カレンダー

<< 2016年2月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29            

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ エコツアー情報 ボホール州政府観光センター(フィリピン)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

ボホール州政府観光センター(フィリピン)

テーマ: エコツアー情報
2016年02月07日|

ボホール州政府観光センター(フィリピン)

マーヨンハポン!こんにちは!
突然ですが、「フィリピン」と聞くとどのようなイメージを持たれますか?よく、「怖い」と言われてしまう、何だか損なイメージのフィリピンから、色鮮やかでフレッシュなエコツーリズム情報をお届けしようと思います!

ビーチリゾートや英語留学で有名なセブ島の隣に位置する、ボホール島。お椀を伏せたような小山が広がる摩訶不思議な風景・チョコレートヒルズや、世界最小の霊長類であるメガネザル・ターシャ、そしてダイビングが有名な島です。

 

P Bohol 20160206 01

観光地として、観光地であり続けるために、私たちはまずこの環境を守らなければならない。持続可能である環境があってはじめて観光が成り立つ。そしてそれは観光業従事者だけでなく、観光客をも含んだ全てのステークホルダーが理解しなければならない。私たちは、JICA(国際協力機構)技術協力プロジェクトの活動の一環として、ボホール州政府及び町、観光業関係者が協力し合ってエコツアーパッケージをつくり、エコツーリズムの確立を目指しています。

P Bohol 20160206 02


P Bohol 20160206 04

 

伝統的な布織や鍛冶、農業、マングローブなど、地域に根差した、素朴で飾らないスポットが点在しているボホール島ならではのエコツーリズムは、まだまだ荒削りですが、少しずつ評価を得ているところです。ボホールは大人から子供まで学びうる島であると確信しています。人々の生きる息遣い、子供たちの屈託のない笑顔、地震で壊れ果てた教会の復元、緑の段々畑が風になびくライステラス、青く澄み渡る穏やかな海。マニラやセブのような都会ではないボホールの自然に触れてみてはいかがでしょうか。

P Bohol 20160206 03

これからボホール島のフレッシュなエコツーリズムスポットを紹介してまいりますのでお見逃しなく!

(後藤まどか/青年海外協力隊/ボホール州政府観光センター配属)



★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 
ページトップへ