カレンダー

<< 2015年9月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(海外) 「ココクレーター・植物園」を訪れました(ハワイ)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

「ココクレーター・植物園」を訪れました(ハワイ)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年09月18日|


ハワイはこの所大変暑い日が続いています。今までは北東から涼しい貿易風が常時吹いていたのですが、地球温暖化の影響もあるのでしょう、今年の夏は貿易風がいままでに比べて25%も少なくなったというニュースも出されています。そんな中、ココヘッドとよばれる標高200メートルほどのクレーターに行くことになりました。ここは3万から3万5千年前に噴火した火山のクレーターで、一般的にはココクレーター・トレイルと言われるかなりハードな直線を登る上級コースがあるところでしられています。

ココヘッド
hawaii imaoka 20150918 01


しかし今回は、暑さの折からもそんなハードなトレイルは敬遠して、ココヘッド・クレーター内にある「ココクレーター・植物園」を訪れました。臼のような形の200エーカーのクレーター内部60エーカーに、ここの暑く乾いた気候に合う植物が集められ、50年以上も前の1958年に開園しました。

ココヘッド植物園と一般的にいわれているものの、実は本当の名前は「ココ・クレーター植物園 KokoCrater Botanical Garden」といい、一日100名ほどが訪れる植物園ですが、入口は鉄のゲートがあるだけのカンタンなもので、ガードマンが一人簡易テーブルと簡易椅子の所にいるだけ。

hawaii imaoka 20150918 02 entrance

ここの開園・閉園時間は、「Dawn to Dusk(夜明けから夕暮れまで)」というハワイらしいアバウトな営業時間で、入園料金は無料、普段は花が少ない植物園でかなりひっそりとしていますが、今年は入口にあるプルメリア・エリアの花がよく咲いて甘い香りを漂わせてくれていました。

園内はぐるりと輪になった2マイルのトレイルで成り立ち、約1時間半ほどの行程。植物園というのに水のみ場もないし、プルメリアとブーゲンビリアの林を過ぎたところにホノルル・マラソンで使われているような簡易トイレがたった1つあるだけという、施設や設備が全然見られない自然のままの植物園です。

プルメリア
hawaii imaoka 20150918 03 plumeria red

ブーゲンビリアのエリア、ハイビスカス・エリアを通り、小石がごろごろして乾いた、なだらかな山道を登ると、太平洋やアメリカのサボテンエリアにきます。ここはよくテレビにも出るところで、全体の中でこの場所だけがとってもステキに見えます。これに釣られてくると、あとは乾いた土地なので幻滅するかもしれません。

サボテンエリア
hawaii imaoka 20150918 04 saboten

ハワイアン・エリアにはハワイ固有のやし「ロウル(Loulu)」があったり、マダガスカル・エリアは実が垂れ下がっているソーセージの木があったり、またコーヒー科の植物でTransvaal Gardenia というのも目に付きました。この木は、枯れるとシルバー色をしていて、マラカスのような実がいくつもなっています。ところで、ハワイでは花が咲くそばから実がなっているケースが多く季節を感じさせないのですが、ここでもソーセージの木が、実と花を同時につけていました。なおこの実は毒性があり、人間は食べられないけど、カバとかキリンが食べるそうです。

ソーセージの木
hawaii imaoka 20150918 05 sausage tree

Transvaal Gardenia
hawaii imaoka 20150918 06 transvaal gardenia coffee family

自然に任せて人手が余りかかっていないようで案外かけているような、何も植わっていないようでちょこちょこ面白い植物があるというこんな植物園、一度散歩がてらご覧になってみませんか?

今岡千草


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 
ページトップへ