カレンダー

<< 2018年1月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

北海道の「利尻はなガイドクラブ」様から、ガイドさん募集のお知らせが届きました!

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月26日|

★北海道の「利尻はなガイドクラブ」様から、ガイドさん募集のお知らせが届きました!

hokkaido rishiri 20160226 01

【業務内容】観光で来島するお客様(個人、団体)を、各散策コースにてお花や自然を中心に分かりやすく解説しながらご案内。
【仕事内容】
■利尻島内一円での野外散策案内業務(ガイド業務)
■「星空ガイド」など夜のガイド業務
■契約ホテルでの「花と風景のスライドショー」の司会進行業務
■上記業務に付随する事務処理とそのサポート業務
■散策コースや周辺の清掃活動

hokkaido rishiri 20160226 02

【応募条件】
■積極的にアウトドア活動に取り組んでいる方
■純粋にガイドを目指し取り組んでいただける方
■心身ともに健康な方
■笑顔で対応していただける方
■普通自動車運転免許(MT乗れると尚可)
【あると望ましい経験・スキル】接客業務、ガイド経験。
【研修】研修期間を設けておりますので、未経験者でもやる気があれば大丈夫です。
【雇用形態】期間契約ガイド
【契約期間】2016年5月~8月位まで(要相談)
【休日】月に6回位、連休あり
【勤務時間】早朝5:30~夜20:30頃の間で、4~5時間位
【給与】月15万~
【赴任旅費】任期満了を条件に 当社規定により支給
【生活】宿舎あり、期間中の寮費、食費は無料。
【応募方法】まずはお電話かメールでご連絡いただき、履歴書をメール又は郵送で送付下さい。その後面接をおこないます。


【お問合せ・応募先】利尻はなガイドクラブ

〒097-0101 利尻郡利尻富士町鴛泊字富士野35-3
TEL・FAX:  0163-82-1882
   メール: home(at)risiri-hana-guide.info (at)を@にして送信
担当:平沢(ひらさわ)

hokkaido rishiri 20160226 03


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

飯能市エコツアー・アワード2015 開催

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月25日|

飯能市エコツアー・アワード2015が開催されました!

(埼玉県飯能市)

 

表彰式の様子  

saitama hannno 20160225-1

 

飯能市では、新しい取組みとして昨年から優れたエコツアーを表彰する「エコツアー・アワード」を始めました。  

他の模範となるエコツアーを表彰することで、飯能市エコツーリズムの益々の発展に寄与することを目的とした表彰には、3つの部門があります。  今回、各部門および選ばれたエコツアーをご紹介します。

 

【飯能市 市長賞】

飯能ならではの魅力を活かしたエコツアー

★秋のお散歩マーケット★ 

saitama hannno 20160225-2

山あいの集落で開催されるイベント型エコツアー。

お買い物や地域の方とのふれあいが魅力です。

 

【環境省関東地方環境事務所 所長賞】  

飯能の自然環境の保全や生活文化、伝統文化の継承に大きく貢献したエコツアー

★ヤマムスメが行く vol.11 ~阿須丘陵de古の道&ぽかぽか山ごはん~★

saitama hannno 20160225-3

リピーター率約8割の女性限定の山登りエコツアー。

山頂でつくる地元食材を使ったランチもお楽しみ。

 

【飯能市エコツーリズム推進協議会 会長賞】  

地域コミュニティの活性化や飯能ファンの増加に貢献したエコツアー

★昔野菜「固定種」を食べる会~種から食べることについて考えよう~トマト編★

saitama hannno 20160225-4

収穫体験と一般品種との食べ比べを通じて「固定種」の魅力を感じるエコツアー。

地元飲食店とのタイアップで「固定種」を使った料理に舌鼓。

 

今回表彰を受けたエコツアーは、下記ロゴマークが付与され、チラシやHPに掲載されます。  

飯能はエコツーリズムに取組み始めて10年以上が経ちましたが、今回の 表彰制度を通じて、エコツアー実施者のさらなるモチベーションアップにつながればと考えております。

saitama hannno 20160225-8 saitama hannno 20160225-9 saitama hannno 20160225-10

 

■お問い合わせ先

飯能市役所 観光・エコツーリズム推進課

tel:042-973-2123(平日8:30~17:15)

fax:042-974-6737

email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

飯能市のエコツアーはこちらをご覧ください!

エコツーリズムのまち 飯能

 

 

クルミの洞

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月24日| (株)ピッキオ

長野県軽井沢町にある、森のいきもの案内人ピッキオさんから、

 

クルミの洞

 

軽井沢野鳥の森と星野別荘地が接する場所に、 1本の枯れたオニグルミがあります。

その幹には直径12センチ程の丸い穴が開いていて、 以前はよく、その樹洞でムササビが寝ていたものでした。

夏には樹洞にオオスズメバチが巣を作る事もありましたが、 秋になってハチがいなくなると、ハチの巣が綺麗にほじくられて、 再びムササビが寝ていたものです。

 

しかしそのオニグルミが枯れてから、 次第にその樹洞も朽ちてきて、 ムササビが寝ている事も、めったに無くなったのです。

今朝の「野鳥の森ネイチャーウォッチング」。

バードキャビンに到着すると、突然、雪が舞いはじめました。

風も出てきて吹雪のようになったので、 足元の良い別荘地を抜けて帰ろうと、例のオニグルミの枯木の前を通りました。

すると・・・

 

nagano picchio 20160224-1

 

 

「誰?」

いました!

私がここでムササビを見たのは何年ぶりでしょうか?

目をまんまるに見開いて、ずいぶん警戒しているようですね。

恐らくこのムササビも、すぐ近くに人間が歩く道があるなんて 思ってもいなかったのでしょう。

明日はまた、別の場所で寝ているのではないでしょうか?

さて、雪が舞うような真冬の森で、ムササビは何を食べているのでしょうか?

実は一昨日の鳥類調査の際、ムササビの食痕も観察していました。

nagano picchio 20160224-2

 

ムササビ食痕ミズナラ冬芽 雪の上に、小枝と何かがバラバラと落ちています。

nagano picchio 20160224-3

 

落ちているのはミズナラの冬芽を覆っている芽鱗。

そして丸いムササビの糞(写真左側の丸い物体)です。

 

 

そして小枝を拾い上げて観察すると、 枝先の冬芽がかじり取られているのが判ります。

nagano picchio 20160224-4

 

右が冬芽がかじり取られた痕。

左は食べ残された冬芽です。

ムササビは今の季節、高い木の梢で、 冬芽や樹皮などを食べているのです。

 

ピッキオ

大塚

 

春を待つ山里・東京都檜原村から

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月23日|

離島以外で東京都・唯一の村、檜原村から、春の気配です。

 

まだまだ寒さはとれませんが、日差しは春の気配。

山の木々も膨らみ始め「山が笑い」始めています。

 

山に白い花が咲き誇ったかのような、美しい春の雪花

hinohara20160223-1

 

 

春の香りを届けてくれる蕗の薹(フキノトウ)が顔をのぞかせています。

hinohara20160223-2

 

 

「幸せを招く」という花言葉を持つ福寿草(フクジュソウ)。霜に覆われながら春を待ちます。

hinohara20160223-3

 

檜原村の春は一気に訪れます。

梅と桃と桜が一気に咲き誇る様は、まさに桃源郷です。

ぜひ、春になったら遊びにいらしてください。

 

NPO法人フジの森

 

薬膳料理の試食会(京都府)

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月22日|

★京都の美山町自然文化村様から、季節のおたよりが届きました!


kyoto miyama 20160222


先日河鹿荘レストランで健康食を意識した薬膳料理の試食会が行われました。
鹿肉や猪肉をつかった料理や、太巻き、豆ごはんなどの田舎料理などが提供され3月に予定されているツアーに向けて準備が進められております。
薬膳や、健康食に興味のある方はぜひご期待ください。

美山町自然文化村


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

エコツアー推奨制度「グッドエコツアー」が「Japan Hoppers」で紹介!

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月21日|

★日本エコツーリズム協会のエコツアー推奨制度「グッドエコツアー」が「Japan Hoppers」で紹介されています。

 

jes 20160221


「Japan Hoppers」は、訪日外国人向けに日本の魅力を紹介するサイトで、14か国語で発信されています。
今回その「Japan Hoppers」の中で、グッドエコツアーに登録されている長野県の「自然湖ネイチャーカヌーツアー」などを紹介して頂きました。
このページは順次多国語に翻訳されていく予定です。

https://www.japanhoppers.jp/features/nature/345/

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

環境省主催「エコツーリズムガイド等養成研修」開催(基礎編)鳥羽 ~番外編 地域情報~

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月18日|

環境省主催「エコツーリズムガイド等養成研修」開催(基礎編)鳥羽 ~番外編 地域情報~
今回は、研修中に事務局がお世話になったところや、訪れたお店を幾つか紹介したいと思います。

●インフォメーションセンター遊民
鳥羽駅からほど近いところにある「インフォメーションセンター遊民」。鳥羽だけでなく伊勢志摩全体の観光パンフやまち歩きマップを入手できます。カフェスペースもあり、無料WiFiも完備しているので、先ずここで伊勢志摩観光の情報収集や相談をすると良いでしょう。第5回エコツーリズム大賞を受賞した「海島遊民くらぶ」のエコツアーの申込もこちらでOK!

toba 001      toba 002

Toba 003

 http://www.oz-group.jp/yumin.html

 http://oz-group.jp/images/machiaruki.pdf

 

●手作りお弁当 「おかげ屋」 の SHIMA弁
鳥羽から定期船で20分ほどのところにある離島「菅島」で、漁師一家が営んでいる手作りお弁当屋さん「おかげ屋」。今回の研修2日目のお弁当は、こちらの「SHIMA弁」をいただきました。受取場所は鳥羽マリーンターミナルです。そこにおかげ屋店主(&漁師!)の中村さんが、漁船でお弁当を運んできてくれます。SHIMA弁のふたを開けると、ぷりぷりのカキやカレイのから揚げ、モズクやナマコの和え物などなど、伊勢湾で獲れた魚介づくしのおかずが満載のとても美味しいお弁当でした。

toba 004      Toba 005
toba 006      toba 007

 http://sugashima.jp/kanko/stay/index.html

 

●めだかの学校 (扇野の宿 扇芳閣)
今回の研修での宿「扇野の宿 扇芳閣」。この辺はかつて山本周五郎の小説「扇野」の舞台にもなっていたのだとか。最上階の展望大浴場に東雲時に入ると、ゆっくりと茜色に染まっていく空と海を一望することができました。また、この旅館の裏手には「めだかの学校」という5000匹ものクロメダカの生息する池のあるエコミュージアムもあります。春にはメダカも活発に活動し、藤棚をはじめとする美しい花々も咲き誇るのだそう。
ちなみに「めだかの学校」の入口には、目を引く看板「道徳門、真中通行、経済門」が。二宮尊徳がかつて語った「道徳を忘れた経済は罪悪であり、経済を忘れた道徳は寝言である」という言葉に由来しており、この2つのバランスを保ち、真ん中を通っていこうというメッセージなのだそう。これはエコツーリズムの理念にも通じるものがありますね。

 

               toba 008

toba 009      toba 010

 http://www.senpokaku.com/

http://www.senpokaku.com/medaka/

 

●鳥羽マルシェ
おみやげを買うのに薦められたのが、鳥羽駅から徒歩2分のところにある「鳥羽マルシェ」。ここは、いわゆる「道の駅」的な産直市場で、地場産の新鮮な野菜や果物、それに魚介類などを購入することができます。さらに、地産ビュッフェレストランやテイクアウトコーナーで、お刺身付きのビュッフェを楽しむことも。ちなみに私は殻付きの真牡蠣10個を購入し、東京に持ち帰り、自宅で磯の香りを楽しみつつ、牡蠣の味を堪能しました。

toba 011      toba 012

 http://www.tobamarche.jp/

 

日本エコツーリズム協会

 

屋久島・一人旅のススメ

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月15日|

今がねらい目! 屋久島・一人旅のススメ 

 

 kagoshima ynac20160215-1

朝陽の白谷雲水峡2月、3月は一人旅の割合が多い季節です。

決算期、あるいは受験シーズンという季節柄かなかなかグループでの旅行が難しいのも理由のひとつでしょう。

転職の合間にいらっしゃる方も多いですね! 年中楽しむことができる屋久島で、交通費がちょっとお得になるこの時期は、一人旅に絶好の時期でもあるのです。

☆飛行機に空席が多い!夏は1か月前でもなかなか取れません。

→ふと休日が取れて思い立って旅立っても何とかなるのがこの時期です!

 

☆格安フリープランなど各旅行代理店のお得商品が安い!冬から春は安い商品があるようです。

→かつて羽田発3泊4日で往復の交通と宿込みで4万円で来ました~という方にであいましたが、一体どんな格安プランをみつけたのでしょうか?

☆レンタカーも空きがあります!GWなんて前日予約は無理ですよ。

→一人旅にはおすすめアイテムのレンタカー。屋久島には良質の温泉もありますし、朝日や夕日を見に行ったり、気ままにドライブするのも最高です!

それに加えて私どもガイドツアーも比較的空きがあり、実質の貸切ツアーになることが多いです。

屋久島へ一人旅に行こう!と思っているあなたにまさにおすすめの時期!

 

☆☆☆一人旅も三者三様、モデルプラン 2月3月の屋久島3泊4日の例☆☆☆

【Aタイプ 旅先での人との出会いと、ガイド付きツアー満足プラン】

1日目:屋久島に朝一便で到着、そのままYNAC「白谷雲水峡」トレッキングツアーへ。 宿は素泊り民宿へ。

全国各地から旅行者が集い、「宴会」を楽しめる素敵な宿もございます。連泊で楽しみましょう! 近くの居酒屋へ食事に行くのもいいですね!

2日目:レンタカーを手配して気のあう仲間でドライブはいかが?

この季節は島の特産品のかんきつ類「タンカン」が無人直売所でたくさん売っています。 ぜひ手に入れて旬の味を楽しんでください。

 

kagoshima ynac20160215-2

3日目:YNACツアーの2日目。ガイド付きでしか味わえない「世界遺産 西部の森」へ。 永田いなか浜で休憩をとり、島西部の「西部林道」へ。

世界遺産の森でヤクザル・ヤクシカを観察、ガジュマルの巨木に会いに行きます。

森は貸切状態、静かで幽玄な雰囲気を楽しみます。

 

kagoshima ynac20160215-3 

4日目:最終日、宿で仲良くなった仲間とお土産ショッピング

旅の思い出に、郵便局から絵葉書を出して「風景印」をおしてもらっては?やくし間の風景印は8種類。 上屋久、安房、小瀬田のほか、長田、一湊、尾之間、湯泊、栗生も【窓口のみ】

 

【Bタイプ がんばった自分へのご褒美プラン】

1日目:屋久島に朝一便で到着、そのままYNAC「西部照葉樹林」トレッキングツアーへ。温泉つきのホテルまたは大浴場つきのホテルへ。

食事に定評のあるホテル、景色のよいホテル、屋久島で思い切りリラックスしましょう。 人気のホテルは早めの手配をおすすめします。

 

2日目:YNACツアーの2日目。ガイド付きでしか味わえない「白谷雲水峡」ツアーへ。 YNACツアーの解説は自然を良く知り、より自然好きになってもらうための解説です。 ツアーを通して自然の見かたが広がり、楽しみ方も増えますよ!

 

3日目:YNACツアー3日目。これぞ屋久島の森「ヤクスギランド 小花山トレッキング」 

kagoshima ynac20160215-4

屋久島屈指の屋久杉の森「小花山の森」。じっくりみていただきたい場所です。

この時期は縄文杉は積雪期、YNACではツアーを行なっておりません。

無理なく屋久島らしい森を楽しむならば「小花山」は見逃せないポイントです。

===

別プラン「本格アウトドア入門 リバーカヤック! 」

 kagoshima ynac20160215-5

3月になれば暖かい日も増え、遊びやすい季節となります。

魚釣り体験や焚き火体験ができるのはYNACのカヤックツアーならでは。

時間を忘れて本格アウトドアデビューの1日を楽しんでください。

===

4日目:終日フリー

ホテルの朝食バイキングをゆっくり楽しんだり、温泉に行ったり。お土産ショッピングも。 旅のアレンジはさまざまです。

初めての一人旅が屋久島です!という方も大勢いらっしゃいます。

お気軽にご相談ください。

 

屋久島野外活動総合センター

 

海の白黒ハンター!

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月09日|

★北海道の知床ネイチャーオフィス様から、季節のおたよりです!

 

海の白黒ハンター!

 

昨日は素敵な出会いがありました!

まずは、昼ごろ。

「シャチだっ・・・!!」と、突如外を見た藤川が叫びました。

急いでオフィスから駈け出すと、流氷の隙間に黒い背びれが!!どんどん移動していくため、車で少し移動して、ようやく撮れた一枚がこちら!

hokkaido sno 20160209-1

背びれが長いものがオス、短いものがメスです。

流氷とシャチという風景だけでも大興奮、加えて高々と吹き上げる潮吹きは遠いながらもなかなかの迫力でした!

(※画像はトリミングをしています)

 

更にその後。

今度は森の中で小さくて真っ白なハンターに遭遇しました!

ネズミを追いかけて姿を現したのは、天使と言いたい愛らしさのイイズナです!

ついに冬仕様の真っ白な毛色を見ることができました!!

hokkaido sno 20160209-2

こちらに気がついて「あれ?」とフリーズ。

ささっといなくなったと思ったら再び全く同じ動きであらわれて「あれ?」という感じでこちらをみてフリーズ。

大きな海の生き物と小さな陸の生き物、知床の多様性を改めて感じ嬉しい出会いの連続に心躍る一日でした。

 

知床ネイチャーオフィス

佐々木

 

この前の寒波の名残(沖縄県)

テーマ: 地域情報(国内)
2016年02月02日| 合資会社 浦内川観光

★沖縄県の浦内川観光様から、季節のおたよりが届きました!

--------

こんにちは!!

本日は曇り時々雨のち晴れ~といつも通りの予想できない天気です (+o+)


okinawa urauchi 20160202 01


そして蒸し暑く気温も25℃くらいには上昇していると思います、、( ゚Д゚)

作業していると汗が噴き出てくるくらいの暑さです!
(もちろん半袖です、、、)

ついこの間までは火鉢が必要なくらい寒かったのに、、、

気温の変化に体がついていけてない気がします (>_<)

今日この前の寒波は嘘ではなかったんだな~と思うモノを発見したので、紹介します!

こちらで~す

okinawa urauchi 20160202 02

そして近づくと~

okinawa urauchi 20160202 03

カイロですね~。

この前の寒波の時に忘れていかれたんだと思います、、。

こんな暖かい日にカイロがあるととても不思議な感じがしますね (´゚д゚`)

もう寒波は来ないで~と願うばかりです、、、

海野でした~(^^♪

浦内川観光 http://www.urauchigawa.com/


★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 
«最初11121314151617181920最後»

11 / 29 ページ
ページトップへ