カレンダー

<< 2015年4月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(海外) サンタクルス島に到着(エクアドル)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

サンタクルス島に到着(エクアドル)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年04月24日|

arttour 20150424 01

イタバカ海峡を渡し船で横断するとサンタクルス島の北海岸にあるイタバカ桟橋に到着です。サンタクルス島はガラパゴス諸島で2番目に大きな島ですが、人の住む町は島の南側のごく一部なので桟橋から陸路で移動しなければなりません。

arttour 20150424 02

島の交通機関はすべて飛行機のスケジュールと連動しているので、到着した人々が飛行場からサンタクルス島に到着する時間にはたくさんの車が集まってきます。島に住んでいる人も観光客もそれぞれの車に乗るまでのひと時は喧騒に包まれますが、出発をした後の桟橋は人気のない静寂な世界に戻ります。

arttour 20150424 03

北の桟橋から南の町まで一本道が島を縦断しています。その距離はおよそ42㎞と聞くと、ガラパゴスマラソンができるじゃない、と思うのは私だけでしょうか、、、 縦断道路はおよそ600mの高低差があるので、車窓から見える道の両脇の木々が低地の灌木から高地の樹林へと変わるのも面白いです。およそ1時間のドライブで南の町、アカデミー湾に到着します。

arttour 20150424 04

サンタクルス島の高地にはガラパゴスゾウガメの保護区が広範囲に広がっています。縦断道路を脇にそれて保護区内にある牧場に行くと、ガラパゴスの主役ともいえるゾウガメに出会えるというので寄り道をお勧めします。にわか雨のあと、牧場へ向かう途中でさっそく若いゾウガメが道路を散歩していてバスの行く手が阻まれました。ゾウガメも雨に濡れた草むらは嫌なのかねなどと話をしながら道を開けてくれるまでしばし見学です

arttour 20150424 05

広い牧場にガラパゴスゾウガメがいる光景はまるでゾウガメ牧場のようですが、決して人工的に飼っている訳ではありません。もっと高所に住んでいて、繁殖期になると山を下り始めてペアが成立すればさらに低所で産卵をするまでの往復の途中にたまたま牧場があるだけなので、ゾウガメにとっては通り道でしかありません。このような理由から、時期により牧場に行っても見られる数は一定ではありません。

arttour 20150424 06

はるばるガラパゴスまで来て、初日にゾウガメに出会えると旅の疲れも吹き飛ぶ気がします。かつてダーウィンも同じような感想を持ったのかと想像を膨ませるひと時を過ごしました。

文責:波形克則
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp


























 
ページトップへ