会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
文字サイズ 小 中 大

【震災関係】和倉温泉シンポ20110928

<<東日本大震災からの復興と、エコツーリズムの発想による地域再生を検討・議論するシンポジウムを開催いたします。>>

東北応援シンポジウム
「震災復興とエコツーリズム」開催決定!

 新しいスタイルの旅として、エコツーリズムやヘルスツーリズムなど、旅の新たな楽しみづくりは全国各地で行われていますが、まだ事業としての定着は途上にあります。

 今回の会場となる能登は、4年前の3月に能登半島地震に見舞われ、ようやくこの夏にも復興宣言が出されようとしていましたが、東日本大震災の影響で多くの予約キャンセル(和倉温泉だけで2万件)など、宿泊・観光業は再度大きな打撃を受けています。
そこで、震災復興とエコツーリズムの可能性を、東北の地域振興を念頭に検討し、自然資源や伝統文化に恵まれた東北や能登での事業展開を手掛かりに、全国各地での展開を視野に入れた議論を行います。
 エコツーリズムという新事業の開発を通じて、地域の観光業はもとより、農林水産業やものづくり産業、建設業等にも波及する振興可能性を探ります。

【日 時】 2011年9月28日(水) 13:30開演(13:00開場)
【会 場】 和倉温泉・加賀屋 コンベンションホール飛鳥
〒926-0192 石川県七尾市和倉町ヨ部80番地
 代表TEL(0767)62-1111  FAX(0767)62-1121
【参加費】 無料(震災復興への寄付を当日会場にて一口1,000円より集めます。)

【プログラム】
■13:35~14:35  基調講演「震災復興とエコツーリズムによる観光再生」
講師:田川 博己 氏
[日本エコツーリズム協会副会長、株式会社ジェイティービー代表取締役社長]
■14:45~16:30 パネルトーク「震災と観光再生」(仮題)
パネリスト:阿部 憲子氏[南三陸ホテル観洋 女将](宮城県南三陸町)
小田 禎彦氏[和倉温泉 加賀屋 会長]
田川 博己氏
パネリスト:志賀 秀一氏[(株)東北地域環境研究室代表]


<当日の予定テーマ>
・震災復興に、観光業はいかに取り組むか
・事例発表(自然災害の被災地域における、観光振興・地域振興)
・エコツーリズム、ヘルスツーリズム等の新たな事業創出で、地域振興と観光振興をいかに進めるか
・観光業の新たな展開可能性
・ニューツーリズムの事業化に不可欠な連携(地域内連携、広域連携)

エコツーリズムを軸にした発想で観光振興を図ることは、多くの業界を巻き込み、"持続可能な地域づくり"となります。
今回は、ヘルスツーリズム等の可能性も含めて検討します。

【主 催】 NPO法人日本エコツーリズム協会、能登ツーリズム協会
【後 援】 石川県、能登半島広域観光協会


【講師・パネリスト・コーディネーター プロフィール】
<基調講演・講師>
●田川 博己氏 [日本エコツーリズム協会副会長、株式会社ジェイティービー代表取締役社長]
1948年、東京生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、(株)日本交通公社(当時)へ入社。別府支店を皮切りに本社国内旅行部・海外旅行部に所属し地域振興や旅行業の実践体験を積む。川崎支店、米国法人副社長、専務取締役を経て2008年6月より代表取締役社長(現職)。「観光カリスマ百選」選定委員、日本エコツーリズム協会副会長、自治体観光アドバイザー、JTB「交流文化賞」実行委員を務め、観光振興に積極的に取り組んでいる。

<パネリスト>
●阿部 憲子氏 [南三陸ホテル観洋 女将]
1962年、宮城県生まれ。1983年東洋大学短期大学ホテル観光学科卒業、株式会社阿部長商店ホテル観洋入社。1988年女将就任。南三陸ホテル観洋は志津川湾沿いのリゾートホテル。東日本大震災では、津波で被災したが、避難所として地域住民600人を受け入れ、ボランティアの方々の宿泊所としても機能してきた。現在は一般の皆さまの宿泊や会食等も受けている。被災後の状況はスタッフブログ「ときめきピチピチ便り」で発信し続けている。

●小田 禎彦氏 [和倉温泉 加賀屋 会長]
1940年生まれ。立教大学経済学部経済学科卒業後、1962年(株)加賀屋入社。専務取締役を経て2000年より現職。石川県人事委員、石川県観光連盟理事長、七尾商工会議所副会頭、能登半島広域観光協会理事長などの公職を務める。2003年政府選定の「観光カリスマ」に選ばれる。2011年加賀屋は、旅行新聞社主催第36回「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」にて31年連続総合1位を獲得。2004年アメリカ・モントレー市より4月28日を『小田禎彦の日』として制定される。

<コーディネーター>
●志賀秀一氏 [(株)東北地域環境研究室代表]
1951年、北海道生まれ。中央大学経済学部卒業後、北海道東北開発公庫(現・(株)日本政策投資銀行)入庫。その後、観光施設「山寺風雅の国」常務取締役を経て、2001年から地域づくり・観光まちづくりなどに関するシンクタンク(株)東北地域環境研究室代表。主な公職に、国土交通省東北地方交通審議会観光戦略部会 委員、宮城県観光戦略プラン懇話会 委員、東北風景街道協議会 委員、日本観光研究学会理事、南三陸町ブランド塾 塾長など。


★オプションプログラム★
シンポジウムの前後に能登でのエコツアーはいかがですか。

●能登島でダイビング(能登島ダイビングリゾート)
●カヌーで能登島めぐり(カヌーあいらんど)
●一本杉通り・こだわりの店めぐり(北島屋)
●鉢伏山のブナ林で「森びと」体験(ぶなの森)

「能登人と過ごす能登時間」に多様なプログラムが紹介されています。
詳細は、http://bunanomori.com/noto-jikan/


【会場へのアクセス】
・小松空港から加賀屋まで、お車で約120分(小松空港~北陸自動車道:小松IC~金沢森本IC~金沢外環状道路(山側環状)~津幡バイパス~能登有料道路:白尾料金所~能越道:田鶴浜料金所~和倉温泉IC~加賀屋)
・能登空港から加賀屋まで、お車で約45分(能登空港~能登有料道路:能登空港IC~~能越道:田鶴浜料金所~和倉温泉IC~加賀屋)
・JR北陸本線「和倉温泉駅」~加賀屋まで、お車で約10分(マイクロバス送迎あり)

>>お知らせパンフレット(pdfファイル)<<

和倉温泉20110928




【ご予約・お問い合わせ】

NPO法人日本エコツーリズム協会 シンポジウム現地事務局  担当: 高峰博保
〒921-8041
石川県金沢市泉1丁目3番12号ブランドールT101
TEL:076-287-5530
FAX:076-287-5531
E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 
ページトップへ