カレンダー

<< 2016年2月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29            

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(海外) ガラパゴス・エスパニューラ島の生き物たち1
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

ガラパゴス・エスパニューラ島の生き物たち1

テーマ: 地域情報(海外)
2016年02月11日|

アシカの子育てを間近で観察!

 

エコツーリズムの先進地ガラパゴス諸島の最南東に位置するエスパニューラ島からツアーの見所をご紹介!

エスパニョーラ島は無人島でビジターサイトは2か所あります。

 

arttour20160211-1

クルーズ船で訪れることができて、沖合に停泊してからゴムボートで上陸します。

ガードナーベイは諸島内でも屈指の白砂のビーチが美しいビジターサイトで観光客が寄港する以外はガラパゴスアシカのテリトリーです。

 

arttour20160211-2

アシカは家族単位で一緒に過ごしています。

子供の授乳期間は2年で、一年に一頭を出産するので大きさの違う兄弟がお母さんのおっぱいを奪い合う場面もしばしば見かけます。

オスは力の強いものが一時だけハーレムの長に居座るのでお父さんは一頭だけではありません。

エサも食べずに繁殖行動に集中して力を落とすと他の強いオスに奪われます。

ハーレムを守る期間はビーチを行ったり来たり、愛を育むだけではなくて、家族を守り、敵を威嚇し、大忙しです。

 

arttour20160211-3

ビジターサイトには必ずナチュラリストガイドが同行するガラパゴスでは、上陸地ごとに異なる自然を実に分かりやすく解説してくれます。

ガラパゴスに来る人々の関心や疑問を満たしてくれる職業ガイド制度はガラパゴスのエコツアーには無くてはならない存在です。

 

arttour20160211-4

 

ガードナーベイの最大の楽しみは自由時間にこの白い砂浜を独り占めしたような気分に浸りながら海が楽しめる事です。

泳いでいると好奇心旺盛なアシカの子供が寄ってくることもしばしば。

稀有な自然に接しながら大海原のビーチで過ごせる格別な時間ははるばるガラパゴスに来た心の宝物として生涯忘れる事ができません。

 

ガラパゴスへのご旅行は

アートツアー

 

 
ページトップへ