会員になるには

会員登録情報変更

メルマガ配信のご案内

エコツアー向け保険資料




このガイドさんに会いたい 100人プロジェクト

動画配信


日本エコツーリズム協会 学生部会ブログ

twitter【日本エコツーリズム協会 広報】

twitter【日本エコツーリズム協会 学生部会】

facebook【日本エコツーリズム協会】

facebook【東日本大震災復興支援対策室】

日本エコツーリズム協会学生部会facebook
Home 活動内容 イベント 2012年6月2-3日 環境省主催「エコライフ・フェア2012」
文字サイズ 小 中 大

2012年6月2-3日 環境省主催「エコライフ・フェア2012」

★「エコライフ・フェア2012」に出展しました★


開催日:2012年6月2(土)~3日(日)
場所:代々木公園(東京都)
主催者:環境省
来場者: 約66,000人(2日間、公式発表)


東京都心でも有数の緑スポット・代々木公園で2日間にわたり「エコライフ・フェア2012」に出展しました。

週末開催でかつお天気にも恵まれたとあり、「このイベントを見るために来た方」「公園をお散歩しに来た方」「原宿駅から渋谷に向かう途中に通りがかった方」などなど、立寄られる背景も多様な方が来られたように感じました。 

alt

日本エコツーリズム協会は環境省のブース内にて出展。エコツーリズムを推進する団体として、エコツーリズム大賞受賞団体などと並んでテント出展をしました。

事前に日本エコツーリズム協会会員の皆様からいただいていた事業やツアーの紹介パンフレットを配架し、お立ち寄りいただいた方に、クイズを楽しんでいただくなどしました。

alt

同じテント列に、第7回エコツーリズム大賞の大賞受賞団体「NPO法人信越トレイルクラブ」(長野県)や、同じく第7回で特別賞を受賞した「NPO法人桜島ミュージアム」(鹿児島県)、過去の大賞受賞団体(長野県のピッキオ社や埼玉県の飯能市など)が出展していました。そしてエコツーリズムを推進している群馬県の谷川岳の紹介をするブースも。横一列にエコツーリズムをキーワードに、各地から団体が集まりました。

ステージイベントでは、ラジオ番組の公開収録が行われ、細野環境大臣も登壇していました。またその他のテントスペースでも、各団体が自分たちの取組みを紹介しつつ、環境配慮型の生活をしていけるヒントとなるようなものを紹介していました。


*日本エコツーリズム協会出展テント*
・会員の皆様からいただいた資料配架やパンフレットに基づいてご説明
・エコツーリズム関連クイズの実施(会員の方ご提供の粗品付)
・鳥の鳴き声を判別するアプリのご紹介
・パネル展示
など


alt

↑パネル展示も行いました。机の上には各地のエコツアー事業者さんからいただいた資料を置き、気軽に手に取っていただけるようにしました。

*お客さまからいただいた問合せ*
・子供連れで参加できるツアーは?(この「子供」も、「3歳児」だったり、「小学生だけでいけるもの」など年齢層がバラバラでした)
・知床も屋久島も行ったので、長期滞在できる自然豊かなおすすめの場所は?
・エコツアーガイドになりたいがどこで研修を受けたらいいのでしょうか?
・外国人におすすめのツアーは?


 お越しいただいた皆様、ご協力いただいた会員の皆様、ありがとうございました!


■Special Thanks■
日本エコツーリズム協会会員の「伯方塩業株式会社」様(愛媛県)から、お客様へのプレゼントとして、お塩のサンプルを頂きました!
ありがとうございました!
alt






 
ページトップへ