カレンダー

<< 2017年12月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

今年もムササビの赤ちゃんが産まれています(長野県)

テーマ:エコツアー情報
2016年04月30日| (株)ピッキオ

★長野県の「ピッキオ」様から、季節のおたよりが届きました!
(記事は2016年4月18日付のもの)

今年もムササビの出産シーズンがやってきました。

4月の上旬に2つの巣箱で赤ちゃんが発見され、
もうひとつの巣箱でも出産が疑われていたのですが、
お母さんムササビがいつも丸くなっていて、赤ちゃんの姿が確認できないでいました。

しかし一昨日の「空飛ぶムササビウォッチング」で、
お母さんムササビが出巣する様子が観察でき、
赤ちゃんが巣箱内に残っているのが見つかりました。

昨日は強風の中、お母さんムササビはなかなか巣箱から出てきませんでした。
今までの経験でも、赤ちゃんが小さい間は、お母さんムササビはなかなか出かけません。
恐らく、赤ちゃんの体温を保持するため、出かける時間を短くしているのでしょう。

「空飛ぶムササビウォッチング」の片付けも一通り終わった夜の8時過ぎ、
ようやく出かける様子を確認し、巣箱の中を撮影できました。

nfn picchio 20160430 01

巣箱から出かける前、
お母さんムササビは、下を向いてモゾモゾと動いています。
赤ちゃんを巣材の中に埋めて隠している行動のようですが、
上手に隠れている時と、まったく隠れていない時があります。

nfn picchio 20160430 02

そして巣箱の穴から外に体を乗り出します。
しっぽがカメラの目の前で邪魔ですが、
巣箱の底に、赤ちゃんがチラッと見えます。

nfn picchio 20160430 03

お母さんムササビが外に出ました。
巣箱の底に、2匹の赤ちゃんが丸くなっているのが判ります。
・・・今日はまったく隠れてないですね。

まだ目も開いていない、産まれて数日の赤ちゃんのようです。
赤ちゃんが巣箱から出るようになるまで、これから約60日。
その間に引越ししてしまう事も多いのですが、
時々、様子を紹介していきますね。

ピッキオ
大塚


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


ケイビングとは!

テーマ:エコツアー情報
2016年04月29日|


こんにちわ!
洞窟探検プロガイドチームCiaO!ガイドの山口(ゆかりん)です♪゛

皆さま、ケイビングってご存知でしょうか?!
ケイビングとは…
Cave(洞窟)の~ing(~する形)です。
日本語では「洞窟探検」と訳されていますが洞窟探検というと未知の洞窟を探検するという意味に限定されてしまいます。
しかし英語でケイビングというと特に未知の洞窟ではなくても、洞窟に行って“何か”をすることの総称と言えるでしょう。

では、その“何か”とは…?
日常にはないすばらしい世界を見て、体験して、感動すること!!
aichi ciao 20160429 01

Ciao!でしか見ることのできない!透明度抜群の地底湖♪゛

洞窟には何があるの?何かいるの?
と、よく質問されます。

何があるの?先はどうなっているの?
だから、見たい、行きたい!
子どものように単純に考えればいいのです♪゛
aichi ciao 20160429 02

いつのまにか皆、子どものような素敵な笑顔に…♪

洞窟では誰もが子どもにかえります。
地面を這いつくばり、岩によじ登り、綺麗な鍾乳石や地底湖を見たり、その素晴らしさは行ってみて初めてわかるもの。

aichi ciao 20160429 03

ケイビングには初めてのすばらしさがいっぱいです♪

これまでの人生にはない~ingを体験してみませんか?

aichi ciao 20160429 04

ゴールデンウィークのご予約も、まだまだ受付中~♪゛
お問い合わせだけでもOKです!
お気軽にご連絡くださーい♪゛

洞窟探検プロガイドチーム ちゃお!
http://www.genkijin.jp/ciao/


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


落し物ですか!!(北海道)

テーマ:地域情報(国内)
2016年04月28日|

★北海道の「知床ネイチャーオフィス」様から、季節のおたよりが届きました!

少しずつ気温が上がり、太陽が出ればぽかぽかと暖かさを感じる日も増えてきました。ついつい上着を忘れて出かけそうになってしまいそうなこの頃です。

そんな中、ご案内中に春らしい大きな落し物をした動物に出会いました!片角のオスジカです!!

hokkaido sno 20160428

1年に一度、エゾシカのオスは角を落とし、また生え換わります。

一気に2本がボトリと落ちるわけではないので、タイミングによっては片方しか角のないオスジカに出会うことがあるのです。片角という一見アンバランスな状態に頭を傾けることもなく、のんびりと草を食べていました。さすがです。

さあ、今すぐもう片方を落としてくれてもいいのですよ?

と、ちょっと期待して見つめましたが「もぐもぐ、もぐもぐ」変化なし。

いつか落とす瞬間に立ち会ってみたいものです。

知床ネイチャーオフィス
佐々木


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


4月29日、新宿御苑でお待ちしています!

テーマ:イベント情報
2016年04月27日|

今週金曜日の4月29日、東京都内にある「新宿御苑」で環境省主唱の「みどりフェスタ」が開催されます。
日本エコツーリズム協会もこのイベントに出展し、各地でエコツアーを行っている会員の皆様のパンフレットを配架したり、エコツアーの紹介をしたりします。

会場となる新宿御苑は、通常ですと入園料がかかりますが、この日は無料開放となります。
ちょうどこの時期は、新宿御苑内でハンカチの木や八重桜がみごろを迎えます。
芝生公園でごろごろしたり、ちょっとした森を散歩したり...さらに苑内の温室でもたくさんの植物が鑑賞できます。

「みどりフェスタ」には日本国内の国立公園で活動する環境省レンジャーもブースにいるとのこと。
「夏休みにあそこの国立公園に行こうと思っている」といった方にもおすすめ。

日本エコツーリズム協会は「自然ふれあいゾーン」に出展します。
ぜひお越しください!

みどりフェスタ http://www.env.go.jp/press/102393.html

events 20120429 midori 400 05


屋久島のエビ(鹿児島県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年04月26日| 公益財団法人 屋久島環境文化財団

★鹿児島県の「屋久島環境文化財団」様から、季節のおたよりが届きました!

kagoshima yakushima 20160426

屋久島のエビと言えば伊勢エビが有名です。
※養殖ではクルマエビも!

写真のエビ変わってますね。
※カニではなく、エビです。
ウチワエビと言います。
人によっては伊勢エビより美味しいという意見もあります。
似た種類にゾウリエビやクツエビもいて、そちらもおいしいです。
是非、屋久島でご賞味ください。
屋久島環境文化財団

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


島に春の彩りを添える植物たち(長崎県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年04月25日|

★長崎県で活動する長崎市地域おこし協力隊の高橋様から、季節のおたよりが届きました!

だんだんと日差しに暖かさを感じられる季節になりましたね。
いつものお散歩よりほんの少し足を伸ばして、めったに歩くことのない道を歩いてみたい気分にさせられます。

私の住む長崎県高島町でも、島に春の彩りを添える植物たちがきれいな花を咲かせてくれました。

【ツツジ】
nagasaki takashima 20160425 01

-ツツジ-
おそらく一般的なオオムラサキツツジでしょう。
ほとんどが常緑樹で季節による見た目の変化が少ない高島では、取り立てて珍しくはないツツジだって島民を楽しませる貴重な存在なのです。

【御衣黄桜】
nagasaki takashima 20160425 02

-御衣黄桜(ぎょいこうざくら)-
花びらが全て緑色の花が、咲いたばかりのもの。
散り際が近づくにつれて赤いスジが目立つようになります。

もともとは、世界遺産に登録されている京都の仁和寺で栽培されたものがルーツのようです。
どのような経緯で高島にやってきたのかはわかっていませんが、沖縄を除く全国各地で見られるそうです。

御衣黄桜の咲く場所から望む水平線には、軍艦島の姿も確認することができます。
休日には地元の住民方がお花見を楽しんでいらっしゃいました。

小さな島だからこそ、小さな自然の息吹がはっきり感じられるもの。

皆さんの周りには、どんな自然が命を輝かせていますか?

高島観光ナビ http://www.kanko-takashima.com/
(長崎市地域おこし協力隊 高橋哲夫)


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


檜原村の「人里バス停の枝垂れ桜」と「玉傳寺の枯山水の庭」に魅せられて

テーマ:地域情報(国内)
2016年04月24日|

檜原村の「人里バス停の枝垂れ桜」と「玉傳寺の枯山水の庭」に魅せられて


4月中旬、東京都多摩地区西部にある、島嶼部を除いて唯一の村「檜原村」に行ってきました。檜原村は、JR武蔵五日市駅からバスで30~40分程のところにあります。今回は、檜原村の中でも特に人気の高い「人里(へんぼり)バス停の枝垂れ桜」と枯山水の庭の見事な「玉傳寺(ぎょくでんじ)」を訪ねました。

hinohara 001

この枝垂れ桜は、昭和43年(1968年)に「花いっぱい運動」で植えられた4000本の桜の1本だそうで、半世紀たった今も、村の人や観光客の目を楽しませてくれています。

 

hinohara 002

数年程前から夜のライトアップも始まったようで、次回はLEDの光で優しく照らされた枝垂れ桜も是非見たいと感じました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201604/CK2016041402000171.html

 

hinohara 003

「人里バス停の枝垂れ桜」を堪能した後、軽い散歩をかねて、バス停近くにある臨済宗「玉傳寺(ぎょくでんじ)」を訪ねました。

 

hinohara 004

「人里のバス停」同様に、「玉傳寺」も見事な桜に抱かれていました。

 

hinohara 005

「玉傳寺」の本堂。

 

hinohara 006

本堂の手前には、「座禅会」と書かれたスペースもありました。
こちらでは、ゲストハウス「へんぼり堂」主催の座禅とヨガをセットにした1泊2日のツアーもあるようです。
http://hinoharavillage.net/post/119169504079/

 

hinohara 007

「玉傳寺」でもっとも魅力に感じたのは、本堂正面のお庭。
檜原村の山々を借景にした枯山水のお庭を見て、座禅会に参加できたら、我々日本人だけでなく訪日外国人もきっと喜ぶのではと思いました。

 

hinohara 009

人里地区を後にして、檜原村役場近くの「四季の里」に行きランチをいただくことに。こちらでも桜やレンギョウやユキヤナギなどがきれいに咲き誇っていました。

 

hinohara 010

「四季の里」の地元食材を使った「ひるげ」セット。本日のメニュー:桜ごはん、しいたけとチキンの焼き浸し、舞茸の天ぷら、のらぼう菜の甘味噌かけ、檜原豆腐、そして味噌汁がついて、1,150円(税込)。お口にも、お腹にも、そしてお財布にも優しいプチ贅沢ランチです。

 

hinohara 011

最後に檜原村の特産品には、ゆずワイン、じゃがいも焼酎、豆腐、漬物、そしてこんにゃくなどがありますが、人里地区にはこんにゃくの工場直売所(井上食品)があったので、おみやげに「さしみこんにゃく」を買って帰り、家族で美味しくいただきました。
地元の人の話では、檜原村は春が比較的短いため、これから様々な草花や木の花が一斉に咲き競い、まるで桃源郷のようになるそうです。東京(都庁)から1時間半で行ける東京本土唯一の村・檜原村に、週末ぶらりと出かけてみてはいかがでしょうか。

 

■参考サイト:

●檜原村観光協会
http://hinohara-kankou.jp/

●「四季の里」 By NPO法人フジの森
http://www.fujinomori.net/html/index/sikinosato.html

●手造りこんにゃく By (株)井上食品
http://hinohara-kankou.jp/kaiinpage/inoueshokuhin/inoue.html

 


目黒川のお花見

テーマ:地域情報(国内)
2016年04月23日|

 

日本エコツーリズム協会のオフィスの近くを流れる目黒川は、桜並木の名所としても有名で、桜の時期にはたくさんのお花見客で賑わいます。

東京は、一気に満開を迎えた4月6日(水)に、仕事を終えてからブラブラとオフィスから目黒川沿いに中目黒駅までお花見をしました!

川面に向かって満開の枝がしだれ落ちる様はなんとも素敵!

meguro hanami160423-2

 

明日にはまた天気が荒れ模様になるとの予報が出ており、日頃の行いの良さに?感謝しながら、このひとときを楽しみました。

毎年変わらず、この光景に出合える幸せをかみしめ、最後は中目黒の串揚げ屋さんで締めくくりました。

meguro hanami160423-1

 

 

新年度も、どうぞよろしくお願い致します。

 

日本エコツーリズム協会

 


4月22日放送「ゴールデンウィークにおすすめのエコツアー!」

テーマ:エコツアー情報
2016年04月22日|


2016年4月22日(金)、ラジオ東京FM「よんぱち」内、「エコラム」のコーナーでご紹介したエコツアーです。

『ゴールデンウィークにおすすめのエコツアー』

■ブナ林でリラックス体験(石川県能登半島)■
【エコツアー事業者】株式会社ぶなの森
【おすすめポイント】
・能登の森の、ガイドさんおすすめの場所で、ゆっくりまったり過ごします。
ブナの森でゆっくりした時間を過ごしてもらいたいと、お昼寝スポットでみんなでごろごろしたり、ハーブティーを飲んだりします。
ゴールデンウィークの時期は、さわやかな香りのクロモジのお茶
・新緑のブナ林がうつくしい時期で鳥のさえずりも良く聞こえます。
・桃色の花を咲かせるオオイワカガミという山の花も咲き始める頃。
・変わったかたちの木があり、簡単に登れるので気になったら登って頂くのも可能。
・スニーカーでも行ける森。長袖長ズボンに、一枚羽織れるものがあると良いです。
・事前にご予約いただければ、能登の食材を使ったおにぎりセットも提供可能。
・参加者の方に思い思いの時間を過ごしてもらうツアーなので、女性の一人旅の方にもおすすめ。
・本を読んだり、お昼寝をしたりする方もいます。
・前日までのご予約。
ツアー場所までのアクセス:能越自動車道 能登空港IC から約15分
ツアー詳細:http://bunanomori.com/ecotour/tour/index.html

■洞窟探検「アドベンチャーコース」(岐阜県)■
【エコツアー事業者】洞窟専門プロガイドチーム CiaO(ちゃお)!
【おすすめポイント】
・参加者の約8割が女性
・暗闇の中で岩を登ったり、人一人がやっと入れるくらいの隙間体を突っ張って降りたり、ほふく前進をして進んだりします。
・圧巻なのは地底湖。洞窟の中に、とても透明度の高い地底湖があります。
実際に参加した方が、「世の中にこんな世界があるのか」と感動するほど。
・ツアー終了後、シャワーや更衣室が使えるので、着替えやタオルがあると良いです。
・近くに綺麗な川もあるので、気温があたたかければ水遊びもできます。
【注意点】
・洞窟内の温度は13-14度。ケガ防止という観点からも、ツナギの下に着る長袖長ズボンのフリース等のインナーをご持参お願いします。着替えをする更衣室も準備しております。
・洞窟探検に必要なヘルメット、ライト、膝あて、肘あて、ツナギ、手袋、長靴は事業者の方で準備をし、参加者の方にお渡ししています。
・はやめの予約がおすすめ。気になったらまずはお問い合わせを。
ツアー場所までのアクセス:東海北陸自動車道の美濃ICから約40分
ツアー詳細:http://genkijin.jp/ciao/?page_id=7



ハワイ固有の植物コア(オアフ島 ロイヤル・ハワイアン)

テーマ:地域情報(海外)
2016年04月21日|

ハワイ固有の植物コア(オアフ島 ロイヤル・ハワイアン)

2013年11月、
小笠原の西之島のすぐそばで海底火山が噴火しました。
流れ出た溶岩は元の西之島を飲み込むように堆積し、
昨年12月頃まで陸地は広がり続けていました。

ハワイも、西之島と同じように海底火山の活動により形作られました。
大陸からは遠く離れ、一度も陸続きになったことがありません。
このような海洋島では、生き物の固有率が高くなることが知られています。
ハワイの自然について興味がある方は
オリオリで楽しむハワイの自然
http://www.oliolihawaii.com/natural
の“生き物たちの辿った道” をご覧ください。

コア(Koa)と呼ばれる植物はハワイにしか生育していません。
ハワイ固有の植物です

JTBHAWAII 20160421 image004

ハワイ主要八島のうちニイハウとカホオラヴェを除く六島に分布します。
2009年の米国農務省の報告によれば、
コアの森には絶滅の危機に瀕した植物289種のうち87種が生育し、
ハワイ固有の鳥類35種のうち17種の生息が確認されているそうです。

様々な素材としてのコア

木目の美しさから木材としての価値は高く
現在は楽器や家具、そして工芸品の素材として好んで使われます

▼楽器の一例
JTBHAWAII 20160421 image006

▼名刺立て
JTBHAWAII 20160421 image007

ビショップ・ミュージアムのハワイアン・ホールの内装、
イオラニパレスのグランド・ホールにある階段の踏板もコア製です。
コアがふんだんに使われている様子は見事の一言です
ビショップ・ミュージアム、イオラニパレスに興味がある方はコチラ

ハワイアンの歴史家デビッド・マロの記載によれば、
かつてコアの木材は、カヌーやパドル、
サーフボードや槍の素材として好んで用いられたようです
カヌーの素材になりそうなコアが見つかると、
専門のカフナ(この場合はカヌービルダーのスペシャリスト)が、
素材として適しているかどうかを「夢」の内容で判断したとか。
「夢に出てきた男性もしくは女性が、
衣類を何もまとわず大事な部分を手で隠していたらNG
優美に着飾っていたらOK。」とのことです。・・・インパクト強烈ですね

また、ハワイアンはコアの葉芽を睡眠導入剤としても用いていたようです。
(Amy Greenwell Garden Ethnobotanical Guide to Native Hawaiian Plantsより)

独特なかたち

大きな特徴の一つは、何と言ってもその独特なかたちです
まずは遠めに見た画像から。
画像の中央から左側にかけての植物がコアです。
細い葉のようなものをご覧いただけるかと思います。

JTBHAWAII 20160421 image011

近くで見るとこんな感じ。

JTBHAWAII 20160421 image012

葉のように見える三日月型の部位は、正確には葉ではありません。

▼偽葉の絨毯
JTBHAWAII 20160421 image013

幼木の枝には、三日月型の部位①と複数の
小さな葉が並んだ部位②が見られます。

▼葉と葉柄
JTBHAWAII 20160421 image014

三日月形の部位①は正確には葉柄と呼ばれています。
③も同じく葉柄です。小さな葉が次第になくなり
③が変形すると①のような三日月形になります。

JTBHAWAII 20160421 image015

こちらは葉柄の幅が広がりつつも、まだ葉が残っている状態です。
最終的には葉が無くなって完全な三日月型になります。
偽葉は乾燥やストレスに強いとのこと

JTBHAWAII 20160421 image016

こちらはタンタラスで見かけたコアの花
少し黄色みがかったボンボンのような形をしています

JTBHAWAII 20160421 image018

アイエア・ループ・トレイルで見かけたコアの木です。
コオラウ山脈に繋がるトレッキングコースでも、
比較的に容易にコアを見ることができます。

JTBHAWAII 20160421 image019

JTBハワイ 


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)結果報告開催しました(岩手県)

テーマ:エコツアー体験記
2016年04月20日| 岩手県二戸市

「稲庭高原(いなにわこうげん) かた雪トレッキング」

 

iwate ninohe 20160420 01


3月19日(土)、今年度12回目となる二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)が行われました。

iwate ninohe 20160420 02

稲庭岳は、二戸市の西の端にあり八幡平市との境にそびえる標高1,078mの山です。

春にはカタクリやニリンソウ、夏はヤマアジサイやカモシカなどの小動物、秋はモミジやブナの紅葉などが楽しめます。冬は積雪が多いため頂上まで行くのは難しいのですが、今年は雪が少なく通常この時期には行くことができないブナ林を、かんじきを履きブナの古木や動物の足跡を発見したり、即席ブランコで遊んだり、早春ならではの雪景色を楽しめたトレッキングとなりました。

ガイドは山の達人が勢ぞろい、地域づくり団体「岩誦坊(がんしょうぼう)クラブ」の方たちによるものです。

iwate ninohe 20160420 03


iwate ninohe 20160420 05

昼食はその稲庭岳の麓で栽培された手打ち蕎麦と、赤身が美味しい短角牛でした。
その後は、お風呂で汗を流し、地元の新鮮野菜をお買い物して帰路に着きました。
次回は、稲庭岳の他の季節をご案内していきたいと企画中です!

iwate ninohe 20160420 06


二戸市地域おこし協力隊(岩手県二戸市)

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


春爛漫、羽村チューリップ祭り(東京都)

テーマ:地域情報(国内)
2016年04月19日|

先日、東京都の「羽村チューリップ祭り」に行ってきた。
(JR青梅線羽村駅で下車)

jes tsujino 20160419 02


それほどでもないだろうとたかをくくっていたが、その規模と色あでやかさに仰天。最盛期には40万本のチューリップが迎えてくれる。

jes tsujino 20160419 01

jes tsujino 20160419 03

プリティーウーマンやモンテカルロなどといった素敵な名前を冠したチューリップがたくさん並んでいて、その少し変わった形状に見とれてしまい、なかなか前に進めない。

jes tsujino 20160419 04

畑の一辺に水路がつくられ、そこには水車が回っていた。

手前に水車、真ん中にチューリップ、そして遠景に桜という構図はなかなか風雅だ。

チューリップ祭りは4月8日(金)から4月24日(日)まで、是非訪ねてほしい。
https://www.city.hamura.tokyo.jp/0000000975.html

辻野啓一(日本エコツーリズム協会)

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


御蔵島へ行こう!(東京都)

テーマ:地域情報(国内)
2016年04月18日|

★東京都御蔵島のポスターが届きました!

東京都の離島、御蔵島(みくらしま)のポスターが届きました。

mikura dol

東京から南へ200kmある御蔵島。
イルカウォッチングもできるこの島の観光ポスターを頂きました。

御蔵島へ行く客船は、東京の竹芝桟橋より毎日就航しています。

今度のお休みは島旅、してみませんか?

御蔵島村: http://www.mikurasima.jp/

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


雑木林でみつけた生き物たち

テーマ:地域情報(国内)
2016年04月17日|

★埼玉県の「天覧山・多峯主山の自然を守る会」様から、この時期の雑木林の様子が届きました!

谷津を取りまく雑木林では木々が大きく芽を膨らませ、いち早く花を咲かせたウグイスカグラは既に緑色の葉に変わった。山を下りると、田んぼの畦はまだ枯葉色、だがそんなかにクサボケがオレンジ色の花を咲かせ、シュレーゲルアオガエルが恋の歌を響かせている。虫たちも動き始めて春だねえ。

saitama tennrannzan 20160417 01

ナナフシの幼体:金網をふらりふらりとぎこちなく歩いている。「おおい、それ以上身をのり出すと落っこちるぞ!!」思わず叫んだが・・・・。

saitama tennrannzan 20160417 02

我関せずとさらに進む。なななんと宙に浮いた。どうやらクモの糸をつたい歩いているのだ、幼体はこんな芸当もできるんだね。渡りきってさらに進んで行った。触角からみるとナナフシモドキの幼体のようだ。

saitama tennrannzan 20160417 03

太っちょのハチがあんなところで変な止まり方だねえ、誰だい・・・アングルを変えてみる。

saitama tennrannzan 20160417 04

コマルハナバチではないか、突起に突き刺されてどうやらモズにハヤニエにされたようだ。

saitama tennrannzan 20160417 05

キノコムシの仲間かな、春の陽気に朽ち木から出て来たのかな。歩き廻っていた。(体長7ミリほど)

saitama tennrannzan 20160417 06

シイノキの葉が不自然に曲げられている。裏返してみると、小さな(体調3ミリほど)クモが2匹、右側のクモは長い長い前脚で左のクモを覆っているようだが、何かの儀式だろうか。

saitama tennrannzan 20160417 07

ヤマオニグモ:車道脇の街路樹に大きな巣網を張り、真ん中にでんと構える。大きな体(体長15ほど)に見事な白い斑紋、あまりの立派さに前回(幼グモ)に続き載せることにした。

saitama tennrannzan 20160417 08

さて何がどこにいるかわかるかな。

saitama tennrannzan 20160417 09

何気なく見ていたその時風が、

saitama tennrannzan 20160417 10

ここにいたのか、こんな事もあるよね。フユシャクガの仲間かな。


天覧山・多峯主山の自然を守る会  http://www.tenranzan.com/    

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


奥入瀬初のエコツーリズムガイドブック、出ました(青森県)

テーマ:書籍
2016年04月16日|

青森県でコケ観察などを行っている「奥入瀬自然観光資源研究会」様から、書籍発行のお知らせがとどきました。

「立ちどまるから、見えてくる」をキャッチコピーとし、豊富な写真と丁寧な解説文満載の書籍です。

「見流す」だけの観光地から「観る」を味わう観光地へ。奥入瀬渓流初の本格的エコツーリズム・ガイドブックです。

books oiken

【奥入瀬自然誌博物館】
---帯から---
本州最北端の国立公園を流れる奥入瀬渓流。特別保護地区に指定される上質な自然、優れた自然遊歩道、そしてアクセスのよさが特徴です。
足早に通過していくだけでは見えてこない、立ちどまるからこそ見えてくる森と渓流の美しさ、面白さ。それらをミュージアム感覚で味わえるのが奥入瀬の魅力です。本書は、そんな比類なき自然誌博物館の「展示作品」を、できるだけ深く、濃く楽しんでいただくための案内書です。
----------

【書名】 奥入瀬自然誌博物館 立ちどまるから、見えてくる
【発行】 NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会
〒034-0095 青森県十和田市西二十一番町53-7
【版型】 A5 判
【頁数】 208 頁
【定価】 本体3,750 円+税(ISBNなし・限定600部)
【送料】 1冊あたり360円(レターパックライト)
【注文】 申込フォームでのご注文: http://www.oiken.org/
     FAXでのご注文:0176-23-5866



古い石垣が大好きなコケ

テーマ:エコツアー情報
2016年04月15日|

古い石垣が大好きなコケ

4月6日、休みを利用して、おとなり吉野町にある吉野山へ満開の桜とコケを見に行きました。吉野山のシンボルともいえる金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂は木造建築としては東大寺大仏殿に次ぐ大きさであり、その前に立つと圧倒される存在です。また、国宝にも指定され、世界文化遺産「紀伊半島の霊場と参詣道」の構成要素の一つでもあります。

金峯山寺蔵王堂
nara moritomizu 20160415 01


金峯山寺の苔生す石垣
nara moritomizu 20160415 02

苔生す金峯山寺の石垣は、格好のコケの観察スポットです。実はこの中に、大変めずらしいコケも含まれています。その一つがミヤマハイゴケです。名前にミヤマと付きますが、深山(奥山)に生育することはほとんどなく、既知の生育地のほとんどは、文化財に指定されているような古い寺社仏閣や古城などで、大規模な改修が行われていない昔のままの石垣が残っているところです。古い石垣でも、組み換えなどの大規模な改修が行われたところでは見られません。つまり、古い文化財級の石垣にお墨付きを与えるようなコケなのです。しかし、古い建物がたくさん残っている奈良県でも、このコケが見つかっているところは9か所にすぎません。吉野郡では、ほかに川上村の手力男神社でしか見つかっていません。金峯山寺のミヤマハイゴケは、人と自然の共生という観点からも大切にしたいコケです。

ミヤマハイゴケ
nara moritomizu 20160415 03


他にも、県内ではあまり見つかっていないオウミゴケなど希少なコケも含めて多くのコケが、人が作り守ってきた石垣をすみかとして命をつないでいます。

オウミゴケ
nara moritomizu 20160415 04


吉野山へお出かけの際は、そんな人と自然の織りなす景観を意識して景色を見てもらえるとうれしく思います。コケ越しに桜を鑑賞するのもよいものですよ。

コケ越しの桜
nara moritomizu 20160415 05

※5月8日(日)には森と水の源流館主催「吉野川紀の川しらべ隊~吉野山のコケをしらべよう」を開催します。興味のある方は一緒に吉野山のコケをのんびり観察しましょう。詳しくは森と水の源流館ホームページをご覧ください。

きむらまさくに:森と水の源流館
http://www.genryuu.or.jp/



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


「2016 新宿御苑 みどりフェスタ」に出展します

テーマ:イベント情報
2016年04月14日|

「2016 新宿御苑 みどりフェスタ」に出展します

=新年度最初の日本エコツーリズム協会出展イベント=

4月29日(金/祝)に、東京の新宿御苑で開催される「みどりフェスタ」に出展します。
これは環境省主唱で行われているもので、日本各地の国立公園関連団体や自然ふれあい関連団体、生物多様性関連団体が出展。
各国立公園の紹介や、特産品の販売、スタンプラリーや自然観察会が行われます。


日本エコツーリズム協会は「自然ふれあいゾーン」に出展をします。

各地で楽しめるエコツアーの紹介や、エコツアーで見られる動植物の写真を展示予定です。
ぜひお気軽にお立ち寄りください! 

★出展ブースで会員の皆様のパンフレットを配架します。
配架希望の方は、下記の要領でお送りください。

種類:各団体1種類
部数:50~100部程度
締切:4月25日(月)必着
送付先:日本エコツーリズム協会事務局
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
電話:03-5437-3080

【開催概要】
日程:2016年4月29日(金/祝)
時間:10:00~16:00 (新宿御苑開園9:00~16:30)
場所:新宿御苑(東京都新宿区内藤町11)
参加費:無料 ※新宿御苑無料開園日
備考:小雨決行

昨年の様子
event 20150429 midori 01


8-DSC03141c

4-DSC03129b


日豪環境ボランティアプログラム2016in松代

テーマ:エコツアー情報
2016年04月13日|

★参加者募集★
『日豪環境ボランティアプログラム2016in松代』

20160413

日本エコツーリズム協会の理事が長くかかわっている「日豪環境ボランティアプログラム」。
オーストラリアからと日本各地からの参加者が、地域の森林保全活動などを通して地域を知り、お互いの交流を深めているプログラムです。
9回目となる今回は、新潟県十日町市松代での開催が決定しました。
2006年に第1回目を滋賀県高島市で実施してからちょうど10年。
北海道の霧多布湿原や長野県飯田市、鹿児島県の屋久島などで開催を重ね、今回は「蒲生の棚田」など美しい日本の風景がある新潟県の松代地域で行われます。

開催期間は5月20日(金)から5月26日(木)の6泊7日。
初夏の風を感じながら、松代地域での伝統的な暮らしや文化の体験をしてみませんか?
https://www.facebook.com/jacp2016inmatsudai



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


ハワイでシュノーケリング!

テーマ:エコツアー情報
2016年04月12日|

★ハワイ州観光局様から、ハワイで楽しめるアクティビティ情報が届きました!

hawaii tourism 20160412 02

皆様 アロハ!

ハワイ州観光局です。
ハワイにはお子様からお年寄りまでお楽しみいただけるアクティビティがたくさんありますが、エコフレンドリーなアクティビティを提供する会社があるのをご存じでしたか?
本日はハワイ島でシュノーケリングやマンタナイトシュノーケルツアーを提供しているフェアウィンドクルーズについてご紹介します。

フェアウィンドクルーズはハワイ島の海洋保護区でもあるケアラケクア湾で、色鮮やかな熱帯魚や美しいサンゴ礁をお楽しみいただけるシュノーケリングツアーやコナ湾で野生のマンタに出会うことができるツアーを提供しています。

hawaii tourism 20160412 01

フェアウィンドクルーズは、以前ご紹介させていただいたハワイ・エコツーリズム協会のメンバーであり、環境への影響を最小限に抑えるようバイオディーゼル燃料を使用したり、生分解性プラスチックであるカトラリーを食事の際に提供するなど、献身的かつ継続的な取り組みを行っています。

是非皆様もエコフレンドリーなアトラクションのツアーに参加してみませんか?
ウェブサイトはこちら:https://www.fair-wind.com/jp/index.php/

マハロ!
(ハワイ州観光局)

hawaii tourism 20160412 03

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


初夏のエコツアーのご紹介(埼玉県)

テーマ:エコツアー情報
2016年04月11日|

★埼玉県の飯能市から、初夏のエコツアーのお知らせが届きました!

「初夏のエコツアーのご紹介」 

↓パンフレット(PDF)へのリンク有
saitama hannno 20160411

5月中旬から6月下旬に開催される初夏のエコツアーをご紹介します。
今回は、愛鳥週間に合わせた鳥の巣箱づくりや、風物詩・お茶摘み体験、土と触れ合う田植えのエコツアーなど、16ツアーが開催されます。

自然と触れ合うだけではなく、地域や人々が培ってきた歴史・文化の魅力を楽しむものなど幅広いプログラムを楽しめるのが飯能のエコツーリズムの特徴です。
皆様のご参加をお待ちしております。

■問い合わせ先
飯能市役所 観光・エコツーリズム推進課
TEL:042-973-2123(平日8:30~17:15)
FAX:042-974-6737
Email:eco2(at)city.hanno.lg.jp ※(at)を@にして送信



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


ページトップへ