カレンダー

<< 2018年2月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

上空、木の枝、電線。(北海道)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年01月10日|

★北海道の世界自然遺産地域、知床からのお便りです。(2014年12月26日付)

もうすっかりオオワシを見るのも当たり前の時期になってきました。
冬の知床を代表する鳥で圧倒的な存在感なのですが、知床の鳥はワシだけではありません!
ぜひ他の鳥たちも探してみましょう。

空を飛んでいるもの、木の枝にとまっているものももちろんですが、
もうひとつの要注意ポイントが「電線」です。

先日ウトロから網走への移動中に見かけた電線上の鳥たちです。

20141226densen1

 

20141226densen2

(飛翔中)

おそらくチョウゲンボウではないかと思われます。
ハト程度の大きさのハヤブサの仲間です。

続いて・・・

20141226densen3


こちらはコミミズク。
日中にも活動するやや小柄なフクロウの仲間。

電線にとまっているのは、ハトやカラスだけではないのです!
ぜひ移動中もチェックしてみてください。
もちろん、周りの車など安全には十分お気をつけくださいね。

(普段あまり見かけない鳥を一日に2種類も見れてホクホクな一日でした。)

知床ネイチャーオフィス
井上

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年 新年のご挨拶

テーマ: 地域情報(国内)
2015年01月05日|

2015年 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になりました。

昨年末、第10回エコツーリズム大賞の募集を環境省と共催で行いましたが、募集数57件、内新規案件が26件と新規案件の件数に、エコツーリズムの着実な浸透と各地方地方の元気な取組が見て取れ、深く感銘いたしました。

各地が各地独自の自然の魅力や生活文化の素晴らしに、“宝探し”を続けた結果、気づきだしたのだろうと思います。

 2015年を通し、我々は会員事業者さんのお手伝いをし、1人でも多くの人にこの魅力や素晴らしさをお伝えしていきたいと願っています。
本年もよろしくお願い申し上げます。

日本エコツーリズム協会
事務局長  辻野啓一

 

年末のご挨拶と御礼

テーマ: 地域情報(国内)
2014年12月26日|

年末のご挨拶と御礼


10月1日のブログサイト立ち上げ以来、本ブログを愛読いただきありがとうございます。

「毎日更新」を目標に、何とか途切れずに来ています。
これもブログ更新にご協力いただきました会員事業者さんのご尽力の賜物と感謝しております。
毎日変わるブログ内容を読むにつけ、エコツーリズムの幅の広さと奥行きの深さに感銘しています。

弊協会は、年末年始は12月27日から1月4日までお休みをいただきます。
それに伴いブログの更新に関しましても同期間お休みとさせていただきます。

従いましてブログの更新は1月5日からとなります。

来年度は、内容の充実を図り、季節感の溢れる旬の話題をお届けしたいと思います。
引き続きご愛読お願い申し上げます。

良い年をお迎えください。

日本エコツーリズム協会

事務局長 辻野啓一

 

鳥羽の台所つまみ食いウォーキング(三重県)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年12月25日|

■三重県の鳥羽から旬な情報をお届けします。

-----

台所つまみ食いウォーキングに行ってきました!
旬を迎えた牡蠣やワカメをつまみ食い♪

海島遊民くらぶ

mie oz 20141225 01


mie oz 20141225 02


mie oz 20141225 03

 

 

 

ツルツル、ブヨブヨ、再び。(北海道)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年12月24日|

■北海道・知床から

今日のウトロは、昨日と同様に地面はツルツルです。
ただ昨日と違うのは、またブヨブヨが現れたことでしょうか。
まるで12月12日のブログと同じような景色が広がっています。

141223shibata1

雪ではなく、波の華。
前回よりも波の華が多いようで、道路は...

141223shibata2

グチャっと波の華だらけ。
可能ならば波の華ではなく、早く流氷にきてもらいたいですね。

知床ネイチャーオフィス
柴田

 

森と湖の国~鳥の目から~(北海道)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年12月15日|

「森と湖の国~鳥の目から~」

 

20141215 01


いよいよウィンターシーズン到来。
原始の森と独特の文化に囲まれた「森と湖の国」北海道阿寒湖の冬を鳥の目線から眺めたフィルムをご紹介いたします。
厳しく、美しい道東の冬をお楽しみください。

 

 



※このフィルムは「鶴雅グループ」様からの依頼を受けて制作しものです。

 

20141215 02

 


■「ブラックファルコン」は空撮映像を通じてエコツアーの推進をお手伝いします。
詳細はホームページをご覧ください。
http://www.blackfalcon.jp/air-picture/index.html

 

ヤクニク屋、OPENして1ヶ月たちました(屋久島)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年12月07日|

以前このブログでもそのOPEN前の様子を紹介した、屋久島の新しいお肉屋さん「ヤクニク屋」。

続報が届きました。

 

------


yakunikuya 20141207

OPEN一カ月!!!

オープンして一カ月が経ちました(^.^)
ゆっくりながらも、確実に一歩一歩進んでます!

屋久島島内だけじゃなく、島外のレストランからもご注文やお問い合わせいただいてます。ありがとうございますm(__)m

だんだんと知名度上がって、来年の夏には売れすぎて予約待ちです!とか言ってみたいですね~(笑)

先週から、宮之浦の屋久島観光センターのお土産コーナーでも販売始まりました!お土産物にもヤクシカ肉をどうぞ~!!!発送も出来るそうですよ(^O^)/

ヤクニク屋でもクール宅急便にて地方発送可能です(^.^)

-----

日頃の情報は「ヤクニク屋」facebookでご覧いただけます。

 

池田町の秋の風景(福井県)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年12月02日|

 みなさま、初めまして。
この度、“初“ブログをここ福井県池田町よりお送りいたします。

池田町は、福井県で唯一合併せず、人口約3000人の一番小さな町です。
福井県といえば、みなさまはどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「東尋坊、越前ガニ、お米・・・。」

そのとおりです!

中でも、池田町は、有機栽培を町全体で取り組んでいることで有名、福井県内でもトップの質を誇る「米どころ」の農村です。

さて、そんな池田町より本日見かけたほやほやの“風景”をご紹介いたします。

こちら、何かお分かりになりますか?

fukui ikeda 20141202 01

池田町の「つんぼり」ちゃんです。

「つんぼり」とは、大根や人参、さつまいもなどの根菜を冬に向けて保存する方法で、池田町独特の呼び名です。

まず、畑に凹みを掘り、わらを敷きます。

fukui ikeda 20141202 02

そこに、池田町の有機栽培で育てた大根を約300本積んでいきます。

fukui ikeda 20141202 03

周辺にわらを優しく包みながら・・・。

fukui ikeda 20141202 04

「つんぼり」に入った大根は、甘味が増し冬の間も美味しく食べられるとのことです。
(今年は、5つのつんぼりができました!)

fukui ikeda 20141202 05

池田町では、こうした冬の風物詩や“スロー”な食文化を大事に大事に、継承しています。

いけだ農村観光協会(福井県)

 

海面に浮かぶのは...(北海道)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年12月01日|

今朝(11月28日)も冷え込んでいますが、太陽の日差しが降り注ぎ、ポカポカと暖かく感じます。
そのような今朝、海には「あくび」をしているゴマフアザラシが一頭。

141128shibata

大きな口をあけてプカプカと漂っていました。
太陽の日差しを浴びると、なんだか眠気が...というのはよくあることですよね。
アザラシも眠気におそわれているのでしょうか。

知床ネイチャーオフィス

柴田

 

アカマツの松ぼっくりが食べ頃です(長野県)

テーマ: 地域情報(国内)
2014年11月30日| (株)ピッキオ

軽井沢は11月25、26日と雨が降り続いていました。
127日は久しぶりに晴れていますよ。

ピッキオビジターセンターの前では、ムササビに食べられたアカマツの松ぼっくりが、雨に濡れていました。

20141127112501a8fs

ムササビは、樹上の枝に付いている、まだ開いていない松ぼっくりを取って、松かさを剥がしながら、その隙間に入っている種子を食べます。
全部種子を食べ終わると、最後に残った芯の部分を捨てていくのです。

201411271124424dds

この食べ痕、その姿から、自然観察の業界(?)では「エビフライ」と呼ばれています。
少し探してみると、いくつものエビフライが見つかりましたよ。

2014112711252006bs

もっともこのエビフライ。
ニホンリスも作るので、見ただけでムササビとは断言できません。
しかし最近、ビジターセンターからはリスの姿は見ていませんし、一方でムササビは、夜によく来ています。
それで、ムササビの落とし物だと決めつけている訳です。

またムササビが作るエビフライは、繊維の毛羽立ちが多くて区別できるという人もいます。
確かにその傾向があると私も思うのですが、個体差も大きく感じるので、私はやっぱり、断定はしないようにしています。

ピッキオ
大塚

 
«最初212223242526272829最後»

27 / 29 ページ
ページトップへ