カレンダー

<< 2017年10月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ イベント情報
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

深海のフォーラムを開催しました

テーマ: イベント情報
2016年07月11日|

第34回JESフォーラム
『今年も夏がキタ!まだまだあなたの知らない深海をお魅せします~深い海を支えている のは、なんと鉄や硫黄で生きている微生物だった!?』
日時: 2016年7月8日(金)18:30-20:00(開場18:00)
ゲストスピーカー: 
牧田 寛子さん(海洋研究開発機構 深海・地殻内生物圏研究分野)
佐藤 孝子さん(深海生物研究者)

forum deepsea 20160708 33

毎年開催している、深海をテーマにしたフォーラム。
今年もたくさんの方にお越しいただきました。
前半は佐藤さんに深海の概要をお話して頂き、後半は牧田さんに、実際の船内での様子や 研究者としての日々の仕事内容をお話していただきました。

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

【参加者アンケートから】
・NHKのドキュメンタリーでも見られれない現場の生のお話、最新の情報が聞けてとても 満足です。
・海洋、深海探査のお話、とてもおもしろかったです! 研究者の皆様が時を忘れて打ち こまれている姿が羨ましいほどステキです。未来に役立つお仕事をされていること、知る ことができてうれしく思います。

 

第33回JESフォーラム 開催しました(東京都)

テーマ: イベント情報
2016年06月29日|


第33回JESフォーラム
『ガボン・ムカラバのゴリラの森でのエコツーリズム活動 -野生動物と人が共存できる森をめざして-』
日時: 2016年6月21日(火)18:30-20:00(開場18:00)
ゲストスピーカー: 新谷雅徳さん、安藤智恵子さん(一般社団法人エコロジック)


forum Gabon 20160621 01


イランやインドネシアなど世界各地でエコツーリズム推進に取組んでいる新谷さんと、ゴリラの研究家である安藤さんにお話をいただきました。
ヒガシゴリラとニシゴリラの違いや、いかにゴリラに人付をしていくかなどを、写真と映像を交えご紹介いただきました。
後半では、「なぜここ(ガボン)でエコツーリズムに取り組むのか」の意義をお話いただきました。
会場には、「実際にガボンに住んでいました」という方も何名かいらっしゃり、講師と参加者様がガボンの情勢について意見を交わす場もありました。
参加して頂いた皆様、ありがとうございました。

 

メルマガ登録のお誘い

テーマ: イベント情報
2016年06月21日|


★メールマガジン「JESNET」のご案内★

日本エコツーリズム協会(JES)では、協会の最新動向をはじめ、エコツーリズム関連のイベントや会議、JES会員主催のエコツアー情報、などを毎週金曜日に配信しています。
配信をご希望の方は、件名に「メルマガ希望」とお書き添えのうえ、登録希望のメールアドレスを事務局までご連絡ください。 ※登録・配信は無料です。ぜひご購読ください。
事務局メールアドレス: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください


★日本エコツーリズム協会会員の皆様へ★
「JESNET」にエコツアー催行情報の掲載を希望される方は、事務局までお知らせください。
掲載に際しては以下の項目、掲載条件に限らせていただきます。
※ツアー情報掲載は日本エコツーリズム協会会員のみに限ります。
【項目】
・エコツアーの名称
・催行日時
・開催地
・参加費
・内容(100字以内)
・対象
・定員
・申込締切
・お問合せ・お申込先(主催者名、住所、電話、ファックス、e-mail)
・詳細リンク先アドレス
・JESのグッドエコツアー(GET)登録の有無
【掲載条件】
・掲載申込時から2ヶ月以内の国内外のエコツアー
・掲載は1事業者様につき1つのエコツアー(「JESNET」1回につき)
・先着3ツアーを優先とし、掲載
・掲載は最大3ツアーとし、締切日までの間で1回以上掲載
※場合によっては掲載をお断りさせていただくこともございますが、ご了承ください。

【お問合せ・登録お申込み】
日本エコツーリズム協会 事務局
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
Tel: 03-5437-3080
e-mail:  このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください    

 

祇園神楽(京都府)

テーマ: イベント情報
2016年06月18日|

★京都府の美山町自然文化村様よりおたよりが届きました!

 

こんにちは。
蒸し暑く感じる日が増えて、文化村周年でもいよいよ夏らしい空気になって参りました。

 

さて、7月14日(木)には美山町田歌地区にて「祇園神楽」が行われます。


kyoto miyamachou 20160618

毎年、7月14日に行われる美山町田歌の祇園神楽は京都府の無形民俗文化財に登録されています。鬼、ヤッコ、お多福、天狗などが練り歩き、神社で太鼓や尺八の演奏がされます。
なんと300年以上継承されているそうです。
そんな美山の伝統文化と触れ合い、さらに利き鮎グランプリ準優勝の経験もある、由良川の天然鮎を食べることができるお得なツアーもございます。
↓詳しくはこちらをご覧ください↓


美山町自然文化村

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信
 

【申込受付中】『アフリカ・ガボン ゴリラの森でのエコツーリズム活動』

テーマ: イベント情報
2016年06月12日|

日本エコツーリズム協会では、各地のエコツーリズム事情を専門の方にお話いただく講演会「JESフォーラム」を不定期で開催しています。

 

forum 201603 Africa 600 

 

来週6月21日は、アフリカのガボンで、エコツーリズムの推進に取組んでいる方々をゲストスピーカーにお招きし、『アフリカ・ガボン ゴリラの森でのエコツーリズム活動』と題して講演をしていただく予定です。

アフリカのガボン共和国は、国土の80%が森林に覆われ、その森には絶滅危惧種のニシローランドゴリラが生息しています。ゴリラ研究の第一人者である山極寿一先生をリーダーとした京都大学研究者チームは、1999年よりガボンのムカラバ‐ドゥドゥ国立公園にて調査を行い、世界で初めてニシローランドゴリラの人付け(※)に成功しました。
(※人付け:餌などは使わずに長期間追跡をすることによって人間への恐怖心を解き、人間の存在に慣れてもらうこと)

今回の講演では、12年間、ガボンでゴリラの人付けに携わってきた安藤さんと、ガボンを含め世界各国でエコツーリズム開発支援を行ってきた代表の新谷さんに、ゴリラの生態はもちろん、現場でのエコツーリズムへの取組みの内容を詳しくご紹介して頂きます。野生動物と人との関わりに興味のある方、また地域でエコツーリズム推進に取り組んで行こうとしている方などにぜひ聞いて頂きたい内容です。お気軽にお越しください。

■開催概要■ ※要予約
第33回JESフォーラム
『ガボン・ムカラバのゴリラの森でのエコツーリズム活動 -野生動物と人が共存できる森をめざして-』

【日 時】 2016年6月21日(火) 18:30-20:00(開場18:00)
【場 所】 モンベルクラブ渋谷店(東京都渋谷区宇田川町11-5)渋谷・東急ハンズ向かい
【参加費】 一般1,200円、日本エコツーリズム協会/モンベル会員1,000円
(資料、飲み物付)
※モンベル会員の方は、受付にてモンベル会員カードをご提示ください。
(ドリンクの注文:受付にてお知らせください)
【お申込・お問合せ】 
日本エコツーリズム協会までメール、お電話でお申し込み下さい。
・氏名(ふりがな)
・性別
・連絡先
・居住都道府県
・イベントを知ったきっかけ
・ガボンに行ったことがあるかどうか
・日本エコツーリズム協会会員あるいはモンベル会員かどうか(※必ずお知らせください)
・(もしあれば)当日聞きたいこと
■以上を日本エコツーリズム協会までメールあるいはお電話などでお知らせください。
メールの場合、受付完了した段階で返信をします。返信がない場合はお手数ですが再度お知らせください。
(※複数名でお申込みの場合、参加される方のお名前全員分をお知らせ下さい。(連絡先は代表の方のみで結構です))
■日本エコツーリズム協会■
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp  (at)を@にして送信
【主催】NPO法人日本エコツーリズム協会
【協力】株式会社モンベル

 

エコライフ・フェアに出展しました(東京都)

テーマ: イベント情報
2016年06月09日|

2016年6月4-5日、東京都内の代々木公園で開催された「エコライフ・フェア2016」(環境省主催)に、日本エコツーリズム協会もエコツーリズム推進団体として出展をしました。

ecolife 2016 600 11

環境省の国立公園ブースの近くに出展し、小笠原や知床など日本の国立公園で楽しめるエコツアーのご紹介の他、会員の皆様からご提供いただいたパンフレットを配架しつつ、ブースに立ち寄られたお客様とお話をしながら、おすすめのエコツアーのご紹介をしていきました。

ecolife 2016 600 12

過去このようなイベントには何回も出展をしてきましたが、今回初めての試みとして、パネルボードを使い、お客様に「参加したいエコツアー」と「会いたい野生動物」にシールを貼っていただくアンケートを行いました。

ecolife 2016 600 10

子どもさんだけでなく、大人の方にも参加して頂き、これをきっかけに「この動物はどこそこに生息していますよ」「このエコツアーは今の時期だとここがおすすめです」と会話がひろがりました。

また、環境省主催ということもあり、2日目には環境省の丸川大臣がブースに来てくださいました。
朗らかな笑顔で、「タンチョウは先日北海道でみたんですよ」とお話してくださり、「星空観察も素敵ですね」とボードにシールを貼ってくださいました。
大臣には、エコツアー特集号である「季刊エコツーリズム通巻68号」をお渡しました。

こういったブース出展を行う際、いかに気軽にお客様に立ち寄っていただくかも重要ですが、興味を持ってくださった方に、さらにエコツーリズムとは何かを伝えしていくのも大事な役目だと考えています。
ブース内にパネル展示をしエコツーリズムの理念を紹介するとともに、クイズに参加して頂いて理解を深めて頂くようにしました。

・クイズ参加者に粗品として伯方塩業株式会社様からサンプル塩セットのご提供をいただきました。ありがとうございました。

ecolife 2016 600 14

【アンケートの結果】
■6月4日(晴れ)
<参加したいエコツアーは?>
1位「ドルフィンスイム」、2位「星空観察」、3位「シュノーケリング」
・自然観察(野鳥、花):27票
・ドルフィンスイム:69票
・星空観察:59票
・サイクリング:24票
・スノーシュー:19票
・シュノーケリング:33票
・ラフティング:14票
・カヌー、カヤック:30票
・キャニオニング:19票
・生活体験、郷土料理作り:15票

<会いたい野生動物は?>
1位「クジラ」、2位「ウミガメ」、3位「キツネ」
・クジラ:74票
・ウミガメ:55票
・クマノミ:33票
・クマ:22票
・シカ:21票
・サル:15票
・キツネ:48票
・ムササビ:45票
・タンチョウ:42票
・コウモリ:22票

■6月5日(曇り)
<参加したいエコツアーは?>
1位「ドルフィンスイム」、2位「星空観察」、3位「カヌー、カヤック」
・自然観察(野鳥、花):15票
・ドルフィンスイム:41票
・星空観察:37票
・サイクリング:10票
・スノーシュー:7票
・シュノーケリング:18票
・ラフティング:9票
・カヌー、カヤック:21票
・キャニオニング:7票
・生活体験、郷土料理作り:7票

<会いたい野生動物は?>
1位「クジラ」、2位「キツネ」、3位「クマ」
・クジラ:44票
・ウミガメ:18票
・クマノミ:18票
・クマ:20票
・シカ:11票
・サル:11票
・キツネ:37票
・ムササビ:31票
・タンチョウ:16票
・コウモリ:4票

ecolife 2016 600 13

【開催概要】
日時:2016年6月4日(土)11:00-17:00、6月5日(日)10:00-17:00
場所:代々木公園(東京都渋谷区代々木神園町2-1)
最寄駅:JR「原宿」駅、東京メトロ千代田線「代々木公園」 徒歩3分
入園料:無料
公式サイト: http://www.ecolifefair.go.jp/index.html

■エコライフ・フェア:毎年6月、環境月間の行事のひとつとして1990年から開催。環境省、関係地方公共団体、関連法人、業界団体、企業、NPO法人が連携し実施。

 

NPO法人日本エコツーリズム協会 2016年第1回総会を開催

テーマ: イベント情報
2016年05月31日|

★日本エコツーリズム協会 法人・個人会員のみなさま★

NPO法人日本エコツーリズム協会 2016年第1回総会を開催します。


日時: 2016年6月28日(火)17:00-18:00
場所: アリアル五反田駅前会議室
〒141-0031 東京都品川区西五反田1-2-9 アリアル五反田駅前ビル
お問合せTEL:03-5437-3080 (JES)

議題:
1.2015年度事業報告および決算について
2.2016年度事業計画(案)および予算(案)について
3.理事の変更について
その他

>>日本エコツーリズム協会 総会出欠(委任状)
※ご出欠連絡は6月10日までにお送りください。

 

環境省主催「エコライフ・フェア2016」出展します(東京都)

テーマ: イベント情報
2016年05月18日|

★環境省主催「エコライフ・フェア2016」出展します★


毎年代々木公園(東京都)で開催されている「エコライフ・フェア」。
今年も日本エコツーリズム協会は環境省ゾーンの一画に、エコツーリズム推進団体として出展をします。

日本エコツーリズム協会の出展ブースは、「エコ・ストリート」に設けられる「しぜんゾーン」内、環境省の「国立公園利用推進室」のブース内です。
各地のエコツアー情報パンフレットを展示しながら、エコツーリズムについてご紹介をしていきます。


★日本エコツーリズム協会会員の皆様へ★
ブースで会員の皆様のパンフレットを配架します。
配架希望の方は「5月30日(月)」までに、1団体につき1種類、50部程度を下記までお送りください。
宛先:
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
日本エコツーリズム協会
電話:03-5437-3080
 
【開催概要】
日時:2016年6月4日(土)11:00-17:00、6月5日(日)10:00-17:00
場所:代々木公園(東京都渋谷区代々木神園町2-1)
最寄駅:JR「原宿」駅、東京メトロ千代田線「代々木公園」 徒歩3分
入園料:無料
公式サイト: http://www.ecolifefair.go.jp/index.html

■エコライフ・フェア:毎年6月、環境月間の行事のひとつとして1990年から開催。環境省、関係地方公共団体、関連法人、業界団体、企業、NPO法人が連携し実施。

昨年のようす
event ecolife2015 03

event ecolife2015 05

event ecolife2015 01

 

エコツーカフェ「小笠原諸島」開催しました(東京都)

テーマ: イベント情報
2016年05月17日|

第89回エコツーカフェ「この夏大きく変わる! 新しい小笠原旅行のかたち」
【ゲストスピーカー】根岸 康弘さん(小笠原村観光局)
【日時】5月13日(金)18:30-20:00(開場18:00) 

世界自然遺産の小笠原諸島の自然や現地での楽しみ方を、小笠原村観光局の根岸さんにお話いただきました。

cafe ogasawara 20160513 600 23

「日本のEEZ(排他的経済水域)の約3割が小笠原諸島で確保されているのです」
小笠原諸島は父島列島と母島列島があり、それぞれ男性系の名前の島々と女性系の名前の島々で成り立っています。
中には「媒島」(なこうどじま)という島もあり、参加者の皆様からは驚きの声が上がっていました。

そんな小笠原諸島ですが、有人島は父島と母島。
根岸さんはここで楽しめるアクティビティやおすすめの動植物の他、小笠原ならではの時間の過ごし方を教えてくださいました。
小笠原ではお昼休みが1時間半あるため、天気が良くイルカが見られる日は、みんなでお弁当をもって船で海に出たりする方もいるそうです。

根岸さんご自身はウインドサーフィンやダイビングを楽しむ方で、そのため話す内容に実感がこもっていました。
今年7月から小笠原へ行く船「おがさわら丸」が新しくなり、いままで片道25時間版かかっていたところが、24時間に短縮されます。
おがさわら丸自体は1週間に1本運航されるため、「小笠原は沖縄にはなれない」のだそう。
小笠原に生息する動植物は94%が固有種であり、外来種対策にも力をいれています。
靴の裏に植物の種がついていることがあり、そのまま島に入ってしまうとその種から外来の植物が芽吹いてしまうこともあるため、小笠原に行く際には靴の裏にも気を付けてほしいこと、また母島の石門など入れる時期が決まっているところもあるため、ガイドさんの話をきちんときいてほしいことなどを強調されていました。

当日会場にいらしたお客様のうち、半数以上が既に小笠原に行ったことがあり、かつ今年中に行く予定がある方が5名ほどいらっしゃいました。

会場では小笠原の地図や現地のエコツアー情報パンフレットなどをみなさまにお配りしつつ、この時期ならではの食の楽しみとして、母島産のパッションフルーツを召し上がっていただきました。希望者の方にはそのパッションフルーツに小笠原産のラム酒を注いでさわやかな味を楽しんでいただくなど、小笠原情報満載のエコツーカフェとなりました。

【参加者アンケートから】
・写真や資料が豊富でよく理解できました。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

cafe ogasawara 20160513 600 20


cafe ogasawara 20160513 600 21

 

アフリカ、ガボンのエコツーリズムの話、きいてみませんか(東京都)

テーマ: イベント情報
2016年05月14日|

日本エコツーリズム協会主催の「JESフォーラム」では、毎回エコツーリズムを軸に、エコツアーガイド、冒険家、野生動物写真家、研究者、旅行作家の方々など様々な方をお招きし講演をいただいています。(「モンベル渋谷店」にて開催)


第33回JESフォーラム
『ガボン・ムカラバのゴリラの森でのエコツーリズム活動 -野生動物と人が共存できる森をめざして-』
日時: 2016年6月21日(火)18:30-20:00(開場18:00)
ゲストスピーカー: 新谷雅徳さん、安藤智恵子さん(一般社団法人エコロジック)

forum 201603 Africa 600

アフリカのガボン共和国は、国土の80%が森林に覆われ、その森には絶滅危惧種のニシローランドゴリラが生息しています。ゴリラ研究の第一人者である山極寿一先生をリーダーとした京都大学研究者チームは、1999年よりガボンのムカラバ‐ドゥドゥ国立公園にて調査を行い、世界で初めてニシローランドゴリラの人付け(※)に成功しました。
(※人付け:餌などは使わずに長期間追跡をすることによって人間への恐怖心を解き、人間の存在に慣れてもらうこと)

forum 201603 Africa 400 05

現在は日本人研究者の指導のもと、ガボンの地域住民が調査活動を継続していますが、将来的にもムカラバの自然や地域文化を守るためには、地域住民が主体となるエコツーリズム推進が必要不可欠です。そのため、今回お話いただく新谷さん、安藤さんの所属するエコロジックでは、昨年より日本人研究チーム、現地の政府・研究者・NGOと共同で、エコツーリズム開発をテーマとした事業を開始しました。(JICA草の根事業による)

forum 201603 Africa 400 02

今回のフォーラムでは、12年間、ガボンでゴリラの人付けに携わってきた安藤さんと、ガボンを含め世界各国でエコツーリズム開発支援を行ってきた代表の新谷さんに、ゴリラの生態はもちろん、現場でのエコツーリズムへの取組みの内容を詳しくご紹介して頂きます。野生動物と人との関わりに興味のある方、また地域でエコツーリズム推進に取り組んで行こうとしている方などにぜひ聞いて頂きたい内容です。お気軽にお越しください!

forum 201603 Africa 400 03

■開催概要■ ※要予約
【日 時】 2016年6月21日(火) 18:30-20:00(開場18:00)
【場 所】 モンベルクラブ渋谷店(東京都渋谷区宇田川町11-5)渋谷・東急ハンズ向かい
【参加費】 一般1,200円、日本エコツーリズム協会/モンベル会員1,000円
(資料、飲み物付)
※モンベル会員の方は、受付にてモンベル会員カードをご提示ください。
(ドリンクの注文:受付にてお知らせください)
【お申込・お問合せ】 
日本エコツーリズム協会までメール、お電話でお申し込み下さい。
・氏名(ふりがな)
・性別
・連絡先
・居住都道府県
・イベントを知ったきっかけ
・ガボンに行ったことがあるかどうか
・日本エコツーリズム協会会員あるいはモンベル会員かどうか(※必ずお知らせください)
・(もしあれば)当日聞きたいこと
■以上を日本エコツーリズム協会までメールあるいはお電話などでお知らせください。
メールの場合、受付完了した段階で返信をします。返信がない場合はお手数ですが再度お知らせください。
(※複数名でお申込みの場合、参加される方のお名前全員分をお知らせ下さい。(連絡先は代表の方のみで結構です))
■日本エコツーリズム協会■
〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F
tel: 03-5437-3080
fax: 03-5437-3081
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp  (at)を@にして送信
【主催】NPO法人日本エコツーリズム協会
【協力】株式会社モンベル

過去開催の様子
forum 20130313 400 13

 
«最初12345678910最後»

2 / 10 ページ
ページトップへ