カレンダー

<< 2018年10月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

オロンコ岩、初夏の装い?(北海道)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月23日|

4月から5月初めの、暖かな陽気に誘われて、
季節はグングン進んでいます。
ウトロ港そばのオロンコ岩でも、一週間程間を空けると、
ガラッと様変わりしてしまう程です。

hokkaido sno 20150523 1
(エゾシモツケ)

今はエゾシモツケやオドリコソウといった白い花がよく目立ちます。
周囲の草(やがて花を咲かせるものたち)の背丈も高くなったように思います。

そんな中、

hokkaido sno 20150523 2
(センダイハギ)

まだ少数ではありますが、気の早いセンダイハギやエゾカンゾウといった、
黄色・オレンジ色の花も見られるようになってきています。

少々早すぎやしませんか?
と心配になるほどの開花スピードでしたが、
ここ数日の冷たい空気で、一旦ブレーキでしょうか。

以下少しだけその他のお花たち。

hokkaido sno 20150523 3
(マイヅルソウ)

hokkaido sno 20150523 4
(オオアマドコロ)

他にも、スズラン、オオヤマフスマ、クルマバソウなど、
他の草に覆われてしまうような小さなもの、地味で目立たない色のものなど、
さっと歩くだけでは気づかないような所にもお花は咲いていますよ。
童心に返って、しゃがみこんで草むらをじ~っと凝視してみてください。

知床ネイチャーオフィス
井上

 

伊勢志摩国立公園指定70周年記念誌発行!(三重県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月22日|

来年2016年、伊勢志摩国立公園は指定70周年を迎えます。
それをうけ伊勢市の出版社「伊勢文化舎」さんが、地元ならでは視線で伊勢志摩公園の歴史や自然、お薦めスポットなどを紹介するタブロイド判の無料情報誌「ぱるく伊勢志摩」を創刊しました。来年度末まで、計10回の発行を予定しているとのこと。

4月に発行されたこの創刊号では、「伊勢志摩と私」のインタビューコーナーで、なんと日本エコツーリズム協会の江崎貴久理事が大きく取り上げられています。
江崎さんは鳥羽のエコツアー会社「海島遊民くらぶ」の代表でもあり、鳥羽市エコツーリズム推進協議会会長でもあります。

この「ぱるく伊勢志摩」では、伊勢志摩に暮らす人々や、そこに広がる自然、連綿と受け継がれてきた文化が写真や地図付で紹介されています。「三重県」の「伊勢志摩」、それに「国立公園」というくくりがあるからこそ、細やかなところまで紹介されている冊子です。

伊勢志摩の観光案内所や、東京の三重県サテライトショップ、他にも大阪や奈良などの主要駅で配付されています。ぜひ手に取って三重の魅力を感じてください。

 

★【東京での配布】6月6-7日に代々木公園で開催される環境省主催「エコライフ・フェア2015」内、日本エコツーリズム協会出展ブースでも配布をします。(数に限りあり)

jes park 20150522

 

 

 

 

少し早いですが...美山、雪灯廊の日程決まりました!(京都府)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月21日|

京都府にある、かやぶき屋根の家々が立ち並ぶ風景が特徴的な美山から、冬のイベントのお知らせです。kyotomiyama20150521 

2016年の雪灯廊の日程を決定しました。
開催日:2016年1月30日(土)~2月6日(土)
(写真提供:美山町観光協会)

 

日豪環境ボランティアプログラム終了!(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月20日|

5月13日、7泊8日の「日豪環境ボランティアプログラム」が無事終了しました。
各地から参加してくださったボランティアの方々、地域の皆さん、そして学生たちとみんなの力が結集して今回のプログラムは大成功のうちに幕を閉じることができました。ありがとうございました。
また、このネットワークを通じて新たなチャレンジをしていきます。今回の活動の詳細は、こちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/2015ASO

 

kumamoto kobayashi 20150520

 

日豪環境ボランティアプログラム(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月19日|

今日(5月12日)の日豪環境ボランティアは、高森町草部地域にお邪魔しています。
地域の方から、吉見郷土資料館で昔の生活についてお話伺っています。
縄編み機や古い消火器など生活で実際に使っていたものに触れて参加者も興奮!

kumamoto kobayashi20150519 01

kumamoto kobayashi20150519 04

 

 

日豪環境ボランティアプログラム(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月18日|

日豪環境ボランティアチームと今日(5月11日)は阿蘇の水について学んでいます。
蘇にある11の水源のうち、あまり知られていない水源巡りツアーしています。
阿蘇の火口側に降った雨と、外輪山側に降った雨がそれぞれ地下水となり、やがて水源となって涌き出て豊かな水の国、阿蘇を作っています。

kumamoto kobayashi 20150518 01

kumamoto kobayashi 20150518 02

 

日豪環境ボランティアプログラム(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月17日|

★熊本県阿蘇での「日豪環境ボランティアプログラム」の様子をお届けします。
このプログラムには、日本エコツーリズム協会の小林寛子理事が携わっていました。


今日(5月9日)の活動のテーマは、草原の保全です。
雨の中、牧野組合の組合長の市原さんの案内で歩きました。雨に緑が生えて美しい!
午後から、野焼きで使う火消し棒を作っています。

kumamoto kobayashi 2015017 01

kumamoto kobayashi 2015017 02

kumamoto kobayashi 2015017 04

kumamoto kobayashi 2015017 03

kumamoto kobayashi 2015017 05





 

夜の熊本城、おすすめです(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月15日|

★熊本在住の日本エコツーリズム協会理事から、夜のおすすめスポットの紹介が届きました。

 

この季節は夜の熊本城がオススメです。本当にどこから見ても惚れ惚れするほど美しい!

kumamoto kobayashi 20150515 01

kumamoto kobayashi 20150515 02

kumamoto kobayashi 20150515 03

 

 

今日もコルリさん(長野県)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月14日| (株)ピッキオ

本日5月10日の「春がいちばん!早朝バードウォッチング」では、
以下の野鳥が観察されました。

アオサギ、コゲラ(声)、アカゲラ、カケス(声)、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ(声)、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス(声)、ヤブサメ(声)、センダイムシクイ(声)、ゴジュウカラ、ミソサザイ(声)、カワガラス(声)、クロツグミ(声)、コルリ、キビタキ、オオルリ、キセキレイ(声)、カワラヒワ、イカル、ホオジロ(声)、計25種

アカゲラは、お客様が巣穴を掘っているのに気付き、
オスとメスが作業を交代するところも見ることができました。

オオルリやコルリは、今までよくさえずっていた場所で、
あまり声が聞こえなくなりました。
お嫁さんが決まったのでしょうか?
今よくさえずっているオスは、まだ独身なのかもしれませんね。

さて、今日も夕方に、ミソサザイの沢を歩いてみました。
所々で立ち止まりながらゆっくりミソサザイ休憩所まで登り、
再びゆっくりと降りてくると、
日陰になった谷底に、オオルリのオスが水飲みに降りてきました。

nagano picchi 20150514 01
オオルリ

左足に白と青の足環が付いていますね。
野鳥の森でオオルリの調査をおこなっている研究者の方が装着したものですが、
おそらく去年か一昨年に足環を装着された個体が、
再び野鳥の森に帰って来たのでしょう。
去年もこの足環のオスを見た記憶があるのですが、
はて、どこになわばりを張っていたか・・・?

他にもエナガやコガラが沢に降りて来たので、そちらの方に接近すると、
沢から青い鳥が飛び立ちました。

「あのコルリだ!」

nagano picchi 20150514 02
コルリ

陽が当たった枯木の上の、
木の影になっている場所に静止しました
(よりによって・・・と言うか、おそらく意図して)。

枯木の右側は明るすぎるし、背景の根は目立つし、
もうちょっと良い場所に動いてくれないかしら・・・
そう思った瞬間、沢の手前側の死角になった場所に飛び込み、
そのまま行方不明・・・。

つくづく上手く撮らせてくれないコルリさんです。

ピッキオ
大塚

 

高尾山の新緑(東京都)

テーマ: 地域情報(国内)
2015年05月13日|

5月はじめ、東京都西部に位置する高尾山(たかおさん)に登ってきました。

高尾山は標高599m、そして登山道が整備されかつケーブルカーやリフトもあることから、気軽に登れる山でもあります。

登山道もいくつかあり、特に高尾山薬王院へ続く「1号路」は石畳整備がされているため歩きやすく、小さなお子さんにとってもも比較的歩きやすい道となっているようです。

そして「4号路」にはこんな吊り橋があり、森を吹き抜ける風を楽しむことができます。

jes 20150513 03

山頂にはこんな看板も。
このまわりでは訪れた方々が記念撮影をしていました。

jes 20150513 01

展望台からは丹沢方面を見ることができ、また天気がさらによければ富士山も見えるそうです。
高尾山は、常緑広葉樹と落葉広葉樹、両方が生育する地(ちょうど境目にあたるそう)であり、登山道にも高尾山ならではの植生を説明する看板がありました。
登山道を歩いていると、ブナのさわやかな緑も美しかったのですが、時折あらわれるホオノキの大きな葉は存在感があり、すでに花を咲かせている木もありました。


jes 20150513 02

展望台には小学生の遠足できたと思われる一団や、海外からの観光客の方もいて、思い思いの場所で景色を眺めながら昼食をとったり、記念撮影をしている姿がみられました。

高尾山は都心から電車で約1時間もあれば行ける場所なので、身近な緑を楽しむ場所として親しまれているのだと感じました。
今の時期は様々な緑色が楽しめるので、おすすめの場所です。

 
«最初21222324252627282930最後»

22 / 30 ページ
ページトップへ