カレンダー

<< 2017年11月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(海外)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

ガラパゴス諸島のゾウガメたち(エクアドル)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年09月10日|

■ガラパゴス諸島のゾウガメたち(エクアドル)■

arttour 20150910 01

地球上に存在しているゾウガメはガラパゴスのガラパゴスゾウガメとインド洋のアルダブラゾウガメの2種だけです。ガラパゴスは希少なゾウガメの宝庫で、4亜種は絶滅したと考えられていますが、今でも11亜種、およそ2万頭強が各島々に生息しています。17-19世紀に人類と出会ったためにガラパゴスゾウガメは 食用や油用、動物園の展示目的、剥製目的、ペット目的等々でおよそ20万頭が乱獲されたと推計されています。ガラパゴスではダーウィン研究所の指導で50年にも及ぶゾウガメ復元プロジェクトが持続的に進められ、現在4つの島で国立公園局が人口繁殖センターを運営しています。かつてダーウィンが目にしたであろう大きなゾウガメがのしのしと歩き回るゾウガメ天国に復元される日がやがて確実にやってきます。

arttour 20150910 02

ダ―ウィン研究所のゾウガメ人工繁殖センターは一般に公開されているので柵の中で人工飼育されているゾウガメを見学できます。開所以来飼われているゾウガメも多いので、かなり大きなゾウガメたちを目の前で見ることができます。

arttour 20150910 03

ダーウィン研究所で人工飼育されているゾウガメの一部は世界中に持ち出されたゾウガメが返還された個体も含まれています。この飼育舎の7頭のゾウガメはどこの島の亜種か特定できないので飼われていますが、あいにく全てがオスなので人工繁殖には至りません。

arttour 20150910 04

人工繁殖センターではセンター内は勿論の事、各島々で産卵された卵を探しては持ち帰り人口孵化をしてゾウガメ数の復元を行っています。所内で生まれた子亀は5年ほど育てられると各島々に戻されています。人工孵化で誕生したゾウガメはマイクロチップが埋め込まれているので、遠い将来にはゾウガメの寿命も明らかになることでしょう。

arttour 20150910 05

道路上にゾウガメが現れて車が行く手を阻まれることも最近ではしばしば起こるようになりました。ゾウガメ天国ガラパゴスの復元計画は着実に前に進んでいます。

arttour 20150910 06

サンタ・クルス島のハイランドは野生のゾウガメが見られる数少ないビジターサイトです。民間の農牧地で見られるので農場主が食事を提供したり休息ができる施設を用意して貴重な現金収入を得ている農場がハイランドには複数あります。整地された農牧地にいるゾウガメの光景はまるでカメ牧場の様子ですが、これは自然の光景です。


文責:波形克則(アートツアー)
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp

 

フレーザー島から(オーストラリア)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年09月05日|

★日本エコツーリズム協会の理事でもある、東海大学の小林寛子教授が、今夏学生を連れてオーストラリアのフレーザー島でエコツーリズム研修を行いました。その最終日の様子が届きましたでお知らせします。

8月31日、今日も素晴らしい天気です。フレーザー島での5泊6日のエコツーリズム研修を終えて、朝のフェリーで本土に戻ります。
エコツーリズムの研修の私からの最後のメッセージは、今年もこれです。
知ること、学ぶことで初めて守ることの意味が分かると、そのための一歩であればと思います。
オーストラリアは、9月1日が春の始まりです。新しい季節が希望に満ちたものでありますよう。

11990643 10207799258238301 4474292779029641622 n


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

村のガイドリーダーを育てるファシリテーション研修スタート!(ガボン)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年08月27日|

村のガイドリーダーを育てるファシリテーション研修スタート!(アフリカ、ガボン)

gabon20150827 01

 

 

京都大学チームと森に生息する西ローランドゴリラや森の資源や文化を紹介できるエコツアー住民ガイドを育てるガイド研修を行うために、アフリカ、ガボンに来ています。

gabon20150827 02

 

今はまず種まき。5月に引き続き、今回の派遣で、これからどんな面白いことが出来るか計画を練っていきたいと思います。

gabon20150827 03

 

エコロジック 新谷雅徳

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

カナナスキスカントリーで乗馬を楽しむ(カナダ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年08月20日|

20150820canada01 

 

カルガリー空港から約1時間30分、バンフから東に約45分に位置するカナナスキスカントリーは、1988年に開催されたカルガリー冬季オリンピックのアルペンスキー会場として有名になり、カナディアンロッキー観光のリゾート地として人気があります。

 

カナナスキス・ビレッジ・リゾートは、カナダやアメリカ合衆国の団体旅行から大変な人気があります。

日本との縁は、1998年6月に大相撲カナダ公演がバンクーバーで開催された際、 カナダ政府がカナナスキス・ビレッジ・リゾートを貸切り、公演に参加した力士や親方を招待しました。当時は、若乃花、貴乃花、曙の全盛時代でしたが、 この横綱達を筆頭に幕内力士もカナナスキス・ビレッジ・リゾートに滞在し、カナディアンロッキーを満喫しました。

 

カナナスキス・ビレッジ・リゾートの中核を担っているホテル「THE LODGE AT KANANASKIS(ザ・ロッジ・アット・カナナスキス)」は、 弊社でAカテゴリーホテルとして提供させて頂いており、大自然の奥座敷的役割りの佇まいです。インセンティブツアーやゆっくりされたいお客様に適した ホテルです。

20150820canada02

 

カナナスキス・ビレッジ・リゾートから10分程の場所にある観光牧場”カナナスキス・バウンダリー・ランチ(バンフから約50分)。 乗馬とバーベキュースタイルの食事で大変人気の観光スポットです。雄大な景色を眺めながらの乗馬はとても気持ちが良いものです。 牧場周辺は土地柄、広葉樹が多く、春先の新緑や秋の黄葉の景色も美しいです。

20150820canada03

20150820canada04

 

カナナスキス・バウンダリー・ランチにも約350名収容可能なバンケットがあります。 八角形の建物ですが、典型的なウェスタンスタイルのバンケットで、中央に大きな暖炉があります。 現地ではウェスタンスタイルの結婚式などに利用されています。

20150820canada05

20150820canada06

 

カナナスキスカントリーを代表するUPPER KANANASKIS LAKE(アッパー・カナナスキス・レイク) カナナスキス・ビレッジ・リゾートから車で約40分に位置しています(バンフから約1時間45分)。

20150820canada07

 

 

湖の周りには多くのキャンプ場とインフォメーションセンターがありますが、それ以外の人的サービスはなく、雄大な大自然がどこまでも広がっています。 キャンピング、フィッシング、ハイキングそしてカヌーイングで有名な湖ですが、海外からの観光客はほとんど訪れません。 海外からの滞在者の多くはカナナスキス・ビレッジ・リゾートでのんびりすると共に、コロンビア大氷原やヨーホー国立公園、また、バンフの町を訪れます。

 

JTBI カナダ

 

ハワイを静かにゆっくりと満喫できる場所

テーマ: 地域情報(海外)
2015年08月06日|

■ハワイを静かにゆっくりと満喫できる場所■

ワイキキやアラモアナといった街の喧噪からはちょっと離れて、ハワイ本来の海と緑と風に触れたくなったらお薦めなのがカカアコウォーターフロントパーク。
人も少なく静かでゆっくりとした時間を過ごせるので、最近の我が家のお気に入りです。

Hawaii JTBHAWAII 20150806 01

駐車場からの小さい丘を越えた先に広がるこのThe Hawaiiな眺め。
これだけでテンション上がります!

Hawaii JTBHAWAII 20150806 02

公園でピクニックをする際に重要なのが日陰。
どんなに綺麗で素敵な公園でも日陰がないと、このハワイの日差しの下では長居できませんが、カカアコウォーターフロントパークは適度に木が茂っているので安心してお弁当を広げられます。

Hawaii JTBHAWAII 20150806 03

我が家も早速、木陰の下で波の音と鳥のさえずりを聴きながらいただきまーす!

Hawaii JTBHAWAII 20150806 04

息子が思いっきり走り回れて、もし転んでも怪我をしにくいそんな「芝」がここにはあります。
食後には息子とボールを蹴ったり、落ちていた段ボール片で丘を滑り降りて遊びました。
楽しかったー!

Hawaii JTBHAWAII 20150806 05

ただ残念なことにこのカカアコウォーターフロントパーク、ビーチがないんです。
三度の飯より砂遊びが大好きな息子のこの落胆ぶりはただごとではありません。

Hawaii JTBHAWAII 20150806 06

代わりにと言ってはなんですが、海沿いに敷かれた遊歩道の所々には
テーブルを備えた休憩所があって、海からの心地良い風を感じながらのんびりできます。

Hawaii JTBHAWAII 20150806 07

トイレも完備。綺麗ですが、日本にはない開放感ですので驚かれませんように。

Hawaii JTBHAWAII 20150806 08

小高い丘の一番眺めの良い場所には、2001年2月にアメリカの潜水艦と衝突し沈没したえひめ丸の慰霊碑があります。
事故の犠牲になられた方のご冥福を祈って、息子と共に手を合わせました。

Hawaii JTBHAWAII 20150806 09

夕方近くになってもローカルの皆さんが木陰でのんびりくつろがれていました。
ここからのサンセットはとても綺麗です。この日、我が家はサンセットまで居れなかったのですが、ハワイにいらっしゃった際には、ぜひ皆さん自身の目でご覧になられてください。

Hawaii JTBHAWAII 20150806 10

JTBハワイ

 

陸貝の歌と呼ばれたカメハメハ3世の夏の離宮(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年07月29日|

★ハワイからの記事です。

ハワイには色々なトレイルがありますが、長時間歩くのはという方にも30分でハイキング気分を味わってもらえる場所をご紹介します。ヌウアヌのペトログリフがあるアラペナ滝やカペナ滝もその1つですが、今回はハワイ王朝夏の栄華跡
場所は、ヌウアヌ・パリ・ドライブ途中の水道局ビルディングから100メートルほどカイルア方向にいった所で、サインもないので、誰かに連れて行ってもらわないと入口が見つかりにくいという難点があります。道路の路肩に車を停めて、21・00とかかれた小さなサインが見つかったらシメタもの。その傍の竹やぶの中に小さな細い道があるのです。この入口からハイキングはスタートします。

hawaii imaoka 20150729 03Trail entrance

トレイルの入口は左に見える数字のサインが目印


竹やぶを10分ほど歩いて、まずはルアカハ滝(Luakaha Falls)を目指します。まっすぐに竹やぶを進んでいくと、ハイキング道はひんやりしてさわやか。赤腹色鳥の美しい鳴き声がひびきわたります。

ヌウアヌ(Nuuanu)とは Nuu=高い場所 anu=涼しいというハワイ語で、涼しい高地を歩くのでとってもさわやかです。雨が多く枯れた笹の葉で覆われた道がぬかるんでいることもあり、滑らないようご注意ください。途中は、竹林がせり出し、水道管が見えたり、倒木が道をふさいでいたりします。


竹林を歩いていて、ハワイの竹の節は日本のと比べると長いと言うことを指摘してくれたのが、高校時代の友人で、フラの先生として日本で活躍しているクウレイナニ橋本さんでした。彼女は竹をみるなり、「なるほど、ハワイの竹じゃないと、プイリがうまく作れないわけだ。」といって説明してくれました。プイリというのはフラで使われる2つで1つのペアになっている竹製のたたいて音をだす楽器で、これを使ってフラを踊ります。

hawaii imaoka 20150729 07hawaiian bamboo
これが節目間が長い、ハワイの竹。
hawaii imaoka 20150729 08nice bamboo trail
こんな竹林道を歩きます。

hawaii imaoka 20150729 10puili
ハワイの竹でつくる楽器「プイリ」。

古い水道管が道をふさいでいるのを跨いで進んでいくと、先日の大雨と風で大きな木が倒れトレイルをふさいでしまっています。枝と枝の間をなんとか通り抜け、川のせせらぎがはっきりと聞こえると、あっという間にルアカハ滝に着きます。

hawaii imaoka 20150729 04trail with waterpipe
ルアカハ滝に行く途中にある水道管のパイプ。これをまたがないといかれない。


hawaii imaoka 20150729 05Luakaha falls


hawaii imaoka 20150729 06Luakaha falls stone emmas swimming place
ブロックがきれいにおかれた滝の上で、たぶんここで水遊びをしたのでは


ルアカハ滝の上は水が溜まるように人工的にブロックを置いた感じできれいに石が並べられていて、昔カメハメハ4世の妻であるエマ王妃が沐浴を楽しんだ場所だったというのもうなづけます。そして緩やかな小さな滝がいくつも重なり長い滝になっています。

さてこの滝を見終えたら、5分ほどもと来た竹林道を戻ります。すると右側にもう1つ上にあがるトレイルが見つかります。ここを進んでいくと5分ほどで、今回のハイライトカメハメハ3世とその妻カラマ王妃のサマーパレスの跡が出てくるのです。竹林から分かれた道は木の根が張り出している緩やかな登りで、すぐに苔むした石垣が右手に見えます。この辺り一帯は、薬草で治療したり、ヒーリングを行うヘイアウ(祭壇)だったところで、リラックスする場所という意味の「Luakaha ルアカハ」と呼ばれていました。

その後カメハメハ大王が戦争で傷ついた兵士を休ませたところとして有名になり、またここから貝がとれたため「Kaniakapupu カニアカププ」(Song of the land shells 陸貝の歌)とよばれるようになったとか。ハワイ王朝のカメハメハ3世は、リラックスできるパワーを持つこの聖地ヘイアウ跡にサマーパレス(夏の離宮)を建築、1845年に完成させ「カニアカププ」をそのままサマーパレス名としました。

hawaii imaoka 20150729 01kaniakapupu 1

石造りの離宮は、西洋の影響をうけ1階建ての大きな部屋と、それを取り巻くポーチで造られ、すぐそばに石造りの厨房や、わらぶき屋根の家々があったようです。当時7月31日がハワイの主権回復の祭日で、1847年の4回目にカメハメハ3世は外国の貴賓や知事の方々、そして庶民にいたるまで1万人以上を招いて「ルアウ」と呼ばれる宴会をここで開催したことが石碑に残されています。

hawaii imaoka 20150729 02kaniakapupu 2

当時のルアウのことを書いた資料を参照すると、豚271頭、塩魚3125匹、新鮮な魚1820匹、鶏602羽、牛3頭、4000個のタロイモ、82羽の七面鳥に数々の果物・・・とにかくすごく豪華なルアウだったようです。
そしてこの辺り一帯に一万人も集まったということですから、周りの木立のあたりが大きな広場になっていたのでしょうか。この建物は避暑地として数十年使われたということですが、今では石造りの壁は崩れ、当時の面影は夢のまた夢・・・美しい緑にかこまれたサマーパレス跡と、人もはいらないジャングル内の滝という2つの物言わぬサイトが、実は昔の栄華の中心で、しかも今でも道路のすぐそばにあり30分ほどで回れるけど、あまり知られていないっていうのが信じられません。

今岡千草

 

この変わった形の山は…(フィリピン)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年07月27日|

日本エコツーリズム協会スタッフが、はやめの夏休みを取ってフィリピンに行ってきました。
そこで撮ってきた写真を見せてもらったところ、こんなかわった山々が。

これはフィリピン、ボホール島にある「チョコレート・ヒル」。確かに一口サイズのチョコで、こんなかたちのものがありますね。

 

フィリピンを訪れたスタッフによるレポートはまた後日掲載します。お楽しみに!

IMG 1328

 

アトランティス サブマリン(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年07月16日|

皆様 アロハ!

ハワイ州観光局です。
これまで、ハワイの太陽エネルギー、風力エネルギー、海洋エネルギー、地熱エネルギーについてご紹介してまいりましたが、今月からは実際に皆様が体験できるツアーの中でも、環境にもやさしいツアーをご紹介させていただきます。

今回は、オアフ島、ハワイ島、マウイ島で潜水艦に乗って海底30メートルの世界を見学するツアーを運航しているアトランティス サブマリンをご紹介させていただきます。

アトランティスサブマリンは、生態系に優しい潜水艦ツアーを催行されておりますが、海洋生態系の 保全・育成に貢献するプログラムの推進によって、ハワイエコツーリズム協会から「環境を破壊することなく、資源利用を持続することに配慮が行き渡ったツアーを催行している」と評価をされているという優良のツアーです。さらに、2011年9月には「グリーン サーティフィケーション」の最高位「ゴールド クラス」(3年間有効)としても認定されました。

hawaii tourism 20150716 02

実際のアトランティス サブマリンのツアー(オアフ島ホノルルツアー)では、ハワイ大学との共同プロジェクトとして、10年以上前に熱帯魚を繁殖する場として作った人工漁礁や日本の旭化成が設計した人工漁礁、古い飛行機(日本製のYS-11旅客機)2機の残骸など今では多数のサンゴ礁がつき、ウミガメが泳ぐ姿やハワイ固有のカラフルな魚の姿など、普段は目にできない美しい光景をご覧いただけ、未知なる海中散策を潜水艦からお楽しみいただけます。

hawaii tourism 20150716 01

そして、今夏ハワイに行かれる方に朗報です。現在、「夏休み子供1人無料スペシャルキャンペーン」を2015年7月28日~2015年8月27日の間の火、木、土曜日に実施しております。
ツアーにご参加いただくことで、夏休みの自由研究にもご利用いただけるので、オススメです。

ツアーでは、海底ツアー中によく見られる魚の名前を日本語、英語、ハワイ語で楽しく覚えるミニクラスが開講されているほか、ハワイの海の生き物や海中世界、潜水艦の不思議などが写真やイラストで解説された「ダイブログ」と「わくわく海中マップ」もプレゼントされます。

アトランティス・サブマリンの詳細はこちら
http://www.atlantisadventures.jp/submarine/index.html

マハロ!

 

土地を利用したエネルギー(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年07月14日|

皆様 アロハ!

ハワイ州観光局です。

今月は土地を利用したエネルギーについてご紹介致します。

地球には様々な再生可能エネルギーがありますが、中でも有望視されている資源が土地を使ったエネルギーです。まず、土地を活用したエネルギー資源の代表的なものに地熱エネルギーがあります。地熱発電では、地球内部にある熱水や蒸気から熱を取り出し、その熱を利用して電力を発電します。また、地球表面付近の摂氏10度から15度ほどの熱を取り出すことができます。

地熱エネルギーの活用方法には主に3種類あります。地球内部の熱をそのまま熱として使う方法と、それを電力に変えて使う方法、そして、地表付近の熱で建物を温めるまたは冷やす方法です。この中でもハワイにあるのは地球内部の熱を電力に変える発電所です。

hawaii tourism 20150714 01

ハワイには1990年代からハワイ島にある地熱発電所にて電力が供給されていますが、現在、発電所の地熱エネルギーは、ハワイ島のエネルギー資源の約20%に及びます。さらに、他の地域でも地熱発電として利用可能なエネルギーが存在していると考えられています。

そして、もう一つ、ハワイの土地を活用したエネルギーにバイオマスエネルギーがあります。バイオマスエネルギーとは植物などから作られるエネルギーのことで、化石燃料の発電に比べ、温室効果ガスの排出が少ないので比較的クリーンなエネルギーとして知られています。

カウアイ島やマウイ島では、サトウキビから作られるエタノール燃料を工場の電力や車の燃料として利用し、オアフ島やハワイ島では、サトウキビの搾りかすを燃やすことによる発電を現在行わっていないものの、コーヒーやマカデミアナッツ、スイカ、木、花などの農業廃棄物を資源とした電力発電を行っています。さらに、オアフ島やマウイ島では、使用済みの食用油をディーゼル燃料に変えて利用することもあります。このディーゼル燃料はレギュラーディーゼルと混ぜられトラックやバス、ボートなどの燃料に使われています。

hawaii tourism 20150714 02

地球には多数の資源がありますが、土地を利用したエネルギーは、豊富にある上、排気物の量を比較的抑えることもできます。世界有数の観光地であるハワイは、特に、環境に配慮したエネルギー生産が必要不可欠です。そして、今後も世界中の人々を魅了し続けるためにも、ハワイには、地熱やバイオマスエネルギーが、必要な資源となっていくでしょう。

さて、今月まで毎月、ハワイ州のエコへの取り組みと再生可能エネルギーについてご紹介させていただきましたが、来月からは、ハワイの自然環境と文化保護を目的とした教育プログラムやエコツアーを提供する会社や団体などをご紹介させていただきます。 是非楽しみにしていてくださいね。

マハロ!

 

気分爽快!ココヘッド・ハイキングで絶景を楽しもう!(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年07月12日|

気分爽快!ココヘッド・ハイキングで絶景を楽しもう!

前から気になっていたココヘッドに登ってきました!
日陰がないため日中は激暑だと聞いていたので、がんばって早起きしましたよ~。
こちらの登山口から、いざ出発!

jtbHawaii 20150712 01

昔使われていた線路をまっすぐ登ります。
見事なほどの「一本道」ですが、枕木が滑るので注意注意っ!

jtbHawaii 20150712 02

途中、一休みしたところで後ろを振り向くとハワイカイの住宅地が広がっていました。
うむ!キレイ~!

jtbHawaii 20150712 03

引き続きズンズン登っていきます。
途中、線路の下が崖になっている箇所があって、ちょっとヒヤヒヤ。
ここが最初の難関ポイントだったかな。

jtbHawaii 20150712 04

途中途中で休憩をとりながら、ようやく山頂に到着~!
ここからの景色はまさに絶景なり!

jtbHawaii 20150712 05

山の反対側にはハワイカイ・ゴルフコースが。
太陽が海に反射して、キラキラと輝いています!
息をのむほど美しい景色とはこのことですよね!

jtbHawaii 20150712 06

ハナウマ湾もこの通り!
この絶景を眺めていたら、疲れなんて吹っ飛んでいきました!

jtbHawaii 20150712 07

 
«最初12345678910最後»

7 / 12 ページ
ページトップへ