カレンダー

<< 2017年11月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

ガラパゴス諸島のゾウガメたち(エクアドル)

テーマ:地域情報(海外)
2015年09月10日|

■ガラパゴス諸島のゾウガメたち(エクアドル)■

arttour 20150910 01

地球上に存在しているゾウガメはガラパゴスのガラパゴスゾウガメとインド洋のアルダブラゾウガメの2種だけです。ガラパゴスは希少なゾウガメの宝庫で、4亜種は絶滅したと考えられていますが、今でも11亜種、およそ2万頭強が各島々に生息しています。17-19世紀に人類と出会ったためにガラパゴスゾウガメは 食用や油用、動物園の展示目的、剥製目的、ペット目的等々でおよそ20万頭が乱獲されたと推計されています。ガラパゴスではダーウィン研究所の指導で50年にも及ぶゾウガメ復元プロジェクトが持続的に進められ、現在4つの島で国立公園局が人口繁殖センターを運営しています。かつてダーウィンが目にしたであろう大きなゾウガメがのしのしと歩き回るゾウガメ天国に復元される日がやがて確実にやってきます。

arttour 20150910 02

ダ―ウィン研究所のゾウガメ人工繁殖センターは一般に公開されているので柵の中で人工飼育されているゾウガメを見学できます。開所以来飼われているゾウガメも多いので、かなり大きなゾウガメたちを目の前で見ることができます。

arttour 20150910 03

ダーウィン研究所で人工飼育されているゾウガメの一部は世界中に持ち出されたゾウガメが返還された個体も含まれています。この飼育舎の7頭のゾウガメはどこの島の亜種か特定できないので飼われていますが、あいにく全てがオスなので人工繁殖には至りません。

arttour 20150910 04

人工繁殖センターではセンター内は勿論の事、各島々で産卵された卵を探しては持ち帰り人口孵化をしてゾウガメ数の復元を行っています。所内で生まれた子亀は5年ほど育てられると各島々に戻されています。人工孵化で誕生したゾウガメはマイクロチップが埋め込まれているので、遠い将来にはゾウガメの寿命も明らかになることでしょう。

arttour 20150910 05

道路上にゾウガメが現れて車が行く手を阻まれることも最近ではしばしば起こるようになりました。ゾウガメ天国ガラパゴスの復元計画は着実に前に進んでいます。

arttour 20150910 06

サンタ・クルス島のハイランドは野生のゾウガメが見られる数少ないビジターサイトです。民間の農牧地で見られるので農場主が食事を提供したり休息ができる施設を用意して貴重な現金収入を得ている農場がハイランドには複数あります。整地された農牧地にいるゾウガメの光景はまるでカメ牧場の様子ですが、これは自然の光景です。


文責:波形克則(アートツアー)
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp


エコツアー特集号の会報誌、発行しました

テーマ:書籍
2015年09月09日|

★季刊エコツーリズム通巻68号 発行のお知らせ★

ecotouris 68

エコツアー特集号が出来上がりました。
日本エコツーリズム協会の会員様にはすでに発送をしております。
また今号に関しては会員以外の方も、「送料のみ」のご負担でお求めいただけます。

<最新刊>
・いま注目度Best3のエコツアー
・北海道エリア
・東北エリア
・関東エリア
・関東離島エリア(小笠原諸島、三宅島)
・中部エリア
・エコツアーで出会える動物達
・近畿エリア
・中国四国エリア
・里山 里海の恵み
・九州エリア
・沖縄本島エリア
・沖縄離島エリア(宮古島、石垣島、西表島)
・旅に出たくなる本
【発行日】 2015年8月31日
【発行】 NPO法人日本エコツーリズム協会

【注文方法】
氏名、住所、電話番号、希望図書名、部数を明記の上、e-mail・fax・郵便あるいは電話にて、日本エコツーリズム協会まで直接ご連絡ください。入金を確認次第お送りいたします。

NPO法人 日本エコツーリズム協会
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
fax:03-5437-3081
tel:03-5437-3080
e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【振込先】
■銀行:みずほ銀行 神田支店 普通預金 口座番号1853020
名義: ニホンエコツーリズムキョウカイ
■郵便振替:口座番号 00190-2-82228
名義: 特定非営利活動法人日本エコツーリズム協会

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


またナナフシですが(長野県)

テーマ:地域情報(国内)
2015年09月08日| (株)ピッキオ

★長野県軽井沢のエコツアー会社「ピッキオ」様から、8月末に届いた季節の便りです。

 

8月の下旬になって、軽井沢は不順な天候が続いています。
半袖では寒い日もあるほど。
1枚上に羽織れる、長袖を持ってきた方が良いですよ。

 

でも今日は時々、晴れ間が見えて、少しムシムシした天気でした。
夕方、「野鳥の森ネイチャーウォッチング」を終えてオフィスへと歩いていると、
低い木の葉の上に、1匹のナナフシを見つけました。

 
nagano picchio 20150908 01

 

先日、ご紹介したエダナナフシに比べると、かなり小さめです。
そして短いながらも翅がある!!

むりやり指で、翅を開いてみました。

 

nagano picchio 20150908 02

「いやん」

 

普段、隠れている翅の部分は、薄いピンク色をしています。
何でそんな色が付いているのでしょうね。

 

外国の種類では、天敵に対して翅を広げて腹部を反り上げ、
威嚇するナナフシの姿が写真などで紹介されます。
日本のトビナナフシにも、そんな習性があるのでしょうか?
私は威嚇された事がないのですが・・・。

 

また、名前に「飛びナナフシ」とありますが、
実際、飛ぶ事ができるのでしょうか?

 

もちろん私は、飛んでいる所を見た事がありませんし、
そもそも羽ばたいている所さえ、見た事がありません。
指でつつくと、ポロッと落下しますが、翅を開く所も見た事がありません。

 

一体、何のための翅なのでしょうね?

 

個人的な希望としては、ムササビのように滑空したら、
格好良いなぁと思うのですが・・・。

 

ピッキオ

大塚



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 


10 Things To Do in Toba on Summer(三重県)

テーマ:地域情報(国内)
2015年09月07日|

【10 Things To Do in Toba on Summer】
Enjoy your last days of summer vacation with us! Click here to book our summer tour:
http://oz-group.jp/english/menu.html
※This picture credits to our lovely intern, Natsuki Watanabe

you can check the original below; https://www.facebook.com/Kaitoyuminclub


9月の西表島(沖縄県)

テーマ:地域情報(国内)
2015年09月06日| 合資会社 浦内川観光

★9月1日に沖縄県西表島の「浦内川観光」様から届いた記事です。

本日の西表島は昨日の夕方から朝方までぐずついていましたが、
日が上がって来るとお日様が顔をだしてくれて気持ちいい日となっております^^

さて、今日から9月のスタートです。 一部、一週間前からもう学校が始まっている所もあるみたいですですが・・・。
本日から学校などが始業式を迎えるところが多いんではないでしょうか^^
夏休みの宿題を両手いっぱいに下げて登校する子も多いはずです。
あと、学校では友達にこんなところに行ったなど思い出話に花が咲くのでしょう^^
2学期も頑張って勉強やスポーツに頑張ってくださいね~

あと浦内川では台風前に収穫したバナナが9月には食べられるかなぁといった所です^^

okinawa urauchi 20150906

頑張って早く熟して下さいね~(笑)
それでは、9月も頑張って行きましょうかぁ~

浦内川観光
下山

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


フレーザー島から(オーストラリア)

テーマ:地域情報(海外)
2015年09月05日|

★日本エコツーリズム協会の理事でもある、東海大学の小林寛子教授が、今夏学生を連れてオーストラリアのフレーザー島でエコツーリズム研修を行いました。その最終日の様子が届きましたでお知らせします。

8月31日、今日も素晴らしい天気です。フレーザー島での5泊6日のエコツーリズム研修を終えて、朝のフェリーで本土に戻ります。
エコツーリズムの研修の私からの最後のメッセージは、今年もこれです。
知ること、学ぶことで初めて守ることの意味が分かると、そのための一歩であればと思います。
オーストラリアは、9月1日が春の始まりです。新しい季節が希望に満ちたものでありますよう。

11990643 10207799258238301 4474292779029641622 n


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


★インドのユキヒョウをテーマに 『幻のユキヒョウを幻にしない』(東京)

テーマ:イベント情報
2015年09月04日|


第30回JESフォーラム

『幻のユキヒョウを幻にしない』
日時: 2015年10月14日(水)18:30-20:00(開場18:00)
ゲストスピーカー:秋山知伸さん(野生動物写真家)
木下さとみさん(コピーライター)

Forum 20151014 04

今回のフォーラムは「ユキヒョウ」を軸にした2つの話題をお届けします。
「ユキヒョウって何?」という方から、「野生動物の保護に関わりたいけれどどうしたら」という方まで、皆様のご参加、お待ちしています。

forum 20130410 MrAkiyama
■動物写真家、秋山知伸さん https://www.facebook.com/tomo.akiyama.9
7年の間に3度ユキヒョウを探し求めてきた秋山さん。
今年3月にインドのラダックでついに撮影に成功し、その写真は科学雑誌『NEWTON』や『ライフスケープ』でも取り上げられました。ユキヒョウはシロクマと同様に温暖化の影響を受けやすく、今後の状況が心配されています。
秋山さんが現地の肌で感じたユキヒョウの生息地の状況やユキヒョウの現状を紹介します。



Forum 20151014 05

■コピーライター、木下さとみさん

クラウドファンディングを活用して、モンゴルに生息する野生ユキヒョウの保全プロジェクトを実施した木下さん。モンゴルでの活動内容や一般の方と野生、さらには動物園を結んだ保全活動の手法を紹介します。
★木下さんは「twinstrust」のメンバーとして、クラウドファンディングの仕組みを利用し「まもろうPROJECT ユキヒョウ~赤外線カメラで絶滅危惧種ユキヒョウを守る~」を行いました。
http://camp-fire.jp/projects/view/644
まもろうPROJECT ユキヒョウ:
http://yukihyo.jp/

今フォーラムは、秋山さんと木下さんによる対談形式で進行し、それぞれの話題に絡ませながら、インドのラダックを舞台にしたこれからのユキヒョウを用いたエコツーリズムの可能性を探ります。

ユキヒョウづくしの90分。ぜひお立ち寄りください。


Forum 20151014 03

■開催概要■ ※要予約 
【日時】 2015年10月14日(水)18:30-20:00(開場18:00) 
【場所】 モンベルクラブ渋谷店 (東京都渋谷区宇田川町11-5 渋谷・東急ハンズ向かい)
【参加費】  一般1,200円、日本エコツーリズム協会会員/モンベル会員1,000円 (資料、飲み物付)
※モンベル会員の方は、受付にてモンベル会員カードをご提示ください。
(ドリンクの注文:受付にてお知らせください)
【お申込・お問合せ】 
日本エコツーリズム協会までメール、お電話でお申し込み下さい。
・氏名(ふりがな)
・性別
・連絡先
・居住都道府県
・イベントを知ったきっかけ
・日本エコツーリズム協会会員あるいはモンベル会員かどうか(※必ずお知らせください)
・(もしあれば)当日聞きたいこと
■以上を日本エコツーリズム協会までメールあるいはお電話などでお知らせください。
メールの場合、受付完了した段階で返信をします。返信がない場合はお手数ですが再度お知らせください。
(※複数名でお申込みの場合、参加される方のお名前全員分をお知らせ下さい。(連絡先は代表の方のみで結構です))

■日本エコツーリズム協会■
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan@alles.or.jp
【主催】NPO法人日本エコツーリズム協会
【協力】株式会社モンベル

 

 


イサベラ島に向かう(ガラパゴス)

テーマ:エコツアー体験記
2015年09月03日|

イサベラ島に向かう(ガラパゴス)

arttour 20150903 01

ガラパゴス諸島内で人の住んでいる4つの島々は中央に位置するサンタ・クルス島のアカデミー湾がハブとなってそれぞれの島々をスピードボートが運航しています。サンタ・クルス島からサン・クリストバル島とイサベラ島の往復は定期便が往復していますが、フロレアーナ島との間は不定期運航です。今回はサンタ・クルス島からイサベラ島に行ってきましたので体験記を紹介します。

arttour 20150903 02

諸島内の交通機関は20名乗り以下のスピードボートです。複数のボートが就航していて、各島々の間を片道約2時間前後で結びます。乗り合いなので、定員で乗船すると居心地はお世辞でも良いとはいえなくて、少々覚悟が要ります。ガラパゴスの社会変化を長い時間見続けていますが、今もって定員の大きな乗り心地の良い海上交通が誕生しないのはガラパゴスの保全を気遣ったライセンス制度があるからだと観察しています。

arttour 20150903 03

スピードボートという理由は乗船すると一目瞭然で理解できます。エンジンが2基あるのは普通で、3基も付けているボートすらあります。時速60kmほどのスピードで大海原を疾走して目的地に向かうのですが、波と波の間を時には飛ぶように走行する爆音と揺れには優雅に会話をしながら航海を楽しむようなイメージは残念ながら乗船後すぐに一掃されてしまいます。

arttour 20150903 04

2時間半ほどの乗船で諸島内最西端の人が住むイサベラ島に到着します。湾内に入り沖合に停泊するとエンジンの騒音から解放されます。つかの間の静寂を取り戻して人心地ついていると、湾内唯一の交通手段になっている海上タクシーがやって来て桟橋まで運んでくれます。エンジンが一基でのんびりと走るボートにどれほど心地よい安堵感を感じるかはスピードボートに乗った後でないと理解できないと思います、、、 いずれにしろ、ようやくイサベラ島に到着です。

arttour 20150903 05

イサベラ島のプエルト・ビジャ・ミル桟橋に到着しました。
ボートを降りたら荷物は自己責任で運びます。スピードボートの移動は決して楽ちんではなかったので、少々重い荷物でも目の前に動かない大地があるのだと思うと安心感から何の辛さも感じません(笑)。

arttour 20150903 06

諸島内の移動は必ず最初に荷物の検査を受けます。ガラパゴスの生態系を脅かすような植物、動物などの移動、持ち込みを水際で防ぐためです。観光客も悪気がなくて犯しがちなルール違反はフルーツの持参です。朝ごはんの時にはおなかが空いていないからと、あとで食べるつもりで持参したフルーツは発見されると没収されるので、注意が必要です。

arttour 20150903 07

ガラパゴスで一番大きなイサベラ島のプエルト・ビジャ・ミルは人口が僅かに2千人ほどの小さな町です。写真は市役所前のメインストリートですが、舗装もされていない道路とヤシの木よりも高い建物はほとんどない実にのんびりとした街です。
この町の滞在記は追ってご紹介しますのでお楽しみください。}

文責:波形克則
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


姫島訪問記 二日目(大分県)

テーマ:エコツアー体験記
2015年09月02日| 辻野 啓一

さあ、朝から姫島探訪です。
案内役は由緒ある大帯(おほたらし)神社の宮司 
江原不可止さん。

jes 20150902 01

jes 20150902 02


お神楽用の立派な舞台があり、樹齢何百年かわからないほどの見上げるような巨大な松が空を突き刺すように立っていることで、この神社の格式を感じる。

jes 20150902 03

宮司の江原さんは数学と石積みが大好きで話題がそこに至ると力が入る。お殿様の住んだ家の塀の下の部分に一個だけ不調和に大きな石がはめ込まれている。
石工が自分の力を誇っている『笑い積み』なのだなんてことも教えてくれた。庭には亀の甲羅のような亀甲石が。


jes 20150902 04

jes 20150902 05

jes 20150902 06

エコツーリズムもそうだが、ちゃんとした説明を聞くと旅の印象が俄然深くなる。
かつて郵便局として活躍した建物。屋根の鬼瓦に郵便局のマークが使われているのもちょっとお茶目な感じ。

jes 20150902 07

jes 20150902 08

小高い丘の上に威風堂々と立つ海岸寺。

jes 20150902 09

海岸寺から見はるかす景色は個々の家の甍が美しい。

素敵な街に来たなあという思いが込み上げてくる。
この町に海の彼方から何千ものアサギマダラが飛来してくるのかと思うとまた来てみたいと思った。
お昼は名物 えびたこ丼。

jes 20150902 11

そして午後は今回のメインイベント、カンコロ餅つくり。
キツネ踊りのレッスンでお世話になった女将会の皆様にまたお世話に。
かんころ粉といわれるサツマイモの白っぽい粉が、水と混ぜ練っていくと色が独特の黒っぽい色に変わる。

jes 20150902 12

jes 20150902 13

そのためには結構力を入れて何度も練る必要がある。
練りこんだ生地で餡(下の写真)を包み込んでいくのだが、
コツを女将の会のベテランの女性に教わる。

jes 20150902 14

jes 20150902 15

自分の餅にイニシャルを書いたものや、ハート形にして自分の作ったものが蒸された後でもわかるように。

jes 20150902 17

jes 20150902 18

私に作った餅は餡が皮の外に飛び出した“切腹”状態になってしまったが、味は抜群。立て続けに3個食べ、みんなに呆れられたが、それも楽し!!

jes 20150902 19

jes 20150902 20



いよいよ船が島を離れる。七色の紙テープの端と端を船の上の我々と見送り女将の会の人たちが持って別れを惜しんだ。
島の別れはロマンチックだ。

日本エコツーリズム協会
辻野啓一

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


雨の金沢散歩(石川県)

テーマ:地域情報(国内)
2015年09月01日|

この夏、石川県の金沢市を旅してきました。


あいにくの雨模様でしたが、かえって水分を含んだ空気で兼六園の緑も冴えていたように感じました。
金沢はいたるところに水路が流れ、せせらぎの音を楽しめました。
ここは真夏日であっても、そこかしこで涼を感じられるような街なのかもしれません。

20150901 01


兼六園や金沢城公園では緑や季節の花々を楽しみ、次に向かったのは文学の館。
金沢市役所前にある「石川近代文学館」です。
ここは金沢だけでなく、石川県にゆかりのある文学者の著書や遺品、愛憎品等を収蔵し展示しているところです。
兼六園入園料とセットのチケットもあり、一緒にまわる旅行者には嬉しい仕組みとなっています。


20150901 03

建物「石川四高記念館」と同じもので、記念館は無料で入れ、文学館は有料ゾーンとなっています。
明治のレンガ造りの建物は重厚なもの。建物内部は窓から差し込む光が満ち明るい空間となっています。

室生犀星をはじめ、最近の文学者の紹介も行われています。
夏らしい企画展(妖怪・怪談えほん原画展)があり、特に幽霊画は涼しさの中に哀愁を感じさせる素晴らしいものが展示されていました。

9月28日のエコツーカフェでは、その石川県(と富山県)の魅力を現地エコツアーガイドの方に紹介していただきます。

直接北陸の楽しさを教えてもらえる機会です。ご活用ください。

http://www.ecotourism.gr.jp/index.php/events/cafe

 

【お知らせ】
■9月19日-11月29日の期間、石川近代文学館では、文学者をテーマにした漫画「月に吠えらんねえ」の企画展が行われます。石川県ゆかりの文豪や彼らに関係する人々にまつわる諸々が展示されます。
秋の旅先してぜひ北陸を訪れた際に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

(表面 pdf)             (裏面pdf)

ishikawa 01 400  ishikawa 02 400

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信


ページトップへ