カレンダー

<< 2016年5月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ エコツアー体験記 二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)結果報告(岩手県)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)結果報告(岩手県)

テーマ: エコツアー体験記
2016年05月10日| 岩手県二戸市

★岩手県の様から、二戸市地域おこし協力隊様からおたよりが届きました!

二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)結果報告
「春のお花めぐりと神楽観賞」

iwate ninohe 20160510 06

4月24日(日)、平成28年度1回目となる二戸の宝を生かしたエコツアー(岩手にのへ おさんぽ日和)が行われました。

今回は、二戸の歴史を語る上で欠かさせない九戸城跡でのお花見会や、二戸の気候を生かした果樹栽培を行っている農家さん宅訪問、そして、二戸市の無形民俗文化財に指定されている神楽の観賞などを楽しみました。

九戸城は、南部氏の傍流であった九戸氏の居城でした。また、豊臣秀吉が天下統一の総仕上げとして行った奥州再仕置の大軍と九戸政実が戦った場所でもあります。九戸政実は戦に敗れはしましたが、郷土の英雄として今も地域の人々に愛されています。 このように二戸の歴史との関わりが深い九戸城跡を、地域の人たちによって運営されている「九戸城ボランティアガイドの会」のガイドさんに案内してもらいながら、今はなき本丸跡でお花見会を楽しみました。

iwate ninohe 20160510 03

さらに、今年で見納めになる福岡地区にある愛宕神社のエドヒガン(桜)も観賞しました。

iwate ninohe 20160510 07

二戸市の気候は昼夜の寒暖の差が大きく降雨量が少ないので、果樹栽培に適しており、リンゴやサクランボ、ブルーベリーなどの栽培が盛んに行われています。
主にリンゴとサクランボを栽培している「荒谷果樹園」の荒谷直大さんに園地を案内してもらいながら、リンゴやサクランボ栽培について学びました。
お昼は、地元の食材を生かした料理として、若手農家さんたちが考案した「カシオペア5つ星キーマカレー」をいただきました。

iwate ninohe 20160510 02

食後は、荒谷さんが栽培したリンゴで作ったジュースの飲み比べをして、楽しみました。エコツアーの参加者には、「きたろう」という品種を使ってつくったジュースが特に人気でした。

iwate ninohe 20160510 04

午後は、「深山神社神楽保存会」の皆さんに神楽を披露していただきました。

iwate ninohe 20160510 10

かつては担い手不足から神楽がなくなってしまうかもしれない時もあったようですが、地域の人たちの熱意によって盛り返し、現在は地域の小中学生や地域外の大人などの参加も得ながら週に1回の練習を行いながら、市内のイベントなどに出演しています。
エコツアーの参加者は、子どもたちの舞を食い入るように見つめていました。また、保存会からのお振舞い(イワナの塩焼き)も大好評でした。

iwate ninohe 20160510 01

今回のエコツアーを通じて、盛岡市からの参加を中心に15名の方に二戸の春を楽しんでいただきました。

iwate ninohe 20160510 09

二戸市地域おこし協力隊(岩手県)


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 
ページトップへ