カレンダー

<< 2017年12月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(海外)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

ウィスラーのファーマーズ・マーケットが始まりました!(カナダ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年07月10日|

★カナダから季節のおたよりが届きました!

今年も5月31日(日)から、恒例のファーマーズ・マーケットが始まりました!

canada 20150710 01

場所はウィスラーのアッパービレッジと呼ばれるところで、シャトーウィスラー・ホテルの通りになります。
例年、6月中旬から始まるファーマーズ・マーケットですが、今年のウィスラーは春の訪れが早かったため
例年より3週間早いオープンとなりました。

canada 20150710 02

マーケットには、オーガニックの採りたて野菜や今が旬のイチゴなど、収穫したばかりの新鮮な食材が並びます。
また、手作りのバルサミコビネガーやチーズ、蜂蜜などの食品類、地元アーティストのガラスアートやクラフト類、写真、ジュエリー関係の屋台がところ狭しと並んでいます。
食べ物屋さんとしては、カキ氷やポップコーン、クレープ、ピザ、BBQなどがあります。

canada 20150710 03

ファーマーズ・マーケットの通りにはカフェもありますので、カフェでゆっくりすることも出来ます。

canada 20150710 04

生のギター演奏など、エンターテイメントも行われています。

canada 20150710 05

準備中の写真

6月13日には、同じアッパービレッジに、家族で楽しめるファミリー・アドベンチャー・ゾーンもオープンしました。

canada 20150710 05

ファミリー・アドベンチャー・ゾーンのアクティビティーには、キス・ザ・スカイ・バンジー・トランポリンやミニ・ゴルフ場、 ウエストコースター・スライド、迷路、スパイダー・ウエブ、電動ゴーカートなどあります。

canada 20150710 07

詳しくはこちらのウエブページをご覧ください。
http://www.whistlerblackcomb.com/events-and-activities/activities/family-adventure-zone

ウィスラー・ファーマーズ・マーケットは、見て、食べて、聞いて、遊んで楽しむ場所です。

6月中は日曜日だけのオープンだったウィスラー・ファーマーズ・マーケットですが、
7月~8月は、日曜日の他に、毎週水曜日の午後3時から午後7時も開いています。

10月11日まで行なわれるファーマーズ・マーケットです。

ファーマーズ・マーケット
日程:5月31日~10月11日
曜日:毎週日曜日(午前11時~午後4時) 
7月8月は毎週水曜日(午後3時~午後7時)も開催

ファミリー・アドベンチャーゾーン
日程:6月13日~9月7日までの毎日
時間:日曜日~木曜日(午前10時~午後6時)
金曜日と土曜日(午前10時~午後8時)

 

タイ国政府観光庁主催の研修に参加

テーマ: 地域情報(海外)
2015年06月26日|

6月19日-23日まで、タイ国政府観光庁主催の研修に参加したスタッフが現地から写真と研修の様子を知らせてくれました。
まとまったレポートは後日掲載予定ですが、まずはその熱気をお伝えしたいと思います。

-----------------

今回のタイ政府観光局による視察ツアー、「Thailand Amazing Green Mega Fam Trip」は、コミュニティベースドツーリズムを柱としたコースが3つ用意されており、日本や台湾、イタリア、フランス、スウェーデン、南アフリカ等の国から80名ほどが参加しています。
初日夜のレセプションでは、観光局からコミュニティベースドツーリズムと、7つのグリーンコンセプト、3つのコースの内容について紹介がありました。

 

thai 02 400

7つのグリーンコンセプトは持続可能な観光を目指すタイ国政府観光庁が2012年から2016にかけて実施する計画に盛り込まれていた内容で、それに基づいてこんか視察ツアーも実施されており、タイ政府の着実な歩みに感動しました。
マングローブを植林している所の写真は携帯で撮れませんでしたが、主催しているコミュニティの施設の写真を送ります。

thai 03 400

サムット・ソンクラーム県にある、クロン・コーン・コミュニティは、エビの養殖のためにマングローブが伐採されていく状況を危惧し、政府の支援を得ながら、24年前にマングローブの植林をスタートさせました。エビ養殖によるマングローブの伐採や、養殖池の餌の腐敗などにより、水質はどんどん悪化し、エビ養殖が始まる前はカニや魚、貝、小さなエビなどを獲る漁業が盛んな地域でしたが、漁師は仕事を辞め、バンコクへ出稼ぎに行かなければならない状態がありました。
ですが、地道な植林のお陰で水産資源が戻り、今では漁師が漁業で生計が立てられるまでに回復しました。 24年前に始めた植林活動は、15年前にホームステイの受け入れへと広がり、今ではレストランの経営も行われ、150人の宿泊の受け入れが可能です。

週末はバンコクなどからタイの人が多く訪れるそうですが、これまで外国人の受け入れは行われていませんでした。今回の視察ツアーを機に外国人の受け入れをしていきたいと、代表の方がお話されてました。
-------------------

 

エメラルドレイクの野生の花々(カナダ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年06月06日|

エメラルドレイクは標高が低いこと、ロッキー山脈の西側(ブリティッシュコロンビア州)に位置しており、他の湖に比べ降雨量が多いことが特徴で、
平均気温が高く、他のエリアではまだ見れない野生の花がすでに満開です。

canada jtbcanada 20150605 03

この日も約10種類ほど野生の花を見つけましたが、中でも画像の、カタクリ(グレーシャーリリー)と、布袋蘭(ビーナススリッパ)が群生して咲いていました。
珍しい2つの花のツーショットも見られました。

canada jtbcanada 20150605 04

JTBカナダ

 

カナディアンロッキー・春到来!(カナダ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年06月05日|

ようやくカナディアンロッキーも長い冬が終わり、春が到来しました。
この冬は暖冬で降雪量も少なく、例年より早く冬が終わると思っていましたが、3月、4月に寒い日が続き、結局、例年通りの時期に春を迎えています。

canada jtbcanada 20150605 01

年々、ハイキングを目的とする日本人のリピーターのお客様も増えていて、バンフの大自然の中で、のんびり、ゆっくり滞在したいというニーズが大きくなってきています。
今後は、ぜひ、カナダ周遊の目的地とともに、カナディアンロッキーのモノステイに注目していただき、ツアー造成をしていただければと思います。

canada jtbcanada 20150605 02

5月24日、カナディアンロッキーの有名な湖でいち早く湖面が解けるエメラルドレイクの湖畔を一周してきました。
モレーンレイクロードは19日にオープン予定しました。モレーン湖の湖面はまだ半分弱凍っています。 ちなみにレイクルイーズの湖面もこの数日のうちに解けると思います。


JTBカナダ

 

台湾から南国の香り

テーマ: 地域情報(海外)
2015年06月01日|

台湾のお土産で、パイナップルづくしのお菓子をいただきました!

これは現地の旅行会社が、台湾観光に来たお客様におすすめのものを試していただきたいと、厳選して詰めたお菓子セットなんだそう。
どこで買えるのかの地図もついていました。
地元の方がおすすめしているお菓子、ぜひ試してみたいですね。

CF5XqRJVIAEo6Ie

 

ケアイワ・ヘイアウ訪問(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年05月03日|

先日、高校時代の同級生で、五反田にフラのスタジオを持ち、日本・ハワイ・タヒチと大活躍をしているクウレイ・ナニ・ハシモトさんをアイエアにあるヘイアウにご案内する機会にめぐまれました。

ヘイアウ(昔のハワイアンの祭殿跡)には、いけにえを捧げた場所はなんとなく暗い影が見えるようですが、このヘイアウは全然違っていて、案内したいと思っていたところでした。

ここは、「ケアイヴァ」 または「ケアイワ・ヘイアウ」(Keaiwa Heiau State Recreation Area)と呼ばれ、空港とワイキキ間にあるアイエア・ハイツ・ドライブという道路をずっと山に向かって登っていくと、終点にあります。

はいってすぐ低い塀の黒い火山岩が積まれたヘイアウが見えます。

hawaii imaoka 20150503 03

石で囲まれた聖地はきれいに掃除され、ヘイアウの周りにパンの木や、ユウカリの木、ティーリーフ、薬草のノニが植えられています。左右にティーリーフのある石碑には「生命に力を与える寺院で、ハワイアンカフナ・ラパアウ(Kahuna Lapaau) が薬草を使って治療を行い祈った。」と書かれていて、「癒し、医療の寺院」の跡を表しています。

hawaii imaoka 20150503 02

ヘイアウに入る前に、クウレイさんが、ハワイ語でチャント(祝詞)を詠ってくれ(上の写真)、神殿にご挨拶してから、厳かにはいりました。中には丸い輪の形をした場所があり(下の写真)、またバナナをお供えに置いた跡もあったので、今でも癒しの目的で訪れる方がいるようです。小鳥のさえずりが聞こえ、とっても静かで心が落ち着く場所にあります。

hawaii imaoka 20150503 01

最初ロイヤルファミリーの、しかも男性のみが治療してもらえる寺院だったようですが、のちには女性もOKとなりました。そばにあるサイン(下の写真)にはここの石を持ち帰ってはいけない旨わざわざ記載されています。

hawaii imaoka 20150503 04

話によると、「1940年代真珠湾の兵士達がここの石を持っていったところ、彼らの隊は全滅した。またある時は、石をもって帰った人が帰りの坂で、急にブレーキが効かなくなり恐ろしくなって、元にもどしたら無事に帰れた。」などの逸話が数多く残されています。もう1つのサインに「ハワイアンの聖地で、敬意をもって対処すること、石を盗ったり、発掘したり、壊したら、1万ドルの罰金を科す」とも記載がありました。

hawaii imaoka 20150503 05

遠くに目をやると、「ノーフォークパイン」という高い松が、京都の北山杉のようにまっすぐ大空にのびていて(上の写真)、どこか北欧を思わせる光景が重なるのは、ヘイアウだけでなく公園として、ピクニックやバーベキュー、ハイキングや、キャンピング(市の許可要)もできる場所として市民に愛されているからでしょうか。このハイキングコースはアイエア・ループ・ハイキング・トレイルとしても有名で4.5マイル約3時間余りのコースとなっています。
それではまた、アロハ~!!

 

ラニカイビーチが見渡せるピルボックスでハイキング!(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年04月30日|

先日、Pillbox(ピルボックス)と呼ばれるハイキングコースに行ってきました!
このPillbox Hiking Trailは“世界一美しいビーチ”で有名な
ラニカイビーチを見下ろす600フィート(約180m)ほどの山にあります。

hawaii JTBhawaii 20150430 01

トレイル入り口にある看板。
周りは一般住宅なので、駐車場はありません。
皆さん路駐で来ているようです。

hawaii JTBhawaii 20150430 02

トレイルの最初はちょっと急な上り坂。でもロープが張ってあるので安心です。
ココは雨の後は滑りやすいので要注意!

hawaii JTBhawaii 20150430 03

10分ほど登るとすぐ眼下にラニカイビーチが見えてきます。
とってもキレイ!さすが全米トップのビーチです!

hawaii JTBhawaii 20150430 04

トレイルは上に行くほど乾いていて、岩がちです。
ハワイは火山島であるということを実感!
所々に火山岩も見えたりします。
緩い登り坂で広くて歩きやすいので、お子さん連れやワンちゃんたちの姿も。

hawaii JTBhawaii 20150430 05

今では落書きがすごい事になっていますが、
ところどころにこのような第二次世界大戦時のトーチカ(防御陣地)があります。
実はこのトーチカを英語で「Pillbox(ピルボックス)」と呼ぶそうです。

hawaii JTBhawaii 20150430 06

みんなこのトーチカに登って休憩&景色を堪能していました。

hawaii JTBhawaii 20150430 07

Pillbox(ピルボックス)から見るラニカイビーチは最高!

hawaii JTBhawaii 20150430 08

綺麗な海をバックにハイポーズ!

hawaii JTBhawaii 20150430 09

山の尾根に沿ってトーチカが続きます。
休憩が終わったら次のトーチカに向けて出発!

hawaii JTBhawaii 20150430 10

日陰のないトレイルですが、
常に海から心地良い風が吹いていて気持ちイイ!
ただし、日焼け・熱射病には要注意です。
帽子・サングラス・お水は携帯しましょう。

hawaii JTBhawaii 20150430 11

幾つか尾根を越えて歩き続けると、最後にはこんな景色が!
湾の様になっているのはベローズビーチです!

ロコに有名なこのビーチ、普段は軍の管理下にあり週末しか一般開放されません。
ビーチ脇に軍施設があるので、この場所にPillbox(ピルボックス)が多く作られたのだそうです。

hawaii JTBhawaii 20150430 12

帰路は同じ道を戻りますグッド!
このまままっすぐ道なき道を進むことも出来るそうですが
帰りもキレイな景色を見ながら。

私たちは涼しい朝早くに出かけたのですが、
帰路たくさんの登ってくる人々に出会いました。
日が高くなると暑いのになー。

hawaii JTBhawaii 20150430 13

行きも帰りもキレイな海の景色を見ながら歩けるなんてサイコー!
ハワイのハイキングの楽しみのひとつです。

JTBハワイ

 

サンタクルス島に到着(エクアドル)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年04月24日|

arttour 20150424 01

イタバカ海峡を渡し船で横断するとサンタクルス島の北海岸にあるイタバカ桟橋に到着です。サンタクルス島はガラパゴス諸島で2番目に大きな島ですが、人の住む町は島の南側のごく一部なので桟橋から陸路で移動しなければなりません。

arttour 20150424 02

島の交通機関はすべて飛行機のスケジュールと連動しているので、到着した人々が飛行場からサンタクルス島に到着する時間にはたくさんの車が集まってきます。島に住んでいる人も観光客もそれぞれの車に乗るまでのひと時は喧騒に包まれますが、出発をした後の桟橋は人気のない静寂な世界に戻ります。

arttour 20150424 03

北の桟橋から南の町まで一本道が島を縦断しています。その距離はおよそ42㎞と聞くと、ガラパゴスマラソンができるじゃない、と思うのは私だけでしょうか、、、 縦断道路はおよそ600mの高低差があるので、車窓から見える道の両脇の木々が低地の灌木から高地の樹林へと変わるのも面白いです。およそ1時間のドライブで南の町、アカデミー湾に到着します。

arttour 20150424 04

サンタクルス島の高地にはガラパゴスゾウガメの保護区が広範囲に広がっています。縦断道路を脇にそれて保護区内にある牧場に行くと、ガラパゴスの主役ともいえるゾウガメに出会えるというので寄り道をお勧めします。にわか雨のあと、牧場へ向かう途中でさっそく若いゾウガメが道路を散歩していてバスの行く手が阻まれました。ゾウガメも雨に濡れた草むらは嫌なのかねなどと話をしながら道を開けてくれるまでしばし見学です

arttour 20150424 05

広い牧場にガラパゴスゾウガメがいる光景はまるでゾウガメ牧場のようですが、決して人工的に飼っている訳ではありません。もっと高所に住んでいて、繁殖期になると山を下り始めてペアが成立すればさらに低所で産卵をするまでの往復の途中にたまたま牧場があるだけなので、ゾウガメにとっては通り道でしかありません。このような理由から、時期により牧場に行っても見られる数は一定ではありません。

arttour 20150424 06

はるばるガラパゴスまで来て、初日にゾウガメに出会えると旅の疲れも吹き飛ぶ気がします。かつてダーウィンも同じような感想を持ったのかと想像を膨ませるひと時を過ごしました。

文責:波形克則
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp


























 

ガラパゴス到着(エクアドル)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年04月23日|

ガラパゴス訪問の玄関口(4月15日アップ分)の続編>


arttour 20150423 01

ガラパゴスの空の玄関セイモア空港のあるバルトラ島は空港と港湾施設があるだけの国立公園除外地域に指定された無人島です。降り立つ人はすべて空港を後にしてバルトラ島からそれぞれの予定に合わせて移動します。
空港からはバルトラ港行きとイタバカ海峡行きの2系統のバスが飛行機の到着に合わせてピストン運行しています。乗り合いバスなので座席は早い者勝ち、立ったままでも10分ほどの乗車時間なのでガマン、ガマン。荷物を自己責任で積み込んだらいよいよ出発です。

arttour 20150423 02

バルトラ港はガラパゴス諸島を巡るクルーズ船の発着基地です。毎日入れかわり立ち代わり大小のクルーズ船が寄港しては乗客の入れ替えをして出発していきます。クルーズ船でガラパゴスを楽しむプログラムに参加する場合は、空港からバスで港に着くと沖停めして待機しているクルーズ船にボートで向かい乗船します。

arttour 20150423 03

バルトラ島の南隣にあるサンタクルス島はイタバカ海峡で隔てられていて、バスと同じで乗り合いの渡し船が飛行機に合わせて往復しています。およそ15分の乗船時間は混雑時にはやはり座席が早い者勝ちなので時には立ったままですが、すでに目に飛び込む景色はガラパゴス、ペリカンやアシカが桟橋で出迎えるように見られ、空にはアオアシカツオドリが飛び交い、時にはエサをめがけてダイビングする様子をみていればすぐに到着します。

arttour 20150423 04

イタバカ海峡のバス停の礎石に一枚のプレートが埋め込まれています。行き交う人々のほとんどがまず足を止める事もないこのプレートは、海洋冒険家として有名な堀江謙一さんがエクアドルから日本まで太平洋無寄港横断をした際にこの海峡を通過した記念に建立された日本とエクアドルの友好の碑です。日本人だから楽しめるガラパゴスの隠れた宝物といえます。

arttour 20150423 05

堀江謙一さんは全長わずか9.5mの世界初のアルミ缶リサイクルソーラーボート「モルツマーメイド号」で平成8年の3月にエクアドルのサリーナスを出発して東京に138日目に到着しました。無寄港横断を目指していたのでガラパゴスに上陸はしませんでしたが、サンタクルス島の皆さんはバナナなどの差し入れをしてくれたそうです。バス停の裏にリクイグアナが住みついていて人を警戒しながら顔を出すのでバスを待つ間も楽しみです。
arttour 20150423 06

渡し船は頻繁に往復しているわけではないので、時間帯によっては大変な混雑です。船の天井が荷物置き場になっているので自己責任で荷物を載せてもらい、乗船したらサンタクルス島に向かって出発です。

arttour 20150423 07

時刻表もない渡し船はほぼ満員になると出発します。ガラパゴスでこれから待ち受けている楽しみで胸が高鳴る人、ガラパゴスに大満足して思い出と共に帰る多くの観光客がイタバカ海洋を行き交います。

文責:波形克則
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp

















 

ハワイの海洋エネルギー

テーマ: 地域情報(海外)
2015年04月18日|

皆様 アロハ!

ハワイ州観光局です。

さて、前回までハワイの太陽エネルギー、風力エネルギーとご紹介させて頂きましたが、今月は、海洋エネルギーについてご紹介させて頂きます。

その昔、ハワイの住民を長く支えてきたのはハワイ諸島を囲む海でした。そして、それは、今でも変わっていませんが、現在では、新技術を採用して、将来の世代のために海洋が持つエネルギー資源を生かした再生可能なエネルギー開発も進めています。


Hawaii tourismhawaii 20150418 01


地球表面の70%を覆う海は、太陽から熱エネルギーを吸収する世界最大のソーラーコレクターとして働き、潮と波からは運動エネルギーが生じます。海洋エネルギーの中でも、波エネルギー、海水の温度差より生み出すエネルギーは、もっとも豊富で有望な資源であり、ハワイの潮や海流から生じるエネルギーは、今後は海洋発電機の設計技術を改善することにより、有望な資源になると言われています。

 

Hawaii tourismhawaii 20150418 02


海洋表層の温水と深海の冷水の温度差を利用したエネルギーは、従来の空調、または、電気を生成するためのいずれかに使用されています。また、ハワイ諸島の北海岸に生じる波は、米国では最も強いといわれており、いくつかの国際企業が今後の展開の可能性を探るためにハワイを訪れているようです。

ハワイには、1880年代よりヌウアヌやヒロにある水力発電所以外にも多数の水力発電所がありますが、現在、新たな水力発電プロジェクトとして、ハワイ島、カウアイ島、マウイ島で議論されています。

海洋パワーを利用して生み出す再生可能エネルギーの可能性は、今後もさらに広がっていくでしょう。

 
«最初12345678910最後»

8 / 12 ページ
ページトップへ