カレンダー

<< 2018年1月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ エコツアー情報
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

「My Activity -マイ・アクティビティ-」でグッドエコツアー紹介

テーマ: エコツアー情報
2015年02月08日|

日本各地のツアーを紹介するサイト「マイ・アクティビティー」に、日本エコツーリズム協会のエコツアー推奨制度【グッドエコツアー】登録ツアーが続々と掲載されています。

 

グッドエコツアーのロゴが付いているツアーが目印です。


ニッポン全国「ココでしかできない!」体験プログラムやツアーの情報検索サイト
My Activity -マイ・アクティビティ-」 運営会社:株式会社エフネス)


jes myactivity 20150208

 

DISCOVER THE SAKE at 舩坂酒造(岐阜県)

テーマ: エコツアー情報
2015年02月05日|

DISCOVER THESAKE at 舩坂酒造

美味しい新酒が目白押しの飛騨から、地域独特の文化を体験できるエコツアーをご紹介します。
澄んだ空気と山からの清らかな水、美味しいお米と寒冷な気候、酒造りに恰好の条件が揃ったここ飛騨地方。なんと11軒もの造り酒屋が今でも、凌ぎを削って美味しい日本酒作りに精を出しています。そしてこの地方で日本酒は、人々の生活、特にコミュニティにとって、なくてはならい重要な役割を担っているのです。
今回ご紹介するのは、独特の日本酒文化を持つ飛騨の地で、酒はどのような役割を果たしているのか、人々は酒とどのように付き合っているのか、を探っていく室内型文化体験プログラム。その名も”DISCOVER THE SAKE”です。

さてさてどんなプログラムなのでしょう。

gifu chura 20150205 01

会場は高山の古い町並みにある造り酒屋。酒の神様「杉玉」が見事です。

gifu chura 20150205 02

gifu chura 20150205 03
 

筆を持ったり、風呂敷を広げたり、酒に纏わる日本文化体験を楽しめます。

gifu chura 20150205 04 

日本酒のいろいろな種類や、その楽しみ方をご紹介します。日本酒って多彩!

gifu chura 20150205 400 05

これまで海外からの観光客の方に多くご参加頂いていますが、英語を使って海外の方との交流を楽しみたいという方や、日本酒文化をあらためて知りたいという日本人の方にもお越しいただいています。
日本人のあなたも驚くような、飛騨地方独特の日本酒文化に出会えるかもしれませんよ。
美味しい飛騨の日本酒を用意してお待ちしております!

“DISCOVER THE SAKE”
http://satoyama-experience.com/tour/sake-exp/

SATOYAMA EXPERIENCE
http://satoyama-experience.com/jp/

 

早春の花(小笠原)

テーマ: エコツアー情報
2015年02月01日|

2月、本土の方ではまだまだ寒い時期が続いていることでしょう。

南国小笠原でも1-2月は気温の低い時期ですが、
それでも最高気温は20度近い日が多いのです。

早春のこの時期、
集落でも見られる花を紹介します。

ogasawara mull 20150201 03

海岸付近の自生種・デイコです。
大きな樹になっています。
5月くらいまで花は見れます。

ogasawara mull 20150201 01

ところどころに植栽されているカンヒザクラです。
花2月中くらいですね。

ogasawara mull 20150201 02

岩場などで野生化しているセイロンベンケイです。
花の形からトウロウソウともいわれていました。
葉挿しで増えるのでハカラメともいわれます。

主催:マルベリー

ツアーは
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-2.htm
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-3.htm

 

冬の滝に魅せられて。(岐阜県)

テーマ: エコツアー情報
2015年01月31日| NPO法人 飛騨小坂200滝

冬の滝に魅せられて。

昨年末より断続的に続いたどか雪のおかげで例年よりも積雪が多い状態でハイシーズンを迎えております。ハイシーズン??と疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。「滝は夏の風物詩でしょう!」とおっしゃるかたもみえるでしょう。いやいや。冬こそいいんです!

ふかふかの雪のなかをわかんじき(これを装着しないと歩けません)を履き、厳冬の森へ分け入る。まだ誰も足を踏み入れていないその先に歩みを進め、谷底深く雪を掻き分け下りてゆく。真冬というのに汗する行程、しかしながら最高気温がマイナスのまま上がらないこの場所ではすべてが白く凍てつく世界。そこに一筋落ちる滝は完全に凍ることの無い、しかし夏とは明らかに様子の違う顔を見せる滝。いつもは轟音をとどろかせるその滝も深い雪に音は吸い込まれ静かな印象となる。滝の周囲に目を配ると夏には気づくはずもないわずかな水の滴る様もこの厳冬の頃にはすべてが凍てつきまるでシャンデリアのような見事な幾重にも重なる氷柱郡に姿を変える。

冬の滝は芸術品。訪れたものにしか感じ得ない特別な体験が待っています。この冬すでに沢山の方にこの特別な体験をご経験頂きました。

冬は夏以上に短い。この辛くも美しい世界はまさに“一瞬”の出来事。その一瞬に触れてみませんか。冬の滝めぐりは3月初旬までで終了します。残りあと1カ月強。冬は足早に過ぎ去ります。お見逃しなく。

gifu 20150131 osaka200 01快晴の中、御嶽の麓に鎮座する滝を目指す。


gifu 20150131 osaka200 02
身の丈以上の雪を掻き分けすすむ。

gifu 20150131 osaka200 03気温マイナス10℃、冬尚凍らぬ材木滝(23m)

 

 

《スキーデビューしよう♪》SIAわんぱくスキー塾 レッスン付【ゲレンデデビュープラン】(新潟県)

テーマ: エコツアー情報
2015年01月29日| 一般財団法人 休暇村協会

上信越高原国立公園にある、休暇村「妙高」から冬を楽しむツアーの紹介が届きました。

qkamura 20150129 01


《スキーデビューしよう♪》SIAわんぱくスキー塾 レッスン付【ゲレンデデビュープラン】

休暇村に宿泊しながら、レッスンを受けられます。

1泊4食、リフト2日券、レッスン6時間間付。
お子様むけではありますが、大人もリフト2日券となりますので、スキーを楽しみながらレッスンを受けるお子様のようすを見守れます。

 

期間: 2015年3月28日
料金: 12,000円 お子様料金は別
詳細: http://www.qkamura.or.jp/qkamura/489/date.asp?id=myoukou&room=3&plan=200&ty=ser&prv=

 

qkamura 20150129 02

 

 

ムーン&スターライトウォークのお知らせ(岩手県)

テーマ: エコツアー情報
2015年01月21日|

第10回エコツーリズム大賞で大賞を受賞した「小岩井農牧株式会社」(岩手県)が行うツアーのお知らせです。

 

■農場自然散策特別版 第2弾

ムーン&スターライトウォーク
スノーシューを履いて、月と星空の銀世界へ!

iwate koiwai 20150121


開催日:2月20日(金)・21日(土)・22日(日)
3月6日(金)・7日(土)・8日(日)・13日(金)・14日(土)・15日(日)


時間:18:00 受付開始、18:30スタート、20:30終了予定
定員:30名(当日受付)  


参加料:中学生以上~大人500円 小学生以下無料 (有料期間まきば園入園料別途)
スノーシューレンタル料 500円
 荒天中止。長靴やブーツなど準備の上、あたたかい
   服装でお越しください。  

お問合せ・お申込: 電話 019(692)4321
あるいはサイトからお申込み下さい。
http://www.koiwai.co.jp/eco/tour/nature/

 

妻籠宿で江戸時代の宿場の雰囲気を楽しんできました!

テーマ: エコツアー情報
2015年01月13日|

妻籠宿で江戸時代の宿場の雰囲気を楽しんできました!

 

年末年始の休みを利用して、長野県南木曽町の妻籠宿(つまごじゅく)を訪れました。妻籠宿は、江戸と京を結ぶ中山道69次のうち江戸から数えて42番目となる宿場町で、江戸時代には中山道と伊那街道が交差する交通の要所としてとても賑わっていたそうです。

 

nagano 150112 01

 しかし明治以降は、新たな交通網の整備と共に宿場としての機能を失い、段々と時代に取り残され、衰退していくことに、、、。

 

nagano 150112 02

やがて昭和の経済成長と共に全国の伝統的町並みが姿を消していく中、江戸時代の宿場の姿を強く残していた町並みが再発見され、全国に先駆け景観保存運動がおこり、1976年には、国の「重要伝統的建造物群保存地区」の最初の選定地のひとつに選ばれています。

 

nagano 150112 03

妻籠の人たちは、重要伝統的建造物群保存地区の選定に先立ち、1968年に「妻籠を愛する会」を設立し、1971年には妻籠宿を守る住民憲章を宣言しています。その憲章には『妻籠住民は、保存をすべてにおいて優先させるために、妻籠宿と旧中山道沿いの観光資源(建物・屋敷・農耕地・山林等)について「売らない」「貸さない」「壊さない」の三原則を貫くことを決めた。』とあり、現在もこの三原則はしっかり守られているのだとか。
※町並みの保存についての詳細はこちら

 

nagano 150112 04

 年末年始に訪れたということもあり、主だった資料館は休館していて、またガイドツアーへの参加も叶いませんでしたが、いくつかの個性的な土産屋や茶房などに立ち寄ることができ、十分に宿場町の雰囲気を楽しむことができました。ちなみに上の写真は、木の店「あぶらや」さん。

※資料館等の情報はこちら
※ガイドツアー等の情報はこちら

nagano 150112 05

 こちらは、曲げ物の店「丸田屋」さんの店頭にならぶ「めんば」の数々。おひつ、そば蒸篭、お弁当箱、それに珈琲用のマグカップまで並んでいました。こんなお弁当箱で食べたら味が変わって感じるかも、、、。

 

nagano 150112 06

 こちらは、茶房「ゑびや」さん。店の前で様子をうかがっていると、道を通りがかった地元の方に「ここの栗入りぜんざいは美味しいよ!」と声をかけられました。時間がなかったので「栗きんとん」をお土産に買って、移動中の車の中で食べましたが、何かの機会にお取り寄せをしたくなるほど、甘さ控えめで上品な味でした。

 

nagano 150112 07

 町のはずれから振り返ると、家々の屋根にはうっすらと雪が積もり、遠景の山々には低く雲が棚引いており、まるで「日本昔ばなし」の世界に迷い込んでしまったかのような幻想的な雰囲気に包まれることができました。次回は、是非この町の宿に泊まり、ゆっくりガイドツアーに参加しようと思いつつ、妻籠宿を後にしました。

 

(日本エコツーリズム協会)

 

 

 

 

 

 

海女の国スピリチュアルツアーのお知らせ(三重県)

テーマ: エコツアー情報
2015年01月11日|

【Spiritual Tour Visiting Ama-san】
Ama-san is Japanese traditional woman divers.
It is one of the oldest professions for Japanese women that already existed since 3,000 years ago.
As one of Toba Sea conservators, Ama-san not only will introduce you their environmental friendly way of life, but also will grill the fresh local seafood for your lunch in their hut!
http://oz-group.jp/english/menu/e-9.html


先日のナマコ!
実は、海女さんたちもナマコを獲っています!
もちろん、素潜りで!
冬の寒い海にも潜り
自然の恵みも怖さも知っている魅力的な女性たち。
それが海女さん。
そんな海女さんたちに出会える!
海女の国スピリチュアルツアー(http://oz-group.jp/menu/8.html
なんだか元気になれる!そんなツアー♪

 

mie oz 20150109

 

絶景なり!ハナウマ湾を一望できる美しい穴場スポットとは・・・(ハワイ)

テーマ: エコツアー情報
2015年01月08日|

みなさまにもおなじみの「ハナウマ湾」はシュノーケルの穴場として有名ですがハナウマ湾の周りのクレーターを歩く絶景トレッキングコースが最近噂になっているとのことで先日チャレンジしてきました。
トレッキングコースには、ハナウマ湾入口のバス停のすぐ後ろのゲートからアクセスすることができます。舗装道のみのコースとなりますので、お子さま連れでもトライできます。

 

JTB Hwaii 20150108 01


右手にはハワイカイ・マリーナと住宅街が見えています。

JTB Hwaii 20150108 02

その先にはダイヤモンドヘッドとワイキキも見えます。

いい眺め~

JTB Hwaii 20150108 03

さて、舗装道をどんどん上がっていくと、ちょっと急な坂になってきました。
後ろを振り返るとこんな感じ。

 

JTB Hwaii 20150108 04


さらに歩いていくと・・・

ハナウマ湾を一望できるスポットに到着しました!

見てください、この絶景!!
写真はカメラで撮ったそのままのもので、加工はしていません!
風も気持ちがいい~

JTB Hwaii 20150108 05

さらにどんどん進むと・・・
ココヘッドとハナウマ湾がいい感じで収まる絶景スポットに!
ため息が出ちゃうほどキレイでしょ?

JTB Hwaii 20150108 06

 

 

白銀の飛騨を旅しませんか?(岐阜県)

テーマ: エコツアー情報
2015年01月06日|

白銀の飛騨を旅しませんか?

飛騨の冬がやってきました。
サイクリングはしばらくクローズですが、飛騨古川タウンウォーク、里山ダイニングは催行中です!

雪に覆われた街並から顔を出す白い山々。
そんな風情ある美しい景色を楽しみながら飛騨古川の街並を案内します。

fihu chura 20150106 400 01

 

fihu chura 20150106 400 02

 

fihu chura 20150106 400 03


観光地化していないこの町にはたくさんの文化が残っています。
城下町の名残、祭り、酒蔵、食。

fihu chura 20150106 400 04

 

fihu chura 20150106 400 05

 

fihu chura 20150106 400 06

 

冬の文化が色濃く残るこの地域、みなさんの町では見られない風景があちらこちらに見られます。
運がよければ雪下ろしの現場に遭遇するかもしれません。

現在キャンペーン中で、この冬期間限定(3/19まで)で通常4,700円のツアーが1,500円OFFの3,200円です。
詳細はWebからどうぞ!

飛騨古川タウンウォーク
http://satoyama-experience.com/jp/walk/

里山ダイニング
http://satoyama-experience.com/jp/tour/dining/

 
«最初1112131415161718最後»

15 / 18 ページ
ページトップへ