カレンダー

<< 2018年4月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ エコツアー体験記
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

月いちエコツアー、はじまりました(岩手県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年06月11日| 真板 昭夫

岩手県二戸市で、地元の人達を中心にエコツアーが始まりました!
このエコツアーは毎月行う予定です。

第1回は4月29日に開催。
二戸市内にある九戸城(くのへじょう)のボランティアガイドさんを中心に、
九戸城の案内、二戸市内の巨木の桜をみながらの散策をしました。

iwate ninohe 20150611 01

さらに地元の神楽をみせていただき、美味しいお食事を食べて解散しました。

iwate ninohe 20150611 03

iwate ninohe 20150611 02

同じ岩手県内の盛岡からの参加者の他、青森の八戸から来てくださった方も!
約40名が岩手の春を楽しみました。

この月いちエコツアー、5月は山菜取りを楽しみました。
その様子もまた後日お伝えしますね。

6月は、ヨガを組み込んだエコツアーを予定しています。
岩手県の二戸市のサイトを是非チェックしてみてください。

 

答志島の海の幸(三重県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年06月08日|

【Let`s go by boat! Lunch in Fisherman Village】

 

mie oz 20150608 02


答志島に行ってきました!
海の幸を獲る、海女さん・漁師さんに出会い!
それを、大事に扱う市場!
たくさんの人に答志の魚を届ける人!
そして、魚のおいしい食べ方を知り尽くした島のかあさん!
答志の魚がおいしい理由!
そんなことを感じた、今日の島ランチツアーでした!


mie oz 20150608 01


海島遊民くらぶ(三重県鳥羽市)

 

アニマルウォッチング ~ヤクシマザルの休憩中(鹿児島県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年06月03日|

kagoshima ynac 20150603

 

西部照葉樹林ツアーの途中、ヤクシマザルの群れに出会いました。
お互いに毛づくろいでシラミ取りをしたり、(画像左右)
母サルは仔ザルにお乳をあげたり、(画像左から3番目)
昼寝をしたり(画像右から3番目)。

動作もヒトとそっくりで、見ているとついつい感情移入して楽しくなってきます。
運が良いと、サルとシカが一緒に採食する場面にも出会えるかもしれません。
西部の森はサルやシカの遭遇率が高く、アニマルウォッチングに最適です。

(有)屋久島野外活動総合センター

 

漁師町の島ランチツアー(三重県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年05月30日|

★三重県鳥羽市のエコツアー会社「海島遊民くらぶ」様から、この季節ならではのエコツアーの様子が届きました。

【Secret of the taste】
今日は漁師町の島ランチツアー(答志島)に行ってきました!
今日の答志島。船を降りた時からいい香り♪
ちりめんじゃこが干されていましたー!
そして、なんと!
ちりめんの作業をちょっとだけ体験させてもらいました!
・まんべんなく太陽があたように
・ちりめんの形を壊さぬよう丁寧に
ちりめんじゃこをひっくり返します!
こんなに手間がかかっていたなんて!
知らんかった...
だから、こんなにうまいんか!
これからは、しっかり噛みしめながら味わおう!
と、心に誓った、ちりめん作業の体験でしたー!

海島遊民くらぶオズ 
https://www.facebook.com/Kaitoyuminclub
mie oz 20150530 01

mie oz 20150530 02

 

 

 

坂戸城跡でカタクリをはじめ春の山野草との出会いを楽しんできました。(新潟県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年05月26日|

坂戸城跡でカタクリをはじめ春の山野草との出会いを楽しんできました。(新潟県)

 

GW前半の休日を使って、新潟県南魚沼市の坂戸城跡(坂戸山)に行ってきました。天地人ゆかりの山城として知られる坂戸山は、標高634m、山麓から山頂までの高低差400m程度のハイキングや軽登山にぴったりの山で、地元の方にとっては東京でいう高尾山の様な存在かと思います。今回は湯沢里山クラブの高橋さんに案内していただき、この地で有名な「カタクリ」をはじめとする春の山野草との出会いを楽しんできました。

 

 niigata 001b
カタクリ【片栗】(ユリ科カタクリ属)[英名:Dogtooth violet]
坂戸城跡の山麓付近にあるカタクリの群生地。斜面一面を覆い尽くすカタクリは、さすが見応えがあります。

 

 niigata 002b
ショウジョウバカマ【猩々袴】(ユリ科ショウジョウバカマ属)[英名:Japanese hyacinth]
カタクリほどではありませんが、ショウジョウバカマもところどころ群生していました。

 

 niigata 003b
イワウチワ【岩団扇】(イワウメ科イワウチワ属)[英名:Nippon Bells]
登山道に沿ってずっと咲いていて、可憐な桃色の花が、常に目を楽しませてくれていました。

 

 niigata 004b
イワナシ【岩梨】(ツツジ科イワナシ属)[英名:Trailing Arbutus, Mayflower, Ground Laurel]
6月には実がなり、それが梨のように甘酸っぱく、とても美味だそうです。

 

 niigata 005b
シュンラン【春蘭】(ラン科シュンラン属)[英名:Riverstream orchid]
まさに春に咲く蘭で、カタクリと並ぶスプリングエフェラメルの代表種。山菜として、茹でて酢の物にしたり、塩漬けにしてお茶にしたりできるのだそうです。

 

 niigata 006b
タムシバ【田虫葉】(モクレン科モクレン属)[英名:willow-leafed magnolia、anise magnolia]
パッと見はコブシ【辛夷】とよく似ていますが、その見分け方は簡単。先ず木が一本立ちしていればコブシ、株立ちしていればタムシバ。更に花の中央(雄しべ部分)の色が黄色ならコブシ、赤色ならタムシバです。

 

 niigata 007b
坂戸城跡(坂戸山)の山頂付近から景色。近くには八海山や巻機山があり、遠くには谷川岳などが望めます。

 

 niigata 008b
山麓のカタクリは栽培種だけど、山頂のカタクリは野生種だろうとのこと。山麓のカタクリのように一面を覆い尽くすような迫力はありませんが、比較的苛酷な環境下で一生懸命咲いている姿にむしろ惹かれました。

 

 niigata 009b
這いつくばって一枚パシャ!

 

 niigata 010b
早春ということで、ところどころ雪も残っていましたが、普通のトレッキングシューズでも十分対応できました。登りでは足元の山野草を見て楽しみ、下りでは魚沼産コシヒカリの産地「魚沼平野」を眺めながらの下山でした。

 

niigata 011b
オオイワカガミ【大岩鏡】(イワウメ科イワカガミ属)[英名:Fringed Galax、Fringed Bells]
午前中はまだ蕾だったオオイワカガミが、日中の暖かさで午後には開花を始めていて、季節の変化を垣間見る絶好の機会となりました。

 

湯沢里山クラブの高橋さんは、最近地元で若手の育成も行っているそうです。その際には「植物の名を覚える時は、種名だけでなく科名や属名なども意識すると、より深い理解につながるよ。」とアドバイスしているそうです。試しに今回紹介する花名にも科名・属名などを加えてみると、元々良く似ているコブシとタムシバ以外にも、カタクリとショウジョウバカマ、イワウチワとオオイワカガミなどが、それぞれ仲間(近縁種)であることがわかり「なるほど~」と思いました。点だった知識が線として繋がり、それがやがて面になっていくような感覚というのは、何とも楽しいものですね。

 

【関連リンク】

○「湯沢里山クラブ」のエコツアーについて
http://www5.plala.or.jp/sikiyuzawa/
○「坂戸城跡」について
http://www.m-uonuma.jp/spot/muikamachi/spot_m_sakadojo.html

※「坂戸城跡」は、最近観光業界で注目を集めている南魚沼市美少女観光パンフレット「美女旅」でも2度紹介されています。
○Bijo-tabi Vol.1 No.3 
http://mixpaper.jp/scr/viewer.php?id=5057fddfec196
○Bijo-tabi Vol.3 No.3
http://mixpaper.jp/scr/viewer.php?id=51efdbd7a5cc6

 

鳥羽の海の恵み(三重県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年05月24日|

【古希を前に】
今日のお客様!
年に一度は集まると言う同級生♪
もうすぐ古希とは思えない!
そんなみなさんと、答志島に行ってきました!
今日(5月15日)の答志島は大忙し!
ちりめん漁があったようで、あちこちにおいしそうな光景が広がっていました!

mie oz 20150524

 

海島遊民くらぶ

 

 

素敵なメンバーとつまみ食いツアーへ!(三重県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年05月16日|

【Try Out the Local Favorites on the Street of Toba Castle Town】
素敵なメンバーとつまみ食いツアーへ!
今日の一品は今シーズン最後の伊勢海老のちくわ!
炭火で焼くと、いい香り♪

mie oz 20150516

海島遊民くらぶ オズ

 

観音様の住む町でエコツアー体験!(富山県、上市町) その2

テーマ: エコツアー体験記
2015年04月17日|

観音様の住む町でエコツアー体験! (富山県、上市町) その2


 toyama012
ツアー2日目は、主にお寺巡りの1日です。まずは「大岩山日石寺(にっせきじ)」という、大きな岩に仏様が彫ってあるお寺を訪れました。写真は、名ガイド兼コーディネーターの澤井さんにお寺の歴史について教わっているところ。ここには3つ目の名水「大岩山日石寺の藤水」がありました。名水はそれぞれ少しずつ味が違います。

 

toyama013

大岩山日石寺の「不動明王磨崖仏」。岩から掘り出された仏様は高さが3.4メートルもあり、近くで見ると圧巻で、細やかな彫刻にも感動します。

 

 toyama014
別室で「大岩不動」の写仏体験。写仏を行い、右の札に名前と願い事を書くと、それを本堂で護摩炊(ごまたき)して頂き、お守り袋に入れて持ち帰ることができます。

 

 toyama015
お昼は、四季料理のお店「華生(はなしょう)」の森林セラピー弁当“旬の香”を頂きました。昨日の「八十八」の摘草料理に続き、色鮮やかで地の食材盛り沢山の本当に美味しい料理でした。
 

toyama016
午後は、“ゆるりんぐ”というエコツアーガイドチームの『観音様の住む森のウォーキング』というプログラムに参加しました。写真は「眼目山立山寺(りゅうせんじ)」に向かう栂(とが)並木の参道です。
 

toyama017
栂並木の参道をゆっくり歩きながらガイドの“のんちゃん”に立山寺の由来などについて教わり、寺院内で願い事をしながら輪袈裟(わげさ)作りをして、それを自分の好きな西国三十三所の観音様に掛けて、最後に座禅体験までさせて頂きました。
3つの名水巡りでも感じたことですが、霊峰剱岳を仰ぐ自然豊かな町、上市町には、今もなお神様や仏様に対する信仰がしっかりと息づいているようでした。

 

toyama018

写真は、上市と富山のお土産。左から、日石寺のとんぼ玉おみくじ、写仏体験でのお守り、「上市でしょうが」という生姜たっぷりの濃縮ジュース、富山名物「しろえびせんべい」。棚田オーナー体験もできるという上市町に、また季節を変えて訪れてみたいと思い、帰途につきました。

 

 【関連リンク】

○大岩山日石寺

http://ooiwasan.com/home.html

○大岩山日石寺の藤水

http://www.info-toyama.com/spot/31011/

○四季料理「華生」

http://namerikawa-kamiichi-tateyama.mypl.net/shop/00000334383/

○眼目山立山寺

http://www.sakkanotera.com/

○ゆるりんぐ

http://yururing.com/

 

(日本エコツーリズム協会)

 

観音様の住む町でエコツアー体験!(富山県、上市町) その1

テーマ: エコツアー体験記
2015年04月16日|

観音様の住む町でエコツアー体験! (富山県、上市町) その1


 toyama001

春休みの週末を利用して、開通間もない北陸新幹線「かがやき」に乗り、富山県上市町のエコツアーに参加してきました。

 

toyama002

上市町は、東京から北陸新幹線で富山駅まで行き、そこで地鉄富山線に乗り換えて20分程行った所にあります。この地鉄は、映画「Railways」(2011)の舞台になっており、三浦友和さんが鉄道員役を演じています。ちなみに上市町は他にも、映画「剣岳・点の記」(2009)や「おおかみこどもの雨と雪」(2012)の舞台にもなっていて隠れ映画スポットでもあるのです。
 

toyama003
上市町では先ず種という集落に行き、そこで木漏れ日の中、地元の方たちと一緒に、早春の山菜採りを楽しみました。


toyama004

まだこの時期は、本格的な山菜の時期ではありませんが、フキノトウやユキノシタなどを採ることができます。


 toyama005
お昼は、地元の方々とご一緒させて頂き、フキノトウの他、事前にご準備頂いた山菜も加わった山菜尽くしのお料理を、地酒「立山」と一緒に堪能しました。写真の山菜は、アマナ、カタクリ、フジナ、ワサビ、ウドなどなど。シーズンになると山では25種類もの山菜が採れるのだそうです。


 toyama006

今回のツアーでは、上市町にある3か所の名水を巡りました。一つ目は「穴の谷(あなんたん)の霊水」で、環境省選定「全国名水百選」の一つです。地元の方の多くは、専用のペットボトルやタンクに水を入れ、車で持ち帰り毎日飲料水として利用しているとのこと。全国各地からも水をくみに訪れているのは驚きでした。
 

toyama007
次に訪れたのは、護摩堂(ごまどう)にある「弘法大師の清水」。この近くに、本日の宿「八十八(やとはち)」があります。

 

toyama008

「弘法大師の清水」を美味しそうに飲む、参加者最年少の悠仁くん。

 

toyama009

夕食までの時間、八十八のご主人三浦さんのガイディングで、護摩堂周辺の森を、スノーシューを履いて散策しました。摘草料理に使う野草や木々の話や、様々な足跡から野生動物の森の暮らしぶりなどについて教えて頂きました。

 

toyama010 
スノーシューでの最終地点は、上市町をはじめ、富山湾を一望できる絶景スポットです。ひんやり冷たい空気の中にも小さな春を感じつつ、見事な景色に感激しました。
 

toyama011
八十八のご主人三浦さんは、京都で茶懐石や摘草料理の修業をされ、東京の北大路魯山人の定宿やニュージランド大使館で更に腕を磨かれた後、この地で摘草料理をふるまう隠れ宿を営まれてこられたのだとか。舌にも体にも本当に美味しいお料理の数々でした。

 

その2へつづく

 

【関連リンク】

○上市町観光協会

https://www.kamiichi.jp/

○穴の谷の霊水:

http://www.info-toyama.com/spot/31008/

○弘法大師の清水:

http://www.info-toyama.com/spot/31009/

○和風オーベルジュ「八十八」:

http://nttbj.itp.ne.jp/0764732267/

 

(日本エコツーリズム協会)

・弘法大師の清水:
 

カエナポイント エコツアー(ハワイ)

テーマ: エコツアー体験記
2015年03月16日| 辻野 啓一

カエナポイント エコツアー
ハワイアンモンクシール編

絶滅危惧種 ハワイアンモンクシール(アザラシ)をひと眼、観たくてはるばる来ましたオワフ島最西端、カエナポント。
果たして会えるか?
果たして何匹か?

いました!!!

先ずは一匹。

Hawaii tsujino 20150316 01

のんびりお昼寝。

Hawaii tsujino 20150316 02

2匹目。
何とも可愛い寝顔だ。

Hawaii tsujino 20150316 03

そして三匹目
ドッタッーと寝そべっている。

ひところは乱獲が横行し、頭数が激減した。
何とかしてこの可愛い寝顔を守ってあげたい。

Hawaii tsujino 20150316 04

振り返れば、絶景カエナポイントがのんびりした日差しの中に拡がる。

 
«最初12345678910最後»

9 / 11 ページ
ページトップへ