カレンダー

<< 2018年3月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ エコツアー体験記
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

イサベラ島に向かう(ガラパゴス)

テーマ: エコツアー体験記
2015年09月03日|

イサベラ島に向かう(ガラパゴス)

arttour 20150903 01

ガラパゴス諸島内で人の住んでいる4つの島々は中央に位置するサンタ・クルス島のアカデミー湾がハブとなってそれぞれの島々をスピードボートが運航しています。サンタ・クルス島からサン・クリストバル島とイサベラ島の往復は定期便が往復していますが、フロレアーナ島との間は不定期運航です。今回はサンタ・クルス島からイサベラ島に行ってきましたので体験記を紹介します。

arttour 20150903 02

諸島内の交通機関は20名乗り以下のスピードボートです。複数のボートが就航していて、各島々の間を片道約2時間前後で結びます。乗り合いなので、定員で乗船すると居心地はお世辞でも良いとはいえなくて、少々覚悟が要ります。ガラパゴスの社会変化を長い時間見続けていますが、今もって定員の大きな乗り心地の良い海上交通が誕生しないのはガラパゴスの保全を気遣ったライセンス制度があるからだと観察しています。

arttour 20150903 03

スピードボートという理由は乗船すると一目瞭然で理解できます。エンジンが2基あるのは普通で、3基も付けているボートすらあります。時速60kmほどのスピードで大海原を疾走して目的地に向かうのですが、波と波の間を時には飛ぶように走行する爆音と揺れには優雅に会話をしながら航海を楽しむようなイメージは残念ながら乗船後すぐに一掃されてしまいます。

arttour 20150903 04

2時間半ほどの乗船で諸島内最西端の人が住むイサベラ島に到着します。湾内に入り沖合に停泊するとエンジンの騒音から解放されます。つかの間の静寂を取り戻して人心地ついていると、湾内唯一の交通手段になっている海上タクシーがやって来て桟橋まで運んでくれます。エンジンが一基でのんびりと走るボートにどれほど心地よい安堵感を感じるかはスピードボートに乗った後でないと理解できないと思います、、、 いずれにしろ、ようやくイサベラ島に到着です。

arttour 20150903 05

イサベラ島のプエルト・ビジャ・ミル桟橋に到着しました。
ボートを降りたら荷物は自己責任で運びます。スピードボートの移動は決して楽ちんではなかったので、少々重い荷物でも目の前に動かない大地があるのだと思うと安心感から何の辛さも感じません(笑)。

arttour 20150903 06

諸島内の移動は必ず最初に荷物の検査を受けます。ガラパゴスの生態系を脅かすような植物、動物などの移動、持ち込みを水際で防ぐためです。観光客も悪気がなくて犯しがちなルール違反はフルーツの持参です。朝ごはんの時にはおなかが空いていないからと、あとで食べるつもりで持参したフルーツは発見されると没収されるので、注意が必要です。

arttour 20150903 07

ガラパゴスで一番大きなイサベラ島のプエルト・ビジャ・ミルは人口が僅かに2千人ほどの小さな町です。写真は市役所前のメインストリートですが、舗装もされていない道路とヤシの木よりも高い建物はほとんどない実にのんびりとした街です。
この町の滞在記は追ってご紹介しますのでお楽しみください。}

文責:波形克則
ガラパゴスを楽しんでください→www.galapagos.co.jp



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

姫島訪問記 二日目(大分県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年09月02日| 辻野 啓一

さあ、朝から姫島探訪です。
案内役は由緒ある大帯(おほたらし)神社の宮司 
江原不可止さん。

jes 20150902 01

jes 20150902 02


お神楽用の立派な舞台があり、樹齢何百年かわからないほどの見上げるような巨大な松が空を突き刺すように立っていることで、この神社の格式を感じる。

jes 20150902 03

宮司の江原さんは数学と石積みが大好きで話題がそこに至ると力が入る。お殿様の住んだ家の塀の下の部分に一個だけ不調和に大きな石がはめ込まれている。
石工が自分の力を誇っている『笑い積み』なのだなんてことも教えてくれた。庭には亀の甲羅のような亀甲石が。


jes 20150902 04

jes 20150902 05

jes 20150902 06

エコツーリズムもそうだが、ちゃんとした説明を聞くと旅の印象が俄然深くなる。
かつて郵便局として活躍した建物。屋根の鬼瓦に郵便局のマークが使われているのもちょっとお茶目な感じ。

jes 20150902 07

jes 20150902 08

小高い丘の上に威風堂々と立つ海岸寺。

jes 20150902 09

海岸寺から見はるかす景色は個々の家の甍が美しい。

素敵な街に来たなあという思いが込み上げてくる。
この町に海の彼方から何千ものアサギマダラが飛来してくるのかと思うとまた来てみたいと思った。
お昼は名物 えびたこ丼。

jes 20150902 11

そして午後は今回のメインイベント、カンコロ餅つくり。
キツネ踊りのレッスンでお世話になった女将会の皆様にまたお世話に。
かんころ粉といわれるサツマイモの白っぽい粉が、水と混ぜ練っていくと色が独特の黒っぽい色に変わる。

jes 20150902 12

jes 20150902 13

そのためには結構力を入れて何度も練る必要がある。
練りこんだ生地で餡(下の写真)を包み込んでいくのだが、
コツを女将の会のベテランの女性に教わる。

jes 20150902 14

jes 20150902 15

自分の餅にイニシャルを書いたものや、ハート形にして自分の作ったものが蒸された後でもわかるように。

jes 20150902 17

jes 20150902 18

私に作った餅は餡が皮の外に飛び出した“切腹”状態になってしまったが、味は抜群。立て続けに3個食べ、みんなに呆れられたが、それも楽し!!

jes 20150902 19

jes 20150902 20



いよいよ船が島を離れる。七色の紙テープの端と端を船の上の我々と見送り女将の会の人たちが持って別れを惜しんだ。
島の別れはロマンチックだ。

日本エコツーリズム協会
辻野啓一

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

姫島訪問記-1- キツネ踊りとえびの踊り食い(大分県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年08月30日| 辻野 啓一

過日、大分県の姫島に行ってきた。

伊美の港から船に乗って20分で、姫島に着岸。人口は2千名を少し下回る。

jes 20150830 01

jes 20150830 02

黒曜石も産出され、ジオパークにも認定されている。
また5月中旬から6月上旬には何千匹ものアサギマダラが飛来する島。
エコツーリズムの魅力にあふれている島だ。

車エビやヒメジマヒジキなど美味な食彩でも知られている。

早速にお昼に大きな車エビが3匹が盛られた海老フライ定食にみんな目を丸くしていた。

jes 20150830 03

宿泊した『だるま屋』さんの前に、可愛い電気自動車が二台。
村長はいくいくは20台に増やしたいと言っていた。

jes 20150830 04

jes 20150830 05

いろいろと話題に多い島だが、つとにこの島を人気の島にしているのは
みんながキツネの化粧をして、軽快に踊るキツネ踊りの盆踊り。

このキツネ踊りを習うオプショナルツアーがあり、我々も参加した。
現地の女将の会の女将さんたちが、指導に当たる。
顔を白塗りにし、そこに朱色の絵の具で模様を描いていく。
参加者はお互いに顔を見合って、大笑い。
いよいよレッスンが始まった。
傘を片手に、真剣なまなざし。楽しくてたまらない。
エコツアーは自然だけでなく、その自然のなかに生活する人の生活や文化を飲み込んでのエコツーリズムだ。

jes 20150830 06

jes 20150830 07

jes 20150830 08

jes 20150830 09

jes 20150830 10

夕飯時、藤本昭夫村長を囲んでの意見交換会。
お膳に盛られた車エビは元気よく、お膳からピユンピユン飛び出してしまう。そのたび女性たちはキャーキャーと大騒ぎ、宴は盛り上がりに盛り上がる。

まさに今日はキツネ踊りとえびの踊り食いの一日だ。

最後に大皿にうどんと鯛が一匹そのまま盛られる『ご対面(ご・鯛・麺)』という祝いの席に供せられる名物郷土料理で締めくくられた。
おまけはおかみさんたちが輪になって踊ってくれた皿踊り。
楽しい夜はこのように更けていった。

日本エコツーリズム協会
辻野啓一

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

国営昭和記念公園で環境学習プログラムに参加しました!

テーマ: エコツアー体験記
2015年08月23日|

梅雨のさなか、東京・立川にある国営昭和記念公園に行き、富良野自然塾のプログラムに参加しました。

20150823tachikawa01

 

 富良野自然塾のプログラムは、①緑の教室、②裸足の道、③1mの地球、④46億年・地球の道という4部構成になっています。

 

①緑の教室では、息をどのくらい止めていられるかを測り、人間が生きていくために、いかに酸素が必要かを実感し、その酸素が葉っぱの光合成によってできていることなどを学びました。

 

 20150823tachikawa02

②裸足の道では、目隠しをした状態で、写真のような、芝生、砂利、丸太、落葉、土などの上を歩いて、視覚以外の感覚を研ぎ澄まし、それらの感覚の重要性を再認識しました。

 

 20150823tachikawa03

③1mの地球では、直径1mのコンクリート製の地球儀を使って、その内部構造や、太陽・月との関係性について学びました。 地球の構造は、内核(6000℃)、外核(3000℃)、マントル(3000~1000℃)、そして地殻から出来ているとのこと。その地殻は、地球の直径を1mとしたときに、わずか1~3mmしかないのだとか。そうやって考えると、火山や地震が起こることが、ごくごく当たり前のことのように思えてくるから不思議です。

 

 DSC03559b

 ④46億年・地球の道では、地球の46億年の歴史を460mの距離に置き換え、そこを歩くというとてもユニークなものでした。この「地球の道」の肝は、地球の歴史を460メートルという距離にしたとき、人類の歴史が、わずか2センチほどで、さらに化石燃料時代と言われる過去200年の歴史にいたっては、たった0.02ミリでしかないことを実感できることです。そして、この短い間に地球温暖化という問題が起こっていると思うと、、、。

 

最後にガイドさんは、人類と動物とを区別する特性として、未来を予想する能力をあげられ、その能力を働かせ、今回のプログラムのラストメッセージ『地球は○○から借りている』(○○は実際にプログラムに参加してのお楽しみ!)ことを意識し、日々の暮らしを大事に送ってくださいねと結ばれていました。

 

五感を使った楽しい体験を交えながら、またまるでお芝居を観ているかのようなガイディングを受けながら、環境問題の本質を直感的に学ぶことのできる本当に上質な環境学習プログラムでした。

 

シュノーケルツアーへ出発!(三重県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年08月16日|

【Snorkel tour】
Summer holiday is such a family time for Japanese! So, explore the beauty of Toba Sea with your family in our snorkel tour! Book our snorkel tour today! English and Bahasa speaking guide available.
More info: http://oz-group.jp/sp/

 

mie oz 20150816

シュノーケルツアーへ出発!
今日はどんな生き物に出会えるか!?
楽しみだー!

海島遊民くらぶ

 

銀座ミツバチプロジェクトの見学に行ってきました!

テーマ: エコツアー体験記
2015年08月12日|

銀座ミツバチプロジェクトは、銀座のど真ん中にあるビルの屋上でミツバチを飼い、ハチミツを集め、活用しているNPO法人です。

 

今回は、ハチたちの巣箱を見せてくれる見学会に参加しました。

ビルの屋上には冷暖房や電気関係の設備が置かれていて、その隙間に巣箱があるという感じでした。巣箱はセイヨウミツバチが4つ、ニホンミツバチが3つ置いてありました。 セイヨウミツバチは周囲4キロから蜜を運んでくるそうで、一箱で年間80キロ取れるそうです。

 

jestakano 20150806 01

 

直射日光が当たらないように工夫されていましたが、屋上のコンクリートの上で巣箱の中はけっこうな温度になるのでは?と思いましたが、ハチたちは元気に飛びまわっていました。

一つの箱に女王蜂は一匹で、周りの忙しく働いているハチはメスなんだそう。ハチの一生は一ヶ月くらいで、羽化してすぐは幼虫への餌やりや巣の掃除をするようになり、次に巣を作る担当になり、そして最後に蜜を集める担当になるそうです。だから巣から外へ出て蜜を集めているハチはおばあちゃんなんだと。いやあよくできたシステムですね。

 

jestakano 20150806 02

 

 

じゃあオスは何をしているのかというと、ひたすら女王蜂との交尾をするために出かけているんだそうです。そして交尾ができるとそこで死んでしまうとか。分蜂する女王蜂を見つけて交尾をするというのはなかなか難しいのではないかと思い、オスの仕事も大変なのだと思いました。だいたい秋くらいまでにオスは死んでしまうのだけど、冬も巣箱にいるオスを見たところ、特に何もしてない様子だったとのこと。オスはメスに食べさせてもらっているんですね。

ハチミツはハチさん達ががんばって集めた蜜を人間がいただいちゃってるんですね。もちろんハチさん達の分を残してあげるので、持続的なのだと思いました。そう思うと懸命に巣箱に戻るハチさん達がかわいく見えてきますよ。

 

銀座ミツバチプロジェクト

 

鳥羽の海でシュノーケル!(三重県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年08月09日|

★三重県鳥羽の「海島遊民くらぶ」から、エコツアー体験記が届きました


【Snorkeling is fun!】
Spend your amazing summer time snorkeling with family in Toba Sea like our guest today from Tochigi! Book our tour today! English and Bahasa speaking guide available!
暑い夏、シュノーケルツアーは最高に気持ち良い!
かわいい魚たちと一緒に海をたんけんしよう(^^)

 

mie oz 20150809

 

無人島たんけんツアー(三重県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年08月03日|

★鳥羽の海からツアー体験記が届きました。


【We went on a desert island!】


無人島たんけんツアーに行ってきました!
シュノーケルに釣りに!
楽しいことがぎゅーっとつまった4時間でした!

 

■海島遊民くらぶオズ http://oz-group.jp/

 

mie oz 20150803 01

mie oz 20150803 02

 

お父さんと男の子ではじめてのカヤック!(三重県)

テーマ: エコツアー体験記
2015年07月22日|

【See-through Seaweed Forest Kayak Tour 】
お父さんと男の子ではじめてのカヤック!
3歳とは思えない、力強いパドリング!
最後はパドルを握ったまま、カヤックの中ですやすや♪

mie oz 20150722 01

mie oz 20150722 02

mie oz 20150722 03

 

マングローブ林で植林!(タイ)

テーマ: エコツアー体験記
2015年06月29日|

6月19日から23日までタイ国政府観光庁が主催した研修に、日本エコツーリズム協会からもスタッフが参加しました。
その様子がネット記事として配信されましたのでぜひご覧ください。

【タイ】海猿も待っている、マングローブ植林地で「泥」と「水上スキー」を楽しむ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150620-00000002-gnasia-asia

thai 20150629

 

 

 

 
«最初12345678910最後»

8 / 11 ページ
ページトップへ