カレンダー

<< 2016年4月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内) 雑木林でみつけた生き物たち
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

雑木林でみつけた生き物たち

テーマ: 地域情報(国内)
2016年04月17日|

★埼玉県の「天覧山・多峯主山の自然を守る会」様から、この時期の雑木林の様子が届きました!

谷津を取りまく雑木林では木々が大きく芽を膨らませ、いち早く花を咲かせたウグイスカグラは既に緑色の葉に変わった。山を下りると、田んぼの畦はまだ枯葉色、だがそんなかにクサボケがオレンジ色の花を咲かせ、シュレーゲルアオガエルが恋の歌を響かせている。虫たちも動き始めて春だねえ。

saitama tennrannzan 20160417 01

ナナフシの幼体:金網をふらりふらりとぎこちなく歩いている。「おおい、それ以上身をのり出すと落っこちるぞ!!」思わず叫んだが・・・・。

saitama tennrannzan 20160417 02

我関せずとさらに進む。なななんと宙に浮いた。どうやらクモの糸をつたい歩いているのだ、幼体はこんな芸当もできるんだね。渡りきってさらに進んで行った。触角からみるとナナフシモドキの幼体のようだ。

saitama tennrannzan 20160417 03

太っちょのハチがあんなところで変な止まり方だねえ、誰だい・・・アングルを変えてみる。

saitama tennrannzan 20160417 04

コマルハナバチではないか、突起に突き刺されてどうやらモズにハヤニエにされたようだ。

saitama tennrannzan 20160417 05

キノコムシの仲間かな、春の陽気に朽ち木から出て来たのかな。歩き廻っていた。(体長7ミリほど)

saitama tennrannzan 20160417 06

シイノキの葉が不自然に曲げられている。裏返してみると、小さな(体調3ミリほど)クモが2匹、右側のクモは長い長い前脚で左のクモを覆っているようだが、何かの儀式だろうか。

saitama tennrannzan 20160417 07

ヤマオニグモ:車道脇の街路樹に大きな巣網を張り、真ん中にでんと構える。大きな体(体長15ほど)に見事な白い斑紋、あまりの立派さに前回(幼グモ)に続き載せることにした。

saitama tennrannzan 20160417 08

さて何がどこにいるかわかるかな。

saitama tennrannzan 20160417 09

何気なく見ていたその時風が、

saitama tennrannzan 20160417 10

ここにいたのか、こんな事もあるよね。フユシャクガの仲間かな。


天覧山・多峯主山の自然を守る会  http://www.tenranzan.com/    

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 
ページトップへ