で生きたいものです。

 

白神マタギ舎 ホームページ

http://matagisha.sakura.ne.jp/

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。

このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。

掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。

e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

 

餅が取り持つ縁かいな?

テーマ: 地域情報(国内)
2017年01月06日| Administrator

餅が取り持つ縁かいな?

                          2017年1月5日

 

 

昨年、暮れも押し詰まった12月30日に餅つき大会を行った。

 

〝餅が取り持つ縁かいな?“で、中国人やタイ人、インドネシア人も入り混じっての

総勢30名ほどの集いになった。

つきたての餅に、「うまい、うまい」の歓喜の声があがり、うまいもの前には国籍の壁はありません。

 

01

 

 

ストーブのような釜戸(?)で餅を蒸す

 

02

 

立派な杵と臼。

このような道具がある家も少なくなった。

 

03

 

インターナショナルグループから果敢に餅つきに参加したのは、

インドネシアから来たチト君。

 

04

 

粉をまぶして、きれいにお化粧

 

05

きな粉、辛み餅、納豆餅、あんころ餅

 

つきたてはめちゃめちゃうまい。

うまくてうまくてどうにもとまらない。

 

ああ、食べすぎだ!!!!

 

日本エコツーリズム協会事務局長:辻野

 

シンポジウム「エコツーリズムの推進とリスクマネジメント」のご案内(埼玉県飯能市)

テーマ: エコツアー情報
2017年01月05日| Administrator

埼玉県飯能市さまからシンポジウム開催のご案内をいただきました

 

シンポジウム「エコツーリズムの推進とリスクマネジメント」のご案内(埼玉県飯能市)

  

あけましておめでとうございます。

今年も飯能市のエコツーリズムをよろしくお願いいたします。

今回は、飯能市で開催されるエコツーリズムに関するシンポ

ジウムのご案内です。

01

 

121日(土)に駿河台大学比較法研究所・飯能市エコツ

ーリズム推進協議会共催で「エコツーリズムの推進とリスク

マネジメント」をテーマとしたシンポジウムが開催されます。

パネルディスカッションを通じて、法律の観点からエコツー

リズム推進におけるリスクマネジメントについて学びます。

また、基調講演に第11回エコツーリズム大賞「大賞」を

受賞された、富士山登山学校ごうりき代表の近藤光一氏が

登壇されます。エコツーリズムのガイドをしている方はも

ちろん、エコツーリズムに興味がある方もぜひご参加くだ

さい。

 

※当シンポジウムは、事前申込み不要です。直接会場にお越しください。

 

■問い合わせ先

飯能市役所 観光・エコツーリズム推進課

TEL042-973-2123(平日8301715

FAX042-974-6737

Email このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

新年のご挨拶

テーマ: 地域情報(国内)
2017年01月03日| Administrator

2017年1月4日

エコツーリズムを愛する皆様へ

 

NPO法人 日本エコツーリズム協会

事務局長 辻野啓一

 

新年明けましておめでとうございます。

今年は酉年です。

まさにお酉様の酉です。

熊手で運を引き寄せる、商売繁盛の年です。

 

さて、エコツーリズムの三要素は、環境保全、観光振興、地域振興です。

酉年の商売繁盛の風に乗り、エコツーリズムを推進し、地域が元気になりますよう、

弊協会も微力ながら頑張ります。

引き続き弊協会並びにエコツーリズムへのご支援よろしくお願い申し上げます。

 

年末のご挨拶

テーマ: 地域情報(国内)
2016年12月28日| Administrator

20161228

 

NPO法人日本エコツーリズム協会

                         事務局長 辻野啓一

 年末のご挨拶

 

 

今年、一年弊協会をご支援いただき誠にありがとうございます。

 

今年、エコツーリズムは観光庁のテーマ別観光の一つに選ばれました。

また11月下旬には伊勢志摩で、エコツーリズム全国大会が開催され、大変な賑わいでした。

パラオからの11名の研修団が来日し、西表、鳥羽、二戸(岩手県)を三週間にわたり研修を体験しました。

早いスピードでないですが、着実にエコツーリズムの認知度が広がっています。

 

個人的には「神島の島っ子ガイド」(エコツアーブログ12/11,12/12)に参加し、小学生たちの懸命な案内に感銘しました。

岐阜市金山の路地裏を巡る「筋骨巡りツアー」(エコツアーブログ10/9)には、そのユニークさに楽しくて舞い上がりました。改めて、旅の力、旅の楽しさを知りました。

来年も、皆様にエコツアーの楽しさをご紹介していきたいと思います。

 01 03

         神島 島っ子ガイド(三重県・鳥羽市)           筋骨巡り(岐阜県・下呂市)

 

**ブログは1229日から13日までお休みをいただき、14日よりスタートします。

 

 

メコン川クルーズの旅(ラオス)その3

テーマ: エコツアー体験記
2016年12月18日| Administrator

メコン川クルーズ体験記(ラオス)(その3)

 

村の近くの河川敷には、畑も結構あり、人々が出て野良仕事をしていた。

このような熱帯雨林の川岸の村で生活をしている人々の日常の意識とい

うものは、ちょっと、私のような想像力の弱い人間には、思いもつかな

い。

image001

午後5時半、パーク・ベン到着。本日宿泊するルアンサイ・ロッジは、

町から離れた、川岸の小高い場所の森の中に建っていた。

 

image003

7時から夕食ということで、まずは、自分たちのログ・ハウスへ。ロビー

やレセプション、レストラン、ログ・ハウスへの木道、肝心のログ・ハウ

スにいたるまで、建造物の基本は、全て木造り。木造りの窓を開ければ、

眼下にメコンが流れている。

image005

自分のログ・ハウスに入り、早速にシャワーを浴びたら、まずまずの勢いで

湯が出てきて、気持ちが落ち着いた。夕食は、フロントのある棟で、ビュッフ

ェ・スタイル。ラオスの代表料理ラープと、春巻きが、特に美味しかった。

食事の後、ログ・ハウスに戻って、星空を見上げた。まさに満天の星空。

オリオンの三ツ星ばかりか、小三ツ星も見え、ぎょしゃ座、ペガサス座などを

確認できた。一日がかりの船旅であったが、大いにくつろいだ。よかった、よかった。

 

おわり

 

メコン川クルーズの旅(ラオス)その2

テーマ: エコツアー体験記
2016年12月17日| Administrator

メコン川クルーズ体験記(ラオス)(その2)

 

image001

洞窟の見学を終えて、スロー・ボートに乗り、次の停泊地、バウ村に向かった。

12時過ぎに、船上でのビュッフェ・ランチ。

 

西洋人向けを考えているのか、どれもさっぱりとした味付けで、

旨かった。午後1時、バウ村に到着。低地ラオ族と、タイルー

族の共存する村とのこと。にわか作りのような桟橋に上陸して、

村に入るとすぐに、土産の店があった。村中の女・子供が、店を

開いている、といった風景だ。

 

 image003

女の子が、遠慮がちに声を掛けてくるが、いらない、という身振り

をすると、静かに引っ込んでゆく。変に白々しくもなく、かといっ

て、強引さのかけらもない。村人たちの、観光客への距離感のとり

方には、絶妙なものがある。

 image005

 image007

 

image009

この“観光資源”は、村人の生活に、外国人観光客が文字通り土足で入り

込むようなものだが、村人にとっては、数少ない現金収入の道の一つで

ある。ラオス政府は、Community-based tourismということで、その

開発を積極的に推進しようとしている。

それにしても、成人の男性諸君は、どこに行っているのだろう。山や川

で、しっかりと働いているのだろうか。同性として、少々気になった。

スロー・ボートに戻り、あとは一路、本日の宿泊地パーク・ベンへ。

image011

 image013

 

 image015

 

両岸は、飽きもせずに、山、熱帯雨林、砂の岸、時々、村、水牛、ヤギ。

山には、紅葉のかけらも見られない。みごとに濃い緑一色だ。

 

image017

時々、炎天下の砂浜で、砂を掘っている人々を見かけた。ガイドに聞いて

みたら、cricketを探しているとのこと。何度か聞き返して、オケラであ

ることを知った。しかも、なんと、食用として。“食は、広州にあり”と喧

伝されるが、ラオスも捨ててはおけない。

 

image019

また、砂岸で、砂金探しをしている一群の人々もいた。

家内鉱業といった風景で、一日かけて、一粒、二粒出たら御の字なのだろうか。

 

次回へ続く

 

 

メコン川クルーズの旅(ラオス)

テーマ: エコツアー体験記
2016年12月16日| Administrator

JICAボランティアの森山さんから、ラオスのエコツアー情報をいただきました!

 

01

1127日(土)、28日(日)の一泊二日で、ルアンパバーン発の

メコン川クルーズの旅に参加した。ウドムサイ県のパーク・ベンま

で約160㎞を遡る船旅。日本では、すでに東京にも紅葉前線が達し

ている時期、はたして、ラオス北部の山中やいかに?

 

まず、ルアンパバーンの町を流れるメコンの川岸に繋留されたスロー

・ボートに乗船。床を含めて、すべて木造りなので、乗船したら、裸

足が快適だ。座席も木造りだが、尻と背の部分にクッションが入って

いるので、座り心地は、悪くない。

 02

本日の乗船客は、ドイツ人48人、イギリス人23人と我々日本

13人の計14人。ゲルマン系が圧倒的だが、いつも、ラテン系

を含めて、ヨーロッパ人が主たるお客とのこと。11月に入って、乾季

となり、水位は雨季に比べると大分下がっている。

 03

最初の停泊地は、ルアンパバーン観光の定番の一つ、パーク・ウーの

洞窟。

 04

上陸して、洞窟の中に入ると、空間を埋め尽くすように、数知れない

仏像が祀られている。

 

78世紀に、中国から南下してきた人々が、この洞窟に精霊を祀った

のが始まりだそうだ。その後、9世紀に仏教が入って来ると、金や銀

の仏像を祀るようになった。しかし、それらは盗まれてしまって、今

祀られているのは、木製や石製の仏像ばかりだそうだ。この土地の人

々が、代々にわたって引き継いできた信仰のあかしだ。

 

次回へ続く

 

 
«最初12345678910最後»

6 / 79 ページ
ページトップへ