カレンダー

<< 2017年11月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

日本近代農場の歩みを知る「小岩井農場の施設群が重要文化財に指定」

テーマ: 地域情報(国内)
2016年11月03日| Administrator

小岩井農場の施設群が重要文化財に指定されました

 

小岩井農場内の建築物21棟が重要文化財に指定されました。

日本における近代農場のさきがけとしてその時代の最先端技術を積極的に導入し

日本の酪農の発展に寄与された功績が評価されました。

 

驚くべきことに今回重要文化財に指定された施設群は、

すべて明治末期から昭和初期にかけて造られ、

そのほとんどが今もなお、使用されている「生きた文化財」ということ。

2791

 サイロ

 

2774

四号牛舎外観

 

3027

本部事務所

 

3764

四階倉庫

 

3797

天然冷蔵庫外観

 

ガイドツアー「小岩井農場物語」は第10回全国エコツーリズム大賞にも選定されています。

現在、これらの施設をめぐるツアーも実施されています。

日本の畜産、酪農業の発展の歴史、現代の施設にはない温かみを肌で感じてください。

【詳 細】https://www.koiwai.co.jp/heritage/index.html

 

白川郷の茅葺き屋根のふきかえボランティアに参加しました!

テーマ: 地域情報(国内)
2016年11月02日| Administrator

白川郷の茅葺き屋根のふきかえボランティアに参加しました!

 

1

日本ナショナルトラストさんが所有する、

合掌造りの屋根をふきかえる作業をお手伝いするというもので、

去年や一昨年も開催されており、前々から行ってみたいなーと思っていました。

当日はあいにくの雨でしたが、ボランティアが50人、地元の方が90人、

地元小中学生が20人という人が集まりました。

私のようなボランティアは、東京や神奈川、三重、

周辺地域の高山や隣りの村の方など、色々なところから参加されていました。

参加費は、トラストの会員は1500円、

一般は3千円で、お昼ご飯と、直会(打ち上げ)つきです。

トラストの方の運営のご苦労を考えると安いなあと思います。

 

この日、ふきかえをするのは23年前にふいた屋根。

私たちが始める時には、すでに古いカヤは落とされ、

三分の一くらい新しいカヤでふかれていました。

残りを私たちボランティアと一緒にやりましょうという形です。

本当はボランティアが入らなくてもふけるのですが、

トラストさんがイベントとして一般の方も参加できるようにしてくれているのです。

なかなかこのような機会は無いので、とても貴重な体験だと思います。

だからこそ全国から50人もの人が集まるのでしょうね。

 

 2

小雨の中、朝の7時半に集合し、受付でヘルメットを受け取り、

今日の作業の流れや、合掌造りの意味などの話を聞きました。

昔、養蚕業が盛んだった頃に、このような合掌造りの形になったそうです。

屋根裏で蚕をたくさん飼えるように、天井を高くし、

二層三層と蚕棚を置くために、屋根に急な傾斜ができたそうです。

雪のためかと思ったら、そうではないんですね。

また、今は囲炉裏をつかって煮炊きなどをしないので、

20~30年でふきかえが必要ですが、

囲炉裏が使われていたころは50~60年くらい保ったそうです。

 

3 バトンリレーのためにならぶボランティアと小中学生

さて作業では、地元の方は屋根の上に登り、

ボランティアと小中学生は、カヤの束を運ぶことをお手伝いしました。

車が入れる道路から、ふきかえ作業の場所まで、バトンリレーのようにカヤを運びます。

カヤの束は、ひとつ10kgくらいあり、けっこう重かったです。

普段ほとんど使わない筋肉をつかい、腕が筋肉痛になりました。

 

6

カヤの束をどんどん屋根に上げていき、重ねて、

隙間の無いように並べていきます。ある程度かさねたら、

細い木をカヤの上に横一線に置き、糸針のでっかい版みたいな針を使って、

屋根の内側の骨組みの木と、外側の木とを、カヤをはさむようにワラひもで結びつけます。

これによってカヤが固定されるのです。

これを全部で14~15段くりかえすと屋根全体がカヤで覆われるわけです。

 

このカヤは御殿場の原っぱのカヤを購入してるのだそうです。

白川郷には約100軒ほどの合掌造りがありますが、

その全てを周辺でまかなうことはできないそうです。

 

よくある質問で、一棟の合掌造りをふきかえるのに、

いくらかかるのか?というのがあります。

答えは約1000万円。

こんな金額を個人で負担していけるわけないですよね。

全てを結で行っていた時とは違い、カヤの束を購入し、

ふきかえを職人さんの業者に頼むと、このくらいかかるのだそうです。

でも白川郷は世界遺産に登録されているので、

国などからの補助があり、9割まで支援してくれるのです。

これなら安心ですね。

 

今では屋根のふきかえは業者に頼むという形になり、

結で行うことはほとんど無いそうです。

でもそれでは淋しいので、今回のように

年に一回くらいは結で行うようにしているそうです。

 

5

最後にボランティア全員、屋根に登らせていただき、

記念撮影をしました。足場はほんの幅20cm程度の角材で、

傾斜のきつさと、足場の不安定さに、けっこう怖かったです。

作業中は、地元のみなさんは和気あいあいと

冗談を交えながら作業をされていたのがおどろきです。

 

日本ナショナルトラストでは、カヤ刈り作業を行うボランティアも実施しています。

詳細はHPをご覧ください。

 

財団法人日本ナショナルトラスト

http://www.national-trust.or.jp/

 

日本エコツーリズム協会

執筆:高野千鶴

 

みちのく潮風トレイル 第三弾 今度は真ん中 碁石海岸

テーマ: 地域情報(国内)
2016年11月01日| Administrator

みちのく潮風トレイル 第三弾

今度は真ん中 碁石海岸

みちのく潮風トレイルを歩くJATA(日本旅行業協会)の企画に参加。

今年で三回目。一昨年は一番北の種差海岸、昨年は南の相馬市、

そして今年は真ん中の碁石海岸。

まずは大船渡でリンゴ園

 

 01

たわわに実ったリンゴ

02

一本の木にこんなにたくさんのリンゴに驚き。

この実りを見られただけでも、このツアーに参加してよかったと思った。

 

03

子供たちがリンゴの表面にシール貼って楽しむ。

シールをはがすと模様が白く残って楽しい

 

04

地元、バンザイファクトリーの社長高橋和良さんの楽しい話を

聞いた。

大船渡は藪椿の群生の地。

その椿を活かした椿茶を作り,ノンカロリー、ノンカフェインで健康によいということで人気が出てきた。

05

バンザイファクトリーの工房としての人気商品は、なんと、

孫の3歳を記念して作った器。手形を器の表面に彫り

この出来上がりにおじいちゃんは大満足。

3歳の次は5歳、7歳とビジネスチャンスは広がる

 

07

碁石海岸:波に洗われだんだん石が丸くなり、碁石状に。そんな石が多いので碁石海岸と呼ばれた。

 

08

ウミネコがのんびりしている

 

09

奇岩怪石が続き、リアス式海岸の美しさを満喫した。

10

トレイルはこのスピード感がいい

自動車では見逃してしまいそうな草や花を楽しめ、常に新しい発見がある。

執筆:事務局長 辻野

 

「今年も白神の紅葉はすばらしい!」

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月29日| Administrator

白神マタギ舎の小池様から季節のお便りをいただきました!

 

白神山地の紅葉が、今まさに山から下りてきています。

紅葉や黄葉は毎年同じようにきれいな訳ではありません。

その年の夏の暑さと秋の急な冷え込みで鮮やかさが決まるようです。

今年は確かに急に寒くなりました。

 

 01

 津軽ダムの紅葉 1019日現在

ダムの周りはお日さまをたくさん浴びて美しい景色になります。

津軽ダムは今年1016日に竣工式を迎えました。

昭和63年から28年をかけて完成しました。

写真は大川出合いの水質保全2号堰堤です。

左側に見えているのは途中から水没している旧道です。

 

03 

暗門第二の滝紅葉

1023日現在紅葉がピークを迎えていますが

膝まで水に浸かる沢歩きが必要なので

見に来る人はわずかです。

寒い季節の沢歩きは装備と山の経験、知識が

必要になります。

 

04

紅葉の沢歩き

この時期の白神の川は想像するよりずっと冷たいです。

足が冷たくて、痛くなって、感覚がなくなります。

かなりの覚悟で望めば、それに見合う美しい紅葉が

お迎えしてくれます。

 

02

    ブナ林黄葉

 

この黄金色のブナ林の美しさはどう表現したらいいのかわかりません。

春から頑張ったありったけのご褒美に、美しく着飾っているようです。

昔読んだ絵本の世界の中に入りこんだみたいです。

この後まもなく、色のない世界になるなんて信じられないですね。

 

白神マタギ舎
ホームページ:http://matagisha.sakura.ne.jp/

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。

このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。

掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。

e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

本当の幸せとはシンプルで持続可能なこと 映画「Tomorrow -パーマネントライフを探して-」を観て

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月27日| Administrator

シンプルなライフスタイルがお手本のフランスで

110万人が観た大ヒットドキュメンタリー映画

  「Tomorrow -パーマネントライフを探して-」の試写会

 

 

心地よい新鮮な驚き

 

人類は皆このままの生活を続けることはできないと気づき始めている

消費・所有=幸福の価値観は変わりつつあり、また変えなければいけない

 2

あたりまえだと信じていたことは実はあたりまえではなかった

「効率化」のたどりついた先は、本当の意味での「生産性」ではなかったこと

一見非効率に見える無駄を減らす取り組みが、巡り巡って自らに還元されること

 3

でも実は人類にそのための我慢は必要ない

本当の良い生活は、「人々の知恵」と「幸せを見つける目」で実現できる

そんな未来への希望が見えた

 4

どれも「先進的な事例」ではあるけれど、

「持続可能(サステイナブル)」であるということ、

そして「シンプル」であるということ

「世界を変えよう」と気負わずに、それぞれができることから始めること

 5

「農業」「エネルギー」「経済」「民主主義」「教育」の5つの課題に、

人々はどう向き合って成功を手にしたのか

みんなが植えた種が果実となるまでを描いた

ロードムービーのようなドキュメンタリー

 1

 

持続可能であること、エコツーリズムのポリシーでもあります

本当の幸せについて見つめなおしてみたい方 是非映画館へ

 

事務局:坪根

6

 12月 渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

公式サイト

http://www.cetera.co.jp/tomorrow

©MOVEMOVIE - FRANCE 2 CINÉMA - MELY PRODUCTIONS

第41回 セザール賞ベストドキュメンタリー賞受賞

監督:シリル・ディオン、メラニー・ロラン『イングロリアス・バスターズ』『オーケストラ!』

出演:シリル・ディオン、メラニー・ロラン、ロブ・ホプキンス、ヴァンダナ・シヴァ、ヤン・ゲールほか

2015年/フランス/120分/シネスコ/カラー/原題:DEMAIN /日本語字幕:丸山垂穂/

協力:ユニフランス・フィルムズ/配給:セテラ・インターナショナル/

 

 

 

座敷わらしに会うと幸せになれるんだって (二戸エコツーリズム)

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月21日| Administrator

座敷わらしに会うと幸せになれるんだって

(二戸エコツーリズム)

2-1

いよいよ、座敷わらしで有名な緑風荘へ

7年前に焼失して新築された緑風荘

 

2-2

座敷わらしがよく出るという槐(えんじゅ)の間

床柱が槐という木

座敷わらしに睨まれると金縛りにあった状態になるのは怖いが、

幸せになれるというので、この宿屋に泊まりたい人は後を絶たない。

(今は槐の間には泊まれない)

 

2-3

座敷わらしの亀麿はこんな感じなのだろうか

 

2-4

こんな本も展示されていた。

 

2-5

2-8

緑風荘の裏にある亀麿神社へ

 

2-7

亀麿の絵馬は結構かわいい

最近は緑風荘だけでなく、結構周りにも出没するそうだ。

 

2-9

二戸と言えば五穀米

 

 2-10

肉もうまい。  短角牛と佐助豚

名物の佐助豚のトンカツを食す。がっちりした味わい。

うまし。

執筆:事務局長 辻野

 

 

紙芝居、てんぽ焼き餅造りを通して、 地元のお母さんのおもてなし心がじーんと伝わってきた (岩手県二戸市)

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月18日| Administrator

紙芝居、てんぽ焼き餅造りを通して、

地元のお母さんのおもてなし心がじーんと伝わってきた(岩手県二戸市)

 執筆:日本エコツーリズム協会 事務局長辻野

 

雑穀の町としてエコツーリズムを推進している二戸に行ってきました。

今回はパラオからのエコツーリズム研修団の研修の最後の部分に参加した。

 

1

2

お二戸のお母さんたちによる紙芝居 <狐火>

 

3

すべて手作りの紙芝居に参加は大感激。

 

4

5 

次はお手玉と竹とんぼ

パラオの人たちが意外にお手玉が上手なことに驚き。

 

そのあと、てんぽ焼きという餅を焼く。餅を焼く器具が、がっちりした南部鉄器だった。

残ったご飯を混ぜて、昔は食べたという。その地の歴史や生活文化を感じた。ここがエコツーリズムの奥深い部分だ。

6

7

夕刻、パラオの研修団の人たちから、現地の踊りが披露された。

陽気な音楽に乗ったパラオの踊りは頗る楽しかった。

 

最後は我々も、踊りに加わり楽しく夜は更けていった。

 

ツーリズムEXPO2016 出展レポート ~先週入った温泉も国立公園だったの?~

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月14日| Administrator

ツーリズムEXPO2016 出展レポート

~先週入った温泉も国立公園だったの?~

 3

こんにちは 事務局Tです

 今年も日本エコツーリズム協会は9月23-25日に

環境省国立公園利用推進室さまと共同で

日本最大の旅行博『ツーリズムEXPOジャパン』に出展しました。

 

国立公園とエコツーリズムは切っても切れない関係

ここぞとばかりにアピール!

6

行きかう人をどんどん引き止め、どんどんアピール!

 2

アンケートご回答で日本のすべての国立公園のはいった豪華写真集をプレゼント(限定)

大人気で、すぐにぜんぶさようなら これは一家に一冊のシロモノですから

 

環境省さんでは、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてのブランド化、

訪日観光客へのアピールために8つの国立公園を対象に「国立公園満喫プロジェクト」を実施しています。

 

実は過去にいくつも訪れていたけれど、そこが国立公園だったとは知らなかった…なんて方がたくさん

先週日光にお越しになった方

「先週入った温泉、国立公園だったの、なんだかありがたいわね」と

かくいう私も初めて知りましたが、日本には国立公園が33か所もあるんです。

来年には奄美も指定され34か所に。

日本人自らが知り、誇りを持つことが、

ブランド力向上と世界への魅力発信の第1歩かな

ブースにお越しいただいた方とのお話のなかでの気づきでした

 

さらに、ブースには当協会の会員様から

以下の団体・事業者様にご出展いただきました(敬称略)

 4 5

奥入瀬自然観光資源研究会【青森】

環白神エコツーリズム推進協議会【秋田】

二戸市【岩手】

小岩井農牧株式会社【岩手】

谷川岳エコツーリズム推進協議会【群馬】

飯能市・飯能市エコツーリズム推進協議会【埼玉】

上市町【富山】

SATOYAMAEXPERIENCE()美ら地球)【岐阜】

鳥羽市エコツーリズム推進協議会【三重】

名張市エコツーリズム推進協議会【三重】

南丹市美山エコツーリズム推進協議会【京都】

石鎚山系エコツーリズム推進協議会【愛媛】

 

会員様ブースにも、エコツーリズムに興味をもった方が続々と。

地域の魅力を存分に出た展示で、普通は見つけられないツアーを

このブースで発見できたとのうれしい声も

はるばるご出展ありがとうございました!

 

文責:T

 

JES学生部会北海道合宿レポートその③

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月07日| Administrator

JES学生部会北海道合宿レポートその③

3-1

最終日の朝は、さすがに酔いからも回復して晴れた気分で硫黄山に行きました。

まず硫黄の匂いが到着した我々を迎えてくれました。

常に白い噴煙を上げ続けている硫黄山ですが、安全性の配慮がしてあり、

登山などはできないようになっています。

硫黄山の周りには高山植物が低地に生えており、たいへんめずらしい植生を見ることができます。

明治時代には硫黄の採鉱が行われており、弟子屈の発展を支える主要産業の一つにもなりました。

しかし硫黄の資源は次第に少なくなっていき、現在では硫黄の採鉱は行われていません。

ただ、豊富な硫黄資源があったからこそこの弟子屈は発展をとげ、

今でも観光地として栄える観光名所のひとつとなっているのです。

 

このあと弟子屈町役場を再び訪れ、えこまち推進協議会の皆さんに挨拶をして弟子屈町をあとにしました。

初日は短かった2時間弱の道程は、最終日だけやけに長く感じられ、

いつまでも弟子屈に居たかったという思いが強く増すばかりでした。

3-2

たんちょう釧路空港に行く前に釧路湿原にも寄りました。

一緒に来てくださった山田桂一朗さんとてしかが推進協議会の住田さんと一緒に記念撮影です。

3-3

釧路湿原は見渡す限りの自然、自然、自然です。

このあとたんちょう釧路空港に到着し、学生部会の旅は若干の寂しさを残しつつ終了となりました。

(今回で最終回です)

 

JES学生部会北海道合宿レポートその②

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月06日| Administrator

JES学生部会北海道合宿レポートその②

2-1

2日目の朝は4時に起床し、ツーリズムてしかがさんのエコツアー(雲海ツアー)に参加しました。

みなさん眠そうです。あいにく天気は恵まれず、雲海は見られませんでした。残念。

2-2

雲海の代わりに摩周湖はバッチリ見られました!ちなみに、エコツアーのガイドさんによると、

このツアーで摩周湖を見ると婚期が遅れるそうです…。とは言えとても綺麗でした!

1931年の調査によると、摩周湖は世界1の透明度を誇った湖らしいです。

およそ80年前の調査結果はいまだに摩周湖の宣伝文句として使われています。

雲海ツアーに参加すると、摩周湖の伝説であったり、ガイドさんのおもしろ話であったり

様々なことをお聞きすることができます。

機会があればぜひ弟子屈町のエコツアーに参加してみてください!

 2-3

エコツアーが終わり、朝ごはんを食べ、学生部会はカルデラ湖として日本一の大きさを誇る屈斜路湖にいってきました。

カルデラといえば熊本の阿蘇山も有名ですが、日本一大きい、となると屈斜路湖です!

この写真を撮ったとき、台風の影響で水かさが増え、

ご覧の通り案内板の柱がどっぷり水に浸かってしまっています。

ちなみに、湖畔の砂を掘ると温泉が出てきます。

2-4

屈斜路湖を一望できる美幌峠で記念写真。

気温は9月初旬なのにも関わらずおよそ16℃。

寒そうですね。

2-52-6

この日の昼は弟子屈名物のラーメンと豚丼です。

2-7

この日の夜はえこまち推進協議会の皆さんと一緒に飲み会でした。

皆さん全員が気さくな方で、弟子屈のいろいろな話を伺うことができました!お酒もおいしかった…。

この写真は、昼に行ったワークショップの結果発表を行う学生たちの様子です。

ちなみに、ワークショップのお題は「えこまち推進協議会に新たな部会を作るとしたらどういうものを作るか」。

たいへん盛り上がりました!

2-8

飲み会の後は、えこまち推進協議会のアートアド部会のメンバーの方が作り上げたホテルのある一室で、

演奏などをして落ち着きました(まだ建設中なので開業はまだ先だそうです)

(次回へ続く)

 
«最初12345678910最後»

3 / 29 ページ
ページトップへ