カレンダー

<< 2017年10月 >>
Mo Tu We Th Fr Sa Su
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新の記事


テーマ一覧


月別アーカイブ


作者一覧


会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home エコツーブログ 地域情報(国内)
文字サイズ 小 中 大

エコツーブログ

室戸の広大な風景・・・そしてぶりチャリ!

テーマ: 地域情報(国内)
2017年10月05日| Administrator

高知県 室戸市観光ガイドの会 谷口様より室戸市をご紹介いただきました!

吸い込まれるような素敵な星空の写真、そして非常に珍しい「ぶりチャリ」にも注目です。

 

 

muroto20171005 1

 

 

今年の初日の出です。

室戸市は太平洋に向かってとがった地形の為、日の出と日の入りの両方が、同じ場所から見えます。

右側に小さく人が写ってますが、初日の出の時は海岸線に人がたくさん集まります。

 

muroto20171005 2

 

わからないと思いますがこちらは日の入りです(笑)

室戸市は海底が隆起してできております。右手に写っております台地も大昔海底でした。

地球のダイナミズムをビンビン感じます。

 

muroto20171005 3

 

 

室戸岬灯台です。実は光達距離日本一です(約49キロ)。

そして日本に灯台50選にも選ばれている歴史的にも価値の高い灯台です。

 

 

muroto20171005 4

 

星もきれいに見えます。これは浜辺から見える星空です。

障害物がないので、なまじ山に登るよりはるかによく見えます。もろ見えです。

 

 

muroto20171005 5

 

 

地球のダイナミズムもモロ見えです。海から隆起してきた岩たちです。

縦じまのようになっているのはタービダイトという変わった地層です。

ネットでタービダイトと調べると大体室戸のタービダイトの画像が出てきます(笑)

 

muroto20171005 6

 

漣痕化石という波の化石です。左から二人目がわたくしです。

 

 

muroto20171005 7 

 

通称ぶりチャリです。

港からぶりを自転車に乗せて帰るおじさんです。海の幸も豊富です。

 

 

 

                        執筆者 室戸市観光ガイドの会 谷口

 

 

 

 

室戸市観光ガイドの会様は第12回エコツーリズム大賞にて、

特別賞を受賞されています!→第12回ページはこちら

 

室戸市観光ガイドの会SNSはこちら!(Facebook)

 

 

 

秋の白神山地

テーマ: 地域情報(国内)
2017年09月07日| Administrator

白神マタギ舎の小池様から季節のお便りをいただきました!

 

 

 

白神、今年の秋は早そうです。

 

9月に入って、空がめっきり秋の気配になりました。

 

こうなると、去ってしまう夏が惜しまれる気がします。

 

P8241573

 

 

こんな青々としたブナ林を見られるのもあとわずか・・・。

 

あわいみどり色のブナの木は、夏でも日の光を透し明るい森です。

 

これから秋になってくると、少しずつ黄色が混じりだし、

さらに華やかになっていきます。

 

 

P9030218

 

 

今夏は、十二湖も人気がありました。

 

有名な青池の湖面に、太陽の光が差し込むと、

 

なんと表現すればいいのか・・・

 

言葉を失う美しさでした。

 

 

 

P1090685

 

 

沢沿いの岩場には、可憐なウメバチソウが咲いています。

 

ウメのような花も、まんまる蕾も、

 

ハートの葉っぱもかわいいですよ。

 

 

P1010822

 

 

夏の林道端などで目を引く、派手なクサギの花

 

花独特のつよい香りがあります。

 

ミヤマカラスアゲハ(蝶)も数羽あつまってきて、

 

夏の豪華な食卓です。

 

 

 

P9190052

 

 

これから、森のいろどりの季節が始まります。

 

先頭をきるのが、このオオカメノキです。

 

秋は、うつりゆく季節の変化に気づけるように、

 

いつもよりさらにゆっくり 山歩きします。

 

 

 

白神マタギ舎
ホームページ:http://matagisha.sakura.ne.jp/

 

★「エコツーブログ」では各地の旬な情報をお届けしています。

このブログには、日本エコツーリズム協会の会員の方からの情報を中心に掲載をしています。

掲載ご希望の方は、日本エコツーリズム協会事務局までご連絡下さい。

e-mail: ecojapan(at)alles.or.jp ※(at)を@にして送信

 

新緑の奥入瀬渓流

テーマ: 地域情報(国内)
2017年05月19日| Administrator

新緑の奥入瀬渓流

国立公園満喫プロジェクトに採択された十和田八幡平・八甲田国立公園で、新緑の奥入瀬渓流を歩いてきました!

のっぺりと流れる様子は本当に素晴らしい!川面をみていると癒されます!

01

 

奥入瀬渓流は200mの標高差を14キロにわたって流れているので、これだけのっぺりとしているのだ。

こういう川ってやっぱり珍しい。
しかも、その川沿いをトレイルで歩くことができるっていうのも、とても贅沢な感じ。
健脚でなくてもじっくりと歩けるのがまた嬉しい。

途中で休みながら3時間くらいかけて7キロの道のりを歩いて、思いのほか疲れました(^_^;)。体力が無いのを実感。

02

その日は十和田湖畔の民宿に泊まり、湖でとれたヒメマスと、旬の山菜づくしをいただきました。これが本当に美味しかった!

十和田湖で漁師をしている方のお宿で、ヒメマスの塩焼きやお刺身、そしてシドケやタラの芽、ウド。白飯も一粒一粒が光っていました!
鳩正宗というカッコいいのか可愛いのかよくわからない地酒も美味しかった。

 

03

翌朝は十和田湖の周辺を散策し、湖のヌシである龍神を祀った十和田神社をお参りして、御朱印と占いの「おより」を買いました。
その昔、龍神になったお坊さんが湖に入水した場所が占い場となっていて多くの人が占いを目当てに訪れたそう。
しかし残念ながら今は占い場に下りる道が震災で崩れてしまったために降りられないとのことで、残念。

 

04

湖畔の周辺は、使われなくなった施設が放置されているのが、いくつかありました。

全国的にも共通な課題だけど、湖畔に集中してるから目立ってしまっていたな。

十和田湖畔にも散策できるトレイルがあったようだったけど、情報が全然なくて、

青森駅辺りでもっと散策マップとかを配れば、いいんじゃないかと思いました。
湖畔の周りには田んぼや畑などもあり山里という雰囲気もあった。湖では漁師さん

が毎日舟を出して魚をとっているというし、とっても魅力的なところだった。

冬は厳しいのだろうけど、住めば都なんだろうな。

 

満喫プロジェクトで色々な魅力が前面に出てくるといいなーと思います。

 

JES事務局

 

 

暗門のブナ林散策道オープンしました(青森県白神マタギ舎)

テーマ: 地域情報(国内)
2017年05月01日| Administrator

白神マタギ舎様から、春のお便りをいただきました!

 

暗門のブナ林散策道オープンしました

 

白神山地周辺では、GWにやっと一部の道路が冬季閉鎖解除になります。

西目屋村でも、4/25にアクアグリーンビレッジ暗門まで、車で行けるようになりました。

今年は残雪が多いので、ブナ林散策道のごく一部のみが開通です。

 

P4250602

写真まん中の沢の両側斜面を、関係者10名くらいで、階段を作っています。

ここは、お客様だけでも歩いていただける場所です。

 

P4250600

雪が融けた場所では、地面に小さな花が咲き始めました。

一面にピンクの花咲く姿は、可憐です。

 

P4250610

白も紫もどちらも美人ですね。

競い合うように咲き誇っています。

 

P4250606

整備が終わったブナ林散策道入り口です。

雪どけが進めば、歩ける範囲が広がります。

ガイド付きなら残雪の上をどんどん歩けます。

 

今年は残雪と新緑を一度に味わえる、贅沢な春をむかえています。

写真だけでなく、できれば皆様に五感で春を感じていただきたいです。

お時間のとれる方は早春の白神、是非おいでください。

マザーツリーなど、白神ライン中心部の開通は、5/30を予定しています。

 

白神マタギ舎HP

http://matagisha.sakura.ne.jp/home.html

 

 

ちょっと檜原村まで。

テーマ: 地域情報(国内)
2017年04月20日| Administrator

ちょっと檜原村まで。

 

先週の金曜の午前中、東京の檜原村までちょっくらおでかけ。

天気も良くそのまま残ってサンポしたかったな。

 

新宿から約1時間、島の小笠原を除く東京で唯一のムラ。

檜原村役場の前でバスを降り、帰りの時刻をみていると、ふと気になった写真が。

 

image1

 

 

後で調べてみたら、ツチグリという名のキノコでした、笑。

 

「ツチグリはとても変わった形状をしたキノコで、乾いている時は丸まり、

湿気を帯びると開きやすいといわれています。そのため、「星の湿度計」と呼ばれることも」

 

へー!

 

今度はツチグリを見にノンビリ行こう、檜原村。

image2

 

image3

 

 

桃源郷のつつじ祭り(東京都 檜原村)

テーマ: 地域情報(国内)
2017年04月03日| Administrator

桃源郷のつつじ祭り(東京都 檜原村)

 

 

a

島を除くと東京都唯一の村、檜原村でつつじ祭りが開催される。

 

標高750メートルのところに山岳民家として重要文化財に指定された茅葺の小林家がある。歴史を感じる堂々たる民家だ。

そしてその裏にミツバツツジの花畑が拡がる。

 

 

i

u

 

この写真は昨年のものだが、感じかつかめると思います。

きれいなツツジだ。

 

brochure thumb01 brochure thumb02

 

このツツジを愛でる「小林家つつじ祭り」が下記の日程で開催される

平成29年4月9日(日曜) 10時から14時

獅子舞や山女魚の塩焼き、猪汁の楽しめる

 

 

そして、その時期はつつじのほかにもたくさんの花が一斉に咲きだし、

村は桃源郷に変わる、是非訪ねてほしい。

 

 

問い合わせは檜原村観光協会 電話:042-598-0069

 

日本エコツーリズム協会事務局長 辻野 啓一

 

大都会大阪のコケ

テーマ: 地域情報(国内)
2017年03月14日| Administrator

奈良県川上村 森と水の源流館の木村さまから、

都会に生きるコケと、それを取り巻く環境についてのお話をお寄せいただきました!

 

大都会大阪のコケ

木村 全邦

奈良県川上村を離れて、出張で大都会大阪のど真ん中へ。少し早く着いたので、

周辺でコケを観察することにしました。世界中どこにでも、南極にだって生育

しているコケ植物は、いつでもどこでも観察できるのが良いところです。

01

大都会大阪の川沿いでコケをさがしました

 

 コケ屋の私が、都会のコケを観察するときに必ず見てしまうのが、木の幹にコ

ケが生えているかどうかです。観察したのは河畔の公園なので、ひとまずコケ

が生きていくために必要な湿度はありそうです。ところが、いざ探してみると

全くコケが生えていません。周りをよく観察すると、足もとや手の届かないウ

ンと高いところにはコケが生えているのが観察できました。しかし、やっぱり

手の届く範囲にはコケは全く見当たらないのです。ジョギングや散歩をしてい

る人の冷たい視線を少し背中に感じながら、木から木へ、なめまわすように幹

をさがしていると、やっと見つけたのが未成熟な胞子体を付けたほんのわずか

なサヤゴケでした。

02

コケの見当たらない木の幹ばっかり

 

 コケは、空気中に存在する水や栄養分を取り込みやすいように、人間の皮膚

にあたる表皮を持っていません。そのため、空気が汚染されていると、汚染物

質も植物体の中に入ってしまいます。そのため、排気ガスなどで汚染された都

市部に行くほど、大気汚染や乾燥に強いごく限られた種しか見られなくなって

きます。つまり、コケには大気汚染に関する指標性があるのです。簡単に言う

と、コケを調べればその場所の大気温泉の程度が推察できるということです。

この傾向は、特に大気環境に影響を受けやすい木の幹に生えるコケに顕著です。

Taoda (1972) は東京における亜硫酸ガス濃度(年平均)と樹幹に生えるコケの

出現種の関係を調べ、大気汚染程度を区域Ⅰ(たいへん汚れている)~区域Ⅴ

(きれい)までの5段階に分けて、それぞれの区域に出現するコケの種類を明

らかにしました。それによると、サヤゴケなどがごくわずかに生育しているよ

うな、今回観察した場所の環境は汚れている方から2番目の区域Ⅱに判定され、

亜硫酸ガス濃度(年平均)で0.04-0.05 ppmにあたります。手の届かない高いと

ころに少しコケが見られたのは風で飛ばされて汚染が薄まっていたのかもしれ

ませんが、今、吸っている空気はかなりヤバイなぁと思ったのでした。

 

03

やっと見つけたサヤゴケ

04

足元にはネジクチゴケのやさしい緑色を見つけました

05

大都会の夜景はきれいなのですが・・・

 

これから、卒業式シーズンを迎え、就職、転職、転勤などで引越しの季節を迎

えます。そんな時、駅から何分とか、コンビニの近くとかいうことばかりでな

く、近所の木の幹にコケが何種類も生えているところというのも引越先の判断

基準にしませんか?

 

(きむら まさくに:森と水の源流館)

http://www.genryuu.or.jp/

 

 

(引用文献)

Taoda, H. 1972. Mapping of atmospheric pollution in Tokyo based upon epiphytic bryophytes. Jap. J. Ecol. 22(3): 125-133.

 

明日開催!Kami-ichi Bar Session Vol.5【"本物"への誘い「霊峰剱岳の麓、祈りの里へ」】

テーマ: 地域情報(国内)
2017年03月02日| Administrator

Kami-ichi Bar Session Vol.5【"本物"への誘い「霊峰剱岳の麓、祈りの里へ」】

01

【"本物"への誘い「霊峰剱岳の麓、祈りの里へ」】

日本橋とやま館での上市町特別企画の開催中に実施される

「かみいちバーセッション(Kami-ichi Bar Session)」第5回のご案内です。

■日時

3月3日(木)19:30~21:00

■場所

日本橋とやま館(東京メトロ半蔵門線日本橋駅すぐ)

https://goo.gl/maps/mynXX8WJYuJ2

■内容

"本物"にこだわる旅行会社が、なぜ上市町に注目するのか。

上市町の魅力を紐解くトークセッションです。

■講師

㈱風カルチャークラブ企画開発室長 水野恭一

□風カルチャークラブについて

*1991年 「株式会社 風の旅行社」設立設立

*2000年 テーマ型の新しい旅作りとして「風の大空」(現・風カルチャークラブ)販売開始

*2001年 ツアー・オブ・ザ・イヤー準グランプリ受賞

*2002年 ツアー・オブ・ザ・イヤー準グランプリ受賞

*2004年 「山を見る旅、歩く旅」をコンセプトにトレッキング総合パンフレット「風の山人」発表

*2007年 ツアー・オブ・ザ・イヤー審査員特別賞受賞

*2012年 「学生スタディーツアー」「風の山人」販売開始

*2015年 風カルチャークラブが「株式会社 風カルチャークラブ」として分社独立

*2016年 上市町を舞台にした2つのツアーを造成し、パンフレットに掲載

■定員

15

■参加費

無料

■申込

上市町Webサイト「かみいち暮らし」(https://www.kamiichi-kurashi.jp/try/event/)の申込みフォーム

https://goo.gl/BbDasCより

 

 

明日開催!Kami-ichi Bar Session Vol.5【"本物"への誘い「霊峰剱岳の麓、祈りの里へ」】

テーマ: 地域情報(国内)
2017年03月02日| Administrator

Kami-ichi Bar Session Vol.5【"本物"への誘い「霊峰剱岳の麓、祈りの里へ」】

01

【"本物"への誘い「霊峰剱岳の麓、祈りの里へ」】

日本橋とやま館での上市町特別企画の開催中に実施される

「かみいちバーセッション(Kami-ichi Bar Session)」第5回のご案内です。

■日時

3月3日(木)19:30~21:00

■場所

日本橋とやま館(東京メトロ半蔵門線日本橋駅すぐ)

https://goo.gl/maps/mynXX8WJYuJ2

■内容

"本物"にこだわる旅行会社が、なぜ上市町に注目するのか。

上市町の魅力を紐解くトークセッションです。

■講師

㈱風カルチャークラブ企画開発室長 水野恭一

□風カルチャークラブについて

*1991年 「株式会社 風の旅行社」設立設立

*2000年 テーマ型の新しい旅作りとして「風の大空」(現・風カルチャークラブ)販売開始

*2001年 ツアー・オブ・ザ・イヤー準グランプリ受賞

*2002年 ツアー・オブ・ザ・イヤー準グランプリ受賞

*2004年 「山を見る旅、歩く旅」をコンセプトにトレッキング総合パンフレット「風の山人」発表

*2007年 ツアー・オブ・ザ・イヤー審査員特別賞受賞

*2012年 「学生スタディーツアー」「風の山人」販売開始

*2015年 風カルチャークラブが「株式会社 風カルチャークラブ」として分社独立

*2016年 上市町を舞台にした2つのツアーを造成し、パンフレットに掲載

■定員

15

■参加費

無料

■申込

上市町Webサイト「かみいち暮らし」(https://www.kamiichi-kurashi.jp/try/event/)の申込みフォーム

https://goo.gl/BbDasCより

 

 

コウノトリの近況(兵庫県豊岡市)

テーマ: 地域情報(国内)
2017年02月13日| Administrator

豊岡市立コウノトリ文化館さまからコウノトリのお便りをいただきました!

 image001

昨年から鳥インフルエンザの話題がメディアに取り上げられることが増えていますが、

豊岡のコウノトリ達は元気にしています。

image002

今年は雪がなく、晴れた日には田んぼでのんびり日光浴をしている姿が見られます。

高いところでは、巣塔以外にも鉄塔や電信柱などにとまっていることもあります。

これから本格的な冬を迎えるこの季節にコウノトリは繁殖期に入ります。

今年もしっかり乗り切ってくれることでしょう。

今年もコウノトリをよろしくお願いいたします。

 

豊岡市立コウノトリ文化館

http://kounotori.org/bunkakan/

 
«最初12345678910最後»

1 / 29 ページ
ページトップへ