カレンダー

<< 2017年12月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

ルアンパバーン県 ルアンパバーンのエコ・ツアー

テーマ:エコツアー体験記
2016年10月04日| Administrator

<ルアンパバーン県 ルアンパバーンのエコ・ツアー>

 今回紹介するエコ・ツアーは、14世紀中ごろ、ラオスで最初に建国した統一王朝のラーンサーン王国の古都であり、かつ、町が世界遺産にも登録されているルアンパバーン地方の森と、そこに住む少数民族を訪ねるエコ・ツアーです。日本では、まだまだ知られることの少ないラオスの観光地ですが、ルアンパバーンは、その名を聞いたことのある人もいることでしょう。特に、ヨーロッパ人に人気の高い町で、英国の旅行雑誌『Wanderlust Magazine』が2006年から毎年実施している観光都市の読者評価で、過去11回中の7回、世界一に選ばれている町でもあるのです。

 このツアーでは、美しい自然風景を楽しむと同時に、少数民族が暮らす二つの村を訪ねます。二つの村は、ツアーを受け入れることで、村人たちがツアー・ガイドとして雇用され、また、ツアー客に料理を提供することで、収入を得ています。さらに、お客が村でホームスティする対価として、旅行会社は、村の学校基金に寄付を行いっています。

  “森のトレッキングとクアンシーの滝訪問”

1

1-11-2

 このツアーでは、トレッキングでカム族の村を訪れ、村人たちの生活を自ら体験することができます。また、トレッキングでは、稲田や畑地を通り、そして森の中に入り込んでゆき、ルアンパバーンの自然の美しさを味わうことができます。さらに、少数民族の家にホームスティして、彼らの文化を味わい、また、クワンシーの滝の景観を楽しみます。

第1日目:ルアンパバーン - ノン・トゥーク村 - ロン・ラーオ村

2

午前8時半、車でルアンパバーンの町を出発します。美しい風景の見える田舎道を行き、ノン・トゥーク村で車を降ります。この村では、地方の低地ラーオ族とカム族の人々の田舎の生活を見学しましょう。この村から、トレッキングの開始です。まず、広がる稲田やパイナップルの大規模農園を歩いて通り過ぎます。やがて、深い森に入り込んでゆきます。この森こそ、多様な種類の樹木の宝庫なんです。

 二時間歩くと、山並みの最初の頂に至ります。そこで小休止です。頂から眺め下ろす壮大な風景を楽しみながら、ピクニック・ランチを楽しみましょう。そこから、さらに進むと、二つ目の頂に到着します。トレッキングのコースは、ここから、下りとなり、森の中に続いてゆきます。森の中に入ると、野生の動物たちを、或いは、彼らの足跡を見つけられるかもしれません。森は、様々な種の動物たちの棲み処なのです。コースの途中で、モン族の五家族が住んでいる土地を通り過ぎます。

この日最後の区間を三十分歩くと、ロン・ラーオ村に到着です。この日は、ここで宿泊です。この村では、少数民族モン族とカム族の文化を味わうことができます。この二つの少数民族は、この村で仲良く暮らしているのです。

第2日目:ロン・ラーオ村 - クワンシーの滝 - ルアンパバーン

3

 朝食の後、歩き始めると、トレッキングのコースは森の急峻な坂に至ります。途中で、洞穴に立ち寄りますが、この洞穴は、第二次インドシナ戦争時、村人たちがアメリカ軍の爆撃を避けるための間に合わせの防空壕として使われていたのです。

 洞穴を後にしてさらに一時間進むと、クワンシーの滝の源泉の一つに至ります。この泉には、地元の人々から神聖視されている魚が泳ぎまわっています。滝の上から降りて、滝つぼの横で、ラーオ族風のピクニック・ランチを楽しんでください。

 ランチの後、午後のひと時を、滝の水が流れる、みごとなターコイズ・ブルーのプールで、水浴びするなり、ノンビリと浸るなりして、過ごしましょう。滝からすぐ近くにある、ツキノワグマの保護センターも訪れてみる価値があります。ここには、熊の胆をとる飼育場や野生生物の違法売人から助け出されたツキノワグマが保護されているのです。その後、タペン村まで少し歩きましょう。タペン村は、カム族の村で、クワンシーの滝の美しい滝つぼからすぐ近くにあります。タペン村から、車に乗ってルアンパバーンに戻り、ツアーは終わりです。

(JICAシニア海外ボランティア ラオス情報文化観光省 観光マーケティング局配属)

1-3

 本文の内、“森のトレッキングとクアンシーの滝訪問”以降のコースの内容は、以下の英文ホームページからの訳です。

https://www.greendiscoverylaos.com/eco-excursions/luang-prabang/luang-prabang-trekking/item/260-kuang-si-waterfall-experience


ページトップへ