カレンダー

<< 2017年12月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

南から届いた郵便

テーマ:地域情報(国内)
2016年03月11日|

日本エコツーリズム協会の事務局には、日々各地から郵送物が届きます。
会員の方からのお手紙だったり、エコツアー向け保険の書類だったり、各機関からの機関誌だったり...

そんな中、楽しみなのが「消印」と「切手」。
特に小笠原諸島・母島限定の「ハハジマメグロ」とクジラがデザインされたこの消印は、郵便物整理をしてくれるインターンにも人気のデザイン。
この消印はどうやら郵便局の窓口でわざわざ申請して押していただいているようなのです。

この封書を送ってくださったのは母島のエコツアーガイドさん。いつもお手紙で母島の様子を伝えてくださって、その心配りは受け手にとってとても嬉しいものなのです。

hahajima

さらにこちらは沖縄の西表島(いりおもてじま)のエコツアー会社さんからいただいた封書の切手。
沖縄らしいデザインの切手を貼って頂いていました。

yaeyama


旅先で家族や友人にはがきや手紙を出す時に、その土地ならではの切手や消印を押してもらうのも、旅の楽しみのひとつとなるのではないでしょうか。


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


べっぴんさんベーグル発売中!(三重県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年03月10日|

★三重県の海島遊民くらぶオズ様から、季節のおたよりが届きました!


mie oz 20160310

鳥羽マリンターミナルで べっぴんさんベーグル発売中!
おいしいですよー(^O^)

海島遊民くらぶオズ http://oz-group.jp/



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


エコツアーガイド養成講習会 スキルアップ編 軽井沢(長野県)

テーマ:イベント情報
2016年03月09日|

エコツアーガイド養成講習会
スキルアップ編 軽井沢
最後にサプライズ ゲスト 登場?!

今回、鳥羽に続き軽井沢でエコツアーガイド養成講習会(スキルアップ編)が3日にわたり開催された。

jes tsujino 20160309 02


インバインドについての講義。
自転車で田園を案内するツアーでは『体の大きいオランダ人には一番Lサイズの自転車が必要なんです』などの、現場ならではの話に参加者はいちいち納得。

jes tsujino 20160309 01

今年からの新企画 パネルディスカッション 

jes tsujino 20160309 03

一つのテーマに5人の講師が縦横無尽に回答。
解答に屋久島、知床など地域性があって面白い。
充実した3日間だった。
参加の声を一部紹介すると、、、、


jes tsujino 20160309 04

(株)能登町ふれあい公社 大瀧信男さん  
  『学んだことはやはりひと。案内人の個性の魅力があれば人を惹きつけられる。そして地域の連携の大切さも再認識した。』


jes tsujino 20160309 06

長野県木曽郡王滝村役場 
村おこし推進課
重光 季永子さん
『学んだことは地域の魅力を拾うには想像力と愛が必要。様々なものに愛を育んでいきたい』

jes tsujino 20160309 05

そして最後にサプライズ
ピッキオさんから特別ゲスト ベアードッグの『タマ』ちゃん
カレリアベアー・ドッグという種類の実に可愛いワンちゃんの登場に参加者大喜びでした。


辻野啓一(日本エコツーリズム協会)


エコツアーガイド養成講習会 スキルアップ編 軽井沢(長野県)

テーマ:イベント情報
2016年03月09日|

エコツアーガイド養成講習会
スキルアップ編 軽井沢
最後にサプライズ ゲスト 登場?!

今回、鳥羽に続き軽井沢でエコツアーガイド養成講習会(スキルアップ編)が3日にわたり開催された。

jes tsujino 20160309 02


インバインドについての講義。
自転車で田園を案内するツアーでは『体の大きいオランダ人には一番Lサイズの自転車が必要なんです』などの、現場ならではの話に参加者はいちいち納得。

jes tsujino 20160309 01

今年からの新企画 パネルディスカッション 

jes tsujino 20160309 03

一つのテーマに5人の講師が縦横無尽に回答。
解答に屋久島、知床など地域性があって面白い。
充実した3日間だった。
参加の声を一部紹介すると、、、、


jes tsujino 20160309 04

(株)能登町ふれあい公社 大瀧信男さん  
  『学んだことはやはりひと。案内人の個性の魅力があれば人を惹きつけられる。そして地域の連携の大切さも再認識した。』


jes tsujino 20160309 06

長野県木曽郡王滝村役場 
村おこし推進課
重光 季永子さん
『学んだことは地域の魅力を拾うには想像力と愛が必要。様々なものに愛を育んでいきたい』

jes tsujino 20160309 05

そして最後にサプライズ
ピッキオさんから特別ゲスト ベアードッグの『タマ』ちゃん
カレリアベアー・ドッグという種類の実に可愛いワンちゃんの登場に参加者大喜びでした。


辻野啓一(日本エコツーリズム協会)


野鳥の森  ネイチャーウォッチング(長野県)

テーマ:エコツアー体験記
2016年03月08日|

野鳥の森  ネイチャーウォッチング

長野県軽井沢町のピッキオによる「野鳥の森 ネイチャーウォッチング」のツアーに参加し、冬ゆえの素晴らしさがあることを実感した。

まだ雪が一面を覆っている。

落ちているクルミを見てどんな動物が食べたのかをエコツアーガイドが説明をしてくれる。
雪の上にくっきり残った足跡で、それが何の足跡かが分かるという。
さすがプロのエコツアーガイドは違う。

獣道のわきの木にセンサー付きカメラが装着されている。
夜になると、タヌキ、キツネ、イノシシ、リスなどの楽しい“舞踏会”が繰り広げられる。

 

エコツアーガイドさんがその動画をタブレットで見せてくれた。
目の前の獣道をこれらの動物が通っていったのかと思うとドキドキしてしまう。

jes tsujino 20160308 01


jes tsujino 20160308 02

大きな望遠鏡は野鳥を間近にみるため。

冬なので、木は葉が落ち、鳥が見つけやすい。
空気が澄んでいるので、鳥の声がはっきり聞こえる。
この冬のクリスピーな澄明感がすばらしく、冬でも参加者が絶えない。

jes tsujino 20160308 03

 

jes tsujino 20160308 04

木に残っていたひっかき傷跡がヒグマによるものだとの説明に、
参加者から驚きの声が上がった。


そして今回のメインイベント、ムササビの観察。

jes tsujino 20160308 05

木につけられた巣箱の中にいるムササビが夜を待っている。
巣箱の中に設置されたカメラからの映像でかすかに動いているのがはっきり見える。
外からは見えないが、この巣箱の中に確かにいるのだなと思うと興奮した

jes tsujino 20160308 06

是非、夜に滑空する雄姿を見てみたいと思った。

軽井沢には四季折々に魅力があるが、冬の魅力は格別だ。


辻野啓一(日本エコツーリズム協会)


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


八代のトマト農家(熊本県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年03月07日|

★熊本県の小林寛子様から、季節のおたよりが届きました!

学生と一緒に八代のトマト農家にお話を伺いに行きました。ばんぺいゆと並んで有名な八代の特産品としての塩トマトは県外ではなかなか食べられませんが、寒いこの時期だからこそ養分を凝縮してため込んで甘くて美味しいトマトが出来上がります。

kumamoto kobayashi 20160307 01


熊本はトマトの生産高では日本一です。何と10月くらいから出荷がはじまり、6月くらいまでは温室で育った八代方面のトマトが市場へ、そして阿蘇のトマトにバトンタッチします。だから、一年中おいしいトマトが食べられるまさにトマト王国。
八代は、もともとは干拓地だったので土壌にも差があり、劣悪で他のものは育たない土壌と、太陽の恵みによって塩トマトに適した環境が出来上がったそうです。
そこから生まれた塩トマトは最初に酸味、続いて甘味が口いっぱい広がり、最後にほんのり塩味を感じる本当に奥の深い味です。一度食べたらやめられない、、。

この塩トマト生産の草分け、八代市水島町の松村園芸の松村久子さんと息子さんにトマト生産にかける思いを、今日はじっくり伺うことが出来ました。
農業は決してもうかる商売ではないけど、農業はやめてはいけない商売だから、農業が続けられるために少しでも農家の現状をわかってもらいたいと、熱く語っていただきました。
「仕事が辛い時もあるけど、御客様の『おいしかったよ』という一言で疲れも吹っ飛びます。」と。
こんな人達が支えてくれている農業を私たちが応援しないと、いずれ私たちの食卓には外国産の野菜ばかりが並ぶようになってしまう、、、。

手をかけて頑張って作っているおいしいトマトの味をぜひ多くの方に知ってもらいたいと素直に感じます。

小林寛子

kumamoto kobayashi 20160307 02

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業報告会開催

テーマ:イベント情報
2016年03月06日| Administrator

平成27年度エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業報告会の開催(参加者募集)

 環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及、定着のための様々な取り組みを進めています。その一環として、平成17年度よりエコツーリズムに取り組む地域に対して、豊かな知識や経験を有するアドバイザーを派遣する『エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業』を行っています。
 この度、今年度のアドバイザー派遣を実施した地域の取り組みを発表する報告会を開催しますのでお知らせいたします。
※本事業は環境省からの委託で日本エコツーリズム協会が行っています。

■開催概要
【日時】平成28年3月10日(木)14:00~17:10
【会場】環境省22階第1会議室
 (東京都千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎5号館)
【スケジュール】
 14:00 開会挨拶
     環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
 14:10 地域からの報告
     ・一般社団法人立山黒部ジオパーク協会
     (派遣地域:富山県黒部市・入善町)
     ・陸前高田市広田町生活体験推進協議会
     (派遣地域:岩手県陸前高田市)
     ・川上村定住促進課
     (派遣地域:奈良県川上村)

   15:20 アドバイザーからの報告
     ・アイ・エス・ケー合同会社 代表 渡邊 法子氏
     (派遣地域:岩手県雫石町)
     ・公益財団法人日本自然保護協会 参事 横山 隆一氏
     (派遣地域:岡山県真庭市)
     ・株式会社知床ネイチャーオフィス 代表取締役社長 松田 光輝氏
     (派遣地域:北海道遠軽町)
 16:30 ディスカッション
   17:10 閉会

■参加申込
参加を希望される方は、下記によりメール又はFAXにてお申し込み下さい。
 (1)件名に「平成27年度エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業報告会参加希望」と明記してください。
 (2)氏名、所属、電話番号、電子メールアドレス又はFAX番号を記載してください。
 (3)申込受付の期限は、平成28年3月9日(水)12:00とします。
 会場の都合上定員30名になり次第締切らせていただきますのでご了承ください。
 なお、同日午前10時から午後12時30分まで同会場において環境省・NPO法人日本エコツーリズム協会共催による第11回エコツーリズム大賞表彰式を開催します。表彰式に参加を希望される方は併せてお申込みください。

開催お知らせ(pdf)
0310adviser

エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業 事務局
 NPO法人日本エコツーリズム協会 担当:高野(たかの)・大森(おおもり)
 E-mail:ecojapan(at)alles.or.jp (at)を@にして送信
TEL:03-5437-3080 FAX:03-5437-3081


第11回エコツーリズム大賞 決定!!

テーマ:地域情報(国内)
2016年03月05日|

★第11回エコツーリズム大賞 決定!!★

環境省と日本エコツーリズム協会の共催では、エコツーリズムを実践する地域や事業者の優れた取組を表彰する「エコツーリズム大賞」を実施しています。
 この度、第11回エコツーリズム大賞に応募のあった54件を対象に、審査委員による審査が行われ、合計10件の受賞が決まり、3月1日に発表となりました。
3月10日には表彰式、受賞団体の取組発表と記念講演が環境省(東京都内)で開催されます。
>>表彰式参加申込について<<

■受賞団体

11award gouriki

【大賞】
 富士山登山学校ごうりき(株式会社 合力)(山梨県富士吉田市)

【優秀賞】
 湖西夢ふるさとワイワイ倶楽部 (滋賀県高島市)
 一般社団法人 座間味村ホエールウォッチング協会(沖縄県島尻郡座間味村)
【特別賞】
 上市町(富山県中新川郡上市町)
 おんたけアドベンチャー(長野県木曽郡王滝村)
 くまの体験企画(三重県尾鷲市)
 宮津世屋エコツーリズムガイドの会(京都府宮津市)
 愛媛県石鎚山系エコツーリズム推進協議会(愛媛県松山市)
 エコツアーふくみみ(沖縄県石垣市)
【特別継続賞】
 海島遊民くらぶ(有限会社 オズ)(三重県鳥羽市) 



■表彰式等
(1)日時 平成28年3月10日(木)
  10:00~10:50 第11回エコツーリズム大賞表彰式
  10:50~11:40 受賞団体の取組発表
  11:40~12:30 記念講演
  北海道大学 観光学高等研究センター センター長 西山 徳明氏
■場所
  環境省第1会議室(中央合同庁舎5号館22階)
■参加申込
 表彰式・記念講演は公開で行われます。参加を希望される方は、下記によりメール又はFAXにてお申し込みください。
(1)件名に「第11回エコツーリズム大賞表彰式参加希望」と明記してください。
(2)氏名、所属、電話番号、電子メールアドレス又はFAX番号を記載してください。
(3)申込受付の期限は、平成28年3月9日(水)12:00です。
 会場の都合上定員30名になり次第締め切らせていただきますのでご了承下さい。
 なお、同日午後2時から午後5時10分まで同会場において環境省主催による「平成27年度エコツーリズム推進アドバイザー派遣事業報告会」が開催されます。

NPO法人日本エコツーリズム協会 
E-mail:ecojapan(at)alles.or.jp  (at)を@にして送信
TEL:03-5437-3080
FAX:03-5437-3081

環境省報道発表
http://www.env.go.jp/press/102139.html

★今回大賞を受賞した『富士山登山学校ごうりき(株式会社 合力)』は、2009年度の第5回エコツーリズム大賞での優秀賞受賞に続いての大賞受賞となります。



鳥羽の台所 つまみ食いウォーク(三重県)

テーマ:エコツアー体験記
2016年03月04日|

鳥羽の台所 つまみ食いウォーク
この手はすごい!! こうすれば町歩きは魅力の通りに七変化

三重県鳥羽市の「海島遊民クラブ主催」の現地ツアー、『鳥羽の台所 つまみ食いウォーク』に参加した。
鳥羽の街並は歴史の香りが立ち込めている。
通年飾る注連縄などの風習も残っている。

jes tsujino 20160304 02

いざ、「My割り箸」をもってスタート

jes tsujino 20160304 01

一軒目は貝を生簀で育てている海産物問屋の『丸傳商店』さん。

jes tsujino 20160304 03

今、箱から取り出した大ぶりなサザエを目の前で調理してくれる。

jes tsujino 20160304 04

jes tsujino 20160304 05

プリプリなサザエを秘伝の醤油で食べる。

次は三重県で一番歴史のある『すし梅』へ。

jes tsujino 20160304 06

キスを一貫。

jes tsujino 20160304 07

御年89歳のご主人 栄吉さん

jes tsujino 20160304 08

ハランを使ったバラン細工の達人。店にたくさんの作品が飾られている。

今日は一番基礎のバラン細工「月見バラン」を披露

jes tsujino 20160304 09

jes tsujino 20160304 10

今回は研修なので2個所だったが本来はもう一個所立ち寄る。
3件つまみ食いするとかなりの満足度だ。

何気ない街並みを、地元ガイドさんの楽しい話とこのつまみ食いで魅力あふれる観光素材で七変化させたこのマジックに大いに感動した。

日本エコツーリズム協会 辻野啓一




★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


春のエコツアーのご紹介(埼玉県飯能市)

テーマ:エコツアー情報
2016年03月03日|

★埼玉県の飯能市エコツーリズム推進協議会様から、春のエコツアー情報が届きました!

「春のエコツアーのご紹介」(埼玉県飯能市)

saitama hannno 0303 01
里山で竹筒ごはんづくり

 うららかな春の陽気に包まれたこの頃、飯能で開催する春のエコツアーをご紹介します。
 今回は、地元ガイドの案内で山里散策、春の味覚・山菜を味わう、そして山あいの集落に約1,000人の人が集まる一大マルシェ的なエコツアーなど、11ツアーが開催されます。
 ご家族、ご友人はもちろん、お一人でも楽しい飯能のエコツアー。
 あなただけの春を探しに飯能のエコツアーを体験しませんか。皆様のご参加をお待ちしております。

■問い合わせ先
飯能市役所 観光・エコツーリズム推進課
TEL:042-973-2123(平日8:30~17:15)
FAX:042-974-6737
Email:eco2(at)city.hanno.lg.jp  (at)を@にして送信

詳細お知らせ(PDF)
saitama hannno 0303 02



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


青根ヶ峯の苔むしろ(奈良県)

テーマ:地域情報(国内)
2016年03月02日|

★奈良県の「森と水の源流館」様から、季節のおたよりが届きました! コケが好きな方にぜひお読みいただきたい内容です。

青根ヶ峯の苔むしろ

nara moritomizu 20160302 03
青根ヶ峯

「み吉野の青根ヶ峯の蘿蓆(こけむしろ)誰が織けむ経緯(たてぬき)無しに」(万葉集巻7 1120 詠み人知らず)
意味:美しい吉野の青根ヶ峯のコケのじゅうたんは、誰が織ったのだろう、縦糸も横糸も無いのに。

この歌は人類が「コケってキレイ!」というのを最初に文章にした記念すべき歌!コケ植物を専門に研究するコケ屋としては、「この景色を見に行きたい!」と思い立ち、冬のある日、奈良県川上村と吉野町の境にある青根ヶ峰を訪ねました。

「万葉集」巻7が編纂されたのは、持統朝から聖武朝(飛鳥時代~奈良時代)の頃。この頃の吉野は桜で有名な吉野山のことではなく、今は訪ねる人も少ない、吉野町宮滝というところ。ここから見えるのが、神が宿る神奈備として、崇敬された青根ヶ峰。ところが、万葉集に詠まれた「青根ヶ峯」はどの山のことなのかは、考古学の世界でもいろいろな説があって、定まっていないそうですが、地元の考古学者の方々から情報収集しながら、いにしえの遺跡を巡り、苔むしろを探訪しました。
 苔むしろはおそらくは、京都の寺社に代表される「苔庭」のような景観だろうとあたりを付けました。そんな場所は、コケ屋目線で見ると、条件が限られていきます。

nara moritomizu 20160302 04


 歩き回った末、「ここだ!」と思ったのが安禅寺宝塔院跡(上の写真)でした。ここは、今の吉野山を構成する寺社仏閣群が最初にできたところだそうですが、明治時代の廃仏毀釈で今は何もありません。ここに伽藍が形成されたのは、平安時代という説が有力で、時代が微妙に合いません。しかし、奈良時代にさかのぼるという説もあるそうです。私は、当時お寺が無かったとしても、青根ヶ峯にあこがれた万葉人がここに来て、庵のようなものを造り、お庭の草抜きなどをし、気づいたらきれいなコケ庭になっていて、縁側で思わず詠んだ一句と勝手に想像しました。

 「万葉集」に多いのは、恋の歌と自然観察の歌。すばらしい自然観察を美しい文章に表現した万葉人に思いをはせて、ここでじっくりコケを見るのもロマンチックでしょう。

 ちなみに、この景観で主役になっていたのは、ヒメシノブゴケ。日本では、やや南方に分布する傾向の強い種です。その他ナミガタタチゴケ、ハイゴケなどたくさんのコケが観察できます。

ヒメシノブゴケ
nara moritomizu 20160302 02

ナミガタタチゴケ
nara moritomizu 20160302 01


木村全邦(きむらまさくに)
森と水の源流館
http://www.genryuu.or.jp/



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)結果報告(岩手県)

テーマ:エコツアー体験記
2016年03月01日| 岩手県二戸市

★岩手県二戸市の地域おこし協力隊様から、2月に開催したエコツアーの報告が届きました!

二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)結果報告
「“雑穀の里たるさわ”の小正月行事と赤長かぶ漬け・てんぽ焼き体験」

 

iwate ninohe 20160301 01

2月14日(日)、今年度11回目となる二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)が行われました。

今回は、雑穀の里として有名な足沢(たるさわ)という集落へツアーのお客さんたちをご案内しました。お客さんたちをおもてなししてくれたのは、足沢に暮らす人たちで組織された「ぎばって足沢70の会」の皆さんです。ぎばってとは、がんばっての意味で、70とは、この地域の世帯数を表しています。「ぎばって足沢70の会」は、地域の宝を生かし、都市と農村の交流イベントを開催するなど、地域活性化を目指して、がんばっている団体さんです。

午前中は餅つきとみずき飾りをして、小正月行事を楽しんでもらいました。餅つきでは、お米の餅だけでなく、雑穀の里ならではの雑穀(ひえ)の餅つきも行われました。


iwate ninohe 20160301 06

お昼は、お母さんたちの手づくり料理と午前中についたばかりのお餅を堪能してもらいました。お客さんたちからは料理の作り方について質問が続出し、料理をつくったお母さんたちは大忙しでした。

iwate ninohe 20160301 05

午後は、秘伝の漬け汁を使った赤長かぶ漬けと昔なつかしのおやつ「てんぽ」焼きを体験してもらいました。体験中は、お客さんと地域の人が一緒になって、わきあいあいと楽しい時間を過ごしました。

iwate ninohe 20160301 04


iwate ninohe 20160301 02

会場では、地域の特産品もたくさん売られていました。品揃えは、寒干し大根や漬け物などの加工品が中心でした。また、地域に来なければなかなか買うことができない、味噌やウコッケイの卵などが特に人気でした!

iwate ninohe 20160301 03

ツアーに参加された方は、盛岡方面にお住まいの方が多くいらっしゃいました。中には、東京や二戸市内から参加される方もいらっしゃいました。
これからも、エコツアーを通して、二戸の魅力をたくさんの人に体験してもらいたいです!

岩手県二戸市 http://www.city.ninohe.lg.jp/forms/top/top.aspx

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


ページトップへ