カレンダー

<< 2016年10月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
          1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内) JES学生部会北海道合宿レポートその③
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

JES学生部会北海道合宿レポートその③

テーマ: 地域情報(国内)
2016年10月07日| Administrator

JES学生部会北海道合宿レポートその③

3-1

最終日の朝は、さすがに酔いからも回復して晴れた気分で硫黄山に行きました。

まず硫黄の匂いが到着した我々を迎えてくれました。

常に白い噴煙を上げ続けている硫黄山ですが、安全性の配慮がしてあり、

登山などはできないようになっています。

硫黄山の周りには高山植物が低地に生えており、たいへんめずらしい植生を見ることができます。

明治時代には硫黄の採鉱が行われており、弟子屈の発展を支える主要産業の一つにもなりました。

しかし硫黄の資源は次第に少なくなっていき、現在では硫黄の採鉱は行われていません。

ただ、豊富な硫黄資源があったからこそこの弟子屈は発展をとげ、

今でも観光地として栄える観光名所のひとつとなっているのです。

 

このあと弟子屈町役場を再び訪れ、えこまち推進協議会の皆さんに挨拶をして弟子屈町をあとにしました。

初日は短かった2時間弱の道程は、最終日だけやけに長く感じられ、

いつまでも弟子屈に居たかったという思いが強く増すばかりでした。

3-2

たんちょう釧路空港に行く前に釧路湿原にも寄りました。

一緒に来てくださった山田桂一朗さんとてしかが推進協議会の住田さんと一緒に記念撮影です。

3-3

釧路湿原は見渡す限りの自然、自然、自然です。

このあとたんちょう釧路空港に到着し、学生部会の旅は若干の寂しさを残しつつ終了となりました。

(今回で最終回です)

 
ページトップへ