カレンダー

<< 2016年3月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
  1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内) 八代のトマト農家(熊本県)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

八代のトマト農家(熊本県)

テーマ: 地域情報(国内)
2016年03月07日|

★熊本県の小林寛子様から、季節のおたよりが届きました!

学生と一緒に八代のトマト農家にお話を伺いに行きました。ばんぺいゆと並んで有名な八代の特産品としての塩トマトは県外ではなかなか食べられませんが、寒いこの時期だからこそ養分を凝縮してため込んで甘くて美味しいトマトが出来上がります。

kumamoto kobayashi 20160307 01


熊本はトマトの生産高では日本一です。何と10月くらいから出荷がはじまり、6月くらいまでは温室で育った八代方面のトマトが市場へ、そして阿蘇のトマトにバトンタッチします。だから、一年中おいしいトマトが食べられるまさにトマト王国。
八代は、もともとは干拓地だったので土壌にも差があり、劣悪で他のものは育たない土壌と、太陽の恵みによって塩トマトに適した環境が出来上がったそうです。
そこから生まれた塩トマトは最初に酸味、続いて甘味が口いっぱい広がり、最後にほんのり塩味を感じる本当に奥の深い味です。一度食べたらやめられない、、。

この塩トマト生産の草分け、八代市水島町の松村園芸の松村久子さんと息子さんにトマト生産にかける思いを、今日はじっくり伺うことが出来ました。
農業は決してもうかる商売ではないけど、農業はやめてはいけない商売だから、農業が続けられるために少しでも農家の現状をわかってもらいたいと、熱く語っていただきました。
「仕事が辛い時もあるけど、御客様の『おいしかったよ』という一言で疲れも吹っ飛びます。」と。
こんな人達が支えてくれている農業を私たちが応援しないと、いずれ私たちの食卓には外国産の野菜ばかりが並ぶようになってしまう、、、。

手をかけて頑張って作っているおいしいトマトの味をぜひ多くの方に知ってもらいたいと素直に感じます。

小林寛子

kumamoto kobayashi 20160307 02

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。
このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。
掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。
e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 
ページトップへ