カレンダー

<< 2017年11月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ イベント情報
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

剱岳雪のフェスティバル開催(富山県)

テーマ: イベント情報
2015年02月02日|

第28回剱岳雪のフェスティバル開催

 

toyama kamiichi 20150202


2月11日(水)に「第28回剱岳雪のフェスティバル」を開催します。

今回は、富山ご当地アイドルビエノロッシのライブと、2代目とやま住みます芸人の“フィッシュ&チップス”のお笑いライブで盛り上げます!!

そして、今年も美味しいグルメが大集結!!ぽっかぽか食の広場では、雪フェス名物のくま鍋、姉妹都市九十九里町名物の焼きはまぐりなど…

更に今年は、上市町の特産品を使用、又は、作り手の愛情を注ぎ込んだ心も体もポッカポカになる料理でグランプリを競う「KAMI-1グルメグランプリ」(カミワングルメグランプリ)を開催します!!来場者の投票によってグランプリ、準グランプリを決定いたします!!投票していただいた方には抽選で景品をプレゼント!

皆さん是非お越し下さい!!

[出店ブース・PRブース]
・ぽっかぽか 食の広場(くま鍋・しし鍋・焼きはまぐり・白ネギどんどん・大岩にゅうめん…等)
☆くま鍋販売時間  11:00~  11:30~  12:00~
・企業PR
・ワゴン販売(ラーメン・たこ焼き・メロンパン・クレープ…等)
・ミニ新幹線乗車コーナー
・風船プレゼントコーナー
・はたらく車見学コーナー

くま鍋前売り券は1月19日(月)販売開始!

開催日時:2月11日(祝・(水))10:00~14:30(雨天決行)
場所 :上市町役場前駐車場
主催: 剱岳雪のフェスティバル実行委員会
お問い合わせ: 上市町観光協会
TEL:076-472-1515

https://www.kamiichi.jp/information/post4035/2015/01/19/

 

「国立公園を活用したインバウンドシンポジウム」開催(三重県)

テーマ: イベント情報
2015年01月23日|

この度、環境省中部地方環境事務所主催「国立公園を活用したインバウンドシンポジウム」開催!

 

mie ozu 20150123

株式会社JTBの代表取締役会長で、現在、日本旅行業協会(JATA)の会長や日本エコツーリズム協会の副会長を務められている田川博己氏を基調講演講師としてお招きし、事例紹介として、世界40都市35カ国(11言語)に展開しているシティガイド(タイムアウト)のタイムアウト東京株式会社社長、伏谷博之氏にご登壇いただきます。また田川さんや伏谷さんをはじめ伊勢志摩地域でご活躍されている方々をパネリストとしてお招きし、パネルディスカッションを開催いたします。

人々が暮らす国立公園として特徴を持つ、伊勢志摩国立公園
自然やそれに密接に関わる生活文化などの地域資源は、世界のお客様に感動を与えることができるのか、どうすれば伝わるのか、このシンポジウムを通して考えていきます。

ぜひ、ご参加ください。
参加費は無料ですが、申込が必要です。

【シンポジウム開催内容】
日時:平成27年2月23日(月)14:00~17:00

基調講演:田川博己氏(株式会社JTB代表取締役会長、日本旅行業協会会長、日本エコツーリズム協会副会長)

事例紹介:伏谷博之氏(タイムアウト東京株式会社社長)

パネリスト:田川氏、伏谷氏、伊勢志摩地域で活躍している方々
場所:戸田家コンベンションホール(鳥羽市鳥羽1丁目24-26)
定員:200名 ※参加費無料

主催:環境省中部地方環境事務所
後援:日本エコツーリズム協会他

お知らせちらし(pdf):http://oz-group.jp/images/150116.pdf

【お問合せ・お申込み】
海島遊民くらぶ
メール:kurage(at)oz-group.jp ※(at)を@にして送信
FAX::0599-28-0040

 

凍るど!日高(COLD HIDAKA)開催(北海道)

テーマ: イベント情報
2015年01月22日|

★北海道の日高で行われる、冬の大地で色々なアクティビティをまとめて楽しむイベントのお知らせが届きました。

 

凍るど!日高(COLD HIDAKA)

北海道日高町極寒10種競技 2015年2月21-22(土・日)


hokkaido hidaka 20150122 02
 

「寒い冬、人々が尻込みしてしまうほど”極寒な地域”を賑やかにするために、デザインは何が可能か」そんな投げかけから行ったワークショップから生まれたアイディアのひとつ、主体的に地域内外の交流を交え、極寒地域を楽しみ尽くすデザイン、それが「COLDHIDAKA」です。

 

hokkaido hidaka 20150122 04
 

日本でも有数のマイナス気温ライフが体感できる北海道沙流郡日高町。
この日高町で極寒存分に体感できる10種競技が誕生しました。

その名も「凍るど!日高(COLD HIDAKA)」

 

極寒ヒップスライダーから、極寒人間カーリング、はたまた極寒ダウジングや、極寒ミステリーサークルまで、世にも珍しい極寒をアイシ尽くす、10種競技。

 

ぜひご参加ください。


hokkaido hidaka 20150122 03 

 

主催 日高地域活性化協議会

後援 日高町・日高町教育委員会・日高町観光協会

協力 国立日高青少年自然の家・株式会社日高高原荘・issue+design・パタゴニア

 

 

▼ワクワクが止まらない「HP」はこちら:

http://socialdesignschool.jp/coldhidaka/

▼もう申し込んじゃえ!な方はこちら(Peatix):

http://coldhidaka.peatix.com/

▼方々で話題の「チラシ」はこちら:

http://issueplusdesign.jp/download/coldhidaka.pdf

 

 

1月9日は「とんちの日」

テーマ: イベント情報
2015年01月09日|

1月9日は「とんちの日」。

とんちで有名な一休さん(いっ(1)きゅう(9))の語呂合せからきているそうです。

 

エコツアーで森の中を歩いていても、「これは何だろう」「変なかたちしている」「何だろうね?」と思うものに出くわすことがあります。(とんちとはまた違うかもしれませんが...)

比較的有名なものだと、森の中に落ちている「エビフライ」と呼ばれる松ぼっくりでしょうか。

松ぼっくりの鱗片がそぎ落とされ、中の軸が露出していてまるで尾付きのエビフライのように見えるものです。

この松ぼっくりひとつで、その森にはどんな動物が住んでいるのか、何を食べているのかが見えてきます。

 

そういったことを解説してくれるガイドさんと一緒に森をまわるエコツアー、おすすめです。
(だいたいの場合、何か不思議なものを見つけた時にガイドさんにきくと、すぐに答えを教えてくれるのではなく、それこそ謎解きの様にして楽しみながら教えてくれます)

私が最近「これ何だろうな...」と思ったのはこの写真の植物。
cafe SA 20150129 03

ちょっと大きめの画像にして載せてみました。

くるくる、うねうねとしているこの植物の写真は、1月29日に東京で開催するエコツーカフェ「南アフリカ」の告知用として、写真家の澤野新一朗様からいただいたものです。

 

エコツーカフェでは南アフリカにある「世界一の花園」をご紹介していただくのですが、その中でこの写真の植物も説明して頂ける機会があるのかな...と思っています。
※Google画像検索で似ている植物を探してみたのですが、検索結果があらかたエコツーカフェの告知になっていて、嬉しいような「いやそうじゃないんだ」というような...複雑な気持ちになりました)

 

皆様もエコツアーに参加して、森や海などの不思議を探してみてくださいね。きっとガイドさんが楽しませてくれます。

 

日本エコツーリズム協会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い!を楽しむ冬の森散策(北海道)

テーマ: イベント情報
2014年12月22日| 一般財団法人 休暇村協会

寒い!を楽しむ冬の森散策
スノーシュー ウォーキング氷結した滝の観賞ツアー

 

kyuukamura 20141222

 

真っ白な雪が降り積った支笏湖の森をガイドと一緒に散策します。動物の足跡を追ったり、有名な名瀑を訪れるツアーです。


実施日
1/10(土)・1/14(水)・1/17(土)・1/22(木)
1/26(月)・2/8(日)・2/10(火)・2/13(金)
2/18(水)・2/21(土)・2/26(木)・3/2(月)
3/7(土)
開始時間 午前9時~
所要時間 約3時間30分
予約締切 前日午後7時までにご予約ください。
対象年齢 小学生以上
催行人員 2名様~
料金 宿泊者 1,500円 ビジター 2,500円

 

※悪天候の場合は中止となります。予めご了承ください。
※当日用意するもの、集合時間についてはご予約の際にお知らせします。
※冬用の長靴かスノートレッキングシューズなど、スノーシューを履けるタイプの靴をお持ちください。
※参加料にはガイド代、保険代、レンタル料が含まれています。

http://www.shikotsuko.com/activity/tour02.html#

 

 

みなかみスノーシューフェスティバル(群馬県)

テーマ: イベント情報
2014年12月21日| 谷川岳エコツーリズム推進協議会

★スノーシューをはいて冬のみなかみの大自然を楽しもう★

「スノーシューフェスティバル」開催


gunnma tanigawadake 400 20141221

開催日程: 2015年1月17日(土)、18日(日)

【1月17日】 参加費無料・豚汁無料サービス

スノーシュー初めての人 みなかみに集合!
「スノーシュー体験!」~ふかふかの雪の上でスノーシューを楽しもう~
スノーシューメーカーさんが最新のスノーシューをご用意。試着しながら感触やその機能などを体験してみてください。はき方や歩き方などはインタープリターが安全に楽しくレクチャーします。慣れてきたら宝探しやかまくらづくりなどをしてスノーシューに親しみましょう。

 

【1月18日】 ※要予約

3つのコースから選べる
「スノーシューツアー」

・日本三大岩壁!谷川岳一ノ倉沢ツアー(初心者~、小1以上、40名定員)
・みなかみの絶景!雨呼山ツアー(初心者~、小1以上、30名定員)
・氷筍を見に行こう!大幽洞窟ツアー(中級者~、中1以上、40名定員)

 

詳しくは: 谷川岳エコツーリズム推進協議会 http://www.tanigawadake-eco.com/event/snowshoe_fes_2015.php


お知らせちらし(pdf)

主催(共催):
谷川岳エコツーリズム推進協議会、一般社団法人アウトドア連合会、みなかみ山岳ガイド協会
協力:
みなかみ町、みなかみ町観光協会、みなかみ町商工会、水上温泉旅館協同組合、宝台樹民宿組合

 

うさぎの写真展(広島県)

テーマ: イベント情報
2014年12月19日| 一般財団法人 休暇村協会

うさぎの写真展開催(休暇村大久野島から)


qkamura 20141219 02

 

広島県の大久野島では、ビジターセンターでうさぎの写真展をやっております。

かわいいウサギの写真が盛りだくさんで気に入った写真が見つかるかも・・・


その他、色々なクラフト体験も行っております。
本日のような雨の日でも大久野島に足を運んでみてはいかがでしょうか。

詳細: http://www.qkamura.or.jp/ohkuno/news/detail.asp?nId=509

営業時間: 9:00~16:00
休館日:  毎週水曜日(1月~2月は水曜・木曜)
所在地:

〒729-2311 広島県竹原市忠海町大久野島

 

奄美群島の徳之島で、エコツーリズム関連のシンポジウム開催(鹿児島県)

テーマ: イベント情報
2014年12月18日| 奄美群島エコツーリズム推進協議会

★奄美群島の徳之島で、エコツーリズム関連のシンポジウム開催★

 

amami 20141218


>>開催のおしらせ(pdf)

徳之島を含む「奄美・琉球」世界自然遺産登録を目前に控え、自然を活用したツアーが注目を浴びています。今回、徳之島ではまだあまり知られていない「エコツーリズム」について紹介するシンポジウムが天城町で開催されます。

他にも、「本日のシマ遊び」として、徳之島町の手々集落、伊仙町の阿権集落、天城町の当部集落のガイド案内(有料)も体験できます。

多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

【タイトル】わきゃシマから始めよう! エコツーリズム

【日時】2014年12月27日(土)10:00-12:30(9:30受付開始)
【会場】天城町役場 4階 ゆいの里ホール(鹿児島県大島郡天城町)
【参加費】無料

【内容】
■第1部 基調講演「地域が創るエコツーリズム」海津ゆりえ氏(文教大学教授、日本エコツーリズム協会理事)
活動紹介「徳之島のエコツアー紹介」

■第2部パネルディスカッション
「エコツーリズムでシマ興し」


※午後にシマ遊びツアーも予定されています。(事前申込者のみ)

【お申込方法】参加者全員の住所、氏名、所属団体・部署を添えて下記までお申し込みください。
奄美群島広域事務組合 担当:渡辺様、前元様
e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

エコツアーフォトコンテスト 作品募集中

テーマ: イベント情報
2014年12月16日|

日本エコツーリズム協会では、「地球を感じる旅を残そう」と題してエコツアー写真コンテスト第3弾を実施。

ツアーに参加して地域の自然や歴史、文化にふれあった時の喜びや感動、発見した瞬間のあなたのワンショットを募集します。感動の瞬間に出会った時の最高の笑顔をお待ちしています!

2013 3 02 800

 

【応募方法】
応募者の住所、氏名、電話番号、発表時に記載される場合のハンドルネーム(本名を希望しない場合)、タイトル、コメント(100字程度でツアーの名称や内容、思い出等)、ツアー主催者名を下記の宛先まで送ってください。ご応募いただいた全ての作品はFacebook上に掲載し、公開します。応募作品の返却はいたしません。
E-Mail このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
※メールの件名には「写真コンテスト応募」とお書き下さい。

郵 送 〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
日本エコツーリズム協会 「写真コンテスト」係

【締 切】 2015年1月12日(月)当日消印有効
【審 査】 安藤“アン”誠起氏(写真家、『ネイチャーガイドと歩く屋久島』執筆) ほか
       http://www.andoanmasaki.com/
【お問合】 日本エコツーリズム協会 E-Mail このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください   Tel: 03-5437-3080 
【発 表】 日本エコツーリズム協会ホームページにて発表いたします。

応募条件
・最大サイズは2048×1536(1536×2048)ピクセルでファイル形式はJPEGでお願いします。携帯電話のカメラで撮った写真も可です。
・日本エコツーリズム協会会員・非会員、プロ・アマ、国内・海外を問いませんが、応募できる作品は、ご自身が撮影した未発表の作品、他コンテストに応募していない作品に限らせていただきます。
・応募対象はエコツアー参加時の写真。エコツアーとは、ガイドが付き自然や歴史、文化とのふれあいを主要テーマとしたツアーや体験プログラムなど。
・ご自分以外の写真を応募する際は、必ず被写体となっている人のご了承を得てください。日本エコツーリズム協会は、肖像権その他に関するトラブルに関して、一切の責任を負いません。
・応募作品の著作権は、撮影者に帰属します。ただし、日本エコツーリズム協会は「エコツーリズム」普及の目的で制作する印刷物、ウェブサイト、展示物などに応募作品を無償で使用できることとし、応募者はこれを承諾するものとします。

 

第6回全国エコツーリズム学生シンポジウム、開催しました!

テーマ: イベント情報
2014年12月04日|

11月29日、第6回目となる「全国エコツーリズム学生シンポジウム」を東京大学で開催しました。

6th Student 20141129 01

回を重ねるごとに盛り上がっていくこの学生シンポジウム。
今回も国内外の学生による発表、そして参加者たちが集いました。

「屋久島のエコツーリズム」と題した基調講演の後は、学生による研究発表が行われ、その後キーワードを設定してのワークショップを行いました。

6th Student 20141129 02

この学生シンポジウムは、日本エコツーリズム協会の学生部会が中心となって運営をしています。
学生部会に興味がある方はお気軽に日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
★学生部会のfacebookで日頃の活動を紹介しています⇒ http://www.facebook.com/jes.students

6th Student 20141129 03

 
«最初12345678910最後»

9 / 10 ページ
ページトップへ