カレンダー

<< 2017年9月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

利尻はなガイドクラブ ガイド募集のおしらせ

テーマ: 地域情報(国内)
2018年02月06日| Administrator
「利尻はなガイドクラブ」さまからガイド求人のお知らせをいただきました
 
利尻はなガイドクラブ 募集概要
201826
guide03
勤務地
北海道 利尻島
業務内容
観光で来島するお客様(個人、団体)を、各散策コースにてお花や自然を中心に分かりやすく解説しながら
ご案内するお仕事をしています。
仕事内容
■ 利尻島内一円での野外散策ガイド業務
■ 「星空ガイド」などガイド業務
■ 契約ホテルでの「花と風景のスライドショー」のご案内
■ 上記業務に付随する事務処理とそのサポート業務
■ 散策コースや周辺の清掃活動。
応募条件
■ 積極的にアウトドア活動に取り組んでいる方
■ 純粋にガイドを目指し取り組んでいただける方
■ 心身ともに健康な方
■ 笑顔で対応していただける方
■ 普通自動車運転免許(MT乗れると尚可)
あると望ましい経験・スキル等
接客業務、ガイド経験。
研 修
研修期間を設けておりますので、未経験者でもやる気があれば大丈夫です。
雇用形態
期間契約ガイド
契約期間
20184月末~9月位まで(要相談)
休 日
月に6回位、連休あり
勤務時間
早朝5:30~夜21:00頃の間で、4~5時間位
給 与
月17万~ 24万 (歩合により加算されます)
赴任旅費
任期満了を条件に 当社規定により支給
生 活
宿舎あり、期間中の寮費、食費は提供いたします(一部各自負担)
応募方法
まずはお電話かメールでご連絡いただき、履歴書をメール又は郵送で送付下さい。
その後面接をおこないます。
 
〒097-0101 利尻郡利尻富士町鴛泊字富士野35-3
TEL:  0163-82-1882    FAX: 0163-85-7080
メール: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
担当:平沢(ひらさわ)
guide01guide02
   
himenuma01
 
himenuma02
 
himenuma03
 
minamihama01
 
minamihama02
 
minamihama03
 

「モンゴル ゴビスンベル県スンベル郡青少年植林協力隊の視察を受入れました」(埼玉県飯能市)

テーマ: 地域情報(国内)
2018年02月05日| Administrator

エコツーリズムのまち 飯能から視察受け入れのレポートをいただきました!

 

「モンゴル ゴビスンベル県スンベル郡青少年植林協力隊の視察を受入れました」(埼玉県飯能市)

 

モンゴルのゴビスンベル県スンベル郡青少年植林協力隊、10名の方の視察を受入れました。

今回、モンゴルの方から滞在中に「ぜひエコツーリズムの項目を入れてほしい」という要望がありました。

そこで、飯能市のエコツアー団体「白子五人衆」に、古民家で里山の暮らしを体験するエコツアーを体験していただきました。

内容は、お餅つき、大福づくり、ガイドさんによる地区の散策です。

普段薪割りで鍛えているという皆様の餅つきは腰が入っていました。

また、大福作りは、モンゴル料理であるボーズ(蒸し餃子)の要領で手際よく作っていました。

昼食は、すいとんを始めとした里の料理に舌鼓。お肉が食事のメインであるモンゴルの方達は、

「野菜がこんなにおいしく食べられる料理、素晴らしい。」と絶賛。

最後のふりかえりでは、「モンゴルでも遊牧民の暮らしを体験していただくツアーをしているので、

今回のエコツアーは非常に参考になった。」という感想があるなど、充実した時間となりました。

 

s-RIMG0126

 

s-RIMG0146

 

s-RIMG0164

 

s-RIMG0175

 

■問い合わせ先

飯能市役所 観光・エコツーリズム推進課

TEL042-973-2123(平日8301715

FAX042-974-6737

Email このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

 

氷河がある町、見える町

テーマ: 地域情報(国内)
2018年01月24日| 澤井 俊哉

 

上市町は、北アルプスの霊峰剱岳の麓の町です。

その剱岳に、あらたな氷河が確認されました。

 

これまで日本では、2012年に3ヵ所(剱岳で2ヵ所、立山で1ヵ所)の氷河が確認されてい

ましたが、

今年に入り、新たに鹿島槍ヶ岳で1ヵ所、立山で1ヵ所、剱岳で1ヵ所確認され、

合計6ヵ所(富山県5ヵ所長野県1ヵ所)となりました。

特に、今回剱岳で確認された氷河は、平野部から見ることのできる初めての氷河です。

 

 

ikenogaya (1)

 

 

ikenogaya (2)

 

ikenogaya (3)

 

 

北アルプスの西側は、風の影響で、

通常雪が溜まりにくく、雪渓ができにくいそうですが、

今回氷河が確認された谷(池ノ谷)は雪崩などで雪が集まりやすく、

雪渓ができやすい地形なのだそうです。

そのため、西側でありながら氷河が形成され、

西側は平野部に向いているため、その氷河を町からでも見ることができる...

というわけです。

 

「ちょっと氷河を見に、上市町へ」

なんて、いかがですか?

 

 

執筆者:上市町観光協会 澤井 俊哉

 

 

「飯能市エコツアースマートフォン専用サイトのご案内」(埼玉県飯能市)

テーマ: 地域情報(国内)
2018年01月12日| Administrator

飯能市よりご案内です。

 

現在、Webサイトを運営しておりますが、今年度新たにスマートフォン版エコツアーサイトを開設しました。

 

hannno 20180112

 

スマートフォンを活用することで、お申込みもラクラクです。

 ぜひお手持ちのスマートフォンホーム画面に登録をお願いいたします。

 

■問い合わせ先

飯能市役所 観光・エコツーリズム推進課

TEL042-973-2123(平日8301715

FAX042-974-6737

Email このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

2017年 年末の挨拶

テーマ: 地域情報(国内)
2017年12月27日| 辻野 啓一

2017年 年末の挨拶

 

 

エコツーリズムをご支援くださってます皆様へ

 

NPO法人 日本エコツーリズム協会 

理事・事務局長

辻野啓一

 

今年も一年大変お世話になりました。

 

一昨年、嬉しかったことはポプラ社が発刊している「自然にかかわる仕事」で

「エコツアーガイド」が選ばれたことです。

 

昨年、嬉しかったことは観光庁のテーマ別観光にエコツーリズムが

選ばれたことです。

今年嬉しかったことは日本旅行業協会主催のJapan Tourism Award受賞対象になった71件のうちエコツーリズム関連が11件、全体の15%となったことです。

 

年々、エコツーリズムの浸透の手ごたえを感じています。

ひとえに皆様のご支援の賜物です。

改めて御礼申し上げます。

 

 

それでは良い年をお迎えください                      

 

以上 

 

冬の蛇渕キャンプ場 福岡県京都府みやこ町

テーマ: 地域情報(国内)
2017年12月18日| Administrator

みやこ観光まちづくり協会さまより地域をご紹介頂きました!

 

 

miyako2017 (1)

 

 

miyako2017 (2)

 

写真は、先日(12月5日)の蛇渕キャンプ場の様子です。

 

miyako2017 (3)

 

みやこ町は町としては非常に広く、標高差もあり、

豊津・勝山地区(12年前に豊津町・勝山町・犀川町が合併し、みやこ町になりました)に比べ、

キャンプ場がある犀川帆柱地区は、気温が約3°程低く、この日も豊津・勝山は降雪していなかった

にも関わらず、雪に覆われていました。

しかし、ひとつの町にいながら様々な顔(気候・自然など)が体感できる、

(良い意味で)ユニークな町だと思います。

 

 

miyako2017 (4)

 

キャンプ場では、キャンプファイヤー・バーベキュー・雪だるまづくり(?)など、冬ならではの

アクティビティができます。

是非、ファミリーやカップルで暑い季節にはない体験を味わいに来ていただけたらと思います。

 

 

■問い合わせ先

 

みやこ観光まちづくり協会

 

 

TEL:0930-33-5771

 

 

今年のお酉様は三の酉まであって、去年とは少し違った雰囲気

テーマ: 地域情報(国内)
2017年12月07日| 辻野 啓一

11月30日は三の酉。今年は三の酉まであって、昨年の混雑はなく

ゆっくりの参拝でした。

 

相変わらず素敵な熊手があってワクワクしてしまう。

 

 

tori (1)

 

 

tori (2)

 

tori (3)

 

tori (4)

 

tori (5)

 

商売繁盛

 

 

tori (6)

 

 

tori (7)

 

夜店も楽し!!

 

 

執筆者:日本エコツーリズム協会 事務局長 辻野 啓一

 

 

室戸の広大な風景・・・そしてぶりチャリ!

テーマ: 地域情報(国内)
2017年10月05日| Administrator

高知県 室戸市観光ガイドの会 谷口様より室戸市をご紹介いただきました!

吸い込まれるような素敵な星空の写真、そして非常に珍しい「ぶりチャリ」にも注目です。

 

 

muroto20171005 1

 

 

今年の初日の出です。

室戸市は太平洋に向かってとがった地形の為、日の出と日の入りの両方が、同じ場所から見えます。

右側に小さく人が写ってますが、初日の出の時は海岸線に人がたくさん集まります。

 

muroto20171005 2

 

わからないと思いますがこちらは日の入りです(笑)

室戸市は海底が隆起してできております。右手に写っております台地も大昔海底でした。

地球のダイナミズムをビンビン感じます。

 

muroto20171005 3

 

 

室戸岬灯台です。実は光達距離日本一です(約49キロ)。

そして日本に灯台50選にも選ばれている歴史的にも価値の高い灯台です。

 

 

muroto20171005 4

 

星もきれいに見えます。これは浜辺から見える星空です。

障害物がないので、なまじ山に登るよりはるかによく見えます。もろ見えです。

 

 

muroto20171005 5

 

 

地球のダイナミズムもモロ見えです。海から隆起してきた岩たちです。

縦じまのようになっているのはタービダイトという変わった地層です。

ネットでタービダイトと調べると大体室戸のタービダイトの画像が出てきます(笑)

 

muroto20171005 6

 

漣痕化石という波の化石です。左から二人目がわたくしです。

 

 

muroto20171005 7 

 

通称ぶりチャリです。

港からぶりを自転車に乗せて帰るおじさんです。海の幸も豊富です。

 

 

 

                        執筆者 室戸市観光ガイドの会 谷口

 

 

 

 

室戸市観光ガイドの会様は第12回エコツーリズム大賞にて、

特別賞を受賞されています!→第12回ページはこちら

 

室戸市観光ガイドの会SNSはこちら!(Facebook)

 

 

 

秋の白神山地

テーマ: 地域情報(国内)
2017年09月07日| Administrator

白神マタギ舎の小池様から季節のお便りをいただきました!

 

 

 

白神、今年の秋は早そうです。

 

9月に入って、空がめっきり秋の気配になりました。

 

こうなると、去ってしまう夏が惜しまれる気がします。

 

P8241573

 

 

こんな青々としたブナ林を見られるのもあとわずか・・・。

 

あわいみどり色のブナの木は、夏でも日の光を透し明るい森です。

 

これから秋になってくると、少しずつ黄色が混じりだし、

さらに華やかになっていきます。

 

 

P9030218

 

 

今夏は、十二湖も人気がありました。

 

有名な青池の湖面に、太陽の光が差し込むと、

 

なんと表現すればいいのか・・・

 

言葉を失う美しさでした。

 

 

 

P1090685

 

 

沢沿いの岩場には、可憐なウメバチソウが咲いています。

 

ウメのような花も、まんまる蕾も、

 

ハートの葉っぱもかわいいですよ。

 

 

P1010822

 

 

夏の林道端などで目を引く、派手なクサギの花

 

花独特のつよい香りがあります。

 

ミヤマカラスアゲハ(蝶)も数羽あつまってきて、

 

夏の豪華な食卓です。

 

 

 

P9190052

 

 

これから、森のいろどりの季節が始まります。

 

先頭をきるのが、このオオカメノキです。

 

秋は、うつりゆく季節の変化に気づけるように、

 

いつもよりさらにゆっくり 山歩きします。

 

 

 

白神マタギ舎
ホームページ:http://matagisha.sakura.ne.jp/

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。

このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。

掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。

e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

新緑の奥入瀬渓流

テーマ: 地域情報(国内)
2017年05月19日| Administrator

新緑の奥入瀬渓流

国立公園満喫プロジェクトに採択された十和田八幡平・八甲田国立公園で、新緑の奥入瀬渓流を歩いてきました!

のっぺりと流れる様子は本当に素晴らしい!川面をみていると癒されます!

01

 

奥入瀬渓流は200mの標高差を14キロにわたって流れているので、これだけのっぺりとしているのだ。

こういう川ってやっぱり珍しい。
しかも、その川沿いをトレイルで歩くことができるっていうのも、とても贅沢な感じ。
健脚でなくてもじっくりと歩けるのがまた嬉しい。

途中で休みながら3時間くらいかけて7キロの道のりを歩いて、思いのほか疲れました(^_^;)。体力が無いのを実感。

02

その日は十和田湖畔の民宿に泊まり、湖でとれたヒメマスと、旬の山菜づくしをいただきました。これが本当に美味しかった!

十和田湖で漁師をしている方のお宿で、ヒメマスの塩焼きやお刺身、そしてシドケやタラの芽、ウド。白飯も一粒一粒が光っていました!
鳩正宗というカッコいいのか可愛いのかよくわからない地酒も美味しかった。

 

03

翌朝は十和田湖の周辺を散策し、湖のヌシである龍神を祀った十和田神社をお参りして、御朱印と占いの「おより」を買いました。
その昔、龍神になったお坊さんが湖に入水した場所が占い場となっていて多くの人が占いを目当てに訪れたそう。
しかし残念ながら今は占い場に下りる道が震災で崩れてしまったために降りられないとのことで、残念。

 

04

湖畔の周辺は、使われなくなった施設が放置されているのが、いくつかありました。

全国的にも共通な課題だけど、湖畔に集中してるから目立ってしまっていたな。

十和田湖畔にも散策できるトレイルがあったようだったけど、情報が全然なくて、

青森駅辺りでもっと散策マップとかを配れば、いいんじゃないかと思いました。
湖畔の周りには田んぼや畑などもあり山里という雰囲気もあった。湖では漁師さん

が毎日舟を出して魚をとっているというし、とっても魅力的なところだった。

冬は厳しいのだろうけど、住めば都なんだろうな。

 

満喫プロジェクトで色々な魅力が前面に出てくるといいなーと思います。

 

JES事務局

 

 
«最初12345678910最後»

1 / 29 ページ
ページトップへ