カレンダー

<< 2016年10月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ エコツアー体験記 奥入瀬渓流でコケさんぽ コケにも香りがあるって知ってた?
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

奥入瀬渓流でコケさんぽ コケにも香りがあるって知ってた?

テーマ: エコツアー体験記
2016年10月20日| Administrator

奥入瀬渓流でコケさんぽ コケにも香りがあるって知ってた?

 

青森県の奥入瀬渓流でコケ観察に参加しました。

コースはコケ散歩ライト、一時間半で3500円のツアーです。

http://www.oiken.org/

 

コケというと京都のお寺でみた苔むしたフサフサとした

じゅうたんのような庭を思いだしますが、

奥入瀬渓流には天然のコケじゅうたんがあるのです。

 

奥入瀬渓流は、十和田湖を起点に太平洋まで流れ出る奥入瀬川のほんの一部分を言います。

十和田湖は火山の噴火によってできたカルデラ湖で、

噴火口にたまった水が湖となり溢れ出て奥入瀬川ができました。

 

1←1

奥入瀬渓流は高低差200メートルのところを

14キロにわたって川が流れている様が美しいと言われています。

確かにゆったりと水が流れていく様子は、

ほかの渓流と言われる川には無い、穏やかさがあり心が癒されるのを感じました。

 

コケ散歩はそんな奥入瀬渓流のほんの一部分でコケを観察するという、

いたってじみーなツアーですが、ルーペを持つと、なんと世界の広がることか!

肉眼では見えなかった小宇宙がそこにはあります。

 

2

これが弾けると胞子が風にのって飛ばされます。

これはルーペをつかってスマホで撮りました。

 

3

割とよく見られるシノブゴケ

 

私が一番感動したのはジャゴケです。

割と見たことあるコケなのですが、ルーペで見ると、

その名の通り、蛇のウロコのような模様なのです。

更に、ジャゴケをこすると、フィトンチッドのような爽やかな香りが!

コケは無味無臭という勝手な印象があったので、びっくりしました。

 を這うようなタイプから、雨水をキャッチしやすいフサフサのタイプまで、

色々な生き残り戦略があり、小さいながらに工夫して一生懸命いきる姿に

偉いなーと感じ入ってしまいました。

 

4

コケ観察だけでなく、コケだまづくりも人気です。

奥入瀬渓流と言えば、渓流を見て終わりという短い時間での滞在が多かったと言いますが、

このようにコケを活かして滞在時間をのばし、新たな楽しみが作られています。

5

写真はタヌキノチャブクロと、コケと白いキノコ。

なんか宮崎駿の世界のようでしょ!

 

高野千鶴

 
ページトップへ