カレンダー

<< 2017年12月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

加藤則芳メモリアル 信越トレイル開きを開催(長野県)

テーマ:イベント情報
2016年05月11日|

~信越トレイルのトレッキングシーズンを告げる~
加藤則芳メモリアル 信越トレイル開きを開催


nagano shinetsu 20160511

信越トレイルクラブでは、信越トレイルのトレッキングシーズンのはじまりを告げる加藤則芳メモリアル 信越トレイル開きを6月25日(土)、26日(日)、長野県飯山市戸狩温泉地区を会場に開催致します。

25日(土)の前夜祭は、食事をしながらの交流会とゲストによるトークイベントを実施。ゲストはアパラチアン・トレイル、パシフィック・クレスト・トレイル、コンチネンタル・ディバイド・トレイル、ジョンミューア・トレイルなど数々の海外のトレイルを歩いてきたロングトレイルハイカー・齊藤正史さん。そして、国内外のハイキングカルチャーを発信するWebマガジン「TRAILS(トレイルズ)」エディターの小川竜太さんのお二人。
小川さんには自身が撮影・編集された映像や、海外のロングディスタンスハイキングのムービーをキュレーションしてご紹介して頂き、齊藤さんには海外のトレイルのリアルなお話しを伺います。 26日(日)は安全祈願の後、信越トレイル6つのセクションからお好きなセクション1つ選んで頂き、ガイドリーダー付(信越トレイルクラブ登録ガイド)ワンデイトレッキングをお楽しみ頂きます。

加藤則芳メモリアル 信越トレイル開き
日 時:2016年6月25日(土)・26日(日)
会 場:長野県飯山市戸狩温泉地区・信越トレイル
料 金:1泊2日(6/25前夜祭 6/26安全祈願・ワンデイトレッキング)13,500円
6/25のご宿泊費・前夜祭(食事)参加費・6/26朝食・弁当代・ワンデイトレッキング参加費
お1人様でのご参加の場合、相部屋の可能性が御座います。お1人様で1部屋ご希望の場合は追加1,000円
このうち6/25のご宿泊費・6/26朝食・弁当代は宿泊宿にて直接お支払頂きます。
当日参加(6/26安全祈願・ワンデイトレッキング)5,000円

※無料駐車場あり※戸狩温泉地区からトレッキングスタート地点まで、ゴール地点から戸狩温泉地区への無料送迎あり
お申込み:信越トレイルクラブ事務局(なべくら高原・森の家内)電話0269-69-2888
定員に達し次第、締め切らせて頂きますのでご了承下さい。

本件に関するお問い合わせ NPO法人信越トレイルクラブ事務局(担当:片平、内野、高野)
 住 所:長野県飯山市照岡1571-15なべくら高原・森の家内
電 話:0269-69-2888 Email:office(at)s-trail.net (at)を@にして送信
【詳細】 http://www.s-trail.net/info/event_info/index.htm#p17


二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)結果報告(岩手県)

テーマ:エコツアー体験記
2016年05月10日| 岩手県二戸市

★岩手県の様から、二戸市地域おこし協力隊様からおたよりが届きました!

二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)結果報告
「春のお花めぐりと神楽観賞」

iwate ninohe 20160510 06

4月24日(日)、平成28年度1回目となる二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)が行われました。

今回は、二戸の歴史を語る上で欠かさせない九戸城跡でのお花見会や、二戸の気候を生かした果樹栽培を行っている農家さん宅訪問、そして、二戸市の無形民俗文化財に指定されている神楽の観賞などを楽しみました。

九戸城は、南部氏の傍流であった九戸氏の居城でした。また、豊臣秀吉が天下統一の総仕上げとして行った奥州再仕置の大軍と九戸政実が戦った場所でもあります。九戸政実は戦に敗れはしましたが、郷土の英雄として今も地域の人々に愛されています。 このように二戸の歴史との関わりが深い九戸城跡を、地域の人たちによって運営されている「九戸城ボランティアガイドの会」のガイドさんに案内してもらいながら、今はなき本丸跡でお花見会を楽しみました。

iwate ninohe 20160510 03

さらに、今年で見納めになる福岡地区にある愛宕神社のエドヒガン(桜)も観賞しました。

iwate ninohe 20160510 07

二戸市の気候は昼夜の寒暖の差が大きく降雨量が少ないので、果樹栽培に適しており、リンゴやサクランボ、ブルーベリーなどの栽培が盛んに行われています。
主にリンゴとサクランボを栽培している「荒谷果樹園」の荒谷直大さんに園地を案内してもらいながら、リンゴやサクランボ栽培について学びました。
お昼は、地元の食材を生かした料理として、若手農家さんたちが考案した「カシオペア5つ星キーマカレー」をいただきました。

iwate ninohe 20160510 02

食後は、荒谷さんが栽培したリンゴで作ったジュースの飲み比べをして、楽しみました。エコツアーの参加者には、「きたろう」という品種を使ってつくったジュースが特に人気でした。

iwate ninohe 20160510 04

午後は、「深山神社神楽保存会」の皆さんに神楽を披露していただきました。

iwate ninohe 20160510 10

かつては担い手不足から神楽がなくなってしまうかもしれない時もあったようですが、地域の人たちの熱意によって盛り返し、現在は地域の小中学生や地域外の大人などの参加も得ながら週に1回の練習を行いながら、市内のイベントなどに出演しています。
エコツアーの参加者は、子どもたちの舞を食い入るように見つめていました。また、保存会からのお振舞い(イワナの塩焼き)も大好評でした。

iwate ninohe 20160510 01

今回のエコツアーを通じて、盛岡市からの参加を中心に15名の方に二戸の春を楽しんでいただきました。

iwate ninohe 20160510 09

二戸市地域おこし協力隊(岩手県)


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


「もののけ姫の島へ」(鹿児島県)

テーマ:エコツアー情報
2016年05月09日|

★鹿児島県の「屋久島野外活動総合センター」様から頂いた記事です。ツアーに参加されたお客様が感想を送ってくださったそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「『もののけ姫』の島へ行く」をテーマにいらっしゃった、9歳のお嬢さんとお母様。
白谷雲水峡のレビューをいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。
先日は、色々とお世話になりました。
ご親切にカメラをお貸し頂きまた、データもコピーしてくださり本当に助かりました。
お蔭様で、とても良い旅の思い出を残す事が出来ました。ありがとうございます。

短い感想文ですが、下は娘が書いた物を原文ままに書き込みします。
次回、屋久島へ寄せて頂く時にはまた違う屋久島の魅力を案内して頂く事が出来ると幸いです。
その節は、よろしくお願いします。

~感想文~
雨がそんなにきつくなくて、コケがとてもきれいでした。
白谷雲水峡入口から、太鼓岩まで、ゆっくり歩いても6時間しかかからないのはびっくりしました。
自分の中では、7時間から8時間ぐらいは、かかるのかと思っていました。
帰りもサルやシカにあえてよかったです。
いい写真もいっぱいとれました。

YNAC 20160429

屋久島野外活動総合センター http://www.ynac.com/index.html

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


五色沼湖沼群モニタリング(福島県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年05月08日|

★福島県の「裏磐梯エコツーリズム協会」様から、季節のおたよりが届きました!

fukushima urabandai 20160507 01

4月27日は、今年度初の五色沼湖沼群モニタリングをしました。ヒメイチゲが沢山咲いていました。オオハンゴンソウやコーンフリー、マルバハッカも繁茂していました。今年も駆除が大変そうです。危険木の除去作業中でした。今年度は、5/24,6/22,7/27,8/23,9/20,10/25,11/22にモニタリングをする予定です。参加したい方は裏磐梯エコツーリズム協会までご連絡下さいm(__)m。雨の時は延期です。

fukushima urabandai 20160507 02

裏磐梯エコツーリズム協会 http://www.eco-urabandai.com/

fukushima urabandai 20160507 03

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


菅島にヒジキ刈りの季節が到来!(三重県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年05月07日|

★三重県の「海島遊民くらぶオズ」様から、季節のおたよりが届きました!

mie oz 20160506 01

菅島へ!
やっぱりこの景色は何度見てもいい!
4月23日、菅島ではヒジキ刈りが行われていました!
定期船を降りるとヒジキがお出迎え!

mie oz 20160506 03

この風景を見ると
新しい1年がやってきたー!
わくわくします!

海島遊民くらぶオズ  http://oz-group.jp/

mie oz 20160506 02

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


【募集中】学生インターンをやってみませんか?

テーマ:地域情報(国内)
2016年05月06日|

■学生インターン募集のお知らせ■

日本エコツーリズム協会では、 新年度になりさらにエコツーリズムを普及していくため、活動を進めていきます。
今まで以上に積極的に事業を展開していくため、学生の皆様の力を借りるべく、今回新たに学生インターンを募集します。
インターンを行うことで、日本国内外の先進事例の話を、直接その道のプロから聞くこともできます。
エコツーリズムだけでなく、環境や観光に興味のある学生の皆様からのご応募をお待ちしています。

申込締切: 2016年5月16日(月)


【応募資格】

1)エコツーリズムや環境、観光の分野に興味があること。
2)基本的な文章作成能力があること。 (募集資料の作文で確認します)
3)基本的なPCスキル(MS Word、Excel、電子メール等が使える)を持っていること
 外国語能力(英語に限らず他言語も歓迎)がある方歓迎。

【業務内容】 以下の業務担当および補助。
・イベント(JESフォーラム、エコツーカフェ)、講習会(エコツーリズムガイド養成講習会)などの準備、受付、アンケート集計等。
JESフォーラム:エコツーリズム関連の分野で活躍する方々を講演者に迎え開催
エコツーカフェ:各国・地域のエコツーリズム事情を政府観光局の方などにお話いただく場)
・環境、観光関連イベント出展時のブース対応。
・理事会や総会などの他、会議資料作成
メールマガジン(毎週金曜日発行「JESNET」)の作成
季刊エコツーリズム発行業務(執筆、編集、翻訳、インタビューなど)
・HP作成
学生部会で企画・運営
(学生部会:エコツーリズムに興味のある学生が集う部会。インターンが中心となり、勉強会や各地へのエコツアー参加を行っています)
全国エコツーリズム学生シンポジウムの企画・運営


【期間】
半年以上 

【時間】
平日週1日以上 1日4-5時間程度 但しイベント開催に合わせて調整あり
(大学講義、旅行、帰省、就職活動等のスケジュールなどにあわせて応相談。講義日程が固まった後、毎週〇曜日の何時から何時まで、と決め、その後予定により調整) 
※土日祝開催されるイベントもありますので、参加調整ができる方歓迎。

【場所】
日本エコツーリズム協会事務局(東京都)およびイベント会場(東京都および近郊) 
・事務局最寄駅:目黒駅

【給与】
なし 交通費支給

【備考】
・日本エコツーリズム協会学生会員以外からのご応募も歓迎です。(採用の場合は、会員登録が必要となります >>会員登録について<<

・夏期休暇限定等の短期間(5日間程度)のインターン受入れは行っておりません。

【応募方法】
履歴書(形式自由)と「インターンでやりたいこと」と題した作文(A4、1枚程度、Wordにて作成)を日本エコツーリズム協会事務局までメールにてお送りください。
※3営業日以内に日本エコツーリズム協会から返信がない場合、お手数ですがお電話にてご確認ください。

書類選考の上、面接日をお知らせします。(応募書類は返却しません。)

【締 切】 2016年5月16日(月)   

※応募状況によってはこの日付より前に締め切る場合があります。

【お問合せ・応募先】
日本エコツーリズム協会
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9
アイ・ケイビル3F
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081
E-mail: ecojapan(at)alles.or.jp (at)を@に変えてお送りください。
HP: http://www.ecotourism.gr.jp/
※インターン制度への参加は、スタッフへの登用を約束するものでも、義務付けるものでもないことをご了承ください。
★ご不明な点等ありましたら、お気軽に日本エコツーリズム協会事務局・インターン担当までお問合せください。ご応募をお待ちしています。

【インターン経験者からのコメント】
・単なる就業体験ではなく、長期で事務局業務に関われることによって、観光の中でも特化している「エコツーリズム」の魅力に触れることができ、それに人との繋がりが出来ていきます。楽しいですよ。

2016年4月現在、日本エコツーリズム協会には4名の学生インターンがいます。
■インターンも関わる学生部会について
学生部会facebook
学生部会ブログ

「全国エコツーリズムシンポジウム」では、インターンが中心となって運営を行なっています。
20110129stu 400 06


夏鳥増えてきました(長野県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年05月05日| (株)ピッキオ

★長野県「ピッキオ」様から、季節のおたよりが届きました!

今日(4月24日)も軽井沢は良い天気でした。

昨日「まだ少ない」と書いたオオルリやキビタキの数が一気に増えたようで、
午後の「野鳥の森ネイチャーウォッチング」では、
3羽のオオルリが狭い範囲をさえずりながら右往左往している姿がありましたよ。
なわばりを張る場所をめぐって、争っていたのかもしれませんね。

ただ夕方には雲が広がり、少し肌寒くなりました。
それでも川縁に虫を求めてヒタキ類が集まるのではないかと思って、
湯川のまわりを歩いてみましたよ。

nagano picchio 20160505 01
コガラ

片足を羽毛の中に隠しています。
寒いのでしょうね。

nagano picchio 20160505 02
キビタキ若♂

思った通り、数羽のキビタキが、湯川の岸沿いに集まっていました。
写真を撮らせてくれたのは、茶色い部分が多い昨年生まれの若いオスでした。

今年もビジターセンター前に、オオルリがなわばりを構えたようです。
夕方にさえずりながら、低い場所に降りてきましたよ。

nagano picchio 20160505 03
オオルリ♂

もう暗かったのでブレてしまいました・・・。
こちらも寒いのか、ずいぶん膨らんでいますね。
このあと湯川に降りて水浴びし、羽繕いして飛び去りました。

今日はツツドリの声も確認されました。
コサメビタキがまだ未確認ですが、
地味なので見つからないだけかもしれませんね。

ピッキオ
大塚


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


まるごと屋久島研修講座~森編~(鹿児島県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年05月04日| 公益財団法人 屋久島環境文化財団

★鹿児島県の「屋久島環境文化財団」様から、季節のおたよりが届きました!

kagoshima yakushim 20160504 01

4月22日に行われました、まるごと屋久島研修講座~森編~の様子です。
午前中はヤクスギランドへ、午後は雨が降ってきたので木工クラフトを楽しみました。
今、ヤクスギランドはいろんな花が楽しめます。

kagoshima yakushim 20160504 02

屋久島環境文化財団
http://www.yakushima.or.jp

kagoshima yakushim 20160504 03

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


エコ・ライフフェアに出展します(東京都)

テーマ:イベント情報
2016年05月04日|

2016年6月4,5日に代々木公園(東京都)で開催される「エコ・ライフフェア2016」(環境省主催)に、日本エコツーリズム協会も出展します!
ブースの場所などわかりましたらまたお知らせをしていきます。
初夏の清々しい空気を味わいにぜひお越しください!

event ecolife2015 05

「エコ・ライフフェア2016」 http://www.ecolifefair.go.jp/


芦生・内杉谷コース ネイチャーガイドトレッキング(京都府)

テーマ:エコツアー情報
2016年05月03日|

★京都府の「美山町自然文化村」様から、季節のおたよりが届きました!

【芦生・内杉谷コース ネイチャーガイドトレッキング】

kyoto miyama 20160503 01

内杉谷コースを歩きました。
このコースは、いつもはバスで上がる林道を、ゆっくり歩いて下ってみるというコースです。
このコースの標高差は約430メートルで、上の方はまだ春初めの花が咲き、下の方では木々の緑が元気よく芽吹き出していました。

kyoto miyama 20160503 02

桜もまだ咲いていて、季節をまたいで歩く気分が味わえ、他にもたくさんの種類の花が見られました。
このコースは次は秋までお預けですが、山の上の上谷・下谷コースもこれから美しく変身していくと思います。写真だけでは分からない、春の香りをみなさんぜひ味わいに来てくださいね。

美山町自然文化村  http://www.cans.zaq.ne.jp/m-kajika/index.html

kyoto miyama 20160503 03

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


季刊エコツーリズム最新号、発行しました!

テーマ:書籍
2016年05月02日|

日本エコツーリズム協会の「季刊エコツーリズム」の最新号(通巻70号)が先日発行されました。

ecotourism vol70 300

巻頭インタビューは、「第11回エコツーリズム大賞」で大賞を受賞した「富士山登山学校ごうりき」の近藤光一さん。ただ、インタビュー収録時には、まだ大賞を受賞したことが発表されておらず、近藤さんも(もちろん)受賞のことはご存じありませんでした。
近藤さんの巻頭インタビューは【お客様の気持ちに「寄り添う」ガイドを目指して】のタイトルで見開き2ページにわたり掲載されています。全ページカラーですので、雄大な写真もその迫力を存分に伝えるものとして掲載してあります。

日本エコツーリズム協会会員の方は会員専用ページでログイン後閲覧ができます。
会員以外の方は、ご入会を頂くことで過去発行分もまとめてオンラインで閲覧ができるようになります。
入会方法 :http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/jes/member/


エコツーカフェ開催「この夏大きく変わる! 新しい小笠原旅行のかたち」

テーマ:イベント情報
2016年05月01日|

【エコツーカフェとは】
毎回様々なテーマで「エコツーリズム」を身近に感じていただけるようなイベントとして開催しています。
(※エコツーリズム:自然や文化、歴史的遺産などを守りつつ、それらとの触れ合いをガイドの解説を受けながら楽しみ、地域の経済振興に結び付けようとする旅の考え方。その考えに基づいたツアーはエコツアーと呼ばれています。)

★表参道のカフェで、ゆったりとしたひとときを。

船で25時間半! 浜松町駅から1000km先に浮かぶ世界自然遺産「小笠原諸島」の話

第89回エコツーカフェ「この夏大きく変わる! 新しい小笠原旅行のかたち」
【ゲストスピーカー】根岸 康弘さん(小笠原村観光局)
【日時】5月13日(金)18:30-20:00(開場18:00)
 途中入場可能


cafe ogsawara 20160513 06
写真提供:小笠原村観光局

今年7月、小笠原諸島へ行く船「おがさわら丸」が新しくなります。
新船就航にあわせ、小笠原諸島での滞在時間も1時間半長くなります。
たかが1時間半、されど1時間半。
現地滞在時間が長くなることで、小笠原観光のかたちが変わります。
イルカと泳ぐドルフィンスイムや南の島ならではの闇の中でのスターウォッチング、闇夜に浮かび上がる光るキノコ観察、オオコウモリ観察など、小笠原だからこそ参加できるエコツアーがさらに楽しめるようになります。
もちろん小笠原村が取り組んでいるエコツーリズムへの具体的な取組みを、「小笠原のことなら任せて!」という小笠原村観光局の方にお話いただきます。ぜひお越しください!


【参加すると答えがわかる、小笠原豆知識】
・今年7月、小笠原諸島に行く船が新しくなります。今まで片道25時間半かかっていたのがなんと○時間に短縮! その時間とは?
・小笠原村を走る自動車のナンバーは「世田谷」「練馬」「杉並」、それとも「○○」?

★初夏に旬を迎える小笠原産野菜や果物販売、小笠原ならではのお酒の試飲を予定しています。
 ※酒類試飲:未成年者および運転をされる方への提供はできません。

cafe ogsawara 20160513 01
写真提供:小笠原村観光局

■開催概要■
【場所】OnJapan CAFÉ (東京都渋谷区神宮前6丁目8−1)
最寄駅:東京メトロ「明治神宮前」駅より徒歩4分。
http://cafe.onjapan.tokyo/jp/
【対 象】どなたでも(小学生以上のお子様連れも可能。詳しくはお問い合わせください。
【参加費】一般2,200円、日本エコツーリズム協会会員2,000円(食事(ワンプレート料理)、資料付) ※現金のみの対応
【定 員】25名 (先着順) 
【主 催】日本エコツーリズム協会
【お申込み・お問合せ】 日本エコツーリズム協会 
下記を記載のうえ、お申込ください。
・お名前(複数参加の場合、お連れの方のお名前も)
・所属(差支えない範囲で)
・連絡先
・性別
・居住都道府県
・小笠原諸島に行ったことがあるかどうか
・このイベントを知ったきっかけ
・当日聞きたい話
・日本エコツーリズム協会の会員かどうか
tel: 03-5437-3080  e-mail: ecojapan@alles.or.jp

【備考】

・お食事を出す関係上、当日キャンセルはご遠慮いただいております。
・途中入場も可能です。
・参加費は当日受付にてお支払いください。

★「エコツーカフェ」では食事をお出ししています。(写真はイメージです)
cafe  onJapan

★表参道にある落ち着いたカフェ「OnJapan CAFÉ」で開催します。

cafe hokuriku 20150928 003

 


ページトップへ