カレンダー

<< 2017年10月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(海外)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

空は青く雪は融け(ドイツ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年12月13日|

■ドイツ北部の国立公園から季節のおたよりです。

 

「持続可能性」をテーマにしたツアーを開催しました。

雪がとけ、道がぬかるんでいましたが空は青く澄み渡り、絶好のツアー日和でした。

 

germany harz 20151213 01

 

germany harz 20151213 02

 

ドイツ

ハルツ国立公園

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

阿里山ご来光・祝山線乗車 朝のハイキングで癒される旅(台湾)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年11月24日|

阿里山ご来光・祝山線乗車 朝のハイキングで癒される旅

今回は台湾から、阿里山のご来光と祝山線のご紹介をします。

jtb taiwan 20151124 01

全長6.25km、軌間762mmで全線単線の祝山線は御来光を見る観光客を輸送するために1986年1月13日に正式開通しました。
四季によって変わる日の出時刻に対応し、季節によって運行ダイヤが異なるから、前日の切符購入の際に確認してください。

まだ暗いうちに、出発!

jtb taiwan 20151124 02

立派な木の看板、さすが阿里山!

jtb taiwan 20151124 03

終点の台湾で最も高い鉄道駅、祝山駅に到着です。この日は土曜日で、特に混雑していました。

今回は、人の多い祝山展望台ではなく、そこから更に徒歩10-15分ほどの小笠原展望台を目指します。

jtb taiwan 20151124 04

まだ真っ暗ですが、足元には灯りがあるので安心。
でも走るのは危険です。標高が高いので、すぐに息切れてしまいますよ。

jtb taiwan 20151124 05

小笠原展望台に到着!少し明るくなってきました。

jtb taiwan 20151124 06

いよいよご来光です

jtb taiwan 20151124 07

雲が晴れません・・・。

jtb taiwan 20151124 08

この日は残念ながら蒸気が発生、風もなかったので、雲の隙間から太陽の光を拝むだけとなりました。

jtb taiwan 20151124 09

それでも朝方の展望台からは、素晴らしい水墨画のような景色と空気を堪能。
帰りは、最終列車に間に合うように、祝山駅へ急ぎます。

jtb taiwan 20151124 10

到着の際に、最終列車の時間をチェックしておきましょう。

jtb taiwan 20151124 11

出発まで時間の余裕があれば、祝山展望台には屋台もあるので、温かい朝ごはんを楽しむこともできます。

jtb taiwan 20151124 12

帰りは、途中の沼平駅で下車。

jtb taiwan 20151124 13

駅前からは雲海も見え、朝の澄んだ空気がとても気持ち良い!

jtb taiwan 20151124 14

そのまま、線路沿いを歩いて、約1時間ほどのハイキングへ、Let's Go!

jtb taiwan 20151124 15

古くて大きな木をあちこちで見ることが出来ます。マイナスイオンをたっぷりと深呼吸。

jtb taiwan 20151124 16

見どころのひとつ、姐妹潭。
ある姉妹が同時に1人の男性を好きになり、お互いを傷つけたくないが故、それぞれの湖に身を投げたという伝説があります。
こんなに綺麗な湖なのに、ちょっと切ないですね。

jtb taiwan 20151124 17

金豚報喜
台湾では繁栄と財運をもたらすブタと名付けられています。ブタにみえますか?

jtb taiwan 20151124 18

この時、まだ8時前。森林の冷気と太陽の光がとっても清々しいです。

jtb taiwan 20151124 19

阿里山賓館
阿里山中で最も高い位置にある、1913年にできてから2015年で既に102年、最も歴史があり、日本統治時代の台湾総督や皇族、蒋介石も滞在したという正真正銘の老舗ホテルですね。ここに宿泊して、ゆっくり阿里山を散策するのが憧れです。

一生に一度は訪れてみたい阿里山。
JTB台湾でもお手配のご案内をしていますので
お気軽にお問い合わせください。

http://www.mybus-asia.com/taiwan/page.php?id=tourist_desk.html

引用:JTB台湾ブログ
http://www.jtbtaiwan.tw/blog/2015/11/post-35.php



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

ドクタービーチが選んだ全米トップのビーチ「ラニカイ(Lanikai 天国の海)」を眼下に眺めよう!!(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年11月22日|

★ハワイから旬のおたよりが届きました!

ドクタービーチが選んだ全米トップのビーチ「ラニカイ(Lanikai 天国の海)」を眼下に眺めよう!!

ラニカイの海に浮かぶモクヌイ島(Moku Nui 高さ69m)とモクイキ島(Moku Iki)合わせて2つ島(Moku Lua 高さ46m)がエメラルドグリーンのラニカイの海に美しく浮かぶ光景が見られる場所にご案内しましょう。

hawaiiimaoka 20151122 09

七つの青さを持つラニカイの海に、庭が広く取られたラニカイの住宅が木々の間から見え隠れ、そしてビーチ際にはたくさんのヤシの木が散在し、ビーチにはカヌーが点在しているという南国ムード満点の光景。

家々をじっくり見ていくと、広いテニスコートがあるものや、カヌーを置いてある家など、見ているだけで興味深いものがあります。
この光景をぜひ皆さんにも味わっていただきたいと思うのですが、何せラニカイ・・・遠い上に、ハイキングコースはかなり難所があります。ダイアモンドヘッドのように整備されていない生のトレイルで、しかも・・・急な勾配と岩や溶岩、滑りやすい赤土の土壌が行く手を阻みます。そんなところですが、行ったら病みつき。なぜって、景色が素晴らしいんですもの。   

ラニカイにはいり、ミッドパシフィック・カントリークラブというメンバー制のゴルフ場入口を目指すと、門が見えてきます。その門の向かいにあるカエレプル・ドライブ(Kaelepulu Drive)という道を登っていくと、Pillbox(ピルボックス)ハイキング・トレイルというサインが見え、右に登山道があるのです。
この登山道にはいってすぐから厳しい難所がスタート。右手にフェンスが見えますが、この急な斜面を滑らぬように足元に気を付けながら登っていきましょう。特に雨が多い冬場は、滑ること滑ること。汚れてもいい服装で、また滑りにくい靴を忘れずに。このトレイルには雨宿りできるような大きな木がないので、雨雲が見えるようなら、ウインドブレーカーも持っていきましょう。

 

hawaiiimaoka 20151122 01

雨が降るとベチャベチャぬかるみになり、よけい滑りよくなるし、降らなくてもズルズル滑るしで、どちらにしても、登山道から5~10分ほどは足場を見ながらの、格闘となります。しかも急で足場が狭いときているので、一歩一歩足がしっかり収まるところを探しながら登らなくてはなりません。
地元の人は草履で上がっているのも見受けますが、我々は底がしっかりとあるスニーカーじゃないと無理。きついキツイといいながら横をみると、大きな犬も小型犬も、そして小さな子供も登っていて、追い越していくのです・・・・


hawaiiimaoka 20151122 04

 

我々リタイアー組の足で10-15分ほど歩くと、そこは真っ青なラニカイが見える180度以上眺望が開けた場所にやってきます。素晴らしい眺め!!それから先はずっとラニカイビーチが見え続けっていうのがこのトレイルのすごいところ。

 

hawaiiimaoka 20151122 02

この場所から沖合に見える2つの島は、どちらもハワイ州によって海鳥の保護地区とされ立ち入り禁止となっているもので、島には海鳥の巣がおおくみられます。昼間のみカヤックで左に見えるモクヌイ島のほうに行けるとのことです。 火山の先だけが出ている島で、大きいモクヌイ島で全長305mX幅244m、小さいほうのモクイキ島は267mX213mという狭さ。その島をずっと眼下に収め続けながら登るという、道はきついがとても魅力的なトレイルです。途中は道がいくつかに分かれていますが、どれをとっても上に行くことができますが、蛇行しながら登る穏やかな道もあれば、ロッククライミングもどきの険しい直線道などあり、選択はあなた次第!!
大きく開けた所でちょっと休憩し、頂上の方を見ると、まだまだ登山は続きます。

 


hawaiiimaoka 20151122 03

 

ゴツゴツした岩肌と日陰のない尾根伝いの狭い道、夏場は陽をまともに受けますが、海から風が吹き付けてとってもさわやか。強風の時は吹き飛ばされるのではないかとちょっと心配なくらいです。今年は雨が多かったので夏でも山が緑になっていますが、通常だと、草はもっと枯れて茶色、冬場は緑となります。


hawaiiimaoka 20151122 05


岩の足場が悪く、知らない人ともお互いに助け合いながら登っていくのがこのトレイル。ピルボックス(トーチカ)は2つあるのですが、最初の1つ目が見えてきました。このトーチカはいたずら書きが至る所にされていて、遠くから見ると掘っ立て小屋のようにも見えますが・・・・
最初のピルボックスに到着。パノラマビューでまさに絶景!!でもこのトーチカは第二次世界大戦の時のもので時代がたっていること、また潮を含んだ海風でコンクリートも鉄筋もだいぶん朽ちててきており、支柱が今にも崩れそうで危ないので、登らないようにという警告が地元の新聞載っていました。登っているところを見つかると罰金の対象にもなるとか・・危ないので絶対登らないでくださいね。

 

hawaiiimaoka 20151122 06

登山道からここまで、私の足で30分。登り道があまりにも急だったので帰りが心配で、私はここでUターンすることにし、若い友達二人はそのまま2番目のトーチカ目指して頑張りました。

 

hawaiiimaoka 20151122 07


一緒に来た犬たちも、3歳の子供をつれた女性たちも、2つ目のトーチカがある頂上まで行ったと、友達から聞いたので、次回は完頂したいと思いますが、この登山道は、最初の10-15分なんとか我慢して登れば、ラニカイの素晴らしい眺望が見られる場所にいけるというのがいい。ここまででも十分登ったという達成感を味わうことができますが、下山もきついのでご注意を。

 

hawaiiimaoka 20151122 08

ピルボックス・トレイルの正式名称は、カイヴァリッジ・トレイル(Kaiwa Ridge Trail)で、高さ172メートルの頂上のトーチカからは文句なしの360度のパノラマビューが見えるとか。2つの島以外に、ラニカイビーチ、カイルアビーチそしてワイマナロの山々にゴルフ場やビーチ周辺の住宅などが見られる素晴らしい眺めです。
ただしこの辺りは、駐車場がなく、住宅街の道路脇に止めなければなりませんが、ラニカイビーチに来る人の車が多いので、パーキングを見つけるのが一仕事。入山料は無料で、登山時間は1時間から1時間半で見てください。途中まででも達成感のあるトレイルで~す。

 

hawaiiimaoka 20151122 10


ラニカイに来られた折は、このピルボックスのことを思って、登らなくても山のほうを見てください。もしかしたら、ピルボックスが見える場所にいるかもね~!!

今岡千草



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

思いの他キツかった…ワアヒラ・リッジ・トレイル(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年11月13日|


前から挑戦してみたかった、
ワアヒラ・リッジ・トレイル(Waahila Ridge Trail)
に行ってきました

場所は…

ワイキキから車でおよそ15分走った
高級住宅街「セントルイス・ハイツ」
の先にあります。
jtb Hawaii 20151113 01

住宅街を抜けると、

急に「ここはハワイ???」

と思わせるような、
避暑地のような公園が現れます。
jtb Hawaii 20151113 02

こんな林も…
ハワイではちょっと珍しい…
jtb Hawaii 20151113 03

公園の奥に、トレイルの入り口がありました。
jtb Hawaii 20151113 04

空を見上げると…
気持ちいい~
jtb Hawaii 20151113 05

最初はちょっとゆるい坂道が続き…
jtb Hawaii 20151113 06

さらに急坂が続き…
jtb Hawaii 20151113 07

見晴らしの良い場所に出てきました

山間の向こうにはキレイな海が見えます。
jtb Hawaii 20151113 08

反対側は山脈が続きます。
jtb Hawaii 20151113 09

っといきなり
大きな岩が…
jtbhawaii 20150920 10

ロッククライミングさながら
アップダウンを進んでいきます

慣れていないので、キツイ~
jtb Hawaii 20151113 11

もぉ~大きな岩が次々と現れ…
jtb Hawaii 20151113 12

日差しもガンガンと強く…

これは…

もぉ~今日は無理...

と判断し…

泣く泣く引き返す事に…
jtb Hawaii 20151113 13

次回は早朝、まだ涼しい時間に再トライする事にして…

帰りの道すがら、
セントルイス・ハイツの住宅街から
ダイヤモンドヘッドの絶景~
jtb Hawaii 20151113 14

反対側にはホノルルの街が見渡せる絶景も
jtb Hawaii 20151113 15

こんなところに住めたらいいなぁ~

やむなく引き返してきたハイキング…
また挑戦したらご報告します~

ワアヒラ・リッジ・トレイル
Waahila Ridge Trail
St. Louis Heights Dr
Honolulu, HI 96822

グーグルマップはこちらから


JTBハワイ


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

牛耳嶺トレイルでトレッキング(韓国)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年10月27日|

2015年10月16-17日に、韓国で行われた「第1回エコツーリズム・フェスティバル」。
17日には、北漢山国立公園で牛耳嶺トレイルでのトレッキングを楽しみました。

 

こちらが北漢山国立公園の入り口。

IMG 1709b

 

天気も良く、こんな景色が楽しめました。


IMG 1680

 

国立公園内での看板。

よくみると後ろの木も紅葉が始まっていて、秋の訪れを感じました。


IMG 1598


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

第1回エコツーリズムフェスティバル(韓国)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年10月26日|

2015年16-17日、韓国で「第1回エコツーリズム・フェスティバル」が開催されました。
日本エコツーリズム協会からも理事および事務局スタッフが参加し、韓国のエコツーリズム情報を収集しました。

12115694 10208105066123307 8489667351673010722 n

 

フェスティバルでは、韓国のエコツーリズム推進に取り組んだ方々を表彰する時間もありました。

12115967 10208105066283311 6805937351507079394 n

 

テントブースの様子。



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

ハワイエコツーリズム協会(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年09月25日|

皆様 アロハ!

ハワイ州観光局です。
こちらのブログでは、皆様がハワイで体験できる、環境にやさしいツアーをご紹介させていただいておりますが、今回は、エコツアーを提供されているツアー会社や宿泊事業者、コミュニティから構成されているハワイ エコツーリズム協会をご紹介させていただきます。

ハワイエコツーリズム協会の使命は、ハワイのユニークな自然環境を保護し、ハワイへの訪問者、在住者、企業に責任ある旅行を推進し、持続可能な旅行を催行するための教育プログラムを提供することです。

 

hawaii tourism 20150925 02


ハワイエコツーリズム協会に帰属する企業・団体は、ハワイエコツーリズム協会の原則に基づき、持続可能な観光を提供しているなど、要件を満たした企業・団体です。
それらの企業、団体は、持続可能な観光オペレーターとしてハワイエコツーリズム協会より認定され、認定ロゴ(下記画像)をウェブサイトや販促物で使用しています。エコツアーをご予約される際には、このロゴがあるかを是非チェックしてみてください。

hawaii tourism 20150925 01


ハワイエコツーリズム協会は毎年事業を通じて、環境管理や文化的感受性、コミュニティ強化、教育面を評価し、エコツーリズムオペレーターの中から、エコツアー・オペレーター・オブ・ザ・イヤー賞を選出しています。
2014年には、ハワイアン・レガシー・ハードウッド社が受賞しました。同社は、ハワイ州の中でも絶滅危機に瀕したハワイ原生種コアの木を保護するための植樹活動を行っている団体です。
ハワイ島でコアの木を実際に植樹するツアーも催行しております。
詳細は http://www.hawaiianlegacytours.com/ をご覧ください。

ハワイアン・レガシー・ハードウッド社以外にも、ハワイエコツーリズム協会のウェブサイトでは、エコツーリズムオペレーターの情報や賞を受賞されたオペレーターの情報をご覧いただけます。http://www.hawaiiecotourism.org/ 

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

大人気のハイキング・スポット「マカプウ・ポイント」に行ってきました!(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年09月20日|

★大人気のハイキング・スポット「マカプウ・ポイント」に行ってきました!★(JTBハワイ)


ハワイで大人気のハイキング・スポット「マカプウ・ポイント」に行ってきました!
道は舗装されていて犬連れやベビーカーで上っている人もたくさんいると聞いていたので家族総出で犬も連れて登ります。

ココヘッドを見ながらハナウマ湾を通り過ぎて向かいます。
jtbhawaii 20150920 01

周りにはあまり何もなく、登り始めは普通の坂道から出発。遊歩道みたいな感じですね。
jtbhawaii 20150920 02

始めは平坦でココヘッドも大きく見えます。
jtbhawaii 20150920 03

ふと気付けば駐車場の車がアリみたいと、子供の感想(笑)
jtbhawaii 20150920 04

だんだん坂道の傾斜がきつくなってきます。
jtbhawaii 20150920 05

途中にはめずらしいサボテンの花を発見。
jtbhawaii 20150920 06

クジラの看板発見!冬の時期にはクジラがジャンプする姿も見えるそうです!
jtbhawaii 20150920 07

こちらの緑の植物はミルクブッシュという植物。
枝の折れているところからは白い液体が出て確かにミルクみたい。
jtbhawaii 20150920 08

頂上に近づくと可愛い灯台もありました。
hawaii JTBhawaii 20150430 09

頂上に到着!すばらしい風景が広がります!
日差しは強いですが、風が常に吹いていて心地よいです。
jtbhawaii 20150920 10

赤い屋根の建物はシーライフパークですね。
jtbhawaii 20150920 11


手のひらの上の島はラビットアイランドと呼ばれる島だそうです。
ウサギの顔が横を向いているように見えますか!?
jtbhawaii 20150920 12

頂上でゆっくり休憩しながら眺めを堪能。下りは行きとは違う景色を楽しみながらゆっくり帰りました。
子供、犬連れでゆっくり歩いて往復2時間弱。大人だけでしたら1時間かからずに登れると思います。

トイレも売店もありませんので、予め済ませておくのがオススメです。
また、水は必需品ですので必ずお持ちくださいね!
日中はやはり日差しが強いので、早朝か夕方がお勧めです。
今度は是非冬にクジラを見に来てみたいと思います!


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

ガラパゴス諸島の中で一番大きなイサベラ島(エクアドル

テーマ: 地域情報(海外)
2015年09月19日|

arttour 20150919 01

ガラパゴス諸島の中で一番大きなイサベラ島は沖縄本島のおよそ4倍の面積なのに人口は僅かに2256人(2010年)の小さな町があるだけです。イサベラ島は赤道上で人が住んでいる南米の島では最西端に位置していて、この先太陽が沈む方向はずっと・ず~っと太平洋です。地球儀でイサベラ島から赤道上を西に人が住んでいる島まで辿っていくとおよそ地球を半分近くも行かなければなりません。島には宿泊施設がまだ少ないのでペンション程度のホテルしかありませんがプエルト・ビジャ・ミルの町で滞在が可能です。ビーチに面してのどかな町が佇んでいるので、海が好きな人には太平洋を独り占めしたような気分で過ごせるとっておきの場所かもしれません。町の中にはラグーンがあってフラミンゴやセイタカシギ、カモ、バンなどガラパゴスの水辺の鳥が繁殖しているので散歩をしながらバードウォッチングが楽しめるのもこの町の魅力です。

arttour 20150919 02

現在ガラパゴスで人の住む島は4つありますが、そのうちの2島は道路も舗装されて現代的なインフラ整備がされています。残された2島の内の一つ、イサベラ島プエルト・ビジャ・ミルの町のメインストリートはまだ砂地です。現在徐々に港湾地区から道路整備が始まったので、やがてこの風景もガラパゴスだから”進化”するのだろうと考えると、このままで良いのに!とエゴイスティックな感想を持ってしまいます。

arttour 20150919 03

イサベラ島の滞在が他の島に比べて魅力的な理由のひとつは町の中に水鳥たちが繁殖しているラグーンが複数あって、散歩をしながら楽しめる事です。もっとも、ガラパゴスに移り住んだ最後の外来種は”人間”なので、自然の中に分け入って自然を壊すことなく共存しながら今も残している現実は称賛します。

arttour 20150919 04

羽があって自由に空を飛びまわる鳥に必ず会えるかどうかは時の運もありますが、ラグーンではオオフラミンゴ、ホウジロオナガガモ、クロエリセイタカシギ、アメリカムラサキバンなどが見られるので、日の出後1時間、日没前1時間のバードウォッチングゴールデンタイムは散歩コースにもってこいです。(ちなみに赤道直下なので概ね日の出は6時、日没は18時です)

arttour 20150919 05

イサベラ島のプエルト・ビジャ・ミル市役所です。前庭にはダーウィンの胸像が新しく建立されていました。

arttour 20150919 06

イサベラ島のプエルト・ビジャ・ミル市役所前のメインストリートは唯一飲食店が軒を連ねている繁華街(?)です。昼に夜にと集まってくる顔ぶれも回を重ねると“また会ったね!”と挨拶を交わすようになる親近感のある人々が住むのんびりとした街です。

文責:波形克則
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

「ココクレーター・植物園」を訪れました(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年09月18日|


ハワイはこの所大変暑い日が続いています。今までは北東から涼しい貿易風が常時吹いていたのですが、地球温暖化の影響もあるのでしょう、今年の夏は貿易風がいままでに比べて25%も少なくなったというニュースも出されています。そんな中、ココヘッドとよばれる標高200メートルほどのクレーターに行くことになりました。ここは3万から3万5千年前に噴火した火山のクレーターで、一般的にはココクレーター・トレイルと言われるかなりハードな直線を登る上級コースがあるところでしられています。

ココヘッド
hawaii imaoka 20150918 01


しかし今回は、暑さの折からもそんなハードなトレイルは敬遠して、ココヘッド・クレーター内にある「ココクレーター・植物園」を訪れました。臼のような形の200エーカーのクレーター内部60エーカーに、ここの暑く乾いた気候に合う植物が集められ、50年以上も前の1958年に開園しました。

ココヘッド植物園と一般的にいわれているものの、実は本当の名前は「ココ・クレーター植物園 KokoCrater Botanical Garden」といい、一日100名ほどが訪れる植物園ですが、入口は鉄のゲートがあるだけのカンタンなもので、ガードマンが一人簡易テーブルと簡易椅子の所にいるだけ。

hawaii imaoka 20150918 02 entrance

ここの開園・閉園時間は、「Dawn to Dusk(夜明けから夕暮れまで)」というハワイらしいアバウトな営業時間で、入園料金は無料、普段は花が少ない植物園でかなりひっそりとしていますが、今年は入口にあるプルメリア・エリアの花がよく咲いて甘い香りを漂わせてくれていました。

園内はぐるりと輪になった2マイルのトレイルで成り立ち、約1時間半ほどの行程。植物園というのに水のみ場もないし、プルメリアとブーゲンビリアの林を過ぎたところにホノルル・マラソンで使われているような簡易トイレがたった1つあるだけという、施設や設備が全然見られない自然のままの植物園です。

プルメリア
hawaii imaoka 20150918 03 plumeria red

ブーゲンビリアのエリア、ハイビスカス・エリアを通り、小石がごろごろして乾いた、なだらかな山道を登ると、太平洋やアメリカのサボテンエリアにきます。ここはよくテレビにも出るところで、全体の中でこの場所だけがとってもステキに見えます。これに釣られてくると、あとは乾いた土地なので幻滅するかもしれません。

サボテンエリア
hawaii imaoka 20150918 04 saboten

ハワイアン・エリアにはハワイ固有のやし「ロウル(Loulu)」があったり、マダガスカル・エリアは実が垂れ下がっているソーセージの木があったり、またコーヒー科の植物でTransvaal Gardenia というのも目に付きました。この木は、枯れるとシルバー色をしていて、マラカスのような実がいくつもなっています。ところで、ハワイでは花が咲くそばから実がなっているケースが多く季節を感じさせないのですが、ここでもソーセージの木が、実と花を同時につけていました。なおこの実は毒性があり、人間は食べられないけど、カバとかキリンが食べるそうです。

ソーセージの木
hawaii imaoka 20150918 05 sausage tree

Transvaal Gardenia
hawaii imaoka 20150918 06 transvaal gardenia coffee family

自然に任せて人手が余りかかっていないようで案外かけているような、何も植わっていないようでちょこちょこ面白い植物があるというこんな植物園、一度散歩がてらご覧になってみませんか?

今岡千草


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 
«最初12345678910最後»

6 / 12 ページ
ページトップへ