カレンダー

<< 2016年4月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ エコツアー情報 古い石垣が大好きなコケ
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

古い石垣が大好きなコケ

テーマ: エコツアー情報
2016年04月15日|

古い石垣が大好きなコケ

4月6日、休みを利用して、おとなり吉野町にある吉野山へ満開の桜とコケを見に行きました。吉野山のシンボルともいえる金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂は木造建築としては東大寺大仏殿に次ぐ大きさであり、その前に立つと圧倒される存在です。また、国宝にも指定され、世界文化遺産「紀伊半島の霊場と参詣道」の構成要素の一つでもあります。

金峯山寺蔵王堂
nara moritomizu 20160415 01


金峯山寺の苔生す石垣
nara moritomizu 20160415 02

苔生す金峯山寺の石垣は、格好のコケの観察スポットです。実はこの中に、大変めずらしいコケも含まれています。その一つがミヤマハイゴケです。名前にミヤマと付きますが、深山(奥山)に生育することはほとんどなく、既知の生育地のほとんどは、文化財に指定されているような古い寺社仏閣や古城などで、大規模な改修が行われていない昔のままの石垣が残っているところです。古い石垣でも、組み換えなどの大規模な改修が行われたところでは見られません。つまり、古い文化財級の石垣にお墨付きを与えるようなコケなのです。しかし、古い建物がたくさん残っている奈良県でも、このコケが見つかっているところは9か所にすぎません。吉野郡では、ほかに川上村の手力男神社でしか見つかっていません。金峯山寺のミヤマハイゴケは、人と自然の共生という観点からも大切にしたいコケです。

ミヤマハイゴケ
nara moritomizu 20160415 03


他にも、県内ではあまり見つかっていないオウミゴケなど希少なコケも含めて多くのコケが、人が作り守ってきた石垣をすみかとして命をつないでいます。

オウミゴケ
nara moritomizu 20160415 04


吉野山へお出かけの際は、そんな人と自然の織りなす景観を意識して景色を見てもらえるとうれしく思います。コケ越しに桜を鑑賞するのもよいものですよ。

コケ越しの桜
nara moritomizu 20160415 05

※5月8日(日)には森と水の源流館主催「吉野川紀の川しらべ隊~吉野山のコケをしらべよう」を開催します。興味のある方は一緒に吉野山のコケをのんびり観察しましょう。詳しくは森と水の源流館ホームページをご覧ください。

きむらまさくに:森と水の源流館
http://www.genryuu.or.jp/



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 
ページトップへ