カレンダー

<< 2018年4月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

今年もオタクミツツジが咲きました(鹿児島県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年06月14日| 公益財団法人 屋久島環境文化財団

★鹿児島県の屋久島環境文化財団様から、季節の花の情報が届きました!

kagoshima bunka 20160614

研修センターでは今年もオタクミツツジが咲きました。
屋久島でしか見ることができない花ですが、「ヤクシマ」と名前につきません。
屋久島でも南東にある小田汲川にしかなかったからです。
※小田汲川の読みは「おだくみがわ」と濁ります。
「かなかった」と過去形なのは、もう小田汲川にはほとんど無いからです。
屋久島の一部でしかみられない希少性、ツツジの仲間にもかかわらず花びらが分かれる特殊性のため、非常に高価であったといわれます。
人気があるのは嬉しいですが、高額な値段がつくと自然を壊してしまいますね。
できればその植物と一緒に、その植物が育つ屋久島の環境を見て楽しんで欲しいものです。
屋久島は虫にも非常に高額な値段がつくことも。。
【虫注意】高額な値段の虫について↓
https://www.facebook.com/212293235646252/photos/a.214805048728404.1073741828.212293235646252/500473486828224/?type=3&theater
オタクミツツジは今では十分増やされ、お土産としても買うことができます。

屋久島環境文化財団
http://www.yakushima.or.jp


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


香港からのお客様、海女の街をあるく(三重県)

テーマ:エコツアー体験記
2016年06月13日|

★三重県の海島遊民くらぶ様から、エコツアー体験記が届きました!

mie oz 201613 01

Lovely family from Hong Kong! Our guests look very happy meeting Ama diver and strolling around Ama Village today! Enjoy your trip in Japan Wayne, Memory, and Alice! Hope to see you again in Toba!
Catch a glimpse of Ama culture in our Spiritual Tour Visiting Ama-san! More info, visit:
http://oz-group.jp/english/menu/e-9.html

海島遊民くらぶ http://oz-group.jp/

 

mie oz 201613 02

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


【申込受付中】『アフリカ・ガボン ゴリラの森でのエコツーリズム活動』

テーマ:イベント情報
2016年06月12日|

日本エコツーリズム協会では、各地のエコツーリズム事情を専門の方にお話いただく講演会「JESフォーラム」を不定期で開催しています。

 

forum 201603 Africa 600 

 

来週6月21日は、アフリカのガボンで、エコツーリズムの推進に取組んでいる方々をゲストスピーカーにお招きし、『アフリカ・ガボン ゴリラの森でのエコツーリズム活動』と題して講演をしていただく予定です。

アフリカのガボン共和国は、国土の80%が森林に覆われ、その森には絶滅危惧種のニシローランドゴリラが生息しています。ゴリラ研究の第一人者である山極寿一先生をリーダーとした京都大学研究者チームは、1999年よりガボンのムカラバ‐ドゥドゥ国立公園にて調査を行い、世界で初めてニシローランドゴリラの人付け(※)に成功しました。
(※人付け:餌などは使わずに長期間追跡をすることによって人間への恐怖心を解き、人間の存在に慣れてもらうこと)

今回の講演では、12年間、ガボンでゴリラの人付けに携わってきた安藤さんと、ガボンを含め世界各国でエコツーリズム開発支援を行ってきた代表の新谷さんに、ゴリラの生態はもちろん、現場でのエコツーリズムへの取組みの内容を詳しくご紹介して頂きます。野生動物と人との関わりに興味のある方、また地域でエコツーリズム推進に取り組んで行こうとしている方などにぜひ聞いて頂きたい内容です。お気軽にお越しください。

■開催概要■ ※要予約
第33回JESフォーラム
『ガボン・ムカラバのゴリラの森でのエコツーリズム活動 -野生動物と人が共存できる森をめざして-』

【日 時】 2016年6月21日(火) 18:30-20:00(開場18:00)
【場 所】 モンベルクラブ渋谷店(東京都渋谷区宇田川町11-5)渋谷・東急ハンズ向かい
【参加費】 一般1,200円、日本エコツーリズム協会/モンベル会員1,000円
(資料、飲み物付)
※モンベル会員の方は、受付にてモンベル会員カードをご提示ください。
(ドリンクの注文:受付にてお知らせください)
【お申込・お問合せ】 
日本エコツーリズム協会までメール、お電話でお申し込み下さい。
・氏名(ふりがな)
・性別
・連絡先
・居住都道府県
・イベントを知ったきっかけ
・ガボンに行ったことがあるかどうか
・日本エコツーリズム協会会員あるいはモンベル会員かどうか(※必ずお知らせください)
・(もしあれば)当日聞きたいこと
■以上を日本エコツーリズム協会までメールあるいはお電話などでお知らせください。
メールの場合、受付完了した段階で返信をします。返信がない場合はお手数ですが再度お知らせください。
(※複数名でお申込みの場合、参加される方のお名前全員分をお知らせ下さい。(連絡先は代表の方のみで結構です))
■日本エコツーリズム協会■
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp  (at)を@にして送信
【主催】NPO法人日本エコツーリズム協会
【協力】株式会社モンベル


「雑穀の里たるさわ 山菜採り体験と雑穀バイキング♪」(岩手県)

テーマ:エコツアー体験記
2016年06月11日| 岩手県二戸市

★岩手県の「二戸市地域おこし協力隊」様から、季節のおたよりが届きました!

二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和~皐月の会~)結果報告
「雑穀の里たるさわ 山菜採り体験と雑穀バイキング♪」

5月29日(日)、今年度2回目となる二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和~皐月の会~)が行われました。

iwate ninohe 20160611 01

今回のツアーは、雑穀の里として知られている足沢地区「ぎばって足沢70の会」の みなさんのおもてなしによる内容でした。
まずは、自然豊かな足沢の山で山菜採り体験からスタートです。

iwate ninohe 20160611 02

わらびは少ししかありませんでしたが、山うるい、うど、フキ、ミズ、のびるが収穫できました。
また山菜だけではなく、山野草や木々に足をとめ写真撮影をしたり地元ガイドさんの説明を聞いたりと、散策も楽しく気持ちの良いものでした。

iwate ninohe 20160611 03

たっぷり2時間30分のコースを歩いたあとは、地元お母さん方の手作り料理の昼食です。地元の食材を使った雑穀料理の数々はどれも大変美味しく、この料理を目的に参加される方がいるほどファンが多いのです。

iwate ninohe 20160611 06

ぎばって足沢70の会のみなさんはこの日のために何日も前から準備してくださり、そのおもてなしの心がお客様にも伝わる1日でした。

iwate ninohe 20160611 05

岩手県二戸市地域おこし協力隊



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


ラジオ番組「よんぱち」で紹介したエコツアー

テーマ:メディア
2016年06月10日|

6月10日、ラジオ東京FM「よんぱち」内の5分間コラム番組「東京トヨペット Presents E-Column(エコラム)」で紹介したツアーです。

【海上(かいしょ)の森、湿地を歩くツアー】
■開催場所:愛知県瀬戸市内にある県有林
・7月11日に瀬戸市で開催。午前中に湿地を歩きます。ガイドさんは樹木医さんなので、「なぜこの場所にこの樹が生育しているのか」など、教えてもらえます。

ツアー場所である「海上の森」は、多様性がとても高く、コナラやなど150種類以上の樹木が生育しています。
普段身近な公園でみる木々とは全く違う木との出会いがあるかもしれません。特に東海地方でしか見られない「シデコブシ」という木は珍しいものです。(春には薄桃色の花をつけるので、春もおすすめ)

初心者でも楽しめる内容となっており、ハイキングに行く格好で大丈夫。お子様連れ、あるいはご家族、ご友人同士で、自然に親しむきっかけにいかがでしょう。湿地には入らず、木道を歩きます。歩きやすい靴でご参加ください。

その他、夏にもブナやミズナラの森をあるくツアーがあります。
予約はサイト経由あるいはお電話で。

<お申込・お問合せ>
愛日緑化造園株式会社
http://www.forestnear.jp/

 

 

【夏至の光観測 体験ツアー】
■開催場所:岐阜県下呂市にある金山巨石群(かなやまきょせきぐん)
岐阜県下呂市に、まるでストーンヘンジのような、巨石が多くある「金山巨石群」という場所があります。この巨石群は、人為的に作られたと推測され、縄文時代にはすでに太陽の周期を読み取るカレンダーとして、観測が行われていたのではないかと考えられています。

その巨石群の中に、3つの楕円形と2本の筋が刻まれた巨石、そして手掘りの洞窟があり、夏至が近づくこの時期ならではの光景が見られます。

夏至が近づくとその筋を通って洞窟の内部に光が差し込み、楕円形に日が当たる場所をつくるようになっていて、それが昔々、暦として使われていたのではないかと考えられています。これは夏至のころにしか見られない景色であり、ガイドさんがそこに秘められたミステリーとサイエンスを解説します。

2016年の開催時期6月19日(日)-21日(火) 夏至の頃あるいは7月20日頃。
くわしい日程はサイトでご覧いただけます。
ガイドツアーは60-90分程度。
スニーカーでも行けます。天体や地質に興味のある方にお勧めです。

<日程など>

http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/kyoseki/sirase/info.html


エコライフ・フェアに出展しました(東京都)

テーマ:イベント情報
2016年06月09日|

2016年6月4-5日、東京都内の代々木公園で開催された「エコライフ・フェア2016」(環境省主催)に、日本エコツーリズム協会もエコツーリズム推進団体として出展をしました。

ecolife 2016 600 11

環境省の国立公園ブースの近くに出展し、小笠原や知床など日本の国立公園で楽しめるエコツアーのご紹介の他、会員の皆様からご提供いただいたパンフレットを配架しつつ、ブースに立ち寄られたお客様とお話をしながら、おすすめのエコツアーのご紹介をしていきました。

ecolife 2016 600 12

過去このようなイベントには何回も出展をしてきましたが、今回初めての試みとして、パネルボードを使い、お客様に「参加したいエコツアー」と「会いたい野生動物」にシールを貼っていただくアンケートを行いました。

ecolife 2016 600 10

子どもさんだけでなく、大人の方にも参加して頂き、これをきっかけに「この動物はどこそこに生息していますよ」「このエコツアーは今の時期だとここがおすすめです」と会話がひろがりました。

また、環境省主催ということもあり、2日目には環境省の丸川大臣がブースに来てくださいました。
朗らかな笑顔で、「タンチョウは先日北海道でみたんですよ」とお話してくださり、「星空観察も素敵ですね」とボードにシールを貼ってくださいました。
大臣には、エコツアー特集号である「季刊エコツーリズム通巻68号」をお渡しました。

こういったブース出展を行う際、いかに気軽にお客様に立ち寄っていただくかも重要ですが、興味を持ってくださった方に、さらにエコツーリズムとは何かを伝えしていくのも大事な役目だと考えています。
ブース内にパネル展示をしエコツーリズムの理念を紹介するとともに、クイズに参加して頂いて理解を深めて頂くようにしました。

・クイズ参加者に粗品として伯方塩業株式会社様からサンプル塩セットのご提供をいただきました。ありがとうございました。

ecolife 2016 600 14

【アンケートの結果】
■6月4日(晴れ)
<参加したいエコツアーは?>
1位「ドルフィンスイム」、2位「星空観察」、3位「シュノーケリング」
・自然観察(野鳥、花):27票
・ドルフィンスイム:69票
・星空観察:59票
・サイクリング:24票
・スノーシュー:19票
・シュノーケリング:33票
・ラフティング:14票
・カヌー、カヤック:30票
・キャニオニング:19票
・生活体験、郷土料理作り:15票

<会いたい野生動物は?>
1位「クジラ」、2位「ウミガメ」、3位「キツネ」
・クジラ:74票
・ウミガメ:55票
・クマノミ:33票
・クマ:22票
・シカ:21票
・サル:15票
・キツネ:48票
・ムササビ:45票
・タンチョウ:42票
・コウモリ:22票

■6月5日(曇り)
<参加したいエコツアーは?>
1位「ドルフィンスイム」、2位「星空観察」、3位「カヌー、カヤック」
・自然観察(野鳥、花):15票
・ドルフィンスイム:41票
・星空観察:37票
・サイクリング:10票
・スノーシュー:7票
・シュノーケリング:18票
・ラフティング:9票
・カヌー、カヤック:21票
・キャニオニング:7票
・生活体験、郷土料理作り:7票

<会いたい野生動物は?>
1位「クジラ」、2位「キツネ」、3位「クマ」
・クジラ:44票
・ウミガメ:18票
・クマノミ:18票
・クマ:20票
・シカ:11票
・サル:11票
・キツネ:37票
・ムササビ:31票
・タンチョウ:16票
・コウモリ:4票

ecolife 2016 600 13

【開催概要】
日時:2016年6月4日(土)11:00-17:00、6月5日(日)10:00-17:00
場所:代々木公園(東京都渋谷区代々木神園町2-1)
最寄駅:JR「原宿」駅、東京メトロ千代田線「代々木公園」 徒歩3分
入園料:無料
公式サイト: http://www.ecolifefair.go.jp/index.html

■エコライフ・フェア:毎年6月、環境月間の行事のひとつとして1990年から開催。環境省、関係地方公共団体、関連法人、業界団体、企業、NPO法人が連携し実施。


氷の洞窟コース(愛知県)

テーマ:エコツアー情報
2016年06月08日|

こんにちわ!
洞窟探検プロガイドチームCiaO!ガイドの山口(ゆかりん)です♪゛

本日は、ちゃおが開催する期間限定のコースをご紹介させていただきます(*^_^*)
その名も…
『氷の洞窟コース』です!!!!!!

aichi ciao 20160608 01

世界遺産になった富士山!
地表の素晴らしさにも負けないくらい、地下にも素晴らしい空間があるんです♪゛
世界的にも数が少なく珍しい溶岩洞窟です。

aichi ciao 20160608 02

富士樹海の中を歩き、神秘の氷の洞窟を目指します。

aichi ciao 20160608 03

洞窟の中を進んでいくと、富士山が創り上げた神秘的なツララや氷筍が…!
感動すること間違いなしです♪♪゛


山梨県で開催中の『氷の洞窟コース』!!!
6月から10月末までの期間限定のコースとなっております♪゛
まだまだご予約は受け付けておりますので、お気軽にお問合せくださいヽ(^o^)丿

~洞窟探検プロガイドチームちゃお!~ http://genkijin.jp/ciao/

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


気仙沼大島のお花情報(宮城県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年06月07日| 一般財団法人 休暇村協会

★,宮城県の三陸復興国立公園にある休暇村気仙沼大島様から、季節のおたよりが届きました!

休暇村周辺はもちろん、これから大島は「ニッコウキスゲ」や「アジサイ」が咲き始めます。

Qkamura kesennumaooshima 20160607 01

緑一面に黄色い花や色んな色の花が目立ちます。
アジサイは6月に入ってから咲き、島の南側が主に各家庭や、竜舞崎周辺など様々な色のアジサイが咲き乱れます。

Qkamura kesennumaooshima 20160607 02

特に竜舞崎はアジサイロードと言った両側がアジサイが咲き、良い散歩コースもあります。
ぜひ、お越しの際は海風や潮の香り、花など鑑賞しながら散歩などいかがでしょうか?
 平成30年橋が完成する前に、船旅で気仙沼大島へぜひ、お越し下さい。
お待ちしております。

 

休暇村 気仙沼大島



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


「エコライフ・フェア」出展

テーマ:活動紹介
2016年06月06日| Administrator

「エコライフ・フェア2016」出展報告(東京都)


小さな脇役(沖縄県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年06月06日| 合資会社 浦内川観光

★沖縄県の浦内川観光様から、季節のおたよりが届きました!

こんにちわ~5月30日の西表島は曇りです^^

最近暑くて虫たちも活発に活動しております~

山の方では花がたくさん咲いているので昆虫たちが集まってきます。


okinawa urauchigawa 20160606


ニッポンモモブトコバネカミキリ・・・体長は1cm満たない6~9mm程度の小さなカミキリ虫

ちょっと大きな蚊かな~思うほどです^^

たまにはこういう小さい世界をのぞいてみるのもいいんじゃないかな~^^

浦内川観光HP

下山



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


よちよち歩く(北海道)

テーマ:地域情報(国内)
2016年06月05日|

★北海道の「知床ネイチャーオフィス」様から、季節のおたよりが届きました!

5月30日のことですが、知床五湖の散策中に今シーズン初の出会いがありました。
とは言っても季節が進む今日この頃、景色、お花(植物)、気候・季節などなど、色んな「シーズン初」が溢れる時期ではありますけどね。

さてそんな中でも、今回の初モノは、毎年出会うと嬉しくて、
みんなついつい顔がほころんでしまうモノ。

hokkaido sno 20160605 01

エゾシカの赤ちゃんです!

母ジカ(右上隅)の後ろを、まだ頼りない足取りで必死について行っていました。
それを優しく見守る母ジカ。
見ているだけでも癒されますね。

hokkaido sno 20160605 02

 

もっとずっと眺めていたかったのですが、この後すぐ草むらに隠れて見えなくなってしまいました。
この時期の仔ジカは母ジカのお腹の下にすっぽりと収まってしまうサイズです。
ちょっとした草むらでも簡単に隠れてしまいます。

今の季節、知床へ来てエゾシカに出会った時は、
もしかしたら、すぐ近くにかわいい仔ジカが隠れているかもしれませんよ。
ぜひ周囲も含めてじっくりと観察してみてください。

知床ネイチャーオフィス
井上



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


砂浜の足あと(鹿児島県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年06月04日| 公益財団法人 屋久島環境文化財団

★鹿児島県の屋久島環境文化財団様から、季節のおたよりが届きました!

kagoshima yakushimabunka 20160602 03

砂浜の上に海から続く足跡があります。
その先で、足跡はUターンしています。
その場所が窪んでいれば、ウミガメが卵を産んだ場所です。
その上は歩かないでください。
踏み固められますと、産まれた子ガメが地上に出てこられなくなります。

屋久島環境文化財団
http://www.yakushima.or.jp/


kagoshima yakushimabunka 20160602 01

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


エクアドルから

テーマ:地域情報(海外)
2016年06月03日|

日本エコツーリズム協会の元インターンが、現在エクアドルにてJICA青年海外協力隊の活動を行っています。


ishihara 20160603

パスタサ県庁観光課に所属し、持続可能な観光の確立を目指し、関係者の能力構築と観光のプロモーションに携わりつつ、現地からの情報を発信しています。
http://world-diary.jica.go.jp/ishihara/


「パスタサ県は面積の約94%がアマゾンの森林で覆われている」
「タイムカードの代わりに指紋認証システムを採用、登庁時やオフィスを離れる際には、職員は指紋を使って打刻」

などなど、現地からの生の情報が紹介されています。これからも継続的に更新をしていくそうなので、南米の観光に興味のある方や、JICA青年海外協力隊に参加してみたい方などにぜひご覧いただきたいです。


インターン募集のお知らせ

テーマ:お知らせ
2016年06月02日| Administrator

学生インターン募集のお知らせ(11月25日締切)【受付中】


学生インターン募集【トップ右情報】

テーマ:トップ右情報
2016年06月02日| Administrator

学生インターン【随時募集中!】


「エコツアーレポートについて」(埼玉県飯能市)

テーマ:エコツアー情報
2016年06月02日|

★埼玉県の飯能市からのお知らせです!

「エコツアーレポートについて」(埼玉県飯能市)

saitama hannno 20160602

飯能のエコツーリズムホームページで定期的に紹介している「エコツアーレポート」をご紹介します。
「エコツアーレポート」では、過去に開催されたエコツアーの様子を写真やコメント、そしてアンケートから参加者の声をまとめて掲載しております。
エコツアーに参加される方の中には、「過去のレポートを読んで、興味を持ったツアーに参加する。」という方もいらっしゃいます。
飯能のエコツアーの魅力を感じることのできる内容ですので、ぜひご覧いただき、気になるエコツアーがございましたら、お気軽にお問合せください。
皆様のご参加、お待ちしています。

■問い合わせ先
飯能市役所 観光・エコツーリズム推進課
TEL:042-973-2123(平日8:30~17:15)
FAX:042-974-6737
Email:eco2(at)city.hanno.lg.jp  (at)を@にして送信



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


長崎から花のたより(長崎県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年06月01日|

★長崎県の「長崎市地域おこし協力隊」様から、季節のおたよりが届きました!


長崎市寺町に並ぶお寺のひとつ、興福寺。

こちらで開催されている、色鮮やかな紫陽花が咲き並ぶ「紫陽花季(あじさいき)」に行ってきました。

【寺と紫陽花】
nagasaki takashima 20160531 01

お寺と紫陽花の組み合わせ、普段とはまた違った美しさを感じます。
紫陽花だけでなく澄み切った空気も、魅力のひとつ。

【柏葉紫陽花】
nagasaki takashima 20160531 02

一般的な紫陽花と違って柏の葉に似た葉っぱをした、柏葉紫陽花。
木の大きさに対し花の割合が少ないですが、ひとつの花にはボリューム感があります。

【吹き流しと本堂】
nagasaki takashima 20160531 03

奥に見えるのは、国重要文化財である本堂の大雄宝殿。
吹き流しはかつて、唐船が長崎へやってきた際の目印として使用されていたそうです。
鯉のぼりも然り、竿に直接くくるのではなく竹を通して結びつけるのが長崎流。

敷地内には他にも様々な種類の紫陽花が咲いていて、時間を忘れて見入ってしまいました。
私が訪れた際は修学旅行なのか小学生たちの姿もあり、明るい声が響く適度な賑わいぶり。

昔の日本人は、雨をも楽しむ心を持って、紫陽花を眺めたのでしょう。
次はゆっくりお抹茶でもいただきながら、長崎の歴史に思いを馳せたいと思います。

【2色の紫陽花】
nagasaki takashima 20160531 04

東明山興福寺 長崎県長崎市寺町4番32号

<紫陽花季> 5/26~6/6
   入山料 大人300円
 パスポート 500円(5/26~6/30まで何度でも入山可)

<高島もよろしくお願いします♪>
・高島観光ナビ http://www.kanko-takashima.com/


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


ページトップへ