カレンダー

<< 2015年4月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(海外) ガラパゴス訪問の玄関口(エクアドル)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

ガラパゴス訪問の玄関口(エクアドル)

テーマ: 地域情報(海外)
2015年04月15日|

galapagos art 20150415 01

 
日本からはどんなに早くても2日目にようやくガラパゴス諸島に到着できます。ガラパゴス諸島の中央部にあるバルトラ島のセイモア空港は一昨年新規に開港、化石燃料を一切使わずに電力をソーラー発電と風力発電で賄う世界初のグリーン空港として生まれ変わって稼働を始めました。絶海の孤島のひなびた空港をイメージして降り立つと、その近代的な佇まいに圧倒されることでしょう。

 

galapagos art 20150415 02


現在、エクアドルの国内線3社がガラパゴスに乗り入れ、毎日大勢の人々がガラパゴスを訪れます。ガラパゴスへの年間入島者数はついに昨年20万人を超えたと聞いてはいましたが、タラップを降りてから空港ターミナルまで続く人の列を目にすると、自分もそのうちの一人なのに驚いてしまいます。


galapagos art 20150415 03
 

ガラパゴスの脆弱な生態系を守るためにエクアドルの関係諸機関がいろいろな方法を講じ、来島者にも理解と協力を求めています。ガラパゴス空港では到着してからターミナルに入る前に靴底についた植物の種や昆虫などを払落し殺虫するための薬品が浸されたマットがひかれています。

galapagos art 20150415 04

空港ターミナルに入ると、ガラパゴス開発庁(CONSEJO)とガラパゴス国立公園局(PNG)がブースを構えていて順番を待ちます。CONSEJOではエクアドル本土を出発する際に交付を受けた入島カード(料金は現在$20)を提示して入島手続きを済ませ、PNGではガラパゴスへの入島料(現在$100)を払います。国境を超えるような厳密さがうかがえます。

galapagos art 20150415 05

ガラパゴス特別検疫法に基づき、ガラパゴスに持ち込む荷物検査は結構厳しいです。国内線の搭乗手続きの際には預け入れ荷物の検査を受けますが、ガラパゴスに到着すると手荷物の検査を受けます。荷物から梅干しが見つかり禁制品だから持ち込めないと強い口調でとがめられました。梅干しは生物ではないからたとえ植えても100年たっても芽は出ないと問答を繰り返しましたが、結局放棄することになりました。

galapagos art 20150415 06

預け入れ荷物をピックアップして空港で待っているガイドさんの歓迎を受けると、いよいよガラパゴスのスケジュールが始まります。まずは空港からイタバカ海峡までシャトルバスを利用して移動します。これから始まるガラパゴス旅行に期待が膨らみ、はるばる遠くまで来た旅の疲れも忘れます。


文責:波形克則
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp




 
ページトップへ