カレンダー

<< 2017年11月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

タイのテレビ番組で大山特集!(鳥取県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年04月11日|

タイのTV番組「VOICE TV」にて、この4月に鳥取県 大山の特集が放送されました♪


リポートのタレントはあの吉木りささん、尾崎ナナさん。


tottori morinokuni 20150411 02

http://www.sanin.com/site/page/daisen/institution/morinokuni2/communication/oshirase/press/2014NKT/

すでにインドネシアでは放映済み、アジア各国で順次放送予定とのこと。日本は一番遅く今年10月ごろということです。
tottori morinokuni 20150411 01

 

スタッフ募集のお知らせ(長崎県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年04月09日|

春が来た! 長崎県の小値賀島より…

nagasaki odika 20150409 01

おぢかアイランドツーリズムで、
私たちと一緒に働きませんか!?
「心に残る島~小値賀を未来に遺すプロジェクト」に参加しませんか?

小さな島の観光地域づくりプラットホーム
おぢかアイランドツーリズムで、正規の新職員を募集しています

ぜひ!一度、ご覧下さい

http://ojikajima.jp/news/information/2835.html


nagasaki odika 20150409 02

 

夜空の赤銅色(北海道)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年04月08日|

4月4日は皆既月食でした。

皆既の時間は12分程とかなり短いものでしたが、
(昨年10月時の皆既中の時間は、1時間程)
幸いにも北海道・知床のウトロはとても良い天気で、ばっちり観察することができました。

hokkaido sno 20150408
(連続写真を合成しています)

今回は地球の影の端っこ辺りを月が通過したため、皆既の時間も短く、
皆既中も月の左上辺りが薄らと明るい状態でした。
それでも明るい満月から徐々に欠けていくにつれ、
周囲は段々と暗くなり、空には星がきらめきだしました。

0度程の気温の中、たまに車に戻って暖まりながらの観察・撮影でした。
そんなに長い間見ていられない!という人には丁度良い時間だったでしょうか?

次に見られる皆既月食は約3年後、2018年1月31日です。
これは・・・さすがに寒そうですね。

知床ネイチャーオフィス
井上

 

今年もムササビ産まれました!(長野県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年04月07日| (株)ピッキオ

ピッキオでは、3月から11月まで、
毎日、「空飛ぶムササビウォッチング」を開催していますが、
ツアーのためには、毎朝のムササビチェックは欠かせません。

昨年は、98.1%の確率でムササビを観察することができましたが、
その確率を維持するために、
毎朝ツアー担当スタッフは、その日のムササビの巣の利用状況を調査しています。

そして、何やら怪しい動きのある巣がありました。
くるっと丸まっているムササビの下に黒いものが「モゾモゾ」。

「これは、ひょっとして!」

夜行性であるムササビは、
通常、夕方に巣から森の中へと出かけていきます。
赤ちゃんを産んだお母さんムササビも同じように出かけることが多く、
その間は、子供らは巣の中でお留守番です。


ツアーを終えたあと、こっそり調べにいきました。

nagano picchio 20150407 01

巣の中の映像です。

なんだか良くわからないので、丸をつけてみました。

nagano picchio 20150407 02

黒い「おはぎ」が2つ!

ムササビは、大人になると毛の色が薄い茶色になりますが、

nagano picchio 20150407 03
大人のムササビ

産まれたての子供は、黒い色をしています。
そして、私はいつも「この黒い物体」が「おはぎ」に見えて仕方がないのです。
大きさといい、黒さといい、まさに「おはぎ」。

今年も、ピッキオのご近所さんのムササビの巣で、
無事に2頭の「おはぎ」が産まれました!
すくすくと育って欲しいと思います!

ピッキオ
井上

 

菜の花は実は・・・(長野県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年04月02日|

菜の花は実は・・・

nagano shinetsu 20150402 02

長野県北部・飯山市は雪と寺のまちと言われています。3月14日に北陸新幹線・飯山駅が開業し、東京から約2時間、金沢から約1時間とぐっと近くになりました。森からは小鳥のさえずりが聴こえるようになり、冬芽も日に日にふくらんできて、春が近いことを感じることができます。

唱歌「朧月夜」は飯山の風景をモチーフにしたと言われています。菜の花畠に、入日薄れ・・・。5月の連休前には千曲川沿いに一斉に菜の花が咲きます。青空と菜の花の黄色、信越トレイルがある関田山脈の残雪の白。まもなく美しい彩の季節を迎えます。

さて、菜の花というと多くの方が菜種油用のアブラナをイメージされると思いますが、飯山の菜の花は実は漬け物として有名な野沢菜なんです。漬物になる野沢菜は、9月に種を撒いて、11月に収穫をして漬け込みますが、花を咲かせるには、収穫しないで春までそのままにしておきます。
雪が降ると漬け物にする葉っぱは枯れて、地下の蕪だけになります(野沢菜は蕪ができるというのもあまり知られていないかもしれません)。雪解けとともに新しい葉が生えてきて、葉の中心から茎(とう)が伸び、約3週間で菜の花が咲きます(葉の中心から出るとう立ち菜も大変美味しいのです)。

千曲川沿いの国道117号線沿道(フラワーロード)には地域の方々が植えた菜の花と、市民オーナー制によって植えられた桜が咲き、本当に美しい景色をご覧いただけます。この景色を眺めながら、ゆっくりと川を下っていくカヌーツーリングが信越トレイのビジターセンターなべくら高原・森の家(電話0269-69-2888)で企画されています。北陸新幹線・飯山駅発着でレンタルや地元の食材を使ったお弁当、温泉入浴券付なので、着替え等さえ持って来れば手ぶらで楽しめます。詳しくはなべくら高原・森の家のホームページ(http://www.nabekura.net/topics/2015/03/post-16.html)をご覧ください。

また、飯山駅1階にある信越自然郷アクティビティーセンターでは、トレッキングシューズ、レインウエア、ザック、寝袋などもレンタルできるほか、Bianchiのロードバイクのレンタルもあります。トレッキング、カヌー、自転車。様々な形で里山の自然を楽しめる飯山へ、ぜひお越し下さい。

信越トレイルクラブ
片平


nagano shinetsu 20150402 01

 

エコツーリズムを愛する皆様へ(新年度のご挨拶)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年04月01日| 辻野 啓一

エコツーリズムを愛する皆様へ

日本エコツーリズム協会
事務局長 辻野啓一


 平素より、NPO法人 日本エコツーリズム協会をご支援いただきありがとうございます。
年度が変わり、本日から弊協会は新年度となります。
スタッフ一同気持ちも新たにエコツーリズム(感動探しの旅)の推進に努めたいと思います。

さて、昨年10月から開始したエコツーブログも皆様の熱いご支持のお蔭で、年末年始を除く、毎日新しい話題をお届けできすることができました。
日々のブログ記事をサアッと流して辿ってみますと、さまざまなテーマや写真が現らわれ、エコツーリズムの幅広さと奥行きの深さに感銘を受けました。
エコツアーは大きな感動を呼び起こすツアーと考えています。

是非一人でも多くの方にエコツアーの素晴らしを理解・体感していただけるよう今年度も頑張ります。

下記は、弊協会のある目黒を流れる、目黒川の繚乱と咲き乱れる桜です。

 

20150401 03


20150401 01

 

阿蘇の野焼き(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年03月25日|

先日、「阿蘇の農業と観光」の記事をご紹介しましたが、その阿蘇でこの時期の風物詩、野焼きが行われその様子が届きました。寄稿者は熊本在住の日本エコツーリズム協会理事、小林寛子さんです。

---------------------


阿蘇の野焼きが終わったところは真っ黒になり、新しい植物の成長を待っているところ。
中岳からの噴煙は白くまっすぐあがっています。ここは本当に地球の営みを体感できる場所です。

 kumamoto kobayashi 20150325 01

kumamoto kobayashi 20150325 02

 

kumamoto kobayashi 20150325 03



 



 

 

 

 

 

 

鋭い爪(北海道)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年03月23日|

爪!というとクマやワシなど、大型の動物を思い浮かべる方も多いと思います。
しかし、小型中型の動物でも鋭い爪をもった動物は沢山いるのです。

今日、事務所前に現れたのはそんな鋭い爪をもったこの鳥。

hokkaido sno 20150323 01
キツツキの仲間、アカゲラです。
キツツキというと樹の幹に垂直にとまっている姿をよく見ます。
木(の杭ですが)のてっぺん、平らな場所にとまっている姿も珍しいなぁ、と撮影してみました。
おかげで、その趾(あしゆび)がよく見えます。

hokkaido sno 20150323 02
(上写真のトリミング)
体の大きさを考えると中々の 爪じゃありませんか?
アトリやスズメと比べてみるとよくわかりますね。
また、脚の筋肉が発達していたり、後ろ側の趾が自由に動く、というのも彼らキツツキ類の特徴。
この特徴を駆使し、がっしりと樹の幹にしがみついているんですね。

アカゲラは色もキレイな鳥なので、
出会った時もついつい見とれてしまいがちですが、
余裕があったら細かい部分も観察してみてください。


知床ネイチャーオフィス
井上

 

阿蘇の農業と観光(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年03月22日|

★熊本県在住の小林寛子さん(日本エコツーリズム協会理事)から阿蘇の紹介が届きました。

------------------------------------

若手酪農家として今、とっても注目されている阿蘇の阿部牧場の阿部社長のお話聞いています。

おいしいので、一回飲むと病みつきになるASO MILKや飲むヨーグルト、子牛の形をしたクッキーなど、酪農家が作ったメチャクチャこだわっている商品の数々。
阿蘇の農業が観光とつながるアイデア満載。聞いている方は、熊本の宿泊関係者。
新しい発想による戦略がおもしろい。こういう人が次世代のリーダーとなっていくのは確実です。阿蘇がますますおもしろくなりそうです。

kumamoto kobayashi 20150322 01


kumamoto kobayashi 20150322 02

 

 

 

 

京都の美山より(京都府)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年03月21日|

今年の「美山スノーシューハイク」は、合計8日程・160名様近いお客さまにご参加をいただきました。

 

kyoto miyama 20150321


写真は2月末にご参加いただいたお客さまと撮影した写真です。美山の多くの地域はもう雪も溶けて、春の兆候がいろんな形で見えはじめていますが、まだこんなにたくさんの雪がある場所もあることに、驚いてしまいます。
4月からは「芦生の森ネイチャーガイドトレッキング」がはじまります。
http://www.cans.zaq.ne.jp/m-kajika/ashiu.html


水墨画のような雪景色を楽しめるスノーシューとは違って、さまざまな色彩に覆われた原生林を歩く人気のプログラムです。皆さまのご参加、お待ちしています。

美山町自然文化村

 
«最初212223242526272829最後»

23 / 29 ページ
ページトップへ